HOME   »  2010年02月
RSSフィード MyYahooに追加
昨晩飲みすぎた影響で今日は一日グダグダ。
1ヶ月以上続けてきた5時起きもできず、
本当に無駄に過ごしてしまった一日。
反省することしきり。

さ、明日からは3月。
気分もあらたにがんばろー。


つーかもう今年に入って1/6を経過してしまったのかと思うと、
時の早さにぞっとする。
本当に1年1年が経過するのが早くなった・・・。
古本

456964452X神道の常識がわかる小事典 (PHP新書)
PHP研究所 2007-04-17

by G-Tools

神社だけでなく神道についても知っておきたいと思って。

4569706452なぜ宇宙人は地球に来ない? (PHP新書)
しりあがり 寿
PHP研究所 2009-05-16

by G-Tools

twitterで著者のキッチュさんをフォローして知った本。

新刊

2010プロ野球プレイヤーズファイル
これもtwitterで教えてもらったのだが、なぜかAmazonでは売っていない。
毎年恒例の週ベ名鑑も買ったが、
各選手の球種・コース別打率の載っているこちらも購入。

4199080198富野に訊け!! (アニメージュ文庫)
徳間書店 2010-02-28

by G-Tools

これは昨日書いたね

4837978355世界の経済が一目でわかる地図帳―お金、人、資源、環境……世界はこう動く! (知的生きかた文庫)
三笠書房 2009-12-18

by G-Tools

日経の広告でたまたま目に入って興味をもった。

433403537X世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)
光文社 2009-12-16

by G-Tools

民主側からではなく自民側から衆院選を見たかった。

4766784588ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
経済界 2009-11-25

by G-Tools

友人から勧められた本。
社会人として知っておくべきマネーの基本的なことを寓話的に書いている。
特に某女性会計士をネタにした第2話に大爆笑。

4478012105大事なことはすべて記録しなさい
ダイヤモンド社 2009-11-13

by G-Tools

こういうノート術の本にハマってます。
自分で仕組みを作れない時点でダメダメなのはわかってます・・・。

実は「FREE」も買おうと思ったがいざ立ち読みしてみたら、
自分とはあまり関連がないし重いので自重した。
明日発売のアニメージュ文庫版「富野に訊け!!」を1日早く入手いたしました。
4199080198富野に訊け!! (アニメージュ文庫 A と 1-1)
徳間書店

by G-Tools

単行本版「富野に訊け!」との違いは、
まず、「はじめに」と巻末のGacktとの対談がないこと。
そして、各章1つづつ新しい相談が追加されていること。

新規に追加された質問は以下のとおり。

PART-1 LIFE 自己改革編
Q12 どうすれば死ぬことへの不安を拭えるか(2008年1月号)

PART-2 WORK 仕事編
Q27 社会人は出世しないといけないものなのか(2009年10月号)

PART-3 COMMUNICATION 対人関係編
Q33 「親友」と呼べる友達を作るにはどうすればいい?(2007年2月号)

PART-4 LOVE&SEX 異性接触編
Q42 失恋した彼女のことを、どうしたら忘れられる?(2008年12月号)


それぞれの質問にどのように富野が回答しているかは、
実際に書籍を購入して確認していただければ・・・。
(もちろん掲載号を読んだ方はわかりますが)

今後続巻が発売されるかどうかは、
今回の売上によって判断されるそうなので、
続きを読みたい方は絶対に買いましょう。
単行本を持っていても買うのは当然の義務です。

続きを読む

実はオイラ、先日初めてポッドキャストなるものを聞きました。
昨年辺りからは番組数も爆発的に増えている様子。
前から目にするたびになんだろうなぁとは思ってたんですが、
名前からしてipodがないと聞けないのかな?と勘違いをしておりました。

ところが、ipodというかitunesがなくても、
winampで聞くことが可能ということをつい先日になって知り初挑戦。
なるほど。声で聞くブログとはよくいったもの。
RSS配信なのね。
登録しておけば自動で最新情報に更新してくれるのか。
便利よね。

で、いくつか登録してみたのですが、
他にも面白いもの、聞いておいた方がいいもの、勉強になるもの、
などなどございましたらぜひぜひ教えて頂戴ませませ。

まぁ、物理的に全部を聞けるかどうかはわかりませんが・・・。
2010.02.24
だめです。隊長体調が戻りません。
今日はポカポカ陽気だったらしいのですが、
自分だけ、サイクロプス隊に同行して北極基地へ乗り込んだようなしかも全裸で、
そんな寒気に襲われてどうしようもありませんでしたよ。
明日にはなおるかなぁ・・・。
昨晩は体調が悪いので早く寝ようと思ったのだが、
うっかり勇者ライディーンのDVD-BOX特典富野映像などを見てしまい(・∀・)ニヤニヤ
あやうく風邪をこじらせるところだった。
B00005HVM1勇者ライディーン DVDメモリアルBOX(1)
東北新社 2001-03-25

by G-Tools

でも本当にこのインタビューは面白い。
テキスト起こししようかなと思ったけど、まだ買える状況だから、
というオイラなりの基準もあってなぁ。

で、話はいきなり変わるけど、
twitterで「富野天文会」という言葉を何度か見かけ、
そういう名前の先生か地名で天文会が行われるんだろうなぁと思っていたのだが、
今日になりkaito2198さんのブログを見てビックリ。

2010年、初の活動『春のセミナー付き観望会』は
スペシャルなゲストが満載!!

3月9日(火) 『ガンダム天文入門』
『機動戦士ガンダム』監督と『機動戦士ガンダムUC』作者が天文学者と宇宙を語る!
SFアニメ愛好家として『SFアニメを天文する』などの著作をもつ天文学者 福江純氏が、アニメーション監督 富野由悠季氏(『機動戦士ガンダム』シリーズなど)と、作家 福井晴敏氏(『機動戦士ガンダムUC』『亡国のイージス』など)とともに、宇宙を舞台にしたアニメ『機動戦士ガンダム』を通して、天文学の奥深さと面白さを語ります。
もちろん、セミナーの後は、「スカイデッキ」(森タワー屋上)での観望会も!


マジで富野が天文会をやるのかよ!
行きたいけど田舎者には六本木ヒルズで平日22時終了は完全に朝帰りフラグだお・・・
都会ものにはぜひ行ってレポしてもらいたいのだが・・・。

で、このイベントに富野と共に参加する福江先生。
実は17年前に天文雑誌で富野と対談してます。

富野由悠季 無重量空間を語る(「SKY WATCHER」1993年3月号)

参加希望の方は事前に目を通したらよろしいやん。

■関連記事
富野動画紹介 その1
ハルオの動かない列車
祝!HGガンダムX発売決定!!

俺、神様信じる!
ガンプラから足を洗ったとか言ってられるか!

よ~し、パパ久しぶりに頑張って組んじゃうぞ~











あ、そんなことを書いたら左の親指の古傷がうずいた。
あれは1/100GXのつま先のモールドをスジ彫りしているときだったなぁ・・・。

■関連記事
このゴールデンウィークにやりたかったこと
全治10日
欝だ氏のう
以前にも書いた覚えがあるけれども、
オイラはfigmaとかよりもねんどろの方が好みらしい。

こっちは全然食指が動かなかったのに、
B00361FLDGfigma けいおん! 琴吹紬 制服ver.
Max Factory 2010-04-25

by G-Tools

こっちは迂闊にも欲しくなってしまった。
B0038YXVP6けいおん! ねんどろいど 琴吹紬 2次出荷分 (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー 2010-07-25

by G-Tools
沢庵の魔力なのか…
二次出荷なら少々遅れるけど瞬殺祭りにもならず、
確実に手に入るのか…
ってオイラは何を血迷ったことを口走っているのだ。
でも澪に関してはねんどろよりもFigmaの方が造形がよかったような・・・。
そして唯と律は安心して全スルーが可能w

■関連記事
どうかしてたんだと思う
ねんどろ臭
スイッチオン

続きを読む

なんだか右上の検索が全く使えなっているようす。
どんな言葉をいれても該当なしになっちゃう。
どうしたんだろう?
しかも今までならテンプレート適用のまま真っ白だったのが、
FC2ブログに飛ばされて該当なしって・・・。

むむむ?
今朝はいつもより少しだけ早起きしてラージヒル決勝を見る。
葛西の2本目はすごかっただけに、1本目の失敗が痛かったなぁ。
でも8位入賞はすごい。
そしてベテランの葛西が日本人トップという状況に危機感も感じた。
伊東くん以下若い選手は何をやっているのかと。
それなら岡部を出した方がよかったんじゃないの?

しかしアマンはすごい。
ありゃかなわないね。

そんなスキージャンプを見ていたら久しぶりにアレをみたくなった。

そう、スキージャンプ・ペア。

B0000CGAO8スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2003-12-10

by G-Tools

B00061I1LIスキージャンプ・ペア オフィシャルDVD part.2 (通常版)
真島理一郎
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2004-12-22

by G-Tools

B000BI55SIスキージャンプ・ペア8 オフィシャルDVD
水野晴郎
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-12-07

by G-Tools

ひさしぶりに皇帝ビドヘルチェルやカウリスマキ兄弟の美技を観てみようかな。

■関連記事
ものたりない…
おバカ映像
2010.02.20
なんか考えがまとまらない。
書いちゃ消し書いちゃ消しをずっと繰り返してるかも。
あれについて、これについて、書いてみたいと思うことはあれども、
いざ文章にしようとすると考えがまとまらない。
なんだろね。

あ、今日は富野分ないよ。
先日紹介したTITLE2000年12月号の富野とブライアン・シンガーの対談記事。
せっかくシャア専用ニュースのRandalさんから、
「そちらでテキスト化していいよ」といただいたのだから、
あまり引っ張らずに紹介せねばと思い立ち頑張って打ってみた。
初対面のはずの富野に物怖じせずに反論するブライアンカッコヨス。

『X-メン』のブライアン・シンガーを
『ガンダム』の富野由悠季が直撃!
「僕をズタズタにしてくれ!」


富野 大変だったですか、この作品を作るのは?

シンガー こういう大作にしてはもともと製作日数や予算が少なかったんですけど、さらに公開を半年早めると言われまして。

富野 ああ、そうか。それで分かった。フィルムの全体の作り方が狭い気がしたんですよ。だから余裕がないフィルムになっちゃってる。
 『X-メン』について一番気になったのは、SFのアクションものとしてのお楽しみ、エンターテインメント性にちょっと欠けるような感じがした。

シンガー おっしゃることはよく分かります。ただ38年の歴史があるマンガで10から12のキャラクターを全部紹介して、昔からのファンの期待に沿いながら、なおかつ全く知らない人にも、ちゃんと説明してあげなきゃいけない。さらに、夏のイベント映画にすれば4000万ドルくらい少ない予算で、半年製作期間を短くしなきゃいけない。
 それを全部ふるいにかけて、決めたのは、もう大きな物語の中の1エピソードとしてやる。今回できないことは続編でやればいいと腹をくくったんです。だからおっしゃるような欠点があるということは十分承知です。

富野 いや、それだけのものを上手くまとめてると思います。ですから作品全体のことを言うのはもうこれでやめます。

シンガー 思ったことを好きに言ってください。本気でズタズタにしてくれていい。悪口でも何でもいいです。だって丸2日間、まとめれば7カテゴリーくらいの同じ質問に繰り返しこたえてきて、みんなヨイショするしかないわけで、もううんざりしてるんだから。好きなことを言ってくれた方がよっぽどリフレッシュになります。

富野 実はそういう質問がとても得意なんです、僕は(笑)。ではもう一度、映画の作り方戻りますが、『X-メン』というタイトルで映画を予備知識なしに見たときに、やはり冒頭のナチスの強制収容所のシーンが、ちょっと僕の目から見ると重すぎて丁寧すぎて、『X-メン』としては損をしたかなという感じがするんですけど。

シンガー まず、初めにガーンと観客の目を覚まさせたかった。でも、その後はお約束のストーリー展開にもしなければならない。だから冒頭のシーンに違和感があるのかもしれません。
 たとえば(監督の前々作)『ユージュアル・サスペクツ』の場合には、はじめからレイトR(中学生以下鑑賞禁止)が決まっているわけです。基本的にはそんなに多くの人に見てもらうという映画ではない。対象としてある程度の理解力のある大人の観客ということを考えている。
 ところが『X-メン』は、初めから子どもも見るPG13(13歳以下は親と一緒に見ることが望ましい)というのがもう決められている。観客を意識しないで作れないわけです。だから、初めにガーンと落としておいて、だけど一方でちゃんとPG13の映画だから大丈夫だよとも思わせなきゃいけない。だから、ああいうふうに話が進んでいくということは分かっていただきたい。
 ところが、羨ましいのは、日本のアニメの場合、PG13のようなアメリカでお約束のもの、スペクタクルを全部入れておきながら、それでいてとても性的な描写、暴力描写、全部できるということなんです。アメリカはできません。どう考えても成人映画みたいな内容で子ども用のアニメで作っている場合もある。

富野 それに関して言うと……。

シンガー さらに言わせていただければ、広い世界があって、自由に作れて、実写よりもお金がかからないでしょう。それがアニメの特徴なわけです。ところがアメリカの場合アニメといったらディズニー。ディズニーはとにかくお金がかかる。ディズニーか(実写の)『X-メン』、その2つのチョイスしかないんですよ、アメリカの場合は。
 要するにお金がいくらかかったか、観客層を見てそれだけの商売になるかということを考えなければ映画は作れないんです。

富野 分かります。今の日本のアニメを作るスタッフたちは、公共に向けて作品を発表するという気持ちがなくて、あまりにも無条件で作品を作り過ぎてる。まだ本当の意味でビジネスシーンに乗るような作り方を意識してない。

シンガー 確かに行き過ぎはありますが、アートとしてはそれでいいのかもしれない。アートは別に、見る人、関係なくてもいいわけだから。
 ただアメリカではできないということだけは確かです。たとえば『タイタンA.E.』を作りました。つまり日本のアニメみたいなことをやろうとしたんだけど、失敗しました。

富野 あれはもともと、あ、ここに配給会社がいるから言えないか(笑)。

シンガー だってあっちは1億ドル使って、こちらは7500万ドルしかくれなかった会社ですからね(笑)。

富野 全く逆じゃないか。そう、かわいそうねー。

シンガー 7500万しかくれなかったの~(泣)。
 逆にちょっと聞いていいですか?今日、あなたの『ガンダム』を見せていただいたんですが、どのくらいかかっているんですか?

富野 知らない。

シンガー ダメよ。それはアーティストのメンタリティーですよ(笑)。

富野 製作費だけで言えば数億円。さらに『ガンダム』はテレビで一度作ったもののダイジェスト版ですから。

さらに突っ込む富野 シンガーついにキレる?



富野 もう何も言えなくなっちゃったんだけども、さらに言えば(笑)人物そのものの紹介するスペースとか、物語のシーンの組み立ての構造を、もう少しカメラを引いた世界で作っていくことが必要かな。つまり、きわめて客観的な視点がいるんです。そういう部分が少ない。

シンガー だから言ったじゃないですか!金がないからできないって(笑)。遠景が撮れない。(撮影場所が)トロントなんだから、ニューヨークじゃないんだから。だからいやでもアップで撮ってる。私も引いて撮りたいですよ。もともと俳優が好きなので、彼らの表情を撮るのに、わりとアップが好きなのもありますけどね。

富野 ものすごくつまらないことを1つ。ジェット機だかロケットだかよく分からないあの乗り物は一体なんなんですか。

シンガー ジェットです。ハリヤー。

富野 あんなの出てくる必要ないじゃない。

シンガー 金持ちなんだから持ってるということにしたい。武器というか、装備の1つなんです。

富野 もしそうならば、乗り込むシーンと、自由の女神像に着いて降りるシーンの2つのショットがなきゃいけない。なんで撮らなかったの?

シンガー お金がないから(笑)。

富野 また言う(笑)。

シンガー ハッチが開くシーンはあったんです。DVDを買って見てください、DVDには入ってるから。ハッチだけは作れた。でも一方向だけの分しかお金がなくて(笑)。

富野 監督は子どもを使うというよりもティーンエイジャーを使うのがうまい印象があります。ことに『ゴールデンボーイ』。だけど今回ローグ役のアンナ・パキンをちょっと上手に生かしきれなかったのかなと。

シンガー アイ・アグリー。それはお金と関係ないです(笑)。
 まずコミックのキャラクターの年齢はアンナの年齢より上なんです。そして人気のある2人のキャラクターをまとめて、ローグの中にぶっこんだ。なおかつ、ローグの持っている力が非常に興味深くて、物語の中でも必要だったので、くっつけるしかなかった。いろんなものが混ざり合って、ちょっとウルヴァリンとの焦点が合わなくなった。確かにおっしゃるとおりです。

富野 とても残念でした。アンナファンとしては。

シンガー 次ですね。もうちょっと彼女を何とか。アンナは今18歳ですから、次の映画に出る頃には大人の女になってます。

富野 あの子は大事にしてほしい。『ピアノ・レッスン』の時の彼女をとても愛してるんです。

シンガー 今、思い出した。あなたは子どもの目線で『ガンダム』を描いてらっしゃいましたね。なぜアンナが好きなのかも分かった。
 どんどん言っていただけて、うれしいです。実はストームももうとっと使いこなしたいと思ってます。嵐。

富野 それこそお金かかるぞ(笑)。

シンガー 『タイタンA.E.』に金を使わせないで、こっちがふんだくればいいんですよ。

富野 ただ、絶対間違ってほしくないのは、『ツイスター』みたいな映画にしないでね。

シンガー OK.いや、監督のこと、絶対に忘れません。お願いがあるんですが、『ガンダム』のビデオを下さい。

富野 プレゼントします。

シンガー ありがとうございます。実は仲間うちで映画祭をしようと思ってるんです。ガンダム映画祭を(笑)。それを見終わったら今度は私がインタビューしに来ます(笑)。



■関連記事
感謝感謝、でも……
富野資料探索記
見知らぬ、富野資料
以前にも同じようなネタをいくつか書いたことがあると思いますが、
またこんなZ級映画のインスパイアタイトルを見つけてしまいました。
ジャケットまでも元ネタに似せようとする涙ぐましい努力にご注目。

今回のお題は「クローバーフィールド」
B001VCBZPAクローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2009-05-22

by G-Tools

つい先日レビューを書いたばかりの作品です。

まずはこれ。
B002M7OHXKスマイルBEST クラーケンフィールド HAKAISHIN [DVD]
Happinet(SB)(D) 2009-10-23

by G-Tools

これも以前にレビューを書いています。

次はこれ
B001AJ05X2バトルフィールド TOKYO [DVD]
サラ・リンチ
ビデオメーカー 2008-08-02

by G-Tools

なにげにウィッシュリストに入っている作品です。

この2作品の存在は知っていたのですが、
さらに2作品を発見。

これと
B001BVZ4YYクローンフィールド HAKAISHI [DVD]
ブライアン・パトリック・オトゥール
AMGエンタテインメント 2008-09-26

by G-Tools


これ!
B001Q4ZCY8ボインフィールド PAFUPAFU [DVD]
ファーゴ・コンドルフ
アルバトロス 2009-04-10

by G-Tools


特に最後のなんて、もう・・・ん?

ま た ア ル バ ト ロ ス か

本当に奥深いというかなんというか。
そんな泥沼にどっぷりと片足まで浸かってしまい身動き取れなくなってます。

■関連記事
トランス◯◯
2007→2008とくれば
ダメ映画的タイトル術 その1
ダメ映画的タイトル術 その2
クローバーフィールド/HAKAISHA:映画レビュー
クラーケンフィールド HAKAISHIN:ダメ映画レビュー

続きを読む

幻影篇に向けての予習が終わりました。

B000LMQVS2装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 2 [DVD]
塩山紀生
バンダイビジュアル 2007-02-23

by G-Tools

4話「臨界」
5話「触れ得ざる者」


3話の段階でようやく物語が動き、
このあとどうなるかとちょっと心配だったのだが、
なんだかバタバタのまま終わってしまった感じ。
後半になるとフィアナの存在が重要になってくるのだが、
どうみても麻宮騎亜デザインっぽくて違和感てんこ盛り。

5話という短い尺だから仕方ないのだが、
もう少し話に膨らみがほしかったところ。
結局のところAT戦が最も印象に残る作品だった。
まぁ、そういう点も今西っぽいかな。

でもバーグラリードッグとスコタコの違いが全く分からない。
クメンで出てきたマーシィドッグもどこが違うのかサッパリでしたが。
あ、それからビックリしたのがネクスタントの位置づけ。
あれってPSとは違って肉体兵器そのものなのね。
ATに代わるものとして開発されていたとは。
まぁ、1話の鬼神っぷりはたしかにすごかったけど。

まぁ、なんというか、全体的に消化不良な感じの作品。
なんかモヤモヤが残る。
このモヤモヤは「幻影篇」や「孤影再び」で晴れるんだろうか?

そうそう。幻影篇に続いてアニメ化される「孤影再び」って「赫奕」の続きなのね。
「コマンドフォークト」と勘違いしてた。
ということはフィアナを失い失意のキリコが主役?

■関連記事
今西ボトムス:赫奕たる異端1~3話感想
2010.02.16
4年前はこんな記事書いたけれども今日は素直に言おう。

長島・加藤おめでとう!

特に長島の2本目はすごかった。
低いフォームを保ったまま1本目6位からの見事な巻き返し。
加藤も前回はただのビッグマウスだったけど、今回はちゃんと結果を残してすごい。
いや、ちょっと風邪気味でフラフラしてたんだけど、
メダルの興奮にすっかり忘れちゃったよ。
そのかわり興奮がさめたら一気にぶり返したけど。

でも、2人はあまり仲良くないの?
というか加藤ってぼっちなの?
長島のところにはいろいろな選手やスタッフが寄ってきていたけど、
加藤はしば~らくぼっちだったよね。
2人で喜びを分かち合うようなこともないし。
なんかトリノの荒川-安藤VS村主というのを思い出した。

あー、それと100メートルの競技があったら及川もメダルとれたのにね。
二本ともスタートダッシュの超絶スピードと後半の逆噴射のギャップに吹いた。
シャア専用ニュースのRandalさんから素敵な頂き物をしてしまった。


それは・・・


なんと・・・


あ、いや別に某アメブロのPV稼ぎ目的が丸わかりなアホ芸能人ブログのように無駄な改行を入れるつもりはないんですよ、スンマセン。


富野とブライアン・シンガーの対談記事!


そう、以前紹介した、富野がG-SAVIOURに関する発言をしていると言う資料だ。


実のところこの記事を書いた後に、

・「2000.10.26 TITLEという雑誌を買ったら富野のインタビューがあった」
・「ジャンクフードの特集なのに富野」


という情報を発見し、おそらくは12月号だろうとあたりを付けていた。
しかし11月号・1月号は売っているにも関わらず12月号がない。
なのでここでうっかり書いて誰かにスナイプされるのが嫌で、
情報を出さずにいたのだ。

にも関わらず、Randalさんは当該号を探し当て、
快くオイラに提供してくださった。
その心の広さに感謝するとともに、自分のケツの穴の小ささには、おお、もう・・・。

まぁ、それはさておき喜びいさんで対談記事をみてみると・・・
ほうほう、富野はずいぶん強気でブライアンを攻めてますな。
ブライアンも「だから予算がなくて出来なかったの!」と反撃してるし。
へー、「ピアノレッスン」以来のアンナ・パキンのファンだったのかぁ・・・。
ふーん・・・。



えっ?!終わり?!
ちょ、G-SAVIOURになんて全然触れてないよ?!

(´・ω:;.:...

じゃあ、ニュータイプに載っていたのは採録されなかった部分と言うことなのかなぁ。
期待値が高かっただけに・・・・・・・

でも、資料を探し出していただいたRandalさんには感謝感謝。
本当にありがとうございました。
やはり人脈って大事なのよね。

■関連記事
富野資料探索記
見知らぬ、富野資料
アニメージュ81年3月号にはもう一つ富野関連の記事があった。
それは「TVアニメ主題歌18年史」という、
文字通りTVアニメの主題歌の歴史を関係者の証言を交えながら、
ナチチャコの2人がが紹介するというもの。
その中で富野はサンライズロボットアニメの主題歌について、
社を代表して?答えている。

TVアニメ主題歌18年史
第4期(1976-1977)

1.サンライズのロボットものの系譜には、主題歌にもどこか共通項がある。


「ガンダム」の総監督・富野喜幸

 うちのロボットもののテーマは一貫して“軽くアップテンポ”だとよくいわれるんですが、私としてはシリーズとしてイメージを統一するつもりはまったくないんです。アニメーション自体1本1本が独立したものと考えていますし、むしろ作品ごとのカラーを出すために四苦八苦しているぐらいで……。あくまでも、いまの子どもたちの感覚にあわせて、気分的にわかりやすいものを作りたいと考えています。
 ただ、他社の作品にどうかすることなく、うち(サンライズ)の色あいをたいせつにしていきたいとは思っています。


読んで違和感があるのは、書き出しの「うち」というところ。
当然のことながら富野はサンライズの社員でもなんでもない。
乱暴な喩えをするならば下請け会社の社長のようなものだ。
その富野がサンライズのことを我が事のように「うち」と言っている。
これは本当に富野の回答なのだろうか?
もしかしたら岸本氏とかあのあたりと間違えていないだろうか?
サンライズに対する罵詈雑言を知っているからなおのことそう勘ぐりたくなるような文章だ。
先日ボトムズ幻影篇の1巻を予約購入したと書いた
この幻影篇がおそらく、
TV版と「赫奕たる異端」のミッシングリンクを埋める作品になるかもしれない。
そう勝手に想像していることもあり、
ならば幻影篇を見る前に予習をしたほうがいいかな?と思い、
未見だった「赫奕」も見てみることにした。

B000LMQVRS装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 1 [DVD]
塩山紀生
バンダイビジュアル 2007-02-23

by G-Tools

1話「回帰」
2話「アレギウム」
3話「巡礼」


1話・2話の段階ではTV版から32年後の世界の様子や、
マーティアルなるものの存在はあまりよくわからない。
どちらかというと今西演出っぽいAT戦ばかりが印象に残る。
ターンピックなど細かいディテールにこだわっているのもいかにも今西っぽく、
良輔作品よりも今西作品としての色のほうが強く押し出されているように感じた。

物語は3話でようやく全体像がつかめるようになってきたのだが、
「赫奕たる異端」というタイトルの『異端』がそういう意味だったとは。
イスクイ、ボロー、ペールゼンといった馴染みのある名前が出てきたかと思ったら、
なんとロッチナ本人まで登場!
老人そのものの銀河万丈氏の演技にもしびれてしまった。
でも、結社とマーティアルの関係は後付け設定だよね。
たしかにボローは「司祭」と呼ばれて風貌もそれっぽかったけど。

それにしてもこの作品でのキリコは弱い。
戦闘は異能生存体だけあって負ける気がしないのだが、
フィアナがいないだけで抜け殻のよう。
ペールゼン・ファイルズが女っ気0で鬼神のような強さだっただけに、
そのギャップに驚いた。

それから1話でティタニアが追ってくるシーン。
ネクスタントの人間離れした強さもあいまって、
ターミネーター2を連想したんだけど、
時期的にどっちが先になるんだっけ?

さて、ようやく物語は動き出したけれども、
残すところは2話。
どうやってまとめるのかな。
先日間違えて購入したニュータイプが本日到着。
案の定、というか当然ながら創刊号の復刻レプリカはございませんでした。
それは来月号の付録でございます。
ニュータイプを二ヶ月続けて購入する簡単なお仕事(ry
B0035GJ1JCNewtype ( ニュータイプ ) 2010年 03月号 [雑誌]
角川書店 2010-02-10

by G-Tools


で、じゃあ今月号の付録はなんだったのかといえば、
創刊から通算300号を記念して過去のニュータイプ誌面と、
その時代時代のアニメムーブメントを振り返るというもの。
newtype300th_01.jpg
これはこれで面白かったりする。
全300号の表紙イラスト一覧には懐かしさがあふれる。
佐藤良悦氏以下の歴代編集長の現況報告なんてコーナーも。
オイラがリアルタイムで購読していたのは重信編集長の頃だったか。
できれば代だけでなく担当年もあればよかったのに。

個人的には1987年のページに「ガイア・ギア」連載開始の項目が、
ちゃんと設けられていたのは嬉しかった。
newtype300th_02.jpg
ただ、このイラストのメカはガイア・ギアαじゃないけどな。
ニュータイプ編集部の中での「なかったこと」扱いはなくなってきているのかな?
そのかわり「姉妹誌一覧」では「ニュータイプMk.2」が「なかったこと」として、
黒歴史扱いをされてしまっているようだけどw

不満点はやはりクリエイターズメッセージに富野がなかったこと。
良輔たんは「次は50才のお祝いをしましょう」とメッセージを寄せているのに。
やはりまだわだかまりがあるの?

そういえば編集部の内輪ネタで思い出したのだが、
95年くらいに元クイズ王が編集部員に入っていた記憶が。
いや、自分が学生時代クイズ研究会にいたから覚えているだけなのですが。

あ、本体の方は開いてもいませんが何か?
今回もアニメージュ富野記事の紹介。
一月程前に紹介した記事の後半部分になる。
ここでは当時の富野の二大代表作である「ガンダム」と「イデオン」を、
スタッフの声を含めて様々な視点から比較している。
その中から富野コメント部分を抜粋。

IDEON FINAL NOTES
富野喜幸研究

●ガンダムVSイデオン


7.作監「安彦良和と湖川友謙」


「安彦氏のキャラは、いまふうで“華麗”。湖川氏のキャラは、これまでのアニメにはなかった“大人”の絵。つまり、視聴者の方がなじんでくれれば“主流”になる可能性がある」
(富野喜幸氏の話)

富野喜幸氏へ「イデオン」最後のインタビュー


animage810302.jpgAM 「ガンダム」と「イデオン」の関係を図のように考えてみたのですが、どうですか?

富野 ええ、いいと思います。作り手としての“流れ”は当然、ありますからね。それに、ニュータイプが示す世界を別の角度から見てみたいと思ったのが“イデ”の設定のそもそものきっかけなんです。と同時にぼくが考えたのは、ニュータイプの示す世界というのは、もしかしたら神 の世界なんじゃないかということ。そこで、神とは何かを考えていくうちにイデの“正体”が見え始めた。
 つまり、イデの設定の第1条件として、人間に無関係のところには置きたくなかった。イデが宇宙を作り、人を作ったという“絶対的存在”にはしたくなかったんです。
 ようするに、ぼくは、人間の智恵が生み出した“神”という概念に相対するひとつの“力”として、イデを考えてみたんです。
 で、話をわかりやすくするために、エゴイスティックな人々を描いてみた。こういう作り手の意思があって39本という「イデオン」をまとめさせてもらったわけです。

AM 作品の完成度という点では、満足ですか?

富野 初期に想定した、エゴをうまく描けなかったという点に反省があります。つまり、作品の方法論にミスがあったと認めざるをえない。だから、39話という話の中で、イデの本当の姿を想定できなかった。

AM いまの気持ちは?

富野 自分の力に切歯扼腕しています。くやし~い(笑)。

AM (笑)ところで、具体的な質問に移りますが、なぜ、コスモたちは死ななかったんですか。当然“死滅”までたどりつくと思っていたんですが……

富野 最初は死ぬハズだったんです。ただ、この死滅は、単に死ぬということではない。これは以前からいっていますし、図にも描かれています。つまり、“輪廻転生”を描いているわけで、死は生のはじまりなんです。
 だから、今月からはじまった「ライナー・ノート・パート2」では、コスモをはじめ、すべての地球、バッフ・クランの人々は死にます。それは彼らが、イデを扱うにふさわしい存在ではなかった、とイデが判断するからです。
 一からやりなおさせる意味で滅ぼし、別の星でまた、生物の進化の歴史をくりかえさせるわけです。そのへんは、手塚(治虫)先生の「火の鳥」と似ていますが、ぼくなりの解釈で描くつもりです。
 とにかく、イデにとっても、コスモたちを死なせ、再生させるにはたいへんなエネルギーを必要とします。イデにとっても、ひとつの“賭け”なんです。いつの日か“善き形”で、生物が発生してほしい、そして、自分=イデをうまく使ってほしいと願望をもっているんです。
 ひょっとすると、この地球に生きるわれわれが、コスモたちの再生された種族かもしれません。つまり「イデオン」は、地球の創世記前の話なのかもしれないのです。もっとも、いまの地球をイデが見たら、ふたたび死滅させ、一から“やりなおし”をさせるかもしれないけど(笑)。

AM つぎにギジェの死の意味は!?

富野 ギジェほどイデに翻弄された人物はいません。味方まで裏切って、イデのなんたるかを知ろうとしたんですから。ただ、彼がイデオンに乗るあたりからは、完全に彼がドラマの主人公だったかもしれません。彼は、いってみれば、大人のなかではもっとも先に死に、イデによって再生された人物なんです。
 そして、いずれやってくる大人たちを導く“輪廻の水先案内人”といった先駆者になるわけです。だから、ギジェの死は、とても重要なポイントです。

AM ルウの存在が、物語の中で、だんだん希薄になってきたんですが……

富野 たしかに、ルウの存在があったからこそ、コスモたちは生きのびてこられたところがある。けど、それはルウがいちばんイデに近い存在だったからです。でも、ルウもやっぱり、完全にイデに近い存在ではなかった。そこで、もっともイデに近い存在を新たに作り出したんです。
 ルウは、いってみれば、そこまでの“第一走者”として、みんなをひっぱって来たわけです。

AM その新たな存在が、カララとベスの子どもですね。

富野 そうです。だから、その子が危険に陥った最終回で、イデは必死になって防戦する。唯物的には、カララとベスの子どもなんだけど、もはや単にそれだけの意味じゃなく、ソロシップが産んだ子になっている。もちろん、みんなもそのことを気づいていく。

AM では、なぜ、最後にテレポーテーションさせたんですか?

富野 イデが、和解の最後のチャンスを与えたんです。もっとも“構想”では、決裂して大戦争が起きます。つまり、チャンスを有効に生かせない。そして、大戦闘のさなか、コスモたちがつぎつぎと死んでいく。そこで、カララの子が、ギジェ同様“水先案内人”となってみんなを別世界へと導いていくわけです。

AM 富野さんの話を聞いていると「2001年宇宙の旅」のスター・チャイルドを連想しますね。

富野 たしかに、最初の構想から、ラストのイメージは「2001年」を意識しました。

AM やっぱり。ところで、最後の質問になるんですが、どうしてもわからないのは、なぜ、コスモが主人公なのかという点です。

富野 それは「ライナー・ノート」パート2をじっくり読んでください(笑)。


仮想・富野喜幸氏輪廻転生モデル

有機生命体発生

ホモ・サピエンス(旧人類)
↓      現代
ニュータイプ発生初期
↓    「機動戦士ガンダム」
ニュータイプ(新人類)vsオールドタイプ(旧人類)

“知”の世界(ニュータイプの世界)
        ∥
イデ(知性体の意志の集合体?)

イデvs有機知性体(ヒト)?
↓    「伝説巨神イデオン」
有機知性体死滅

有機生命体再生

初期知性体発生

新生 知性体
※これはAM編集部で作成した仮想モデルです


その後のイデオン劇場版への流れと、「ライナー・ノート」の記述を踏まえた上で読むと、
また楽しめるインタビュー記事かもしれない。

■関連記事
倍賞千恵子がカマリア・レイ役に抜擢されたのは…
今日発売のニュータイプは創刊300号記念ということで、
復刻創刊号その他もろもろの付録がついてくるらしい。
もちろん当時の富野コメントも。

B0035GJ1JCNewtype ( ニュータイプ ) 2010年 03月号 [雑誌]
角川書店 2010-02-10

by G-Tools


と、いうわけで忘れないうちにAmazonで注文したのだが、
表紙にも、角川のサイトにも、表紙イラスト作品に関する記述はあっても、
付録の内容はスルーされているような状態。

この号でいいんだよね?
特別号とかあとで出たりしないよね?
ちょっと心配だ。
2010.02.09
風呂に入って上がったら吐き気とめまい。
今日Up予定だった富野資料はまた後日。
きもちわるい・・・
特にこれといった時事ネタもないので富野資料でも。
今回はニュータイプ85年9月号をご紹介。

この号ではZガンダム100%と銘打った特集記事を掲載しており、
その中で富野とフォウ・ムラサメ役の島津冴子氏の対談が収録されている。
島津氏といえば先の劇場版の時の配役交代劇が思い起こされるところ。


フォウは「カミーユのララァ」ではない!

悲しき強化人間フォウ・ムラサメ。彼女との恋と、すれ違う想いを体験して、主人公カミーユは大きく成長した。そんなフォウの存在理由と未来を考えてみよう。
P1090014.jpg

人工物(フォウ)と自然発生物(カミーユ)が恋物語を演じたら?


島津 「Zガンダム」でフォウという役をやらせていただいたんですけれど、アフレコの間、ずっと「難しい役だなァ」と思っていたんです。それで今日は、出演中に解けなかった疑問をいくつか解消しようと思いまして、こうしたインタビューをさせていただくことになりました。まず第一に、フォウという女性キャラクターを出そうと思ったきっかけについて、お聞きしたいんですけれど。

富野 「Z」というのはニュータイプのお話だから、フォウのような作られたニュータイプがいてもいいんじゃないのかな……と思ったのがひとつ。もうひとつは、前の「ガンダム」から5年たっているでしょう。その間にバイオ・テクノロジーが急速に進歩しているのが実感として見えている。家畜にしても人工的に双子などを作れるようになった。特に、任意に受精卵を分割して細胞分裂をさせ、同じ個体を作り出す技術はもう実用の段階ですものね。だから、将来はそうした生体科学の分野まで含めた「強化人間」の実験が行われるかもしれない。フォウは「思いついた」というより、理論的な結果として出てきたキャラクターですね。

島津 私は前の「ガンダム」は観ていないんですけれど、「アムロにとってのララァ」と、「カミーユにとってのフォウ」は違う存在なんですか?

富野 それはまだわかりません。あくまでも人為的なもの(ニュータイプ)と自然発生的なもの(ニュータイプ)の違いが、ひとつのドラマとして成立しないだろうか……という狙いです。

島津 アフレコ中に「かわいく演っていいよ」とおっしゃってくださったことがあったでしょ。「かわいい恋物語を入れたいから」って。その言葉と別なのかしら?

富野 別じゃありません。恋物語からドラマがはじまるんだろうし。

島津 では。これからまたフォウは出てくるわけですか?

富野 出てくる。なぜなら、ドラマとしてカミーユとフォウは決着がついていないから。その時が「カミーユのララァ」かもね。

死に対する「痛み」がフォウを生かした


島津 では20話のフォウの消え方が曖昧だったのは意味があったわけですね。

富野 そう。その意味ではフォウの前に実験的に出したロザミアという強化人間にしろ、死んだかどうかは決めていないしね。いろいろな理由があって生かしているんだけれど、一番大きいのは、作り手の都合で殺すのはよくない……ならば生かしてみようと、ということ。生かしておくことでドラマを作れるのか?とキャラクターの方からプレッシャーをかけてくる。僕は彼女らを上手に使いこなすことができるのか?というテーマを与えられたわけ。作り手がキャラクターを作ったと思えるのは一番最初だけ。後は、実在感のあるキャラクターになればなるほど、生かしたら最後、彼や彼女がどう動くかはこちらがピックアップしていく……という作り方しかできないんです。実は「Z」には失敗キャラクターがあるんです。最初の頃出てきたライラという女戦士なんですが、予定ではもっと絵空事の存在だった。でも絵が上がり、声が入るとどんどんボリュームが出て強いキャラクターになってしまった。その時には何話か先で決まっているライラの死を変えることはできないんですよね。だから、作り手の作劇上の予定(プランニング)だけで殺したキャラクターだというイメージが、強く出てしまったんですよ。それもあって、ロザミアや、もっと上手く表現できたフォウに関しては、生き死にの部分には触れられない。そんなプレッシャーがキャラクターからかかってくるんです。単なるゲストのつもりだったライラを殺した痛みの強さが、その後のキャラクターが死ななくなってしまった原因。もちろん今の「Z」にもヤラレ要員は出てきます。でも不思議なもので、死んでしまうのは、やはり「それだけ」のキャラクターなんですよ。もちろん作り手にはいろいろなタイプがあるだろうけど、僕の場合にはかなり過酷にキャラクターの歯を感じますね。

島津 「Z」の新しいオープニングにフォウがかなり出てくると聞きましたけれど。

富野 いや、あれはフォウかどうかわかりません。フォウに似た人かも知れませんし、最終的に作画の段階でも「フォウに似ていて、フォウではなく、フォウでもあろう」という現れ方しかしていません。

島津 いやだぁ(笑)。

富野 フォウのこれから先のことをまだ何も決めていないのでね。どういう形で生きているか……という解釈にもいろいろあってね。全くの「そっくりさん」が作られて不思議でない時代なんだし。

島津 困りますね。顔は同じなのに声だけ変えられたりしたら(笑)。

富野 そのへんは冴子さんの僕に対する気持ち次第なんじゃないですか?(笑)。ただ、冗談は別にして、あなたのフォウを演じようとする気力みたいなものが大きく影響してくるかもしれない。あなたは僕にモーションを与えてくれる女優さんだと思うし、あなたが演じる役柄は、自然に僕の中に涌いてくる。その点ではずいぶん助けられているね。

島津 ありがとうございます。最後に「なぜ20話でカミーユはフォウに対して延々と真情を告白したのか?」という疑問を持ったファンの人が多かったのですが、一言。

富野 答えはひとつ。あの気分がわからないと恋はできません!

島津 その通りですね(笑)。


対談中に出てくる受精卵をいじって云々の部分は、
実はZガンダム企画段階の富野メモにも登場する。
1984.05.21付けの富野メモ「ストーリー私案」には、

シャア・アズナブルには、兄妹がいた。
一卵性双生児とする。体外受精卵をフリージングしていた。
ダイクンの血を受け継いでいた。
セイラ・マスは地球にいる。
この条件を克服する方法があるか?

とある。
結局この設定は「Zガンダム」では使われず、
おそらくは「ガイア・ギア」のモチーフになったと思われるのだが、
富野の発言からふとこのことを連想した。

それから、キャラクターの死について。
Zといえばストーリー終盤でバッタバッタとキャラクターが死んでいくのだが、
これは富野の発言から妄想すると、
下手に生かしておいたばっかりににっちもさっちも行かなくなり、
結局のところ御得意の皆殺しになってしまったのかな?なんて。

あ、それともうひとつ。
このタイトルは編集部でつけたものだと思うけど、文意とは違うよね。
富野はあくまでも「そうかもしれないし違うかもしれない」と言っているのに、
「違う!」と断定しちゃってるんだもの。

■関連記事
見知らぬ、富野資料
自分用ニュータイプ整理Part1
ガイア・ギアは奥深い
ニュータイプのファイリング
先日こんな記事を書いたボトムズの幻影篇だが……

結局のところ予約しちゃったw(∀`*ゞ)テヘッ

B002U4GKYY装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 1 [DVD]
バンダイビジュアル 2010-03-26

by G-Tools


だめだこいつ(ry

いや、ギフト券とか駆使して自腹を切ることなく入手できそうだからつい。
とりあえず1巻だけで続きを買うかどうかは様子見にしておきます。

まぁレンタルでもいいや・・・ってなりそう。

■関連記事
幻影篇にグラッ
2010.02.06
読売新聞夕刊買えなかった。くやしい。
つい先日あんな記事を書いた「リーンの翼」小説版だが、
3/20の発売に向けてWEB予約がようやく開始。
でもAmazonでの予約対象は各巻売りのみの模様。






なお、e-honとセブンネットショッピングでは全巻セットの予約も受け付けている。
(追記:すでに受付は終了してます)

e-hon 本/リーンの翼 全4巻セット/富野 由悠季
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032399881&Action_id=121&Sza_id=F3

家族みんなのセブンネットショッピング! - 書籍 - リーンの翼 全4巻セット
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102884017/subno/1

まだ予約していない方はお早めに!

続きを読む

2010.02.04
今年に入ってからマウスの反応が悪く、
クリックしても反応しないかと思ったら過剰反応をしたり、
カーソルが動かなくなったり勝手に動いたり消えうせたりといったことが続いていた。
それでもコネクタの根元をクニクニやると言う事をきいたので騙し騙し使っていた。

ところが先日あまりに言う事を聞かないことに意地焼けて、
マウスをぶっ叩いてぶん投げてそのまま寝たのだが、
翌朝起きてみるとAmazonから注文確認メールが。

ん?どういうこと?

どうやら寝ぼけて注文したらしい。
記憶に無いのだが・・・はっ!これがスキミ(ry

もとい、
そのマウスが本日到着。

B000E7RG38ELECOM USB&PS/2接続ホイール付光学式マウス レッド M-M2UP2RRD
エレコム 2006-01-18

by G-Tools


安物だけに相性悪くてもしょうがない程度の気持ちでつないでみたのだが、
これが快適快適。ちゃんということを聞くし反応もはやい。
いや、これが普通なんですよね。

しっかりとした検討もしない無意識買いだったけど、
まぁよかったんじゃないのかな。

クローバーフィールド/HAKAISHA


B001VCBZPAクローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2009-05-22

by G-Tools

謎に包まれた内容と宣伝展開で話題になった「クローバーフィールド」がDVD化。ニューヨークのとあるアパートで日本への転勤が決まったロブの送別パーティー中、突然正体不明の巨大生物が出現して自由の女神を破壊し、街はパニックに!J.J.エイブラムスが手掛けた“体感型”SFパニック・アクション作品。



今さらながらの感がありまくりの作品。
前評判からして低予算のグッダグダな映画だろうとたかをくくってみたのですが、
どうしてどうして。
予想外の面白さにどんどん引き込まれてしまいました。
注意書きにもあった揺れる映像も最初こそ気になったものの、
ストーリーに引き込まれるにつれて全く気にならなくなりましたね。
むしろ臨場感をうまく伝える要素に感じられました。

はっきり言っちゃうと、ストーリーは荒唐無稽な怪獣映画なんですよね。
でもそれをカメラを通すことで自分が体験しているような臨場感を感じてしまうんです。
怪獣がどこから来て、何をしようとしているのかも最後まで明かされません。
ただ、人々が逃げまどい軍が戦うのみ。
最後まで説明セリフがなく、カメラの映し出す映像だけで状況を説明するのが、
第三者的視点を持たせないようにしているんですね。

それと、パニックになったニューヨークの様子が、
現実に起こった9.11直後の混乱を思い起こすのもうまいなぁと。
「嘘八百のリアリティ」が感じられたんですよね、前半は。

ただ、集団のパニックから主人公グループが単独逃避行をする後半に入ると、
粗が目立ってきてしまったのが残念。
鉄筋に串刺しにされ意識を失っていた人が全力疾走で逃げるとか、
ちょっとやり過ぎに感じてしまいます。
やはりパニックシーンが肝なのかもしれません。

でも、子供だましな日本の怪獣映画よりは遥かに面白かったのは事実。
カメラを構えるパットのヘタレっぷりや空気の読めなさも親近感を抱きます。
ぐったりするようなダメ映画のつもりで観ただけに、
掘り出し物を引き当てた気分ですね。
かといって好き嫌いが分かれそうな作りで、
万人向けではないので軽々しくオススメはできませんが・・・。
今、喧騒が落ち着き人心地ついたところで、
冷静になって考えてみるとどうかしてたんだと思う。
なにか熱に浮かされるかのように行動してしまった。

なにをしてしまったのかというと・・・

続きを読む

来月の24日に満を持して発売される小説版「リーンの翼」全4巻。
カドカワノベルス・角川文庫で発売されたかつての小説版と、
アニメとして新しく語られたストーリーのミッシングリンクを埋める作品になるであろうと、
マニアからは期待されている……はず。

だが、その期待とは裏腹に発売元である角川の動きは鈍い。
このご時世では定番のWEB通販など行わずに書店取次のみで予約を受付け、
宣伝広告もニュータイプ、ガンダムエースなど自社ガンダム情報媒体のみ。
あげく、角川書店の公式サイトでも「来月の刊行予定書籍」から外れている。
それでいて1冊当りの単価は一般的な単行本よりは高く、
限定1000セットとうたったBOXもいっかな予約受付終了の気配がない。

およそ売ろうとする気がないのか、
そうやってヲタの気持ちを煽っているのかはわからないが、
いい気がしないのはたしか。
ちょっと殿様商売になってやいませんか?
それとも富野の本なんて文章がわかりにくい富野節だから、
信者しか買わない=ほっといても信者は買うから広告不要とでも思ってない?

なんだかなぁ。

続きを読む

プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP