HOME   »  2011年05月
RSSフィード MyYahooに追加
今朝の事。
PCを立ち上げてメールチェックなど朝のルーティンを行った後、
いったんスリープにしてその場を離れた。
しばらくの後に復帰させようと思ったところどうも様子が変だ。
スリープのはずだったのにシャットダウンになっているらしい。
おかしいなぁと思いながら電源ボタンを押して立ち上げてみると、
正常にシャットダウンできなかったので云々というメッセージが表示された。
ここでセーフモードで立ち上げてみれば良かったのだが、
通常モードで立ち上げた所、ロゴが消えたあとそのまま立ち上がらなくなってしまった。
これはまいった。
画面は真っ暗なまま。
どうにもならないので手動でシャットダウンし、
しばし時間をおいてから電源ボタンをオン。
するとスタートアップ修復を勧める画面が表示された。
以前にもスタートアップ修復で立ち上がらない不具合が直った事があったので、
期待していたものの「失敗しました」のメッセージ。
しかたがないのでシステム復元をしてみたところこちらも×。
ハードウェア自己診断ツールでチェックしてみるが、こちらは異常なし。
う~ん、どうしたものか。
そのまま再起動してみたのだがこれも×。
もう一度手動シャットダウンからやり直し、スタートアップ修復をするもやっぱりダメ。
システム復元で1つ古いポイントを試してみるが成果無し。
そのまま再起動に入り同じパターン。

まだ去年買ったばかりなのにどういうことよ・・・と青くなりながらも、
3年延長保証に入っておいてよかったという気持ちがない交ぜになっていた。
その後USB接続をすべて外しチャレンジ。
システム復元で表示されているポイントよりもさらに古いものをさがしたところ、
5日ほど前にWindos7のSP1インストールというポイントがあるではないか。
そういえば保留していたSP1を間違えてインストール項目に入れてしまい、
あとでキャンセルをしたはず。
なのに復元ポイントができていたのか。
ならばとこのポイント選択してシステム復元してみたが……やはりダメ。
最後まで進んだものの「失敗しました」のメッセージ。

ところがその後再起動が始まると……あれ?!立ち上がったよ?!
その後も何度か再起動してみたがちゃんと立ち上がる。
いやぁ、肝を冷やした冷やした。
原因がわからないだけにこわいなぁ。
とりあえずSP1の導入はまだまだ保留だな。
新しいシステムがあるわけでないし、
しっかりパッチを当てていれば大丈夫かな。

■関連記事

朝からあせった
週刊文春に連載されていた「家の履歴書」が単行本化される事になりました。
富野が登場した2009年2月26日号も収録されるかな?




■関連記事

ようやく買いました
以前書いた幾原邦彦監督のひっさしぶりの新作、
「輪るピングドラム」はこの7月から放送予定なのか。
これは録画予約をしておかないと。
どんな世界観が飛び出すのか楽しみだ。

さらにこんどの夏アニメといえば、アイマスも放送開始だとか。
(ゼノグラシア?さて、なんのことだか)
こちらも予約しておこう。
HDDの容量足りるかな・・・。


■関連記事

幾原新作キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!
この対談もこれで最後。
「となりのトトロ」について激論を交わしています。

続きを読む

先日図書館から借りてきたドラッカー。
読むたびに眠気との戦いを繰り広げていたが、
返却期限の明日を前になんとか「経済人の終わり」だけ読み終えた。
最低限これだけは読みたかった。



それにしても難しい。
たぶん半分も理解できていないと思う。
まぁ、それには翻訳の日本語の難しさもあるのだろうが。
古い版だから仕方がないのだが、
もうちょっとわかりやすい言葉遣いで訳せなかったものかな。
上田氏が訳した版はもう少しわかりやすいかな?

章立ては以下のようになっていて、
全体主義について順を追って分析している。

1 ファシズム反対論者の思い違い
2 大衆の絶望
3 悪魔の再来
4 キリスト教会の失敗
5 全体主義の奇跡―イタリアとドイツのテスト・ケース
6 ファシストの非経済的社会
7 奇跡か蜃気楼か
8 東方対西方


ここで言う「経済人」とはアダム・スミス以降の経済学者がモデルとする人間像の事で、
意思決定を行うに際して完全な情報を有し、完全な計算能力を持ち、
自らの効用を最大化できる存在を指している。

その「経済人」を社会の基本に置いた「経済の進歩で人が幸福になれる」という秩序が、
第一次大戦とそれに続く大恐慌で崩壊し、
マルクス主義でもキリスト教会でもその穴を埋められない時、
大衆は絶望して新たなよりどころとして全体主義を選ぶのだという。

旧秩序と新秩序の過渡期に全体主義が現れる。
13世紀には精神人の秩序が、16世紀には理知人の秩序が崩壊した。
16世紀に始まる経済人の秩序が終わりを告げ、新たな秩序を世界が模索している。

ドラッカーのいう全体主義の特徴を読んでいると、
組織それ自体の目的化や、責任の不在、
自由と安定が両立しないなら自由を捨てて安定を選ぶ大衆が全体主義に与すなど
日本社会にも当てはまる部分がある。
そういうところに富野は危機感を抱いていたのだろうか。

ドラッカーがこれを書いたのは70年以上前の1939年。
いまだ「経済人」の秩序は我々を支配している様に思える。
新しい秩序は出来るのだろうか?

う~ん……でも国防経済や非経済的産業社会に関わる部分とかはよくわからないままだったなぁ。
頭良くなりたひ・・・

■関連記事

あっさり撃沈
チャレンジ
富野とドラッカーと全体主義
頑張ってみようかな
もしドラ特番見ました
以前から愛読しているJamesRollinsのSigmaForceシリーズに最新作が出るらしい。



来月にハードカバー版が発売されるらしい。
オイラはペーパーバックで読んでいるので、
実際に読めるのは来年くらいになりそうね。
もうこれでシリーズ6作目。
各キャラクターの関係性もかなり複雑になって、
過去の作品が伏線になって効いてきたりして面白いんだな。

で、これ以外にも新作があるらしい。
シリーズに登場する女スパイSeichanが主役のスピンオフ作品。

B0050CNY10The Skeleton Key: A Short Story Exclusive
James Rollins
Harper Collins, Inc. 2011-05-12

by G-Tools


早速買ってみようかな?とおもったところちょっと様子が違う。
実はこれ、電子書籍(Kindle&NOOK)オンリーらしい。
どうしようかな?と思ったのだが、Kindle for PCというのをダウンロードすれば、
PCで読む事ができるらしい。
というわけでAmazon.comのアカウントは持っているから早速ダウンロード。
ほー、これがKindleか。
書籍データの方も$2.99で購入済み。
安いねー。250円くらいじゃないの。
今月末発売なのでまだデータはないのだが、
発売日になったら自動的にデータが届くらしい。
将来的にデバイスを買った場合にも、データは同期されるとか。
今ある電子書籍媒体の中ではKindleが一番興味そそられるからなぁ。
今後e-inkがカラーに対応したり、日本語書籍を取り扱う様になったら買っちゃおうかなぁ。

続きを読む

先日注文していたボトムズ小説2冊が本日到着。

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び (角川コミックス・エース 332-2)装甲騎兵ボトムズ equal ガネシス (角川コミックス・エース 332-1)

あれ?発売日って明後日じゃなかった?!

続きを読む

前回の続き。
今回は女性論から始まって、政治の話へ、最後は富野カリスマ論にまで展開します。

続きを読む

3月に購入した復興カキの証書が本日到着。

2011052319560000.jpg

微々たる額で申し訳ないけど、いつかまた美味しいカキが食べられますように・・・。


■関連記事

こんな形の支援もいいね
勢いに任せ、躊躇っていたDVDをポチってしまった。



うん。物欲にまた負けたんだ・・・。
あ、でもまどマギはBlu-rayじゃなくてDVDにしたから1Kくらい安かったよ。
お目当てはサントラだしね。

これだから、僕は・・・。


■関連記事

買おうかやめよか思案中
グダちんさんがこんなサイトを紹介されていた。
その名も富野由悠季:関連書籍まとめ(β版)

富野情報が掲載された書籍。雑誌など書誌情報のまとめサイトである。
抜けている部分もあるもののその情報量は圧倒的で、
こんなデータベースがあればなぁとおもっていたのものがまさに具現化した。
感服の一言でしかない。

こんな素晴らしいサイトがあるのなら、
オイラが苦労して富野資料をまとめたり、紹介したりすることもないよね。
そんな風に思ってしまうくらい、実力差というかなんというか、
とにかくこんな中途半端なブログとはレベルが違うなぁと痛感する。
いやぁ、恐れ入った。

そういやウィキペディアのガイア・ギアの項目が充実してきた時も、
自分が苦労して作らなくても他にいいものがあるなら……って思って、
ダーゴルのお城」の更新をやめちゃったことを思い出した。

そういう部分は、敵にナニクソとぶち当たる富野ではなく、
敵ができたら逃亡して別の道を選ぼうとする良輔監督タイプなのかもね、オイラ。
前回の続き。
今回は映画作りの話から比較文化論まで話題が展開します。

続きを読む

昨日の記事に書いた荷物が本日到着。

まずはサイゾーの富野記事から確認。



シャア専用ニュースさんの記事にあったように、
3ページ(実際には4段組で2ページ目は最下段のみ)にわたるインタビューは読み応え十分。
個人的に気になったポイントを抜き出してみるとこんな感じ。

続きを読む

TOMINOSUKI/富野愛好病のkaito2198さんから教えて頂いた情報。

ガンダムエースに連載されている富野の対談企画「教えて下さい富野です」。
2005年に単行本化されて以来6年近く続刊が発行されず、
連載だけが回を重ねていましたが、このほど続刊の発行がようやく決定したようです。

発売日は7月25日。定価は1470円(税込み)。
タイトルも副題を引用したものに変更され、
「ガンダム世代への提言 I 富野由悠季対談集 」
このようになっています。
1があるということは続刊も期待してしまいます。

Amazonとbk1にはまだ書誌情報が入っていないようですが、
e-honセブンネットショッピングではすでに予約を受け付けています。

これはマストバイでしょう!
今月号のサイゾーに富野のインタビュー記事があると知る。
しかも先日記事にした原発絡みだと?!



というわけで今日の朝っぱらからポチッたわけだが、
昼過ぎには早くも発送通知が。
予約していた商品は待たせるくせにこういう時は早いねー。
その通知に続いて、以前注文したこの本の発送通知も届く。



この2冊、同梱しようと思ったけど「できません」とかなっちゃったのよね。
結果別便として到着するはめに。
梱包資材がもったいないなぁ・・・。


■関連記事

富野が原発について語ってきたこと
最近気になっている本
やけくそになって
ウォッチリストに入れて狙っていたヤフオクの商品。
昨晩が終了時刻だったのをすっかり忘れてしまい、
リマインダーにも気付かず入札し損なってしまった。
結局時すでに遅しで他の人が落札済み。

うわぁー、悔しいなぁ。
でも無駄な出費をせずにすんだと思うべきか・・・。

ちなみに狙っていたのは映画に関する小冊子。
その中でアトムについての富野コメントがあったのですが・・・。
2011.05.18
今月の26日に揃って発売予定のボトムズ小説、
「孤影再び」と「equalガネシス」の書影が入ってましたよー。



あれ?ガネシスの主役ってGeeだっけ?隊長じゃなかったの?!
今回ご紹介するのはふゅーじょんぷろだくとから発行されていた雑誌、
季刊「リトルボーイ」の1988年秋号に掲載された富野と映画評論家白井佳夫との対談記事。
かなりの分量なので4回に分けたうちの第1回。
北欧旅行の話題からスタートして都市論のようなところに話が及びます。

続きを読む


いやー楽しい観戦だった
昨日借りてきてドラッカーの「経済人の終わり」ですが、案の定というかなんというか、
早くも2章「大衆の絶望」でつまづいてしまいました。
難しい・・・眠くなる・・・。
1章の「ファシズム反対論者の思い違い」はスルスルっと読めて頭に入ってきたのだが・・・。
200ページ弱だから頑張って読んでみる。

しかし、こんな難しい本を積極的に読もうとする富野は凄いなぁ。
2011.05.15
今日は図書館で本を借りてきました。

2011051520080000.jpg

イエス!ドラッカー!

富野が唯一きちんと読んだという「経済人の終わり」を借りてきましたよ!
絶対に眠気との戦いになると思うけど頑張るよ!

他に借りたのは、






これだけの量を二週間で読み切れるのか?
不安だ・・・。


■関連記事

富野とドラッカーと全体主義
頑張ってみようかな
最近気になっている本
もしドラ特番見ました
心動いているものの踏みとどまっているものたち。
もうすこし経済的な余裕ができれば買ってしまいそう・・・。



本編の映像は持っているんだけど、
特典の富野と半藤氏の対談映像が見たくて。
でもそれだけのためにこの値段・・・。
-◇-◇-◇-◇-



昨日も書いたけどサントラ目当て。
それだけのために買うのもちょっと・・・。
-◇-◇-◇-◇-



作品自体はすべてレンタルで見たけど手元に持ってないので・・・。

なんだかなぁこの業の深さは。
集めても集めても満足する事を知らず、
蟻地獄の様にさらなる深みにはまっていく・・・。
Amazonでこんなのをみつけた。

続きを読む

梅雨の季節には早いと思うけど、雨の日が毎日続いてやになっちゃうなぁ。
気圧の変化の影響なのか頭が痛いよ。

プロ野球もライオンズがまさかの3戦連続雨天中止。
1カードまるまる中止だよ。
ただでさえ震災による日程変更で超過密スケジュールなのに、
さらに予備日の試合が増えて死のロードに。
最終的にはダブルヘッダーとかやらないと消化しきれないんじゃないか?

一方ベイスターズは連勝が5で止まって定位置に。
いい夢見させてもらったぜ・・・。

そんなジメジメな毎日。
2011.05.11
未完成のネタを放置して、20年以上前の富野資料を打ち込み中。
分量が多いから時間かかりそうだなぁ。
興味ある方には申し訳ないですが、早々にはうpれないのでじっくり待っていただければ・・・。
ここ最近、過去の富野発言の中からテーマに沿ったものをピックアップした記事を数本書いた。
その時に思った事なのだが、
やはり所有している富野資料を一度整理しなくてはダメだ。

あまりにも量が膨大になりすぎて、
(とはいってもその筋の方々に比べたらはるかに少ないだろうが)
目当ての情報がみつからない。
調査対象となる量も多くてそれだけで気が萎えてしまう。

でもね。
こうやって思いつくのはいいんだけど、
実際には手が動かないんだなぁ。

なにか良いアイデアと、モチベーションを上げる材料はないものか。
もう連休は終わったんだよね・・・
どうにも無気力5月病。

いや、お前の無気力は5月に限らず年がら年中じゃないかと言われそうだな。
ごもっとも。

よし、じゃあ久しぶりに富野資料でもうpてみようか。
……ってその前に富野動画一覧ネタがあったか(;´∀`)

まぁチマチマとやっていこう。
ここのところ、本業のアニメーション制作ではなく文化人的なメディア露出が続いている富野。
ファンとしては本業の方もそろそろ取りかかって欲しいのも事実だが、
それでも目にする機会が増えて嬉しい。

そんな最近の富野がどのような事を語っているのか、
簡単に5つのキーワードでまとめてみた。

続きを読む

昨日ボルちゃんのDVDを買ったという記事を書いた。
これでボルちゃんのDVDは残す所「SHOCKER」だけ。



そう思っていたのだが、今日になって新たに2本のボル映画を見つけてしまった。

1つめがこれ。



うわぁ・・・どうなんだろうなぁ、これ。
IMDBのレーティングでは4.6と平均をちょっと下回る程度だけど、
ボルちゃん基準からしたらいいほうかなぁ。

2つめはボルちゃんが監督ではなく制作総指揮。



ゾンビものといえば、「ハウス・オブ・ザ・デッド」を連想して、
原点回帰なのかなぁなんて思ったり。

それにしてもボルちゃんの最大の傑作と言われる「ポスタル」が日本で発売されないのは何でだろう。
もしかしたらオイラが知らないだけで、もう出ているのかなぁ?
そしてなんでオイラはこんなにボルちゃんを追っかけているのかと。


■関連記事

ボルちゃんの映画発売されてた!
ウーヴェ新作キタ――(゚∀゚)――!
書籍



ようやく買ったよ・・・。
ダムエー連載時に読んでなかった部分を読んで、
エリシアの変化を把握。

DVD



ボルちゃんの作品。レンタル落ちが安かったので・・・。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP