HOME   »  2009年03月
RSSフィード MyYahooに追加
え~と……今まで見もせずにネタにしていたのですが、
ついに見ちゃった。

「ラーゼフォン」

自分でも今さらどうなんだろうと思いますよ。
でもね、きっときっかけはBSアニメ夜話の「ライディーン」を観てしまったから。
ゲストとしてぶっちが登場していろいろ語っているのをきいて、
思わず気の迷いが生じてしまったというかなんというか。
ライディーンDVD-BOXの富野インタビューも聞き手がぶっちだったし。
うん、自分でもどうかしていると本当に思う。

B000065BAAラーゼフォン 第1巻 [DVD]
下野紘, 桑島法子, 久川綾, 川澄綾子
メディアファクトリー 2002-05-31

by G-Tools
B000066O0Rラーゼフォン 第2巻 [DVD]
下野紘, 桑島法子, 久川綾, 川澄綾子
メディアファクトリー 2002-06-28

by G-Tools


第1楽章 「首都侵攻」
第2楽章 「神人目覚める」
第3楽章 「二人の街」
第4楽章 「自分の時計」
第5楽章 「ニライカナイ」



1話をみた段階では、予想に反してなかなか面白そうという印象を受けた。
「ある日突然自分の住む世界や自分の記憶が虚構であることを知らされ……」
といういわゆる巻き込まれ型のスタートなのだが、
事態の変化がめまぐるしく「どういうこと?どういうこと?」と興味を引き付けられた。
ところがそれが2話3話になると、世界観といい、演出といい、どうにも既視感が漂う。
それもいや~な記憶を伴ったもの。
そう、まるっきりエヴァ。
戦闘シーンの管制描写や、事態に翻弄され内側に篭る主人公、
無機的に子供を戦力扱いする肉親、非常事態のため放棄された街並み、
半球ドーム型の基地などなど、まるっきり同じものを見ている気になる。
ライディーン色よりもエヴァ色の方がかなり濃厚でげんなり。
世界観も意味不明な用語だけが飛び交いわけがわからない。
このあたりで挫折しそうになったのだが、
1話の冒頭に出てきただけのほーこたんを見るまでは、となんとかがんばって見続けた。
(いや、別に娯楽なんだから頑張らなくてもいいのだが。)

4話では待望のほーこたんの演じるキャラ如月久遠が登場。
ただ……ステラの時と同じような不思議ちゃんキャラですか。
いや、それはそれでいいんだけどさ。
なんつーか久遠の「らら…」を聞くためだけに見続けることになりそうだ。
次回予告も久遠だし。

その4話から主人公綾人のホームとなるニライカナイやTERRAが登場。
1話冒頭にも登場した功刀司令がかっこよすぎる。
ヘッドフォンで「ニュルンベルグのマイスタージンガー前奏曲」を聴く中田譲治声とかね、
もうそれだけでご飯3杯いけそうですよ。
中田譲治+ワーグナーですよ?

5話は戦闘シーンは無く、ニライカナイに住むことになった綾人と周囲の人物とのドラマ。
2~4話までの流れと比較すると、一落ち着きというか安心して見ていられた。
戦闘シーンがなければ、そこそこ面白いといえるかも。
いまのところは。

でもこの先見続けていくのにはまだまだ不安。
なんつったって思いっきり「セカイ系」だしなぁ。
ムーもTERRAも綾人1人のために動いているような印象を受ける。
それから三嶋玲香の存在。
これってリヴァイアスでいうところのネーヤみたいなものなのかな?
綾人のママンはイシュタリ(イシュタル?イシュタリヤ?)とか呼んでいたみたいだけど。

あとは、主題歌「ヘミソフィア」の歌詞と、物語が上手くリンクしているなぁという印象も。
「小さな箱庭の現実」=TOKYOジュピター
「無意識に刻まれていく経験のタトゥー」=おなかの紋章?
「崖っぷちに立たされた時」=世界の真実を知った時
「苦難が僕の腕をつかみ自分自身の在り処が初めて見えた」=遙に連れられてTERRAへ
こんな感じ?

■関連記事
どちらにしようかな
2008年に見たアニメ
記憶のふたが開きそうです
いつも使っているヘッドフォンの右側が聞こえなくなった。
断線かな?とコードをくりくりやってみたが反応なし。
振ってみると中でコトコト音がするので何か接続がはずれてしまったのかも。
まぁ安物だったしかなりボロボロになっているし仕方がないと思い、
新しいものに買い換えてみようかとおもった。

そういえば、楽天のポイントが結構溜まっているし、
今月末で期限切れのポイントもある。
ということで楽天でのヘッドホンを購入。



またも安物だけど、音がいいって評判らしいからまぁいいか。
ポイント使って送料込み500円なり。

で、これを注文したとたんにヘッドフォンの右側から音が。
Σ(゚Д゚;エーッ!
なにこれ三木谷の陰謀?

ま、すぐにまた聞こえなくなっちゃうと思うから別にいいけどね。
2009.03.29
20090329165135
ホームの三塁側は外野と内野指定Aがほぼ満員

内野自由は空きが目立つけど
2009.03.29
20090329164828
ことしからビジターの一塁側ガララーガ


やばすぎ
アラーム1時間間違えた……

NHK教育は放送終了しているし、フジも映画かなにかやってる。
(´・ω・`)
来月からNHK-BS2で、「週刊手塚治虫」という番組が始まる。
これはBS20周年(そして手塚死後20周年)記念として放送されている、
手塚治虫2009~いのち・科学・未来へGO!~という企画の一環。

その「週刊手塚治虫」の第2回のゲストに富野が出演予定。
放送時間は4/17(金)の22時から。
本当はこの日は所沢へナイター観戦の予定だったんだけど、
この番組のために一週繰り下げることに決定。
どんな発言が飛び出すのかな~。
できれば○ん○ろ○氏あたりへの恨みつらみも聞いてみたい。

■関連記事
関係者の語る虫プロ
アトムとトミノ
トミノアトム
今夜の総括にも富野は出演するらしい。

イチか?バチか?プロジェクト「若者の底力」
番組HP: http://www.nhk.or.jp/tvpower/

出演者

女優…小池 栄子, 俳優…古田 新太, タレント…木下優樹菜, コメディアン…柳原可奈子, タレント…関根 麻里, アニメーション監督…富野由悠季, 経営コンサルタント…堀  紘一, コメディアン…エド・はるみ, 【司会】NHKアナウンサー…畠山 智之, フジテレビアナウンサー…戸部 洋子



生放送らしいけどお爺ちゃん大丈夫なのかな?起きていられる?
つーか富野を「中年」とすること自体に激しい違和感が。もう「老年」だろ。
「中年」というのはオイラのようなゲフン(ry

それにしてもアレだね。
最近の富野は大学の先輩山本晋也監督同様に、
「作品を作らない監督」=文化人を目指しているのかな。
そんな気がする。本人もそれに満足しているようだし。
先月から読んでいる「Map of Bones」はおよそ2/3を読了。

Map of Bones: A Sigma Force Novel (Sigma Force Novels)
James Rollins
Harper
売り上げランキング: 24,441


実は他の和書3冊と合わせて、4冊を1章ごとにローテーションで平行読みしている状態。
こうすることによって脳を活性化させるというか、飽きずに読み続けるというか。

で、この「Map of Bones」なのだが、
以前にも書いたように歴史や考古学、宗教に関する要素が多い。
今は古代の錬金術師が残した手がかりを解きながら、
その遺産ともいえる“力”を追い求めているところなのだが、
そこで出てきた事柄が以前読んだペーパーバックのテーマとも絡んでいる。

世界の七不思議・・・Seven Ancient Wonders
ベンベンストーン・・・The Six Sacred Stones
カタリ派・・・The Secret SupperLabyrinth

そもそもヴァチカンが出てくるのだって、Angels and Demons.と似通っているしね。
まぁ、結局のところ同じ人間が「面白そう!」と思って読み始めるのだから、
こういうテーマというか傾向が似るのも至極当然のことなのよね。
久方ぶりにダムエーを買いました。
しかも発売日ゲットwww
どんだけ必死なんだかwwwww

B001VGQPSSGUNDAM A (ガンダムエース) 2009年 05月号 [雑誌]
角川グループパブリッシング 2009-03-26

by G-Tools


ほぼ9割以上、いや95%近くに興味がないにもかかわらず、
わざわざ発売日にゲットした理由はこれ。

200903262002000.jpg

 トミノの羅針盤!!












ガンダム30周年記念として収録されている特別インタビュー。
これが読みたくてわざわざ買ってきた。
内容的にはガンダム30周年企画から飛躍して全体主義について。
昨今言われる「空気を読む(め)」という雰囲気自体が、
社会システムに対する異議申し立てをしにくくし、
結局おかしな方向に導くことがあるんじゃないか?と個人的には受け取った。
なんかまるで山本七平みたい。


でも実は、「羅針盤」よりも「教えてください」の方が面白かったりして。
このロボットクリエイター高橋氏の指摘が鋭いなぁ。

続きを読む

HOUSE


B00005N76FHOUSE [DVD]
池上季実子, 大場久美子, 神保美喜, 尾崎紀世彦, 大林宣彦
東宝ビデオ 2001-09-21

by G-Tools


『ねらわれた学園』の大林宣彦の監督デビュー作となるファンタジックホラー。避暑に訪れた田舎の家に、7人の女子高生が食べられてしまう。光学合成を多用した映像は、20余年が過ぎた今でも斬新。三浦友和、壇ふみ、ゴダイゴらが友情出演している。



ちょうど1年前くらいに小林さんとダメ映画について話していたところ、
薦められたのがこの作品。
(薦めた当のご本人も実は噂話だけで実際に作品を見たのは先月のことだとか)
自分の中のダメ映画のマイブームはまだ訪れていないのですが、
偶然にも見る機会に恵まれたので観てみることにしました。

が……

なんじゃこりゃーー!!!!

想像のはるか斜め上上空5000キロをいくような作品でした。
始まって3分も経たないうちに、アングラ演劇のようないかにもな書割風景、
セリフボヨーミオーバーアクションな大根演技に演出、
なによりも何を伝えたいのか全く意味不明なカット割りの連続に、
ただただ( ゚д゚)ポカーン

南田洋子演じるなぞめいた伯母と、
ホラーの舞台となる家が登場するまでの30分弱が本当に苦痛でした。
この監督は何をしたいのか、狙ってこういうことをしたのか、
それとも本気で作ってこうなってしまったのか、
わけがわかりませんでした。
実際オイラは世代的にもこの監督に思い入れはありませんし。

ところがどっこい、ホラーテイストが始めるとあらびっくり。
ドリフのコントを連想させるチャチでありえない特撮と、
抑揚のない演技で静かに恐怖感を煽る南田洋子の名演技のギャップが面白い。
シベ超で晴郎ちゃんのヒドイ演出をみて、
「ちょwwwこりゃないってwww」って突っ込む感じの面白さにあふれていました。

「そして誰もいなくなった」をオマージュしたのか、
7人の女子高生が1人、また1人と家に食べられて消えていくのですが、
そのたびにありえない演出・映像に抱腹絶倒してしまいます。
どうやったらあんなトンデモな演出を思いつくのでしょうか。

そしてラストはまさかの超展開wwww
ちょwwwシベ超2以来の衝撃wwww
ねーよwwwwwww


正直南田洋子の存在と、池上季美子のヌードがなければどうしようもない作品です。
それでいてゲストは豪華。
ダメ映画好きのオイラでもかなりきつかった作品なので、
一般的なお薦めは全くもってできないのはもちろん、
その筋の人にもあまりお勧めはできません。

富野流に言っちゃえば四畳半の世界のマスターベーションでしかありませんから、
本当にコアな大林ファンだけ見てろって話。
こんなものを公に(ry

その他のレビュー済みダメ映画はこちらからどうぞ
2009.03.24
2連覇キタ━(゚∀゚)━!
快挙達成!!

それにしても胃の痛くなる試合だった。
胃は痛いし心臓はバクバクだし、
興奮しすぎてなんか変な脳汁があふれてきちゃいそうな。
ホントに観ているだけでタフな試合。
試合が終わっても嬉しいというよりは、ようやく解放された感のほうが強かった。
ならわざわざアリバイ作りまでして見なきゃいいのに、御説ごもっとも。

それもこれも全部お前のせいだ、ダル!
だからダルなんてチキンなドーム専用機にすぎないと前にも書いたじゃないか。

所詮ダルビッシュなんてドーム専用機。
国際試合ではへぐってばかりだし、上原・松坂のような安定感は無いし。
開催前の「今から戦犯決めようぜ」スレでもベスト3に入っていたしね。
でもさぁ、先制点取られちゃいけない試合で初回3失点はひどすぎる。
もうドーム以外では大事な場面で投げさせちゃだめよ。
数字上は抜群だから余計タチがわるい。


勝ち星消されたクマーが(´・ω・)カワイソス



でも本当に勝ってよかった。
前回の決勝では純粋に野球を楽しめたのに、
今回ここまでストレスがかかったのは相手が相手だからだろうね。
つかプールA強すぎだろ。
中国でもそこそこ行けたんじゃないかと思っちゃうよ。

さてと。WBCが終わったらいよいよペナント開幕ですよ。
その前に日曜にオープン戦行ってきますよ。
これから11月くらいまで週末は球場にいる日々が続くお。

続きを読む

夜になってから気が付いたのだが、今週号のWPBに富野が登場しているらしい。

生誕メモリアルイヤーの今年、
"国民的ロボット戦士"が日本を元気にする!

[祝30周年]
ガンダムで景気回復!!
PART1
富野由悠季(原作・総監督)×喜屋武ちあき(ガンダムグラドル)
ガンダムの明るい未来!「2039年のガンダムはこうなっている!?」



夕食後の腹ごなしを兼ねて、自宅のそばのセブンイレブンまで行って買ってきた。

wpb090323.jpg

それにしてもセブンイレブンができて便利になったわぁ。
今までの最寄コンビニの半分の距離だもの。
品揃えもそこそこだし、今までのように発売日にネ━(゚д゚;)━!!ってこともなさげ。

と、それは置いといて……っと。
内容的にはいつもの感じ。

「ガンダムはメジャーなんかじゃない」とか、
「キューブリックには負けてるんだよ」とか、
「若者に悲観する前にまず大人が襟を正すべき」とか。

なんつーか、最近の富野を見ていると、
ようやくなりたかった「有名人」「文化人」の仲間入りができて、
はしゃぎが見え隠れしているような。

そう思っていたら最後にこんな発言が。


ガンダムというアイコンは資本主義体制下ではとても重要なものだから、それをむざむざ外してまでやることはない…そういう大人の論法もあって私はイヤだった。けれど逆にね、ガンダムという名前を利用させていただきたいと考えるようになったし、もう一度がんばらせてほしいんだよ


正月の35周年発言同様に次の機会も狙ってはいるのか。
あればいいけどなぁ。

■関連記事
出戻りか?
教えてください。富野情報
「マンガとかアニメは親に隠れて見るのが正しいんです」

続きを読む

2009.03.23
2大会連続決勝進出キタ━(゚∀゚)━!

初回いきなり大輔が被弾した時にはどうなるかと思ったけど、
いい意味で「案の定である」だったので本当によかった。

で、明日の決勝……なんでまたここと……。
この大会だけで5度目よ?
勝っても負けても一悶着ありそうで、すでに憂鬱な気分に。

でもガンガレ!

負けるなクマー!
ナカジかわいいお

続きを読む

見ようと思っていたのに寝過ごしてシマタヨ。
(´・ω・`)

心優しき友人の皆様に事前にお頼みしておいてヨカタ。
でもNHKオンデマンドでも見られないかな?
2009.03.22
時間つぶしのはずの本屋で思わず購入。
なんと意志が弱いんだ。

4062879859日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書 (1985))
孫崎 享
講談社 2009-03-19

by G-Tools


2009.03.22
なんとか立ち上がったけど、まだ不安定だなぁ。
もう買って6年になるし寿命なのかなぁ。
パソが突然起動しなくなりました。以前にも同じような症状はあったのですが、今回は完全に沈黙。うんともすんともいいません。この記事は携帯からログインして書いてます。ということでしばらくネット界隈から隔絶された生活になり、ここの記事も日常の報告程度になると思います。あしからず。
先月から読んでいる「Map of Bones」はようやく半分程度まで読み進んだ。

Map of Bones: A Sigma Force Novel (Sigma Force Novels)
James Rollins
Harper
売り上げランキング: 24,441


読んでいて思ったのだがこの小説、
バチカンの秘密や教会内部に潜む異端、
初期キリスト教の伝説に関する謎を追うというのは、
「The Davinci Code」や「Angels&Demons」などDanBrownの作品に非常に似通っている。
作品内の雰囲気というか登場人物にも似通ったものがある。

作品内の舞台ももちろん、
バチカンを初めとして、ケルンの大聖堂、ミラノの教会、
ローマのカタコンベなどキリスト教の関連施設が多い。
そこで活躍するのがGoogleEarth。
拙い英語力では読み取れない建物の外観や周辺の状況などを、
写真で視覚的に理解してしまおうという目論みである。
これが意外と役に立つ。
馴染みのない教会施設も視覚的に理解でき、
本筋とは関係のない瑣末な状況描写を理解するのが楽になる。

残る問題は肝心のストーリーをどこまで理解できているかだけど、
こっちのほうは怪しいなぁ。
4月中には読み終えたいけどなかなか思うように進まない……。

続きを読む

今日はネタはあるけど文章化する気力が無いので、
アニメージュの富野記事テキスト起こし。
前回の4月号に続き6月号。

アニメージュ80年6月号
「伝説巨神イデオン」で富野+湖川の“新路線”は生まれたか?!

―放映直後、第1話を見て気になった15ポイント総点検―

7.キャラのネーミングの由来は!?


総監督 富野喜幸

200903202212000.jpgコスモ、ベス、デク、カララ、ギジェ……“イデオン”に登場するキャラクターは、いずれも“聞いたこともないような”名まえだ。このネーミングはどうやってつけられたのだろう。

富野 今回のキャラクター名は、インターナショナルにしたいと思ったんです。そこで、アメリカ、ドイツ、フランスなどの代表的な名前のベース(基本となる母音と子音の組み合わせ)を350種くらい集め、整理して作りました。ま、ぼくがなじめないとイヤなので、かなり独断と偏見がはいってきますよ。

参考までに、文芸設定の並木敏さんの話を聞いてみると―。

並木 あれはね、じつをいうと、富野さんのコレクション、バニー・ガールのグラフ誌にのっていた名まえを引きだしたんです。はは、中年ってイヤラシイですね。

10.4月16日の第1回アフレコは!?



(抜粋)
富野 「誤解のないようにいっておきますが、今回のキャラクターはキライになって欲しい……」

富野 「最後に大ドンデン返しを考えてます。やっていただいているうちに“光明”が見えるような作品になると思います」

富野 「シェリルっていうのは、すごくスタイルがいいんだよ。あのプロポーションは最高だね!」
井上 「あ!そんなこといって―また(セイラみたいに)脱がそうと思ってるんでしょ!!ったくすぐやるんだから」
富野 「あ、バレてたの!?」

15.さて、イデオンでは何を描くのか!?



総監督 富野喜幸

「人の心の中の、正義、フロンティア精神を描いていくのが、この作品の基本テーマです」
企画書には、こう記されている。“ガンダム”では、戦争という極限状況を通じてニュータイプを描いた富野総監督のこと、今回は何をたくらんでいるのだろうか!?


富野 0歳から18歳のごくふつうの少年たちが、どう生き、そしてどう成長するかが“イデオン”のドラマの基本となります。その少年たちがどんな状況でどう変わっていくかがポイントですね。つまり“環境”と“人”とのかかわりあいがどうなるか―これは、われわれがふつうにすごしている“因果律”ではすまないのではないか……そう考えて作っています。(と、ここで再び並木敏さんが解説してくれた。“つまりね、因果律っていうのは、わかりやすくいうと、富野さんがいい女とめぐりあえないのはなにか理由があるんじゃないかってことね。ひょっとしたら別の世界では女にモテモテかもしれないっていう中年のかなわぬ願望なのよ”“ええ、どうせそうですよ”とイジケ気味の富野さん)
 いまから最後の話をするのもなんだけど、ラストシーンは“宗教画”のように感動をもって終わりたい。こう書いてもらって、はたして見ぬく人がいるかな……!?

 



さすがにあのエンディングは見抜けないわwww

■関連記事
TV版ガンダム終了直後の富野
やりたいけど結局……その2
アニメージュ自分用整理 Part1
歯が痛い。
嗚呼歯が痛い。
歯が痛い。


歯痛になるなんて何年ぶりだろう。
およそ……6年ぶり?5年ぶり?

ん?待てよ?
ということは……

いや、なんでもない。
やっぱり22日には予定が入ってしまいました。
まぁ期待はしていませんでしたが、富野講演会は無理ということに。
「真剣!中年しゃべり場」も見られるかどうかビミョー

(´・ω・`)
2009.03.18
またもあんな屈辱的な光景を目にすることになろうとは。
野球に対する冒涜だ。
ま、そうやって浮かれている間にもUSD/KRWは(ry

でもま、今日の結果は想像できたけどね。
所詮ダルビッシュなんてドーム専用機。
国際試合ではへぐってばかりだし、上原・松坂のような安定感は無いし。
開催前の「今から戦犯決めようぜ」スレでもベスト3に入っていたしね。
でもさぁ、先制点取られちゃいけない試合で初回3失点はひどすぎる。
もうドーム以外では大事な場面で投げさせちゃだめよ。
数字上は抜群だから余計タチがわるい。

打つ方も打つ方だ。
毎回ランナーを出しながら1得点ってなにこの貧打線。
大事なところで打てないクリンナップときたらもう。
出塁率2割に満たない1番打者がいる時点で壊滅的だけどな。
それでいてなんら動けない無策無能なベンチ。
ま、タツノリだからしゃーないけどね。

今日は本当に気分が悪くなるゲーム。
あぁ、胸糞悪い。
なんか明日でWBCが終わっちゃいそうなきがしてならないよ。
明日もイチロー1番なら終戦濃厚。
クマーガンガレ。

あれ?3年前も「王は福留いつまでスタメンで使う気だゴルァ!」といっていたような。
結局は結果が全て、勝てば官軍なんだなぁ。

まったくまとまりもとりとめもないチラシの裏でスマンカッタ。
えぇ、酔っていますがなにか。

続きを読む

以前にも何度か書いたと思うが、
オイラの利用しているブラウザはFirefoxが中心で、
GoogleChromeをサブとして併用している。
使い勝手はFirefoxの方がいいものの、速さではChromeといった形だ。

ところが最近Chromeの利用割合が上がっている。
理由はFirefoxが重いから。
ページ閲覧も激重だし、起動そのものに時間がかかって、
いつまでたっても立ち上がらない。
Chrome導入後はFirefox3とそれほど感じなかった速度の差が、
今になってだんだんと開いてきた。

かといってChromeはシンプルすぎて使い勝手に欠ける部分が多く、
サブで使うのはともかくメインで使うには心もとない。
ということでFirefoxの高速化にチャレンジしてみた。

まずは使っていないアドオンを削除。
「便利そうかも」と思って入れたはいいが、使っていないものが意外とあったので、
思い切って全部削除。RSSリーダーのSageも削除。

それからFirefox3導入後に何らかの理由(忘れた)で削除していたのだが、
ConfigulationManiaを久しぶりにインストール。
表示関連についてポップアップを立ち上げずに同じウインドウの別タブとなるよう設定。
その他表示・接続その他もろもろ、いろいろといじってみる。

そして、このサイトを参考にプロファイルのインデックスを再生成。

結果は……

表示は抜群に速くなった。
けど……起動はそれほど変わらずに焦れることが多いような…。
でもまぁ、ページ表示に関するイライラはかなり改善されたからよしとするか。
あとは、また馬鹿みたいに食うようになったメモリをなんとかしたい。
一時期改善したんだけどなぁ。

■関連記事
併用は続く
一週間経過
グーグルクロム導入
前言撤回
驚愕の速さ

続きを読む

2009.03.16
予選だけで3度目の対戦。
勝ち上がりによっては4度もの対戦がありうるシステムって異常だろ。

もう同じ顔合わせの試合は飽きたよ。
折角の世界大会なんだから中南米の国との試合が見たいなぁ。
メヒコがもう少し頑張ってくれればよかったんだけど。

2次ラウンド開始前に「最悪の形での敗退」として出ていた、

1回戦 ○キューバ
2回戦 ●韓国
復活戦●キューバ

ってならないことを切に祈る。


つーかイチローさん、打率.211OPS.421とかマジパねぇっすwww
カッス、稲葉置物なみに足引っ張ってるwwww

そして小松と石原と内海と亀井が空気すぎるwwww

続きを読む

以前に書いたけど、所有アニメージュの富野資料を、
ちょこちょことテキスト起こししてみようかと。
なんというかデジタル化することによって自分用の検索に役立てようというか何と言うか。
というわけで今回は所有資料の中でも最古の80年4月号から。

アニメージュ80年4月号
EncoreAnimeSpecial4「機動戦士ガンダム」


8.監督を終えた富野喜幸氏、現在の心境は!?



200903151415000.jpgAM 「ガンダム」をやり終えた感想は?
富野 つかれた―ただ、それだけです。心残りな点も山ほどある。43話にしても、もっといい終わり方があるはずなんです。残念ながら、ぼくにはあれしかできなかった。もちろん、うれしい点だってある。このトシになって、あれだけのキャラクターに出会えたことです。あのマチルダにも会えたもんねぇ(笑)
AM 43話については?
富野 最終回でぼくがやったことといえば、チビたちのことを思いついただけです。あとはやはり、関田くん、山崎くんがいなければあれだけにならなかった。[]ぼくの我をある程度ふまえてくれたうえで、さらに彼らのもっているものをつけ足してくれた。そんなスタッフといっしょに仕事ができたことはたいへんよかった。ま、ガンダムに対しては、かなりわがままに我を通したんです。でも、それは基本的なストーリーのシンだけであって、ほかのディティールはすべてスタッフの方たちのおかげなんです。そういう意味でも―うれしいですね。
AM ニュータイプを描く作品は、今後生まれてくるでしょうか?
富野 そう―ですね。これから先の話は、作っていた僕にもわからない。ぼくたちは「きっかけ」をつくっただけで、これから先は……あなた方若い人たちに作ってほしい。もし、そうなるのであれば幸いです。




[注]43話のラストシーンに関して演出の関田氏は同誌でこう語っている

AM まず、ラスト・シーンのことを。
関田 じつはね、当初はまったくちがうイメージになるはずだったんですよ。
AM というと?
関田 絵コンテの段階ではア・バオア・クーが大爆発しているところをみんながボケーッと見とれていてオワリ……のはずだったんですよ。それを作画の山崎くんとぼくとで大反対してね。こんなことで「ガンダム」が終わるわけないって富野さんにつめよりまして(笑)。

 



以前の記事にも書いたが、やっぱり自分の生み出したキャラクターに対して、
「会えた」というように実在する人物のように語っているのが特徴的。

B000P6YM8U機動戦士ガンダム 第11巻 [DVD]
古谷 徹.鈴置洋孝.井上 瑤.鵜飼るみ子.白石冬美.古川登志夫.池田秀一, 富野由悠季
バンダイビジュアル 2007-10-26

by G-Tools


■関連記事
やりたいけど結局……その2
アニメージュ自分用整理 Part1
今現在欠けている回

96年5月号  1回
96年7月号  2回
97年1月号  5回
97年11月号 14回
98年5月号  20回

今日はネタがないし、なんかだるいのでこんなネタで。
「リーンの翼 オフィシャルガイド」に載っている、
「『リーンの翼』を読み解くための18冊」を転載してみた。 。

4894255227リーンの翼 オフィシャルガイド Road to Byston Well
ホビージャパン 2007-03-30

by G-Tools


太平洋戦争からファンタジー論まで7つのテーマに関する18冊が紹介されているもの。
中には「教えてください、富野です」で対談した方の著作もあり、
富野の思考プロセスというか、影響を受けたものを疑似体験できるかも。

『リーンの翼』を読み解くための18冊


太平洋戦争


4061495992戦争の日本近現代史―東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで (講談社現代新書)
加藤 陽子
講談社 2002-03

by G-Tools
(「教えてください、富野です」第10回で著者と対談)

4041954126太平洋戦争 日本の敗因〈1〉日米開戦 勝算なし (角川文庫)
NHK取材班
角川書店 1995-05

by G-Tools

4167274027大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
堀 栄三
文藝春秋 1996-05

by G-Tools

特攻


4061497979「特攻」と日本人 (講談社現代新書)
保阪 正康
講談社 2005-07-20

by G-Tools

4166605151特攻とは何か (文春新書)
森 史朗
文藝春秋 2006-07

by G-Tools

4122033799桜花―極限の特攻機 (中公文庫)
内藤 初穂
中央公論新社 1999-03

by G-Tools

戦後


4582454348昭和史 〈戦後篇〉 1945-1989
半藤 一利
平凡社 2006-04-11

by G-Tools

4001301555オキナワ 沖縄戦と米軍基地から平和を考える―岩波DVDブックPeace Archives
石原 昌家 大城 将保 新城 俊昭
岩波書店 2006-09

by G-Tools

国家・グローバリゼーション


4894345528「帝国以後」と日本の選択
Emmanuel Todd
藤原書店 2006-12

by G-Tools
(「教えてください、富野です」第13回で訳者と対談。他言及多数)

4753102424『国家とはなにか』
萱野 稔人
以文社 2005-06-17

by G-Tools

4582841910グローバリゼーションの時代―国家主権のゆくえ (平凡社選書)
伊豫谷 登士翁
平凡社 1999-05

by G-Tools

軍事


4480088598戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
Dave Grossman 安原 和見
筑摩書房 2004-05

by G-Tools

4828411895米軍再編
江畑 謙介
ビジネス社 2005-05

by G-Tools

教育・人権


4408322431子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか―日本の「男性社会」が子供をダメにした!?
三沢 直子
実業之日本社 2004-09

by G-Tools
(「教えてください、富野です」第23回で著者と対談)

4087201430アメラジアンの子供たち―知られざるマイノリティ問題 (集英社新書)
坂井 純子
集英社 2002-05

by G-Tools

ファンタジー・寓話


金枝篇
初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)初版金枝篇(下)   ちくま学芸文庫 フ 18-2

4480024816ファンタジーの文法―物語創作法入門 (ちくま文庫)
窪田 富男
筑摩書房 1990-09

by G-Tools


終戦のローレライ
終戦のローレライ〈1〉 (講談社文庫)終戦のローレライ〈2〉 (講談社文庫)終戦のローレライ〈3〉 (講談社文庫)終戦のローレライ〈4〉 (講談社文庫)
(言わずもがなのズブズブの関係)

それにしてもこの「オフィシャルガイド」誤字脱字図表違いのミスが多いこと多いこと。
ちゃんと校正していないのが丸分かりだよ。
今年に入ってから早くも13,000円以上も書籍代に費やしているというのに、
今日も買ってしまった。

B001TWSVO0野球小僧 2009年 04月号 [雑誌]
白夜書房 2009-03-10

by G-Tools


4480064354寺社勢力の中世―無縁・有縁・移民 (ちくま新書)
伊藤 正敏
筑摩書房 2008-08

by G-Tools


バカなの?死ぬの?

続きを読む

つみきのいえ

B001CSMGR4つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]
長澤まさみ
東宝 2008-10-24

by G-Tools

繊細かつ独創的な世界観で注目を集めるアニメ作家・加藤久仁生のハートウォーミングアニメ。上へ上へと建て増しを続けてきた“積み木”のような家に住むおじいさんの家族との思い出の物語。長澤まさみがナレーションを担当。
説明する必要もないオスカー受賞作品。
オスカーにノミネートされた短編アニメをみるのは、
山村浩二氏の「頭山」以来2作品目になるかも。

あらすじとかはもうここで書くことはないくらい知れ渡っていると思うから書かないが、
あの海面上昇の世界は「寄る年波」じゃないけれど「老い」のメタファーで、
積み木の家はその年月の上に積み重ねられた「思い出」なんだなと受け取った。
記憶の階層を回想する12分の旅というのか、時の重みというか、
人は皆、思い出という名の積み木を積み重ね上げ、
生きているんだなぁと強く感じられる作品だった。

こんなダメ人間のオイラでも30ウン年という重ねあげた積み木があり、
重ねたくても積み上げられなかった積み木もある。
手描きのタッチがまた、そういった個々人の記憶とリンクしやすくさせていて、
思わず涙ぐんでしまった。

オトナ帝国」でのヒロシの回想シーンとか、
紅の豚」でのポルコとジーナの回想シーンとか、
そんな雰囲気の作品。

ただ、一点難をつけるとすれば、
老人が思い出の旅にでかけるきっかけがパイプを海に落としてしまうこと。
非喫煙者からすると、なんでそんなものに執着する?と思ってしまった。

あ、もうひとつ。
ナレーションなど蛇足。
あんなもの全く不要。

「頭山」山村浩二作品集 [DVD]映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]紅の豚 [DVD]
以前にも書いたことがあるが、オイラはGoogleノートブックを利用している。
簡単なメモ書きを残すこともあれば、webの情報を保存することもある。
SBM的な使い方というよりは、スクラップブックのような使い方をしている。

そんなGoogleノートブックだが、今年の1月にサービスの打ち切りが発表された。
ただ、既存のユーザーはそのまま利用できるようなので、
とりあえずそのまま使い続けていたのだが、
先日webの情報をクリッピングしようとして気が付いた。

あれ?ブックマークレットがない……

Gooaleツールバーを導入したFirefoxを使っている場合、
拡張機能を導入すればワンアクションでノートブックに情報を貼り付けることができる。
それが、サービス停止後に行われたツールバーのアップデートから、
ツールバーにノートブックの表示がなくなってしまった。
再インストールしても無効化されてしまうようだ。
手動で有効化をしてみたが反映はされない様子。
使い勝手のよさを買っていたのにそれがなくなっちゃうなんて……。
これは代替策を考えなくてはなぁと思い、幾つか調べてみた。

まず初めに浮かんだのがEverNote
ITメディアなどで紹介されていたのだが、メモツールとでもいえばいいのだろうか?
テキストだけでなく画像などあらゆるものをメモできる上、
web上にもローカルにも保存できるのだとか。
ただ、調べてみると便利な機能(画像の中から文字を判別する)などは英語だけで、
日本語は表示自体も安定性が悪いという評判が。
面白そうだな、とは思うものの使い勝手の悪さはちょっと腰が引ける。

他にはローカルで保存するソフトなどはいくつかあり、
試しにダウンロードしてみたのだが、フリーのものは使い勝手が悪い。
よさげなものはシェアソフトだったりする。
う~ん



と、ここまで書いたところで、ツールバーにあらわれないものの、
右クリックから「メモを追加」のアクションが復活していることに気が付いた。
手動の再有効化が効いたみたいだ。
ためしにドラッグして保存してみたら拡張機能のミニノートが立ち上がった。
なんだ、まだOKなんだ。
と、いうことでEvernoteへの興味は残しながらも、
しばらくはGoogleノートブックを使い続けてみることにしよう。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP