HOME   »  2011年03月
RSSフィード MyYahooに追加
震災以後いろいろな形での被災地への支援が続いている。
そんな中、こんな復興支援プロジェクトを発見した。

復興支援「牡蠣オーナー」制度

復興支援「牡蠣オーナー」制度とは

牡蠣を愛する「オーナー」様に【復興後の牡蠣を前払いでご購入】いただくことで生産者の復興を支援し、できる限り早期の三陸牡蠣の出荷再開を目指します。

三陸復興支援オーナー制度「復興かき」 1口 1万円(消費税込・配送料込)

出荷再開後、1口につき、三陸産殻付牡蠣20個前後をお届けします。
詳細な生産地については、現状ご指定いただけません。
場合によっては、5年以上かかるかも知れません。通常時の三陸牡蠣養殖の場合でも、成育に2年~3年かかります。港湾の復旧、漁業操業許可を経て養殖の準備が再開されることから、現状では出荷再開の時期をお約束できかねます。
三陸の牡蠣養殖の復興の様子を年2回程度(不定期、メールマガジン・郵送)でお知らせします。
その他、当ホームページを通じて現地の状況などをお伝えします。
(リンク元:牡蠣復興支援プロジェクトSAVE SANRIKU OYSTER


何を隠そうオイラは牡蠣スキーだ。
広島の牡蠣も三陸の牡蠣も大好きだ。
冬は牡蠣を食べないと気が済まない。
だから、今回の地震で壊滅的な被害を受けた三陸牡蠣のことは気になっていた。
以前にも何度も津波で養殖設備が被害を受けていたが、
今回は比べものにならない。
何か出来る事はないかと思っていたところに見つけたのがこの支援制度だった。

この支援の特徴なのが、支援という形ではなく投資という形であること。
参加者は将来、復興した三陸の牡蠣を食べる事が出来る。
そのための前払いという形を取っているので、どちらもおいしい。

というわけでオイラも1口購入。
5年でも10年でも待ちますよ。
三陸のカキ養殖が復興して、美味しいカキが届くのを。

■関連記事

忘れてた
キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!
2月に注文したコサキンのDVDが、発売日から2週間経ってようやく到着。

B004GGST8OコサキンDEラ゛シ゛オ゛! ~クロ盤~ [DVD]
ポニーキャニオン 2011-03-16

by G-Tools


いやぁ、見事にKonozamaくらっちゃったよ。
震災の影響で少しは遅れるだろうと思っていたけど、
まさか2週間になるとは・・・。

でもね。
待たされた甲斐はあった。
もう抱腹絶倒。ばっかで~~~くだらね~~~の連続。
BS-朝日で放送されたテレビ番組の再編集だから、
見た事あるネタも多いんだけど、それでも笑っちゃう。
中でも「テレフォンお悩み相談」のデヅガオザムジは最高。
あ~笑った笑った。
こんな暗い世相だからこそ、笑って元気を出さねばね。
6月に発売されるグレ盤も買っちゃおうかなぁ。

B004RDWH5CコサキンDEラ゛シ゛オ゛! グレ盤 [DVD]
関根勤 小堺一機
ポニーキャニオン 2011-06-15

by G-Tools

■関連記事

衝動ポチ
今日買ったもの
買うだけで
先日来から暖めている富野企画があるのだが、
なかなか思うように事が捗らない。

ネタを思いついたときは行けると思ったんだけど、
実際に資料に当たり始めたら・・・。
('A`)マンドクセ

そういや先日の「家族論」の記事の時も、
そんな状態になってたっけ。

もうね…こうも持続力や集中力や段取りがくめないのはデフォなのかと。
ヤギと男と男と壁と

B0046LVH0Qヤギと男と男と壁と [Blu-ray]
エイベックス・エンタテインメント 2011-01-07

by G-Tools
B0046LVH0Gヤギと男と男と壁と [DVD]
エイベックス・エンタテインメント 2011-01-07

by G-Tools

実在した超能力部隊を、ジョージ・クルーニーほか豪華キャスト共演で描くコメディ。イラク戦争の取材に飛んだボブは、“新地球軍”所属のエスパー兵士・リンと行動を共にすることに。その中でリンは、軍の驚くべき実態を語る。


キャストに惹かれて見てみたのだが……う~ん……微妙。
豪華キャストを生かし切れておらずもったいない。
そんな印象の作品。

素材はいいんですよね。
ジョージ・クルーニーとユアン・マクレガーというキャストも、
トンデモ本をネタにした「実在の超能力部隊」というシチュエーションも。
でも料理法でミスってしまって残念な出来になってしまったようです。
この取り合わせならもっともっと面白い作品が期待できるのに、
なんか空回りしてばかりいて笑えないんですよ。
それでもシーンを切り出せば笑えるシーンはいろいろあるんですよ。
スター・ウォーズで若き日のオビワンを演じたユアンを相手に、
ジョージ・クルーニーが「俺はジェダイの騎士だ」と言い放ったり、
遙か彼方の雲を消そうと「キラキラ目力」を発揮したり。
シーンごとには笑えるんだけど、全体としてはそれが逆に上滑りしている感じが否めません。
同じジョージ・クルーニーのコメディである「バーン・アフター・リーディング」と比べると、
笑いのツボというかポイントが違うんですよね、言葉にするのは難しいけど。
「バーン・アフター・リーディング」が面白かっただけに、ちょっとガッカリでした。
オイラの期待値が大きすぎたのかも知れませんね。

あ、でもジョージ・クルーニーの若作りはよかったですよ。

その他のレビュー済みダメ映画はこちらからどうぞ

続きを読む

2011.03.28
4月8日に発売を予定していた富野の新著「『ガンダム』の家族論」ですが、
東日本大震災の影響により発売が4月15日に一週延期されました。
ワニブックス【PLUS】新書 発売延期のお知らせ

4847060334「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書)
富野 由悠季
ワニブックス 2011-04-15

by G-Tools


ちょっと手元に届くのは遅くなりますが、
その分届いたときの楽しみも大きくなると思って待つとしましょう。
この対談もこれでラスト。
手塚作品から得たものや、好きな手塚作品について語っています。
巷説流布している「鉄腕アトム」の予算に関する打ち明け話も。

続きを読む

こんな本があったとは・・・。
岡崎優氏によるダグラム&ボトムズのコミック版。

4775914227太陽の牙ダグラム+装甲騎兵ボトムズ (サンライズ・ロボット漫画コレクションvol.2)
矢立肇/岡崎優
マンガショップ 2011-03-19

by G-Tools


岡崎氏によるコミカライズといえば、
もはや伝説にもなりつつあるこれがある。

okag01.jpg
okag02.jpg

そう。ガンダムのコミカライズ。
およそアニメとはかけ離れた熱いアムロが話題になったのを思い出す。
オイラが持っているのは2003年の3月に、
セブンイレブン限定で再販されたコンビニ廉価版。
これも今回復刻出版されている。

4775914219機動戦士ガンダム (サンライズ・ロボット漫画コレクションvol.1) (サンライズ・ロボット漫画コレクション Vol. 1)
矢立肇/富野由悠季/岡崎優
マンガショップ 2011-02-20

by G-Tools


それにしても岡崎氏のあのタッチで描かれたキリコ・・・
ちょっと想像がつかない・・・。
どんなテンションなんだろう・・・。
怖いもの見たさで読んでみたいような気も。

■関連記事

まさかの復刊
Gレジェンドコミックス第2弾発売、そして・・・

続きを読む

震災の影響で放送が延期になったNHKの「もしドラ」ですが、
4/25~の放送が決定しました。(情報元:NHKアニメワールド

これに伴い、富野も出演する関連番組「私とドラッカー」も放送日が決定。

【放送スケジュール】
一挙放送
総合テレビ 2011年4月25日(月)~29日(金)/5月2日(月)~6日(金) 午後11時20分~24分
レギュラー放送
総合テレビ 2011年4月29日から 毎週金曜(4月28日から 毎週木曜深夜) 午前0時40分~0時44分


富野の登場回は第9回なので、5/5(木)と6/24(木)になります。
お蔵入りにならず、無事放送されるようで一安心ですね。
内容はおそらく特番インタビューの焼き直し+カットされた部分の追加程度でしょうが、
何もないよりはマシということで・・・。
4478012032もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社 2009-12-04

by G-Tools

■関連記事

放送変更
もしドラ特番見ました
前回の続き。
手塚治虫氏本人の思い出話から、手塚氏のアニメに対する想い、
虫プロの社風のようなものにまで話題は及んでいます。

続きを読む

明日24日の23:20から放送予定だった「私とドラッカー」は放送予定が変更になっています。
予定の時間帯には震災関連のニュースを放送するようです。
新たな放送予定は未定。
このままお蔵入りという可能性もあるかもしれません。
いわきの親戚がこちらに避難してくるかもしれないということで、
布団やもろもろの準備をしようとクローゼットの中をごそごそやっていたら、
思いもしなかったものを発掘してしまった。

それは・・・

シェルブリット~~!!
shellbrit.jpg

いまからおよそ10年以上前に、
ウテナの幾原邦彦とF.S.S.の永野護が最強タッグ結成!!
みたいなノリで発売された小説。
(あの2人はセーラームーンのコスプレも一緒にしているしねぇ)
基本の物語を幾原が書いて、イラストやメカ設定を永野が担当している。

というわけでひさしぶりにご対面した勢いで、
いっきに2冊を読んでしまいました。

うん。

10年経ってもワカンネ。

物語の舞台は遠い未来。
異星遺伝子デザイン技術によって「生きる船」となったジーンライナー、
遺伝子デザインで優秀な能力を先天的に身につけたジーンメジャー、
普通の人間であるジーンマイナーが暮らす世界。

主人公の<<メジャー>>オルス・ブレイクが、
シェルと呼ばれる戦闘ロボットに乗って・・・
とか言う話はまぁ置いといて。

1巻はそれなりに面白かったんですよ。
主人公のオルスの生い立ちとか、メジャーである上官ノーマに対する苛立ちとか、
青春ものだなぁという感じで読んでいたのですが、
2巻になって急展開。

なんかわけがわからんほどストーリーが飛ばされ始め、
読んでて( ゚д゚)ポカーンとなってしまいました。
特に敵シェルのパイロットピナ・パワーズの最期とかわけがわかりません。
それと本文中に用語が出てくると脚注がつくのですが、
それも多すぎて読むのに邪魔。
でもそれを読まないと理解できないという・・・。

2巻のラスト近くで明らかになる衝撃の事実には、
ご都合主義すぎるだろうと・・・。
まぁ、でも嫌いじゃないかも。好きでもないけど。

読んでみたいなぁという物好きの方は試してみてはいかが?

4048530917シェルブリット〈1〉ADEN ARABIE
幾原 邦彦 永野 護
角川書店 1999-09

by G-Tools
4048531298シェルブリット (2)
幾原 邦彦 永野 護
角川書店 2000-07

by G-Tools


そういやこの本2冊とも、まだ雑居ビルの中にあったころのアニメイト秋葉原店で買ったんだっけ。
特典ポスターとかいまも持っているような気がする。
それとニュータイプの付録になってたポスターも持ってるわ・・・。
結局好きってことなのか?

続きを読む

数日前にユーザーファイルが読み込めなくなるというPCトラブルの記事を書いた。
地震当日に稼働中のマシンが机から転落→停電のコンボが原因なのか、
外部HDDアクセス中にスリープモードに入ったのが悪かったのか、
原因はよくわからないが、そんなトラブルが起きた。

それが昨日になって新たなトラブルが発生。
きっかけは一昨日のこと。
アクションセンターに「システムメンテナンス」の表示があったので、
それに従いメンテナンスをしてみた。
すると「ディスクボリュームエラー」なるものが表示された。
仕方がないのでHDDのエラーチェックをしようと思ったが、
Cドライブは起動時でないとダメらしいので次回起動時に実行予定を組み込んでみた。
その日はそのままシャットダウンしたのだが、問題が起こったのは昨日の朝。

電源を入れるとWindowsのロゴの後にエラーチェックが始まったのだが、
開始まであと1秒というところでフリーズ。
スキップしようとしても受け付けない。

2011032105230000.jpg

この画面のままうんともすんともしない。
これは困った。
ということで携帯からぐぐってみるとそれらしき対策を発見!
起動時にチェックディスク画面、しかし正しく実行できずフリーズする(Windows7 64ビット)
まさに条件や症状が一致する。

というわけでこのサイトの指示通りに対処をしてみる事に。
まずは電源を手動でオフ。しばらくまって再度電源オン。
起動時のHPの表示にF8は無かったんだけどとりあえず連打。
その他F11とか表示されているキーも打ってみたところ、
どのキーに反応したかはわからないがHPのサポートツールが立ち上がり、
スタートアップ修復を選択して実行。
再起動後無事エラーチェックを完了してPCが正常起動した。
いや~、朝から焦った焦った。

なんだかなぁ。何が原因なのかわからないからビクビクだよ・・・。
本日から3回に分けて紹介するのは、
SFJapanVOL.3冬季号に掲載された富野資料。

4197201796SF Japan VOL.3 冬季号 手塚治虫スペシャル
徳間書店 2001-12

by G-Tools


手塚治虫スペシャルと題された特集記事のなかで、
富野と杉井ギサブロー氏が虫プロ時代の手塚治虫氏について語っている。
巷間言われる手塚氏や虫プロの印象とはひと味違った、
内部関係者からの思い出話になっている。

続きを読む

横堀悦夫氏が演じるアーロン・テルジェフがUC3話にも登場!

B003YUBDPE機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray]
バンダイビジュアル 2011-04-07

by G-Tools


「ガイア・ギア」でアフランシ・シャアを演じた横堀悦夫氏。
その横堀氏がガンダムUCにてアーロン・テルジェフという役を演じている。
実に「ガイア・ギア」以来のガンダムシリーズへの出演だ。

第2話を見たときにはチョイ役のようなのでこれで終わりかもと思ったが、
第3話「ラプラスの亡霊」にも出演しているとの情報を入手した。
よかった・・・あれで終わりじゃなくて。

ギムGがすでにブルーレイを予約済みらしいから、後で見せてもらおう。

■関連記事
2人の赤い彗星
UC見なきゃあかんのか・・・
地震から一週間。
被災地ではまだまだ大変な状況が続いているが、
こちらは日常に戻っている。
もちろん計画停電などがあり、いままでのような暮らしとは違う。
でも、それがこれからの日常だ。

で、困っているのが本のこと。
恥ずかしながら我が町には本屋がない。
正確に言えば4店舗ほどあったのだがすべて無くなった。
隣の市までいけばあるが、品揃えは良くないし、
ガソリンもかかってしまう。

というわけで本を買う場合はだいたいにおいて、
都内やその近郊にでかけた時や、
Amazonでというのがほとんどだった。

ところが事態は一変。
電車は計画停電の影響による変則運行で運休が多く、
そう簡単に出かけられなくなった。
車を使うのもガソリンを浪費できない。
Amazonで注文するのは被災地へ救援物資を送る妨げにならないか気が引ける。

う~ん・・・しばらくはいままでのような買い物は出来ないかもなぁ。

というわけでイデオンリメイクについて富野が語ったと言われるオトナファミは未だ入手出来ず。

B004Q7DRI0オトナファミ 2011年 05月号 [雑誌]
エンターブレイン 2011-03-19

by G-Tools


文具術の特集があって気になった日経アソシエも買えず。

B004P3MQFU日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 4/5号 [雑誌]
日経BPマーケティング 2011-03-15

by G-Tools


ホント、田舎ってやーねー。
はやく普通に電車が動くようになればいいなぁ。
あと余震なくなれ。
ここ数日の電力事情を鑑み、
PCはモニターの輝度をいままでの1/3程度に落とし、
省電力モードでに切り替え、離れるときはスリープにするようにしている。
これで少しは攝津でんになるかな?と思っての事。

ただ、先日困った事が発生。
スリープから復旧したところエクスプローラがフリーズ。
いろいろと試していたのだがダメなので手動でシャットダウン。
しばらく経ってから再起動してみた。

なんとか元に戻ったのはいいのだが、
Chromeを立ち上げてみると、
「ユーザー定義ファイルの読み込みに失敗しました云々」のメッセージが。
テーマもエクステンションも全部まっさらになってる。
でもブックマークや履歴は残っている不思議。

うーん・・・なんでだろう?
しかたがないから新しく設定し直し。
Evernoteと英辞郎はそのまま。
GmailとGoogleブックマークのエクステンションは別のものに変えてみた。
どちらもいままで使っていたものより便利!
使いやすいじゃないの。

原因もわからずちょっとモヤモヤするけど、
使い勝手がよくなったから結果オーライとするか。
ちなみにオイラがつかっているのはこの4つだけ。

Firefox時代はいろいろアドオンのっけてたけど、
Chromeにしてからはスピード重視だからねぇ。
あとはGoogleバーが使えるようになれば完璧なのだが・・・。
電気がつかえること
ガスがつかえること
水道がつかえること
電話がつかえること
鉄道が時間通りに来ること

いままであってあたりまえだと思っていたことが、
決してあたり前ではなかった事を知る。

原発の安全性が疑問視され、
これからはいままでのように電気を使い続ける事は難しくなるかも知れない。
火力の増産でキャッチアップしても、それはそれでCO2とか別の問題を生む。

いままでが恵まれすぎていたのかもね。
奇しくも先日の豊島公会堂での富野講演にあった、
「豊かさを目指さない社会」
を考える時期に入っているのかも。

地震は多くのものを失ったけど、
いままで「あたりまえ」と思って思考停止していた物事を、
改めて考え直すきっかけになるのかも。

本日の我が家のリンデンは18:20~22:00の予定。
寒くて大変だけど被災地の人を思えば。
がんばろう、ニッポン。


4794214642文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
ジャレド・ダイアモンド 楡井 浩一
草思社 2005-12-21

by G-Tools
4794214650文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)
ジャレド・ダイアモンド 楡井 浩一
草思社 2005-12-21

by G-Tools
自分の事、家族の事、国の事、
これからのことを考えると不安に押しつぶされそうになる。
だからこそ明るく前向きに。

地震の前のネガティブな自分が嘘のようにポジティブ。
でもそれって強がりというか不安の裏返しなのよね。
怖いよ。これからどうなるかわからないもの。

だからといってそう簡単につぶされたりはしないよ。
だいじょうぶ。
まけてたまるか。
無理をしてでも前へ前へ。
それが日常に戻る一歩だ。
電力不足による輪番停電が続いています。
今日明日はオイラの地区は1日2度の停電予定。
最初の停電は停電地区から外れたのですが、
夜の停電はわからないのでいろいろ準備。
というわけでここも早めに更新。

富野関連のネタは途中まで手をつけたのがいくつかあるんだけど、
正直いまは手が回らないし電力も回らない。
ここもいつまで更新できるかはわからないけど、
記録として何か残しておこうかと。
この記事は本来、地震のあった11日に公開しようと思い作成していた記事です。
いまの状況で不謹慎だというお言葉もありそうですが、
日常にもどる一歩として公開する事にいたしました。
皆様が少しでも和んでいただければ幸いです。




すでにこのブログでもご紹介したように、
来る4月8日に富野による新著「『ガンダム』の家族論」が発売される。




そこでそれを記念して、富野の過去の作品や発言から、
家族に関する部分をピックアップしてみようかと思う。
とは言うもののそこはおいらのやること、
碩学の富野信者の皆様から見れば物足りないとは思いますがそこはご容赦を。

続きを読む

明日からの輪番停電が決定。
オイラのところは13:50~17:30の間の3時間ということになりました。
不便と言えばとても不便で困ります。

でも今は、はっきり言って非常事態です。
国難です。
なんとかこの危機を乗り越えよう。
絶対大丈夫。

まぁ、暗い話題だけでは何なので、
明日は富野関連の記事をアップしますよ。

帰宅難民からいろいろな方の手助けで無事帰宅できました。
自室はものが散乱してますが、予想したいたほどではないので、
明日までになんとか片付けます。

本当にありがとう。
言葉一つでも助けられます。
こういうときは人の優しさが身にしみます。
今日の地震、皆様は大丈夫だったでしょうか?

オイラは電車が止まって家に帰れず、知人宅に避難させていただいてます。

自宅はライフラインが止まっており、更新はしばらくお休みになりそうです。

みなさまがご無事でありますように。
本日放送のNHKもしドラ特番を見ました。

富野の出演時間は1分48秒。

経済面からではなく思想面からドラッカーに触れたと紹介された富野は、
チャーチルによるドラッカーの「経済人の終わり」の書評に触れ、

「経済主導だけでものを見ていったら、社会を統治すること、政治を司ることはできない」



などと語っている。

正直これだけ?という短さだったが、
でないよりはマシということで。

ちなみにこの放送は明日の深夜1:15~再放送されるので、
見逃した方は確認してみてはいかがでしょうか。
まぁ、実際に見ても「これだけかよ!」となるでしょうが。


4478001200ドラッカー名著集9 「経済人」の終わり
P・F・ドラッカー 上田 惇生
ダイヤモンド社 2007-11-16

by G-Tools


4478012032もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社 2009-12-04

by G-Tools


4478410232マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
P・F. ドラッカー 上田 惇生
ダイヤモンド社 2001-12-14

by G-Tools
昨日から富野資料の海の中を溺れているのですが、
そこでふと思い出したことが。

それは2001年か2002年か、とにかく10年ほど前のこと。
いまはすっかりアトレとしてオシャレになった秋葉原駅の駅ビルが、
まだ「アキハバラデパート」と呼ばれていた頃。

当時、3Fワンフロアが丸々FUJIYAMAというガンダムショップになり、
2Fにもサブカルやコミック関連の書店が入っていた。
その書店で見かけたロボコン(0点のほうじゃないよ)関連の雑誌に、
富野が登場していたような記憶があるのだ。
確認したのは一度きりで、そのときは持ち合わせが無くスルーしたのだが、
後日改めて確認しようと思ったが雑誌そのものがなくなっていた。
その後もまったくお目にかかっていない。

あれは本当にあったことなのだろうか。
それとも白日夢かなにかを見たのだろうか。
あまりにも記憶が曖昧で自分でも確信が持てない。
もしかしたらあまりの富野愛による後付け捏造の記憶のような気もする。

もしご存じの方がいらっしゃいましたら、
コメント欄からお願いいたします。
昨晩ふとネタを思いつき、さっそく膨大な富野資料の海に飛び込んだのはいいが、
チェックする資料があまりに大量なのと、検索対象があまりに茫漠としすぎてて、
1時間もたたないうちにギブアップ。

我ながらいいネタを思いついたとは思ったのだが、
自分のスキルでは手に負えなかったようだ。
う~ん・・・このままゆっくりでも続けてみるか。
とか言っている間に他のところがサクッとやっちゃいそうだけど。

むずかしーね。


4847060334「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書)
富野 由悠季
ワニブックス 2011-04-08

by G-Tools


B000XSKZX6機動戦士ガンダムF91 [Blu-ray]
バンダイビジュアル 2008-02-22

by G-Tools

out8605.jpg

前回の続き。これで最後になります。
いよいよ本題とも言える部分に入ります。

続きを読む

今日は豊島公会堂まで富野講演会を聞きに行ってきました。
とりあえずとりまとめたものを。
後日改めてくわしくまとめる・・・つもり。
気力があれば。

整理券の配布が11時半からということで、
11時を回ったころに池袋に着いたのですが、
すでに現地には人・人・人。
整理券も121番でした。

結果座ったのは前から7列目の真ん中あたり。
あまり近すぎると富野の熱気でやけどしてしまいそうなので適度な距離を。

「めぐりあい宇宙」の上映が終了し、
さあ本番!なのに・・・なんで帰っちゃう人がいるんだろう・・・。
(´・ω・`)

今日の富野はグレーでコーディネートしたシックなお召し物。
亜亜子さん、エキセントリックな色使い以外もできるのですね!
会場を見渡し年齢・性別の構成を確認すると、
「またいつもの感じか・・・」とちょっとがっかり気味の様子。
でもその分「ファンの集まりだと覚悟した」とホームの雰囲気で、
くだけた感じの話が聞けたのは良かったかも。

今回のテーマは未来を考えるということで、
枝廣淳子氏の環境論から見たニュータイプとか、
宇宙エレベーターとか、
そのあたりの話が中心。
ほとんどの話がテーマとしては既出だったかな。

以下気になった部分を箇条書きで列挙してみた。
ちなみにメモからの再構成なので、
富野が実際に言った言葉とは違っていると思いますが、
こういうニュアンスだったということで。

・演壇は無視
・ジークジオンはうかつに言うな(氣志團の件)
・「ネットに書かれるようなことは口が曲がってもしゃべりません」→「書くな!てめぇら!」
(ごめんなさい、書いちゃいました。富野から「ネットに書く人がいる」と指さされました)
・「ああいうじいちゃんだったら尊敬してもいいかな、といわれたいの!」
・あまりに会場の反応がいいので「落語の前座をやりにきたわけじゃないよな?」

・たかがアニメ監督がこのような文化的な場所で講演できるようになったのはガンダムが「アニメ」から一般化したから

・有限の地球で我々生物が未来永劫存続させるためにはどうするかということは考えなくてはならない

・「哀戦士」は1作目が上映された時には制作するかどうかきまってなかった。3日間の興業成績を見て制作にゴーサインが出た。

・枝廣氏の言う「ニュータイプ」はガンダムを全く知らない人から出てきた。人類そのものが新しいものの考え方に進歩する。

・我々はニュータイプになる修行をすべき。資源を使わないでもすむ方法はあるか?

・といっても宗教的な漠然としたものではない。みんながわかる考え方=コモンインテリジェンスを持つこと。

・そもそもアニメの監督がこんなことを話しているのをおかしいと思うべき(話すべき人が話していないということかな)

・宇宙エレベーターは現実には難しいと思っている。

・けれども考えることが大事。いろいろ勉強して得るものがあったし、反映できるなら作品にしたい。

・ザックトレーガーは絵にならない

・実はトリトンファンクラブの集会をやったのが豊島公会堂。そのときは中高生の女の子ばっかりだった。

・「自分にも孫が生まれた。自分に続く種があるということが、死を怖くなくさせる」

・「表現の自由そのものは自由でいい。規制なんてくそくらえ。それと、公共に向けての表現の自由はまったく別の話。公表しない限り好き勝手やっていい。自分もそういうのが大好き。ただ、それを表に出すと社会を統制する側の格好の狙いとなる」

・「もう若い人がいろんなガンダムを作っているのに俺がガンダムを作ってどうするの」

・「豊かさを目指してはいけない。豊かさを目指すのではなくそこそこ。豊かでなくても持続する社会を目指す」



今回もまた新たな本の紹介をしていた。
「銃・病原菌・鉄」と同じ著者の「文明崩壊」という本。
これもチェックリストにいれておこう。
図書館で読めればいいなぁ。
4794214642文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
ジャレド・ダイアモンド 楡井 浩一
草思社 2005-12-21

by G-Tools
4794214650文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)
ジャレド・ダイアモンド 楡井 浩一
草思社 2005-12-21

by G-Tools


いやぁ、今日は質問しようと手を上げたんだけど、
用意していた質問をことごとく先に言われ、結局何も言えなくて、夏。
悔しい・・・。
B00005HVM1勇者ライディーン DVDメモリアルBOX(1)
東北新社 2001-03-25

by G-Tools

第18話 壮烈アギャール必殺の電撃
第19話 巨獣ゴンガー魔腕の唸り
第20話 残忍!悪魔提督ダルタン
第21話 強撃!翼獣ムチールの罠
第22話 乱撃!魔鳥コンドルンの爪



2クール目に入り各キャラクターも立ち位置が定まってきたためか、
学園シーンなどの日常ドラマはかなり面白くなってきている。
特に荒磯とマリがコメディリリーフとしていい味を出していて、
彼らが出てくるだけで雰囲気が和む。

その一方で戦闘シーンはどんどんつまらなくなってくる。
化石獣のおどろおどろしさはさらに無くなりメカっぽくなっている。
ライディーンとのロボットプロレスもワンパターン。
特に感じるが広げた風呂敷のたたみ方。
ピンチに追い込まれた後のライディーンの反撃がひどい。
以前にもゴッドバードになっただけで弱点克服になったりとひどかったが、 
超ウルトラ念動光線とかが飛び出す始末。
技のインフレ化が進んでいる。

18話は冒頭でいきなりアギャールが失脚。
名誉回復のために偽装投降してライディーンをおびき出そうとする。
「あきらちゃ~ん」とおべっかを使うアギャールも見ものだが、
それ以上にこの回の見所になるのは洸と荒磯の友情。
アギャールの罠にまんまと引っかかってしまい
窮地に陥った洸を助けようと身を挺す荒磯。
「荒磯ダンは死んでもいいが、お前はライディーンを動かせる世界でたったひとりの男じゃ!」
と犠牲になろうとする荒磯に、
「俺にはお前の方が大事だ!」
と返す洸。
マリを巡ってなんだかんだと争いながらも信頼し合っている様子が伺える。
アギャールはこの回で地獄に落ち、代わりにダルダン提督が指揮官として登場。

19話はキング・コングをモチーフにした話。
人間に捕まった巨大ゴリラ、グレート・ゴングが、
身勝手な人間に対する仕返しとして化石獣となる話。
冒頭の射殺未遂のシーンからもしかして?と思ったら、
案の定の辻真先脚本。
あいかわらずの、トラウマに残りそうな救われない話。
ラストでの
「あなたから見れば、人間も悪魔と同じ敵だったのね」
というマリのセリフが何とも言えないやりきれなさを誘う。

20話はのすけの妹あっちゃんが久しぶりに登場。
気になったのがカット割り。
アングルがおかしかったり、カットが前後していたりするように感じられる。
いつもなら下手に置かれるライディーンが、
劣勢になって上手で戦闘するのにも違和感が。
コンテは「頼田強」という方によるものだが、
映像の原則的にどうだろう?と不遜ながら思ってしまう。
また、止め絵やスローモーションによる強調、
やけに芝居がかった台詞回しなど、
BSアニメ夜話で「長浜演出の特徴」と氷川竜介氏が揚げていたことが、
頻出するようになってくるのもこのあたりから。

21話からはレッド団のロボット、ボインダーが登場。
この回の見所は江戸時代の拷問のように、
貼り付けにされ風車のように回されてしまうライディーン。
大ピンチなのだがなぜだかユーモラスに感じてしまった。
辻真先脚本なのだが、らしさは感じなかった。

22話はどうにも作画がひどい。
バンクと繋がっているシーンだと差が歴然。
ラストの1枚絵などだれが誰やらといった感じ。
また絵だけでなくストーリーもいまいち。
自分一人の力で戦っているのではないことに洸が気付くのがテーマのようなのだが、
「あいつは俺達を信じていない」と神宮寺に突き放される発端も唐突ならば、
みんながいたから勝てたという終わり方もしっくりこない。
というのも結局はライディーンの力で勝っていて、
ブルーガーもボインダーもそれほど力にはなっていないから。
演出と台詞が食い違っているように感じてしまった。

そういえば明日香麗の存在感がこのあたりでだだ下がりに。
登場時の謎を秘めたインパクトが全く消えちゃったなぁ。
今後活躍の機会は残されているんだろうか?ちょっと気がかり。

■関連記事
オカルト色後退?:勇者ライディーン14~17話感想
後味悪いなぁ…:勇者ライディーン9~13話感想
荒磯大活躍:勇者ライディーン5~8話感想
命授けよ:勇者ライディーン1~4話感想
朝っぱらからこんな情報を発見し、一人でフルコーフン状態。


4847060334「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書)
富野 由悠季
ワニブックス 2011-04-08

by G-Tools


ちょww富野の新著www
しかも新書www
これは期待せざるを得ないwwww

というわけで早速ポチりました。
昨年の「リーンの翼」に続く新著かぁ。
個人的には著作活動もいいけどいい加減に本業をだな。

そういえば、このタイトルってどこかで見たなぁと思ったら、
以前に紹介した対談と同じタイトルだったのね。

『機動戦士ガンダム』の家族論1/3
『機動戦士ガンダム』の家族論2/3
『機動戦士ガンダム』の家族論3/3

この対談をした当時はF91を制作したころで、
ニュータイプ=良き家族を持つという認識だったから、
そういうアプローチで語っていた。
富野自身のニュータイプ論が家族論から環境論に変化した今では、
どういうアプローチから家族を語るんだろうね?
楽しみでしかたがない。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP