HOME   »   映画・TV  »  シン・ジョーズ:ダメ映画レビュー
RSSフィード MyYahooに追加

シン・ジョーズ



核弾頭シャークが人類を絶望の渦に陥れるパニックアクション。サンディエゴのビーチに、突如焼死体が浮かび上がる。ライフセーバーのジーナとカプランが死体を調べると、核実験の影響により進化したサメの犠牲者だと判明する。サメは次々に人を襲い…。


eyecatch_review_small.png
昨年からごく一部の界隈で話題になっていたこの作品。
ニコ生で行われた国内最速上映会で観たんですよ。
端的に言って爆笑ものでした。面白い。
あれ?この評価軸でいいんだっけ?

スポンサーリンク

この映画のみどころ
  • 放射能サメの恐るべき能力
  • アメリカ人の放射能に対する理解度
  • ポンコツ主人公とマッチョヒロインのコント劇場

手を変え品を変え現れるサメ映画。
今回のサメは冷戦時に沈没したソ連の原子力潜水艦から漏れ出した放射線によって汚染されたアトミック・シャークです。

これがすごい。
なぜか放射線を浴びたら自らも放射能を身につけてしまい、身体が真っ赤になるほどの熱を帯びてしまいます。
その結果サメが泳ぎ回ったあとにはその熱で焼かれた焼き魚がプカプカ。
そんな熱なら水蒸気爆発を起こすのではないかと思いますが、こまけーことはいいんだよ!

その焼き魚を食べたらなんということでしょう。
身体がみるみる熱くなって溶け出した上に爆裂四散してしまいました。
さらに焼き魚から炎が上がってさあ大変。
大パニックです。

うん、いったん落ち着こう。
君たちは放射能をなんだと思っているのか。
放射能は自動発火装置じゃないんだぞ。
でも……こまけーことはいいんだよ!

今回の被害はこのようにサメにパクっと食べられるよりも、その熱で発火して焼け死ぬというのが多くなっております。
もちろんパクっと丸かじりしーんもございますよ。
ただし、サメがどのような目的で襲ってくるのかはさっぱりわかりません。
こまけーことはいいんだよ!

このサメに立ち向かうのがライフガードたち。
おそらく主人公である男と、肩幅がマッチョなヒロイン。
さらにユーチューバーのカップルやヒロインの父親が加わりサメ退治に出かけます。

いや、お前らだけでなんとかしようとせずに軍とか警察とかに連絡しろよ。
なんで個人で解決しようとするんだよ、そういうレベル超えた被害になってるぞ。
でも…こまけーことはいいんだよ!

このサメ退治が完全にコント。
こう来る?こう来る?やっぱり来た!!
今度はそう来る?と思わせてこう来たか!!
腹を抱えて笑わせていただきました。
いや、ここまでバカバカしいとかえって清々しいですね。

そのコントっぷりはぜひ実際に作品をご覧になってご確認下さい。
ダメ映画に理解のある方には絶対におすすめです。
(そうでない方が観ても苦痛なだけですのでお薦めはいたしません)

ちなみになぜか日本語版では「ゴースト・シャーク」や「フライング・ジョーズ」のグリフ・ファースト監督作品となっていますが、IMDBによるとグリフ・ファーストは脚本担当で、監督は「アナコンダ vs. 殺人クロコダイル」のA.B.ストーンとなっています。
これはA.B.ストーンがグリフ・ファーストの別名ということなのでしょうか?
いずれにしろ過去作品を見て「あっ…」となる監督であることは事実ですね。

この映画を借りる



その他のレビュー済みダメ映画はこちらからどうぞ

レビュー済みダメ映画一覧

レビュー作品:計263作品...

dargol.blog3.fc2.com



作品情報

原題:Atomic Shark
制作:2016年、アメリカ、Curmudgeon Films
監督:A.B. Stone
主演:Bobby Campo
時間:90分
トレーラー:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
NEXT Entry
ピラニアシャーク:ダメ映画レビュー
Entry TAG
ダメ映画   モンスター・パニック映画  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP