HOME   »  2009年06月
RSSフィード MyYahooに追加
新・宇宙戦争


SF界の巨星H・G・ウェルズの最高傑作を完全映像化!かつて謎の生命体に支配された地球。破壊された街で生き残った人々は不安を抱えながらひっそりと暮らしていた。その一人である天文学者のジョージは、生命体の謎を解き明かそうとしていたのだが、再び謎の生命体が現れ、人々を襲い始める…。



アット・エンタテイメントの配給作品だけにきっと「宇宙戦争2008」のように、
トム・クルーズの「宇宙戦争」とは全く関係ない作品に、
「新」とそれらしくタイトルをつけたのだろう。
そう思って見始めたのですがどうやら様子が違う。
実はこれ、スピルバーグの「宇宙戦争」と同時期に制作された、
別の「宇宙戦争」という映画の続編。

まぁ、なんと言いましょうか。
アット・エンタテインメントということで予想どおりの低予算映画。
CGは本当にチャチですし、画面にリアリティが全く感じられません。
火星と地球でリアルタイム通信とか一昔も二昔も前のSFアニメでも使わないような、
基礎的な科学知識が欠落した設定には失笑ものです。

ストーリーももちろん矛盾だらけのご都合展開で、
言ってることとやってることが全部違う。
おまけに監督が主演までしているワンマン映画なので、
演出も下手くそで何を伝えたいのかサッパリわからない。
もう映画というか映像の基礎的なところで全て間違えてます。

でもね、そこが逆に面白いんです。
この人はダメさを売りにしているのではなくて、
本気で作ってこのダメッぷりなんだなぁって。

オチも予想を裏切らず案の定です。
なんというか、あぁ、真っ当な「ダメ映画」だなぁという印象を受けましたね。
まともな人には到底お薦めできない駄作ですが、
その筋の人にはお勧めです。

その他のレビュー済みダメ映画はこちらからどうぞ
新たな富野講演情報を発見。
来月7日に日本外国特派員協会にて富野がスピーチをする模様
(ネタ元:『フィナンシャル ジャパン』編集長のブログさん)

内容はスピーチと質疑応答。
PROFESSIONAL LUNCHEONというランチを食べながらのスタイルらしい。
当然プレス関係者以外は参加できない模様。
(日本外国特派員協会に参加してないプレス関係者の参加は可能)
まぁ、どんな内容かは公式発表を待つしかありませんね。
先日勢いで注文してしまったねんどろいど「ミックミクかがみ」が本日到着。

B001P06OSQねんどろいど らき☆すたOVA ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー 2009-05-13

by G-Tools


早速開封してポージングしてみる。
まずは箱絵にあるこのポーズ。

P1060431.jpg

なんとか出来たけど、
実はこのポーズだとスタンドで飾れなかったりする。
曲がった足が入らないのよ。
それで髪の毛でバランスをとることに。

P1060426.jpg

顔はノーマル、照れ、コスプレした~い(謎)の3つで、
これがノーマル。

P1060427.jpg

こっちがコスプレした~いの顔

P1060436.jpg


あとはミクということでネギを持たせてみたり。

P1060439.jpg

しかしルイズに比べてパーツがユルユルというか、すぐに外れてしまう。
これはもしかしてハズレを引いたのかも。
スタンドもしっかりはまらずに身体が浮いてしまっている。

P1060434.jpg

それにしてもルイズの時のような高揚感というか、ワクワクはあんまり…。
それよりも、「ちょ、これポロポロ落ちて安定しねぇよ」というイラツキの方が大きかったりして。
なんかこの手のフィギュアをいじるたびに思うのだが、
オイラ不器用すぎだろ。上手い取り扱い方ってないものかね。


で、これと同時注文した本の表紙が擦り傷だらけで帯とか印刷擦れていたんで、
Amazonにクレームのメール入れてみたけどどんなもんじゃろ。
いいとこ300円のギフト券懐柔。
概ね「サーセンwww今後気をつけます」のテンプレ回答で手打ちだと思うが。


■関連記事
物欲に完敗陥落
物欲に負けるな!いや負けそう…
スイッチオン
見知らぬ、尼箱
なんか今日もヤフオクでつまんないもの落札しちゃったよ……。
入札した時は勢いで行っちゃったけど、いざ落札したら……。


うん。でも過ぎたことだから「あきらめる」。
いつまでも思い悩まない!



   .: : : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       r:彡ミヽ:;;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
        / ::/::ヽ、ヽ、 :::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     / ::/;;:  ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄

少しは反省くらいしろよ……
僕はダメ人間だ。

昨日あれだけ本を買い込んだのに、
さらにAmzonで注文してしまった。

4344981146なりたくない人のための裁判員入門 (幻冬舎新書)
伊藤 真
幻冬舎 2009-03

by G-Tools


オイラ自身は裁判員制度には反対だし、
自分が他人の罪を裁けるような人間ではないことは承知しているのだが、
制度そのものを理解しておきたくて。
あ、今回は候補に入らずにすみましたよ。
でもいつあるかわからないし。

さらに……もっとダメなことに……


これも注文しちゃった

B001P06OSQねんどろいど らき☆すたOVA ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー 2009-05-13

by G-Tools


うん。なんなんだろうね。
結局このザマだよ。
底値を下回ったからってホイホイ買うバカがありますか。
というかチェックしすぎ。




■関連記事
物欲に負けるな!いや負けそう…
新刊

B002CXEE5A高校野球小僧2009夏 2009年 08月号 [雑誌]
白夜書房 2009-06-20

by G-Tools


「野球小僧」は結構買っているけど、「高校野球小僧」は初めて。
つーか県別のが欲しい。

4334035051世界経済はこう変わる (光文社新書)
小幡績
光文社 2009-05-15

by G-Tools


強欲資本主義」の神谷氏と、「すべての経済はバブルに通じる」の小幡氏の対談。
Amazonのお薦めリストで紹介されて興味を持った。

434498126X思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)
増田 剛己
幻冬舎 2009-05-27

by G-Tools


これもAmazonのお薦めリストで紹介され、
さらに書店店頭で立ち読みして興味を持った。
現状アイデア整理に手書きのメモとデジタルのevernoteを併用しているので、
どんなものかと。

4062725827なぜ世界で紛争が無くならないのか (講談社プラスアルファ新書)
増田 弘
講談社 2009-06

by G-Tools


店頭平積みにあったのを立ち読みして興味を持った。
世界平和とはなんぞやというタイプではなく、個別の紛争についての概説。

4479792562「悩みグセ」をやめる9つの習慣
和田 秀樹
大和書房 2009-03-20

by G-Tools


全くノーマークだったのに完全に衝動買い。
読んでも実行できなければ意味は無いのに……

古本

4569690815伝える力 (PHPビジネス新書)
池上 彰
PHP研究所 2007-04-19

by G-Tools


以前に書店店頭で立ち読みして、興味を持ったもの。

4061495992戦争の日本近現代史―東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで (講談社現代新書)
加藤 陽子
講談社 2002-03

by G-Tools


教えてください、富野です」に著者が登場し、
リーンの翼オフィシャルガイド」の『リーンの翼』を読み解くための18冊でも紹介されていた。

4532260221悩めるアメリカ (日経プレミアシリーズ)
実 哲也
日本経済新聞出版社 2008-10

by G-Tools


昨年の大統領選以来、アメリカの政治について興味があったので。


実に8冊を購入。
そりゃ荷物が重くなるわけだ。
しかも飽き足らずにamazonのマケプレで注文とかバカなの?死ぬの?
2009.06.26
20090626185518
やっぱナイターはきもちいーね
先月から読んでいた「今こそアーレントを読み直す」をようやくの事に読了。
わずか200ページちょっとの新書なのだが、本当に読み進めるのに難儀した。

4062879964今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)
仲正 昌樹
講談社 2009-05-19

by G-Tools


そもそもこの本、事前に情報を調べて欲しい!と思ったのではなく、
たまたま書店の店頭に平積みされていたのを見つけ、
中身を検討することなくタイトルだけで衝動買いしてしまったもの。
それも、「これが富野が今はまっているハンナ・アーレントに関する本か」という、
極めてミーハーな動機による衝動買い。
政治とか現代思想とか哲学とか、そういった分野にとことん疎いにも関わらず、
手を出してしまったのが運のつき。
襲い来る眠気と戦いながらの読書だった。

この本は、アーレントの主要な著作のうちから、
全体主義の起源
人間の条件
革命について
精神の生活(+カント政治哲学講義)」
の4冊をそれぞれひとつの章を立てて解説している。
また、その内容と現代の日本における問題点を著者が絡めて解説しており、
卑近な例だけにそちらのほうが理解しやすかったりする。

全編を通してアーレントが主張している(と著者が主張する)のは、
「活動」という行為の重要性。
ここでいう「活動」とは、暴力ではなく言葉や身振りによって、
自分の考えを他者に認識してもらい、説得しようという行為。
この「活動」を通してヒトは自分とは異なる他者の「人格」の存在を前提として、
それに働きかけお互いの人格に影響を与え合うことによって、
「複数性」すなわち価値観や考え方の多様性を生み出す。
それがヒトを「人間」たらしめている。
もし、「複数性」が喪失されてしまうと、
社会は善悪二項対立のようなわかりやすいひとつの方向だけを向いてしまい、
それが全体主義を生み出す土壌となってしまう。
だからこそ、たとえKYであったとしても世間に流されることなく、
「待てよ?」と一歩立ち止まって考えることが必要だと、
現代の日本社会の状況に絡めて著者は主張している。

総じてアーレントの考えをまとめた部分は非常に難解で、
特に「精神の生活」を論じた第4章は、
政治哲学から「思考とはなんぞや」のような純粋哲学にシフトしており、
もうなにがなんだか。
それでもなんとなく今の社会の「空気重視」みたいなものに抱いていた違和感を、
うまく言葉で説明してもらえた感じはした。

ただ、不遜ながら異議申し立てをさせていただくと、
著者も序章で書いているが、
「政治とはこうではない」「こうなると人間性を失って全体主義へ近づく」と言いながら、
ではどうすればいいのか?という代案を出さない。
「それはお前らが自分自身で考えろ」と突き離されてしまう。
お説ごもっともだがそれでは実行力の伴わない頭でっかちな口だけ大将に思えてしまう。
また公私の分け隔てを重視することも、「私」の部分での暴力的な性質を黙認した上で、
(むしろそこで発散するからこそ)「公」では高潔性を演じることを求める印象。
では「公」ではなく「私」でユダヤ排斥が行われたなら、
黒人公民権問題と同じように「私的領域での差別は個別の問題」と黙認したのか?
そんな疑問点は残った。

むしろ著者自身の言葉の方が印象に残り、
特に昨今の格差問題や昨年の秋葉原での無差別殺人に関して、
アーレントに引き付けて述べた

「アーレントに言わせれば、そうした共感の“政治”は、討論を活性化してパースペクティヴを複数化することには繋がらない。(中略)現代日本の格差社会論議に顕著に見られるように、“貧しい人たちに共感を示さない輩”を糾弾している人たちは、多くの場合、そういう輩を議論すべき相手ではなく、倒すべき敵と見てしまう」
「アーレント的に考えると、問題なのは公/私の境界線の感覚がどんどん曖昧化して、「心の闇」に押し込めておくべきことが、表出してしまうことであって、「闇」があること自体ではない。「闇」は誰の内にでもあるのである。」


この部分が印象深かった。

アーレント自身に関しては、「全体主義の起源」はちょっと興味を惹かれたけど、
それ以外についてはうーむ……。
というかそれ以前にオイラには難解すぎて無理です。
今回は本当に自分の知力の無さを痛感しました。

全体主義の起原 1 新装版全体主義の起原 1 新装版
ハナ・アーレント

by G-Tools
全体主義の起原 2 新装版全体主義の起原 2 新装版
ハナ・アーレント

by G-Tools
全体主義の起原 3 新装版 (3)全体主義の起原 3 新装版 (3)
ハナ・アーレント

by G-Tools
人間の条件 (ちくま学芸文庫)人間の条件 (ちくま学芸文庫)
Hannah Arendt 志水 速雄

by G-Tools
革命について (ちくま学芸文庫)革命について (ちくま学芸文庫)
Hannah Arendt 志水 速雄

by G-Tools
精神の生活〈上 第一部 思考〉精神の生活〈上 第一部 思考〉
Hannah Arendt 佐藤 和夫

by G-Tools
精神の生活 (下)精神の生活 (下)
佐藤 和夫

by G-Tools
完訳 カント政治哲学講義録完訳 カント政治哲学講義録
ロナルド ベイナー Hannah Arendt Ronald Beiner

by G-Tools


そういや富野が読んだこれも興味はあるものの、
やっぱり難解なんだろうなぁ。
4622074141なぜアーレントが重要なのか
矢野 久美子
みすず書房 2008-09-24

by G-Tools

矢野氏との対談はよかった。結局はその程度なのよね。
B0029VBSRMGUNDAM A (ガンダムエース) 2009年 07月号 [雑誌]
角川書店 2009-05-26

by G-Tools


■関連記事
徒然に
あれ?読めた
アーレントは難しい
今日買った本
先日書いたねんどろいどのミックミクかがみ。
今日チェックしてみたら再度値下がりしてる!!!

ねんどろいど らき☆すたOVA  ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)ねんどろいど らき☆すたOVA ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

過去最安の1755円よりは高いけれどもほぼ半額。
どのショップと比べてもぶっちぎりで安い。
しかも送料無料。

うわぁ…これは強烈だ。
この物欲に耐えられるかどうか……

そういやルイズもこの1週間でズルズルと500円近く値下がりしてる。
ゼロの使い魔 三美姫の輪舞 ねんどろいど ルイズ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)ゼロの使い魔 三美姫の輪舞 ねんどろいど ルイズ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

反発もなく下がりっぱなし。
高い時期に買わせてしまってスマンかったな、ギムG。

■関連記事
スイッチオン
見知らぬ、尼箱
読み進める上で忘れないようにと自分用にメモしていたのだが、
これだけでもネタになるかもしれないので公開してみる。


ケンサ・A・ハー 主人公
メイヨー・ハー 妹・女王
バレル 異父弟
メルル 侍従→義母
バイテン・ロー 反逆の首謀者
キェンセ・サンド ケンサを追う女アイランダー
サンザサン キェンセたちに雇われたフローロウリィ
セン・セート 娼婦
レジム センの客
クワンサン・ハズリー 体術の名人
ゲトラ・ゲイ 侵略王
メサメード ケンサの童貞喪失相手
アラハム・スレザムゾウル・ボウル カンマンドゥの貴金属店主
アラダ 旅館の主人
メイハーサン・ゲイ ケンサたちの実母
ケセス・アーデアス ケンサの父
ヘンダン サンザサンの仲間
シース・シマー ヘタレ
テルン・ジャン バイテンの仲間
リー・スワン バイテンの仲間
メーン・ロンゾ キェンセの上官
テンデン・スーン サンザサンの仲間
ロット・ロッドラ タータスのパイロット

グール・バフラム ハイラムの商人
ジャラー・バード グールの店の者
メイル・ズーア 爆撃手
マレー・ギン シースの仲間
ヤース・キルヒ 機関士
キズン・レアル シースの仲間
ルティア・パリ セクシオンの騎士
ウェネティ・セーム セクシオンの王
キトラム・エッセ セクシオンの重臣
ゲゼス セクシオンの重臣
カウンター・クロッス ドウロウ軍少佐
テルサ ドウロウ兵
ケイム ドウロウ兵

サッサーマ セクシオン師団長
ギスマスト・レゾレート ドウロウ軍将軍
キタム 少年
レドレ クワンサンの仲間
ムッサム クワンサンの仲間
テラッサウ クワンサンの仲間
ケットバ・ゼア クワンサンの仲間
メア・フェアス クワンサンの仲間
メッドメ・スガムス 地方領主
メンゼン・シューム 役人
ヘメドウ・キラ ドウロウ司令官
ハマリ・セマノ 小役人
ナブル・ゲルド クワンサンの仲間
ミトバーズ・ヘゲラズラ 執事頭
レーザバ 執事
メルバス 執事
ミマレヤ シースの部下
ケイレン シースの部下
レッアロ シースの部下
ハラッザー・シュトロ 
レズレス
エッケン・ゼハーム アーデアス派の将校
セッサウ・スロドウ クワンサンの仲間



ぱっと見○ッ○○という感じの名前が多いような気が。

それから

カウンター・クロッス=カウンタークロス
ケットバ・ゼア=蹴っ飛ばせ
ナブル・ゲルド=殴る蹴ると

こんなイメージなんだけど違うかな?

■関連記事
シーマ・シーマ後篇読了
シーマ・シーマ中篇読了
シーマ・シーマ前編読了
なんとか復活に成功。
でも騙し騙しが続くなぁ。
これで今年に入って何回目だ。
モデルとしては7年前、買ってから6年になるけれど、
そろそろ寿命なのかな。

今回はいきなりカーソルが消失→Ctl+Alt+Deleteから再起動→キーボードも受け付けず
→何やっても反応無しなので強制終了→うんともすんとも

なんかチキンレースになってきたな。
パソが完全に沈黙

こりゃダメかも



昨日の写真だけはサルベージしたいけどなぁ
他のデータは退避済みだし
2009.06.21
20090621140944
雨のそぼ降る中見てます
現在最も視聴が困難な富野アニメであろう「海のトリトン」。
そのトリトンのDVD-BOXの販売が決定!

海のトリトン コンプリートBOX [DVD]海のトリトン コンプリートBOX [DVD]
塩谷翼(トリトン), 北浜晴子(ルカー), 広川あけみ(ピピ)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




収録されるのはTV版全27話に幻の第1話。
ここまでは既存のDVD-BOXと一緒だが、
違うのは劇場公開された劇場版前篇に、
お蔵入りとなったしまった劇場版後篇をも収録していること。
さすが「コンプリート」だけある。
それでお値段は3万を切って¥26,250と既存のものよりも安い。(既存のは¥31,500)
さらに今ならAmazon予約価格が2万割れ。これはチャンスかも。

手塚治虫生誕80周年を記念しての発売らしいけど、東北新社ナイス。
前回の発売はパイオニアだったけど、今回は東北新社自らの発売らしいしね。
まだ名作「トリトン」を未見の富野信者は買うべし買うべし。

■関連記事
幼さとプレッシャー:海のトリトン1~4話感想
徹底的なまでの断絶:海のトリトン5~10話感想
新たな絆:海のトリトン11~15話感想
青い海と太陽と:海のトリトン16~21話感想
陽はまた昇る:海のトリトン感想22~27話
富野アニメ第一話大横断 第1回「トリトン」
P1050970.jpgシーマ・シーマ〈後篇〉血族を払う (アニメージュ文庫)
富野 由悠季
徳間書店 1989-09

by G-Tools


先日より読んでいたシーマ・シーマを全巻読了。
これで名実ともに全富野小説を読破したことになった。
抜けは…ないよな……。

読み終わって思うのは、本当に王道のビルドゥングス・ロマンだったなということ。
「ガイア・ギア」が同じようにアフランシのビルドゥングス・ロマンで始まったのに、
気がつけばウルやメッサーらとの青春群像劇に変容していたのとは違う。
最初から最後まで主人公ケンサに焦点が合っているという印象を受けた。
「王の心」みたいにカオスなエンディングでもないし。

まさに「血族を払う」というサブタイトルがぴったり。
ただ最終章はずいぶんと駆け足だったなぁ。
そして男ってやつは結局……

あ、これを忘れちゃいけない。
富野の性癖は異常www
「リーンの翼」のドライバー並みに(;´∀`)…うわぁ…ってなるわ。

■関連記事
シーマ・シーマ中篇読了
シーマ・シーマ前編読了
新たな富野講演会の情報を発見!

が……
ニューヨークですか……

富野監督 NYのアニメイベント出演 ガンダム30周年記念で

 今年9月にニューヨーク・マンハッタンで開催されるアニメ・マンガの大型イベントに、富野由悠季監督が特別ゲストとして参加することが明らかになった。
 富野監督が登場するのは、9月25日から27日まで開催されるニューヨーク・アニメフェスティバル(New York Anime Festival)である。富野監督は期間中、講演会などのイベントに参加すると思われる。国内ではしばしば過激なトークで話題を呼ぶ監督の、ニューヨークでの発言が関心を呼びそうだ。

(ネタ元:アニメ!アニメ!



さすがにニューヨークは行けん。
名古屋だって厳しいのに。

ニューヨークでの講演会というと2002年以来か。
あの時は参加者がレポをまとめてくれたんだっけ。

質問者:合衆国であなたの小説を読めるチャンスがあるかどうか知りたいんですが。私はシャアの逆襲がもともとは小説だったことを知っています。

富野:ファーストガンダムの小説を出版する計画がいくつかありました。しかし、出版社と仕事をやっていくなかでいくつか問題があったんです……[参加者の一人が富野氏に、1990年にDel Reyによって出版されたGUNDAM MOBILE SUIT: AWAKENINGという小説を見せる] えー、新しい出版社だよ、これじゃなくて(笑)将来の計画については本当にわからない。



今回もレポに期待期待
昨日の記事を投稿して気がついたこと。
自動生成サムネイルのモアレが酷い。

このブログでは画像の最大表示幅を400に設定している。
400より大きい画像の場合には、アップロード時に幅400のサムネイルが自動で生成される。
このサムネイルのモアレが酷いのだ。
いままで気付かずにいた(それもどうかと思うのだが)のだが、
昨日の画像は特に顕著だった。

というわけでちょっとしたテストをしてみる。

まずは昨日と同じく元画像(2048x1536 3Mで撮影)を、
Jtrimで640x480のサイズへLanczos3で再サンプリング縮小。
それを投稿すると、400x300のサムネイルが生成される。
そのサムネイルだけを表示したのがこちら。
090619test01.jpg

キンゲのあたりが全体的にモヤっとなってしまっている。

で、今度は最初から400x300にLanczos3再サンプリング縮小したのがこちら。
090619test02.jpg

1枚目の写真に比べると全体的にすっきりしているのがお分かりいただけるだろうか。

ちなみに同じ400x300でもVixの3次元補完縮小ではこんな感じ
090619test03.jpg

シャープネスを強くかけすぎたような、
ギザギザした感じのモアレが出てきてしまっている。

やはりこちら側でLanczos3縮小をするのが一番みやすい写真になるらしい。

そこで思うのだが、このブログをいつも見ているような、
珍奇奇特な皆さんにお尋ねしたいのですが、
普段画像をクリックして640x480で見てらっしゃるだろうか?
もし特に拡大することなく見ているのであれば、
640x480ではなく400x300でアップした方がいいのかも?と思うがどうだろう?

まぁ、こちらが見て欲しい!というブツは640x480でアップするだろうけどさ。
(フィギュアとかな)
2009.06.18
小説やエッセイなどただストーリーを追っていけばいいものは別として、
新書や専門書など考えたりイメージしたりしながら読むことを必要とされる本を読む時に、
手放せないグッズがある。

それが付箋。
元来、本に書き込みをしたり、角を折ったりするのが大嫌いな人間なので、
何かメモしておきたい場合、ポイントだと思った場合には、
その部分にペタっと付箋を貼ることが多い。

だが、付箋を貼ってしまうとそれにより隠れてしまう部分が出来てしまい、
それが不便だなとも思っていた。
それが今年に入ってからこんな便利なものを発見。

下半分が透明な付箋

何種類か買い込んでおいて順次使っているのだが、
今現在使っているこれが使いやすい。

3M ポスト・イット フラッグ 透明見出し・エコノパック 6色混合 4.36×1.0cm 683MH

インデックスタイプのこれも未開封のものがあるのだが、どうなんだろう?

住友スリーエム ポスト・イットRフラッグ 丈夫なインデックス 686L-GBR

でもこれ、取出しが1枚ずつのポップアップ式で本当に便利。
これ使うと他社の付箋は使いづらくて……。

読んだ本には実際にこんな感じでペタペタと貼り付けている。

001.jpg
(縮小時のモアレが凄いな→サムネイルではなく元画像の幅指定に変更)

読み止しの「今こそアーレントを読み直す」にもペタペタ。
で、章ごとに付箋を貼った部分を中心に読み直してメモにまとめている。

002.jpg09061901.jpg


読書グッズといえばこんなものも持っている。
以前にも書いた書見台。

003.jpg

こうやって本を挟むんだけど使い勝手が悪い。

004.jpg

薄い本じゃないとしっかり挟めなくてずれてしまう。
というわけでこんなものも最近になって買ってみた。

005.jpg

ページオープナーというもの。
オプーナじゃないお!

006.jpg

こうやって挟むものなのだが、書見台以上に使いづらい。
本当に薄い本じゃないと折れてしまいそう。
失敗した……。


こんなふうに書いているといかにも読書家を気取っているようだけど、
実際のところここ数週間集中力の欠如に本当に悩まされっぱなしなの。
本だけでなく書類など字を読んでも頭に入ってこない。
人の話を聞いていてもすぐに反応・理解できない。
頭の回転が鈍いのは前からだけど、さらに拍車がかかったよう。
頭の中にもやというかカーテンが引かれている感じ。
恒常的な頭重に突発的な頭痛もあるのでバファリンが手放せない。
ケアレスミスも本当に増えた。
若年性認知症なのかな……

■関連記事
書見台

続きを読む

昨日書いた富野インタビューは着手すらできず。
なので、同じ「野生時代」1984年2月号の富野特集企画から、富野のエッセイを。

ペロリの海  富野由悠季

 幾百となく変化して見せてくれる海の面の作り出す景色も、刻によると、太陽の反射をペラっと映し出した表情しか見せぬ朝がある。
 かように泰然自若とした自然のありようを見せつけられた時というものは、なんの想念も浮かばない。
 しかし、自然が平穏であろうはずがなく、その中で、人が、子を宿し、育て、死にゆくのは容易なことではなかった。
 三歳まで子が育てば、赤飯を炊き、十歳まで育てば元服が近いと喜ぶ人の生活史というものは、つい数十年前までの事実であったのだ。
 それが、化学(ママ)と文明の進歩によって、人は、自然から圧倒的に庇護されてしまい、身の安全を確保した時から、想念の遊び事に終始する世を作ってしまうのではないか、と危惧するのである。
 それは、創造的な行為であるのだから、とても良い事だという認識は、いまや危険な発想と言わざるを得ない状況が存在する。
 自然に対しての安全さを手に入れた日本パラダイスに住む人々が、真実の生活苦というものを体験しなくなった時から、日本人のやることなどなくなったからだ。
 このように創造するという行為の危険を指摘した人を、未だ知らない。
 まして、テクノロジーの発達は、凡俗に容易に創造的行為をさせてくれるが、その大半は排泄的行為でしかないという事実を、自省自戒する必要がある。

 人の世は、けしてパラダイスになどならない、と言える人は、向上心があるからだろう。
 人が、なにものかによって生かされていることを知っている方だろう。
 そうでなければ、世に存在する事々全てに対して、いつも不満を抱いている人だろう。
 しかし、ごく普通の満足感を持つ人々というものは、身の安全を知ったときから、創造的行為という名のもとに、想念発生の行為に己の思惟を投入し始める。
“私の生活は、本当はこういったものではないのに……”
 といったふうの想念も含めて……。
 現実の生活が“おしん”であるのならば、想念ごっこなどは、やっている暇はないのだが、パラダイス日本は、想念を粗製濫造する土地になりつつある。そうすると、現実を見ることなく生きる人々を排出(ママ)することとなって、日本は、現実的に生き抜こうとしているブッシュマンやコーランを手にした人々から、真なるパラダイスと言われる時代が来よう。
 それが憧れをもって言ってくれるのならば、我々は、天使に匹敵する存在として敬われもしようが、現実の日本がバイストン・ウェルであったら、これはもう、地上界ではないのだから、他の地上界の人々とは容易に接触できなくなる道理である。

 ペロリの海という自然の凄さは一体なぜなのだろう。
 そう言った言葉遊びが、僕は、好きだ。それは、人が思考してゆくうえでとても重要な感性のありようではないのかと想像するからである。
 火鉢しかない時代に同衾する婦人の肌は、シティ・ホテルで知ることのできるギャルちゃんの肌とはちょっと違ったんだろうなという想像は、僕にとっては重要なのだ。
 きっとギャルちゃんには、シティっぽい言葉遊びなどを展開して、やらせてもらうよっていうあたりから、バイストン・ウェルになってしまう危機感を感じるのだ。

 想念の世界などは、明晰に霊界にでも封じ込めておかなければならないのだ。そのためには、多少逆説的なのだけれど、明確に現実に対位して存在する想念の世界としてのバイストン・ウェルはあてよかろうと愚考する。
 しかし、己の排泄物を人に披瀝してしるのではないのかというザワっとした嫌悪感というものを否定することもできない。
 己の想念が作りあげている地獄である。ざまあないぜ、ってなもの……。
 ペロリの海はなぜ凄いのだろう、という見え方をしたいものだとつくづく思うのだ。



前半はともかく後段の論理の飛躍とかイマイチつかみづらい文書だなぁ。
「想念ごっこ」なるものが具体的にはどういうものかもよくわからんのはオイラだけか。
“おしん”のような辛い現実があるからこそ、想念の世界に逃げ道を求め、
そこから現実世界を行きぬく活力を得るんだって言ってなかったっけ?

■関連記事
ペロリの海
野生時代
なんかまた集中力がなくなってきた。
アーレント関連の新書は2章で止まったままだし、
シーマ・シーマも後篇に手をつけてない。

今日もネタはあったんだけど文章にする集中力が無い。
野球もあまりの酷い試合にむかついたのもあったけど、
気が散ってしまうので見るのやめた。

なんかいつもに輪をかけてぼんやりさん。
何をするということもなくこの時間まで( ゚ ρ ゚ )ボー

とりあえず近いうちに「野生時代」に掲載された
「リーンの翼」に関する富野インタビューをうぷ予定。
こんな状況じゃいつになるかさっぱりわからんけど。
WEBアニメスタイルで連載中のアニメ様365日にこんな文章が。

同年輩のアニメファンと『聖戦士ダンバイン』について話をすると、大抵は「東京上空3部作」と「ハイパー・ジェリル」が話題になる。両方とも、ファンなら誰しもが認める傑作だ。「東京上空3部作」とは、16話「東京上空」、17話「地上人たち」、18話「閃光のガラリア」の3本の事である。(中略)バイストン・ウェルの設定は魅力的なものだったが、現実味は乏しかった。それがこの「東京上空3部作」で、一気にリアルなものとなった。現代の東京をオーラバトラーが飛び、自衛隊らしき軍隊と戦うという光景に、あるいは東京においてショウとガラリアが、地上の人間によって現実離れした異常な存在として扱われる展開に、大変なリアル感を感じた。地上界とオーラバトラーの取り合わせをリアルに感じただけでなく、それまで描かれてきたバイストン・ウェルの人々やメカまでが、リアルなものになった気がした。



(´・∀・`)ヘー

オイラは以前にも書いたとおり、
それまで「バイストン・ウェル世界のダンバイン」を楽しんできたのが、
あの「東京上空」以降違和感が最後までぬぐえなくて萎えてしまったし、
「ハイパー・ジェリル」もまったくと言っていいほど印象に残ってない。
「平成極楽オタク談義」で池田憲章が滔滔と「ハイパー・ジェリル」について語るのを見ても、
そんな凄かったか?と疑問しか抱けなかった。
でも、世間の評価は正反対だったんだなぁ。
さすがへそ曲がりだなwww
2009.06.14
20090614172253
試合開始から4時間経過もまだ試合中

ただ今12回表
2009.06.14
20090614124704
どっちがホームかわからんぽ
以前にコレクターズエディションがブルーレイにしかないことを知り、
「レンタルでいいや」と書いた劇場版のペールゼンファイルズですが、
その言葉に違わずレンタルで見ました。

B001UE9TA2装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 [DVD]
郷田ほづみ, 長嶝高士, 江川央生, 矢部雅史, 高橋良輔
バンダイビジュアル 2009-05-26

by G-Tools


う~む……。
これって劇場版に編集する意味あったのかな?
「ボトムズが大画面で見られる!」とか、
「OP・EDの新作画が!」以外にあまりメリットが無いような。

OVAで肝になっていると思われていたシーンが軒並みカットされ、
ドラマが非常に薄くなってしまったのが残念。
その分戦闘シーンをこれでもかと繋いでいるのだが、
やっぱりあのCGの違和感が気になってしまうし、
そこへの伏線となるようなシーンがカットされているので、
ぶつ切りの戦闘シーンを
「ほらほらこのATどう?かっこいいでしょ?」
とメカヲタ向けに並べているだけの印象を受ける。

それから音楽のつけ方もなんか変。
まるで一昔も二昔も前の巨大ロボットものや特撮もののように、
「ピンチにあるとOPテーマ」みたいな決まりきったつけかただし、
ボトムズ世界を印象付ける乾さんの音楽がほとんど使われていないのも不満。

正直買わずに正解!と思ってしまった。
なんか富野以上にまとめ方がヘタに感じてしまった。
良輔監督はこういうの得意な方じゃなかったっけ?
コレクターズエディションだとまた違ったりするのかな?

■関連記事
発売決定!しかし……
だ~いどんでんがえし:ペールゼン・ファイルズ6巻感想
キリコ・ザ・スーパーソルジャー:ペールゼン・ファイルズ5巻感想
やっぱりCGに違和感が:ペールゼン・ファイルズ4巻感想
ようやくのサブタイリンク:ペールゼン・ファイルズ3巻感想
ゲーム?:ペールゼン・ファイルズ2巻感想
ペールゼンファイルズとFLAGの共通点:ペールゼン・ファイルズ1巻感想

続きを読む

4196696120シーマ・シーマ〈中篇〉修羅に昇る (アニメージュ文庫)
富野 由悠季
徳間書店 1989-05

by G-Tools



前編を読み終えた時点での感想に、

セン・セートは以前読んだ時は思わなかったけど、
クリシュナと同じ匂いがするキャラだな。
いわゆる「女」の業に生きるというか。



と書いたところkaito2198さんから

これは富野作品のなかでも非常~~に珍しく純愛純愛してる作品と私は思います。
クリシュナちゃんは…あまり好きじゃないな…状況に流されっぱなしはな…。
「女」の本能で動く点は同じですが、あそこまでってのはひょっとしたら富野作品のなかでも少ないほうなんじゃないのかな



コメントを頂いてしまった。

たしかにクリシュナとはちょっと違うかも。
クリシュナが女の業のままに突き進む、
それもカテジナやクインシィのように意志をもってではなく、
状況に流されるままのキャラであるのに対し、
センは自らの女の業を意識した上で、
それを恥じながらも業を演じてみせる豪胆さを兼ね備えている印象がある。
ララァとかギギとか、そのあたりの系譜。
つまり富野の好みのキャラ。
あぁ、そういえば富野にとってエヴァリーが
「女は絶対こうあって欲しい」
という理想の女性像だと話したこともあったっけ。
再登場後のエヴァリーもそんな感じだったような。

作中においてバイテンが、ケンサを捨てた実母メイハーサンと、
センとの間の共通性について触れるシーンがあるが、
そういった「女は怖いぞー」というのが、
どの富野作品に共通するモチーフのように感じられる。

しかしそれは例え百戦錬磨の経験の上で身につけたことだとしても、
結局は男性から見た「女」像でしかないのよね。
その点を女性の富野信者(などというものがもし存在すればの話だが)は、
どう感じているのか知りたいところ。

それにしても読んでいて思うのが、
「ガイア・ギア」…というかこの時期の他作品との共通性。
「シーマ・シーマ」は89年の発行なのだが、
同時期に発表している「ガイア・ギア」「F91」などとモチーフが似通っている。
自らの身分を知らずに暮らしていた高貴な生まれの主人公が、
ある日突然出自を知らされ権力闘争に巻き込まれる
という、
貴種流離譚にも似たストーリーは、アフランシにもセシリーにも当てはまる。
加えて、高貴な生まれが肉体的特徴としても備わる金髪白人の主人公とくれば、
ケンサとアフランシが完全にダブってしまう。
「逆襲のシャア」も「自らの身分を知らず~」というモチーフからは外れるものの、
高貴な生まれの主人公がノーブレス・オブリージュを持って登場するという面では、
全くかけ離れているというわけでもないだろう。
(あ、シャアは主人公じゃないか)
そうなると、この時期の富野作品でありながら、
貴族的な色のない「閃光のハサウェイ」という作品はある種特殊なのかもしれないし、
特殊ゆえに富野小説らしからぬ真っ当な小説の印象があるのかもしれない。
とか自分でも書いててよくわかんなくなってきた。
似つかぬことはするもんじゃないね。

さてと、残すは後編のみ。
出だしこそつまづいたものの、かなり面白くなってきましたよ。
自分の中での富野小説ランキングでもかなりの上位になりそう。

で、気づいたのですが……

オイラ後編読んでない。

というのも、もともと前中編だけ先に入手したものの、
後編は手に入らずに3冊セットで改めて購入したのよね。
そのため後編だけ読みそびれてしまった模様。
というか自分でもこれを読むまで気づいてなかった。

おお、もう……

■関連記事
シーマ・シーマ前篇読了
日曜にねんどろいどルイズを頂いて以来、
なにか変なスイッチがはいってしまったらしい。

ゼロの使い魔 三美姫の輪舞 ねんどろいど ルイズ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

買ってからずっと放置していたリボルテックキンゲをいじったり、

リボルテックヤマグチ No.07 キングゲイナー

他のねんどろいどやFigma、リボルテックを探索してみたり。
これではまるでオイラがフィギュア欲しい病のようではないか。
ガンプラからも足を洗ったし、MIAとか食玩の類とか、
ガノタから訣別するかのごとく処分したというのに。

いや、たしかに楽天ポイント処分でフロイラインリボルテックの美希を選んだこと、
もっと遡ればゴシックプリンセスverをもらった時に、
すでにスイッチは入っていたのかもしれないが、
それにしても分かりやすすぎる反応だろ。

フロイライン リボルテック 009 星井美希 スノーストロベリー (フレンドショップ限定)フロイライン リボルテック 009 星井美希

で、いろいろと見て思ったのが、
オイラねんどろいどみたいなデフォルメverが好きなのかも。
figmaとねんどろで同じのがあったらねんどろの方が興味をそそられる。
ドアラとか出ないかなぁ。

Figma ドアラ ホームVer.Figma ドアラ ビジターVer.

まあ、あれはあれでフリーダムに動けるというのが魅力なのだろうが。
でも他にあんまりそそられるブツもないなぁ。
知らないキャラ・メカばっかりだし。

そういえば先日書いたねんどろいどのミックミクかがみ。

ねんどろいど らき☆すたOVA  ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

これのAmazonでの値動きが激しすぎる。
発売直後はたしか2100円くらいだったのが、
先週末から今週頭にかけて半額以下の1700円台に暴落。
その後一昨日に2200円に跳ね上がったが、今は2000円弱に落ち着いている。
暴落した時はちょっと……いや、かなり心を動かされたが、
迷っているうちに値が戻って結果オーライ?
でも今度また暴落したら物欲に負けてしまいそうな自分が……。

続きを読む

リボルテックをいろいろといじったりとか、
アホな事してたらいつのまにかこんな時間。
うん。ダメ人間なんだ。
「シーマ・シーマ」もほとんど読み進んでいないし。

それにしても、いわゆる「アクションフィギュア」の類は苦手だな。
不器用だから上手くポージングできないし、パーツがポロポロ落っこちたりして。

本当に取り留めの無いチラ裏でスマソ。

続きを読む

先日から読み直し始めたものの、
出だしでつまづいてしまった「シーマ・シーマ」。
ようやく前編を読了。

4196696015シーマ・シーマ〈前篇〉疾風の果てに (アニメージュ文庫)
富野 由悠季
徳間書店 1988-12

by G-Tools

最初は流れに乗れず、「こんなの読んだっけかな」とまで思ったのだが、
バイテン・ローがでてくるあたりから段々と記憶がよみがえってくる。
そうそう、こんな話だった。
でも当時の思い描いたイメージと、今読んで思い描くイメージが全然違うのはどういうことかと。
どれだけ記憶力悪いんだ自分。
たぶん今「王の心」を読み返しても同じように「これ読んだっけ」と……思わないな。
特に最初の巻はなおさらに。アカイアーたん(*´Д`)/ヽァ/ヽァ

セン・セートは以前読んだ時は思わなかったけど、
クリシュナと同じ匂いがするキャラだな。
いわゆる「女」の業に生きるというか。
つーか富野逆さ磔好きなのかなぁ?
リンレイ・メラディだけじゃなくセン・セートまでもが……。

シース・シマーは驚くほど記憶に残ってないなぁ。
というかほとんどを忘れてる。
ま、それもまた良いんじゃないかな。
二度も初見の感覚で楽しめるし。
中篇の修羅に昇るも楽しみだ。

一方同じくリズムに乗れなかった「今こそアーレントを読み直す」はようやく2章まで読了。

4062879964今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)
仲正 昌樹
講談社 2009-05-19

by G-Tools


こんな感じでメモを取ってまとめてみるのだが、
オイラの弱いオツムではメモリーオーバーになりそうです。
200906092236000.jpg

つーか普通のメモ帳サイズじゃ書きにくいなぁ。
やっぱり今流行のA6サイズのノートにしてみようかなぁ。

■関連記事
自分の問題だった
読みにくい
2009.06.08
単独ではネタとして弱すぎるものをいくつかまとめて1つの記事に。
なんという没ネタ再利用wwww

1
「出版ダイジェスト」のみすず書房特集号が届く。
一度読者カードを出したら届くようになったもの。
なになに?今年も東京国際ブックフェアが開催されるのか。
っていつもは5月末じゃなかったっけ?
みすず書房の本も2割引で販売だとか。
そういえば富野がアーレントにはまるきっかけとなった、
「なぜアーレントが重要なのか」もみすず書房刊。

4622074141なぜアーレントが重要なのか
矢野 久美子
みすず書房 2008-09-24

by G-Tools

ほうほう…ってたとえ2割引でも3K超えるじゃん。
電車賃かけて人ごみの中行くことを考えると大赤字もいいところ。
こりゃ図書館に入るか古本に流れるのを待つしかないなぁ。
もしくは図書カードとか。

2
そのアーレントに関する新書「今こそアーレントを読み直す」は、
ようやく2章の2/3近く、
公的領域と私的領域について論じているあたりまで読み進んだ。
4062879964今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)
仲正 昌樹
講談社 2009-05-19

by G-Tools

同じところを行きつ戻りつ付箋をペタペタ貼りながらだから、
進まないことこの上ない。
いや、ホント難しいし眠くなる。
昨日も気がついたら電気つけっぱなしで寝てましたよ。
トホホ。

3
昨日の記事。
頭を冷やしてから読み直したら痛いことこの上ないな。
いい年したオッサンが何しているのやら。



でも(・ε・)キニシナイ!!
オジサンこっちも欲しくなっちゃったなぁ。

B001P06OSQねんどろいど らき☆すたOVA ミックミクかがみ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー 2009-05-13

by G-Tools


なんだか今チェックしたらさらに値下がりしてるんだけど、
これは何かの罠でしょうか?
ブツヨクニマケマセーン

続きを読む

今日の午前中。
注文した覚えの無い尼箱が我が家に到着した。
使用済みの再利用なら誰かが送ってきたのだろうなとわかるのだが、
amazonから直接オイラ宛てに送られている。
思い当たる節いくつかにカマをかけてみたところ……

や は り お 前 か w

ギムGめ。
一体何を注文したのかとおっかなびっくり箱を開けてみたところ……

B001NXCJMAゼロの使い魔 三美姫の輪舞 ねんどろいど ルイズ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ホビーストック 2009-04-21

by G-Tools

ちょwwwルイズキタ――(゚∀゚)――!!
いや、確かに冗談半分で「買ってくれ」とは言ったさ。
自分用の「ねんどろいど欲しいメモ」を、
evernoteに送るつもりが間違えて送ってしまったこともあったさ。
でも本当に送りつけてこようとは。
お値段も割引とはいえそこそこするのに気が引けてしまうではないか。
しかも迎撃がアレでアレなものばかりだし。

まぁ、それはともかく、さっそく尼箱から取り出してみる。

Louiseloid01.jpg
(左は友情出演のドアラ先生。自前のドアラクッキーの箱です。)


外箱は意外と大きい。
とっとと開封して中身をチェック。ほう、ふむふむ。
ねんどろいどって初めてなんだけど独特の匂いがあるのね。

顔は「通常=ツン」「デレ」「泣き」と3種類あるけど、ここは「ツン」一択。
小物も何種類かあるけど鞭しかないでしょw
というわけでこんな感じで飾ってみる。

Louiseloid02.jpg

うわぁ、思っていたよりいいね、これ。
何が「いい」のか激しく謎ですが。
下から目線を意識してちょっとあおり気味に。

Louiseloid03.jpg

いや、正直ありがとう、といわざるを得ない。悔しいけど。
食玩とかじゃないこの手のフィギュアをギムGから頂いたのは、
あれ以来かも。
あっちの方はクローゼットの肥やしとなっておりますがwwww

続きを読む

プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP