HOME   »  2008年07月
RSSフィード MyYahooに追加
2008.07.31
ターンエーのアートワークスを注文したのになかなか確認のメールがこない。

484435938X∀ガンダム・アートワークス
MdN 2007-09-14

by G-Tools


どうしたことだろうと調べてみたら……
カートに入れてから注文確定するの忘れてたwwwww

そうだ。同梱する商品他に無いかな~と思って途中で戻ったけど、
結局見つからなかったんだっけ。
なんという不覚。

というわけで改めて注文確定。
さていつ届くかな~
以前に「時をかける少女」の細田守監督がウテナの演出を担当していたと聞かされたことがある。

B000MEXAOM時をかける少女 通常版
筒井康隆
角川エンタテインメント 2007-04-20

by G-Tools


で、去年ウテナを見返したときにスタッフロールを見てみたのだが、
それらしき名は全く見当たらない。
もしかすると諸般の事情でクレジットなしで参加していたのかな?などと思っていたのだが、
ひょんなことからその謎がとけた。

「細田守」名義じゃなくて、「橋本カツヨ」名義で参加してたのね。
そりゃ見つからないはずだ。
でもなんで名前を変えて?
しかも本人の中では別人という設定らしいし。
湖川の「花畑まう」みたいなもの?

で、どの回を担当しているのかと思った調べてみたら、
7話に14話に20話に23話、それに29話、33話、39話の計7話の絵コンテか。
どれもこれも印象的な回じゃないか!
39話は最終話だし、瑠果が登場する29話は脚本も担当。
中でも20話の若葉の決闘シーンはいつもとパターンを変えたもので内容ともども印象的。



23話の決闘シーンは下からのあおりのアングルが特徴的だった。



そうかーこれが細田演出かー。
こんなの知ってしまうとDVD-BOXが欲しくなってしまうから困る。

B0019YLB4K少女革命ウテナDVD-BOX 前編【初回限定生産】
川上とも子, 渕崎ゆり子, 子安武人, 草尾毅, 幾原邦彦
キングレコード 2008-09-26

by G-Tools


■関連記事
世界の果ての鮨
絶対運命黙示録
10年後のウテナ
かしらかしらご存知かしら?
2008.07.30
ふと気がついたのですが、この記事が2000個目の記事になるそうですよ。
下書き保存して没にしたり、公開後に消したり、ダブって削除したりで、
記事番号自体は2022だけど、現存する記事としては2000個目。

約3年半。1日も休まずに更新してきた結果がこの数字なんでしょうね。
内容的には薄いけど(´・ω・`)

さて。イチローじゃないけど次は3000、そして4000を目指してみますか。
きっと内容的には薄いけど(´・ω・`)
2008.07.29
ギムG宅で拝見させていただいて以来悩んでいたのだが……
決めた!
やっぱこれ買う!

∀ガンダム・アートワークス∀ガンダム・アートワークス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この値段は決断を迷わせるのに十分すぎるものだったけど、
物欲には敵わないというか低価格で買える目処がついたというか……

あのときはパラパラ程度に流し読みしか出来なかったけど、
今から楽しみだ。
自分でもいやらしいと思うのだが、
先日紹介した富野小説の購入案内。
amazonで購入可能な富野小説をリストアップしてみた。

新刊

◇スニーカー文庫版機動戦士ガンダム全3巻
機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫)機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫)機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫)

◇スニーカー文庫版Zガンダム全5巻
機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第1部〉カミーユ・ビダン (角川文庫)機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第2部〉アムロ・レイ (角川文庫)機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第3部〉強化人間 (角川文庫)機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第4部〉ザビ家再臨 (角川文庫)機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第5部〉戻るべき処 (角川文庫)

◇ベルトーチカチルドレン
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア―ベルトーチカ・チルドレン (角川文庫)

◇徳間デュアル文庫版ハイストリーマー全3巻
機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー〈1〉アムロ篇 (徳間デュアル文庫)
機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー〈1〉アムロ篇 (徳間デュアル文庫)機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー〈2〉クェス篇 (徳間デュアル文庫)
機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー〈2〉クェス篇 (徳間デュアル文庫)
機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー〈3〉シャア篇 (徳間デュアル文庫)
機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー〈3〉シャア篇 (徳間デュアル文庫)

◇閃光のハサウェイ全3巻
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉 (角川文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈中〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈下〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

◇F91全2巻
機動戦士ガンダムF91―クロスボーン・バンガード〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士ガンダムF91―クロスボーン・バンガード〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダムF91―クロスボーン・バンガード〈下〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士ガンダムF91―クロスボーン・バンガード〈下〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

◇Vガンダム全5巻
機動戦士Vガンダム〈1〉ウッソ・エヴィン (角川文庫)
機動戦士Vガンダム〈1〉ウッソ・エヴィン (角川文庫)機動戦士Vガンダム〈2〉マルチプル・モビルスーツ (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士Vガンダム〈2〉マルチプル・モビルスーツ (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士Vガンダム〈3〉マリア・リーディング (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士Vガンダム〈3〉マリア・リーディング (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士Vガンダム〈4〉コンビネーション (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士Vガンダム〈4〉コンビネーション (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士Vガンダム〈5〉エンジェル・ハィロゥ (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士Vガンダム〈5〉エンジェル・ハィロゥ (角川文庫―スニーカー文庫)

◇密会
密会―アムロとララァ (角川スニーカー文庫)

◇ブレンパワード3巻
ブレンパワード〈3〉記憶への旅立ち (ハルキ文庫)

◇スニーカー文庫版オーラバトラー戦記全11巻
オーラバトラー戦記〈1〉アの国の恋 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈1〉アの国の恋 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈2〉戦士・美井奈 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈2〉戦士・美井奈 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈3〉ガロウ・ラン・サイン (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈3〉ガロウ・ラン・サイン (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈4〉ギィ撃攘 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈4〉ギィ撃攘 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈5〉離反 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈5〉離反 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈6〉軟着陸 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈6〉軟着陸 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈7〉東京上空 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈7〉東京上空 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈8〉マシン増殖 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈8〉マシン増殖 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈9〉オーラ壊乱 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈9〉オーラ壊乱 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈10〉重層の刻 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈10〉重層の刻 (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈11〉ハイパー・ホリゾン (角川スニーカー文庫)
オーラバトラー戦記〈11〉ハイパー・ホリゾン (角川スニーカー文庫)


マーケットプレイス(古本)

◇ソノラマ文庫版機動戦士ガンダム全3巻
機動戦士ガンダム 1―SF (1) (ソノラマ文庫 82-A)
機動戦士ガンダム 1―SF (1) (ソノラマ文庫 82-A)機動戦士ガンダム 2―SF (2) (ソノラマ文庫 82-B)
機動戦士ガンダム 2―SF (2) (ソノラマ文庫 82-B)機動戦士ガンダム〈3〉 (1981年) (ソノラマ文庫)
機動戦士ガンダム〈3〉 (1981年) (ソノラマ文庫)

◇ソノラマ文庫版イデオン全3巻
伝説巨神イデオン (1) (ソノラマ文庫 (193))
伝説巨神イデオン (1) (ソノラマ文庫 (193))伝説巨神イデオン (2) (ソノラマ文庫 (200))
伝説巨神イデオン (2) (ソノラマ文庫 (200))
伝説巨神イデオン (3) (ソノラマ文庫 (210))
伝説巨神イデオン (3) (ソノラマ文庫 (210))

◇スニーカー文庫版イデオン全3巻
伝説巨神イデオン〈1 覚醒編〉 (角川文庫)
伝説巨神イデオン〈1 覚醒編〉 (角川文庫)伝説巨神イデオン〈2 胎動編〉 (角川文庫)
伝説巨神イデオン〈2 胎動編〉 (角川文庫)伝説巨神イデオン〈3 発動編〉 (角川文庫)
伝説巨神イデオン〈3 発動編〉 (角川文庫)

◇角川ノベルズ版リーンの翼全6巻
リーンの翼 1―バイストン・ウェル物語より (カドカワノベルズ 62-1)
リーンの翼 1―バイストン・ウェル物語より (カドカワノベルズ 62-1)リーンの翼 2―バイストン・ウェル物語より (2) (カドカワノベルズ 62-2)
リーンの翼 2―バイストン・ウェル物語より (2) (カドカワノベルズ 62-2)リーンの翼―バイストン・ウェル物語より (3) (カドカワノベルズ)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より (3) (カドカワノベルズ)リーンの翼―バイストン・ウェル物語より (4) (カドカワノベルズ)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より (4) (カドカワノベルズ)リーンの翼―バイストン・ウェル物語より (5) (カドカワノベルズ)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より (5) (カドカワノベルズ)リーンの翼〈6〉―バイストン・ウェル物語より (カドカワノベルズ)
リーンの翼〈6〉―バイストン・ウェル物語より (カドカワノベルズ)

◇角川文庫版リーンの翼全6巻
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈1〉 (角川文庫)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈1〉 (角川文庫)リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈2〉 (角川文庫)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈2〉 (角川文庫)リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈3〉 (角川文庫)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈3〉 (角川文庫)リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈4〉 (角川文庫)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈4〉 (角川文庫)リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈5〉 (角川文庫)
リーンの翼―バイストン・ウェル物語より〈5〉 (角川文庫)リーンの翼―バイストン・ウェル語物より〈6〉 (角川文庫)
リーンの翼―バイストン・ウェル語物より〈6〉 (角川文庫)

◇講談社版Zガンダム全5巻
機動戦士Zガンダム (第1部)
機動戦士Zガンダム (第1部)
機動戦士Zガンダム (第2部)
機動戦士Zガンダム (第2部)
機動戦士Zガンダム (第3部)
機動戦士Zガンダム (第3部)
機動戦士Zガンダム (第4部)
機動戦士Zガンダム (第4部)
戻るべき処 (機動戦士Zガンダム)
戻るべき処 (機動戦士Zガンダム)

◇角川ノベルス版オーラバトラー戦記全11巻
オーラバトラー戦記〈1〉アの国の恋 (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈1〉アの国の恋 (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈2〉戦士・美井奈 (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈2〉戦士・美井奈 (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈3〉ガロウ・ラン・サイン (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈3〉ガロウ・ラン・サイン (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈4〉ギィ撃攘 (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈4〉ギィ撃攘 (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈5〉離反 (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈5〉離反 (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈6〉軟着陸 (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈6〉軟着陸 (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈7〉東京上空 (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈7〉東京上空 (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈8〉マシン増殖 (カドカワノベルズ)
オーラバトラー戦記〈8〉マシン増殖 (カドカワノベルズ)オーラバトラー戦記〈9〉オーラ壊乱 (カドカワノベルズ―カドカワファンタジー)
オーラバトラー戦記〈9〉オーラ壊乱 (カドカワノベルズ―カドカワファンタジー)オーラバトラー戦記〈10 重層の刻(とき)〉 (カドカワノベルズ―カドカワファンタジー)
オーラバトラー戦記〈10 重層の刻(とき)〉 (カドカワノベルズ―カドカワファンタジー)オーラバトラー戦記〈11 完結編〉ハイパー・ホリゾン (カドカワノベルズ―カドカワファンタジー)
オーラバトラー戦記〈11 完結編〉ハイパー・ホリゾン (カドカワノベルズ―カドカワファンタジー)

◇シーマ・シーマ全3巻
シーマ・シーマ〈前篇〉疾風の果てに (アニメージュ文庫)
シーマ・シーマ〈前篇〉疾風の果てに (アニメージュ文庫)シーマ・シーマ〈中篇〉修羅に昇る (アニメージュ文庫)
シーマ・シーマ〈中篇〉修羅に昇る (アニメージュ文庫)シーマ・シーマ〈後篇〉血族を払う (アニメージュ文庫)
シーマ・シーマ〈後篇〉血族を払う (アニメージュ文庫)

◇ファウ・ファウ物語全2巻
ファウ・ファウ物語 上 (1) (角川文庫 1-10)
ファウ・ファウ物語 上 (1) (角川文庫 1-10)ファウ・ファウ物語 下  角川文庫 1-11
ファウ・ファウ物語 下    角川文庫 1-11

◇ガイア・ギア全5巻
ガイア・ギア〈1〉 (角川文庫)
ガイア・ギア〈1〉 (角川文庫)ガイア・ギア〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
ガイア・ギア〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)ガイア・ギア〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
ガイア・ギア〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)ガイア・ギア〈4〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
ガイア・ギア〈4〉 (角川文庫―スニーカー文庫)ガイア・ギア〈5〉
ガイア・ギア〈5〉

◇獅子王ノベルズ版破嵐万丈シリーズ
破嵐万丈 薔薇戦争 (SHI SHI OH NOVELS)
破嵐万丈 薔薇戦争 (SHI SHI OH NOVELS)

◇破嵐万丈シリーズ全4巻
破嵐万丈 薔薇戦争 (ソノラマ文庫)
破嵐万丈 薔薇戦争 (ソノラマ文庫)破嵐万丈 憂鬱ミュージアム (ソノラマ文庫)
破嵐万丈 憂鬱ミュージアム (ソノラマ文庫)破嵐万丈ヒット・カップル (ソノラマ文庫)
破嵐万丈ヒット・カップル (ソノラマ文庫)破嵐万丈 愛はシベリアから (ソノラマ文庫 (583))
破嵐万丈 愛はシベリアから (ソノラマ文庫 (583))

◇アニメージュ文庫版ハイストリーマー全3巻
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア〈前篇〉 (アニメージュ文庫)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア〈前篇〉 (アニメージュ文庫)機動戦士ガンダム 逆襲のシャア〈中篇〉 (アニメージュ文庫)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア〈中篇〉 (アニメージュ文庫)機動戦士ガンダム 逆襲のシャア〈後篇〉 (アニメージュ文庫)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア〈後篇〉 (アニメージュ文庫)

◇アベニールをさがして全3巻
アベニールをさがして〈1〉 (ソノラマ文庫)
アベニールをさがして〈1〉 (ソノラマ文庫)アベニールをさがして〈2〉 (ソノラマ文庫)
アベニールをさがして〈2〉 (ソノラマ文庫)アベニールをさがして〈3〉 (ソノラマ文庫)
アベニールをさがして〈3〉 (ソノラマ文庫)

◇ガーゼィの翼全5巻
ガーゼィの翼―バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)
ガーゼィの翼―バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)ガーゼィの翼〈2〉―バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)
ガーゼィの翼〈2〉―バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)ガーゼィの翼〈3〉―バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)
ガーゼィの翼〈3〉―バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)ガーゼィの翼―バイストン・ウェル物語〈4〉 (ログアウト冒険文庫)
ガーゼィの翼―バイストン・ウェル物語〈4〉 (ログアウト冒険文庫)ガーゼィの翼〈5〉バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)
ガーゼィの翼〈5〉バイストン・ウェル物語 (ログアウト冒険文庫)

◇王の心全3巻
王の心―死者の書 (カドカワノベルズ)
王の心―死者の書 (カドカワノベルズ)王の心―天女生誕の書
王の心―天女生誕の書王の心―再臨飛翔の書
王の心―再臨飛翔の書

◇mini文庫版密会全2巻
密会―アムロとララァ (上)
密会―アムロとララァ (上)密会―アムロとララァ (下)
密会―アムロとララァ (下)

まさかスニーカー版のイデオンが新刊購入できなくなっているとは……

■関連記事
富野小説コンプ達成!
2008.07.27
20080727151701
いらしいませ

ゃとっが小さすぎて変だよママン
先日からリーチだのコンプだの思わせぶりなことを書いてきましたが、
結局はなんだったのかというと……

富野小説コンプ達成!

もちろんノベルズと文庫などバージョン違いは残っているけれども、
一応全著作のコレクションを達成いたしました。
あしかけ……16年?になるのかな?
長かった……

というわけでコンプした富野小説は以下の通り。

まずはガンダムとイデオン。
tominonovel_complete01.jpg
tominonovel_complete02.jpg
tominonovel_complete03.jpg
スニーカー版ガンダムは92年の終わりから93年の始め頃に新刊で購入。
ソノラマ版は2001年ごろに1巻を古本屋で、2・3巻を2003年ごろにネットオークションで購入。
ソノラマ版イデオンは3巻セットで2003年にネットオークションで購入。
スニーカー版の2巻はたしかいただきもの。

それからリーンの翼。
tominonovel_complete04.jpg
tominonovel_complete05.jpg
2002年に全巻ブックオフで購入。

次にゼータ。
tominonovel_complete06.jpg
tominonovel_complete07.jpg
tominonovel_complete08.jpg
スニーカー版は93年の夏に新刊で購入。
講談社版は2001年から2003年にかけて古本屋で購入。

次はシーマ・シーマとファウファウ
tominonovel_complete09.jpg
tominonovel_complete10.jpg
シーマ・シーマは2003年に全巻セットでネットオークションにて落札。
本当は上中巻だけブコフで見つけたんだけど、下巻が見つからずにセットを買ったというわけ。
ファウファウは2003年に古本屋で購入。

次は逆襲のシャア
tominonovel_complete11.jpg
tominonovel_complete12.jpg
ベルチルは93年の夏に新刊で購入。
ハイ・ストリーマーも93年の秋頃に新刊で購入。
徳間デュアル文庫版は2002年に新刊で購入。

次はF91と閃ハサ
tominonovel_complete13.jpg
tominonovel_complete14.jpg
F91は93年の2月か3月に新刊で購入。
閃ハサは93年の8~10月頃にかけて新刊で購入。

次はオイラの原点であるガイア・ギア
これがなければ富野信者になることも……
tominonovel_complete15.jpg
tominonovel_complete16.jpg
92年の夏から秋にかけて新刊で購入。

次は破嵐万丈シリーズ
tominonovel_complete17.jpg
tominonovel_complete18.jpg
憂鬱ミュージアムをたしか2004年か2005年に古本屋で購入。
ヒットカップルを2007年にブコフで購入。
残る2冊を先月amazonのマケプレで購入。

次はVガンダム
tominonovel_complete19.jpg
tominonovel_complete20.jpg
これは発売順に買って行った唯一のリアルタイム購入富野小説。

次はビョーキ3部作+密会
tominonovel_complete21.jpg
tominonovel_complete22.jpg
tominonovel_complete23.jpg
tominonovel_complete24.jpg
密会はmini文庫版もスニーカー文庫版もリアルタイム購入。
mini文庫版の上巻は残念ながら紛失。
アベニールは1巻だけ2000年の末にブコフで購入。
2巻3巻は2001年に古本屋で購入。
ガーゼィは1巻を2001年の11月に古本屋で購入。
その後2002年までに全巻古本屋で購入して読破。
王の心は「王女生誕の書」を2002年の夏に古本屋で購入。
「死者の書」は2002年の末か2003年の春ごろまでに古本屋で購入。
「再臨飛翔の書」は2003年の夏に頂いたもの。

そして……オーラバトラー戦記
tominonovel_complete25.jpg
tominonovel_complete26.jpg
2004年末あたりから古本屋で買い始め、
1~8巻までかったところで、今度は11巻から逆戻り。
本日9巻が到着し、これにて富野小説コンプ達成といったところ。
10巻だけ新刊であとは全て古本で購入。

いや~感慨もひとしおだ。
これで思い残すこと……だらけだわ!

なんという業の深い男……


■関連記事
コンプ達成!
リーチ!
備忘録

続きを読む

いまだ「Labyrinth」を読み終わっていないのに、
またも他の洋書に目移りをしてしまいました。
でも久しぶりに洋書の物欲スイッチが入った感じ。
ここのところさっぱり食指が動かなかったから。

たまたま入った本屋の洋書コーナーで見つけたのがこれ。

0060765372Black Order (Sigma Force Novels)
James Rollins
Harpercollins (Mm) 2007-06

by G-Tools


なんかパラパラっと見てみたらナチスが絡む歴史ミステリーものってだけでもうノックアウト。
欲しい……。
なんかこの著者のほかの本も並べられていて、
これとか
0060765240Map of Bones
James Rollins
Avon Books (Mm) 2006-05

by G-Tools

これとか
0060765380The Judas Strain (Sigma Force Novels)
James Rollins
Harpercollins (Mm) 2008-06

by G-Tools

トンデモ歴史ミステリーっぽいものばかり。

(;´∀`)…うわぁ…
どれもこれも読みてぇ……

なんでこんなに特集されているのかと思ったら、
インディージョーンズ最新作のノベライズを書いた人だからみたい。
009192667XIndiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull
James Rollins
Ebury Press 2008-05-22

by G-Tools


な~る。
よし。まずはLabyrinthをとっとと読み終わろう。
それからネタとして企画しているあれやこれやを。
その後にじっくりと……
いやそれと平行しながらでもいいか。
とにかくオモシロそうな本に出会えたのはヨカタ。
なんかgooラボのブログ通信簿というものが人気らしいので、
早速ためしてみました。

結果……

tushinbo_img_rb.png


なんという特徴の無さ……
それにブログ年齢が……

昨晩とうとうラストをamazonのマケプレで買っちゃった。
これでバリエーション違いなどを除けばついにコンプ達成!

何をコンプしたのかは実際に現物が届いてから。

■関連記事
リーチ!
2008.07.22
久しぶりに富野の夢をみました。
それも今までに無いほど奇妙な夢を。

どんな夢かというと、富野のご尊父喜平氏と知り合うというもの。
オイラの持っているデジカメに興味をもたれた様子。
なぜか富野邸へお邪魔することに。
そのうちなぜかガワラがやってきたので、
喜平氏にツーショット写真を撮ってもらうことに。
でも設定いじられて真っ暗な写真になってしまって(´・ω・`)

そのうちに富野帰宅。
って若い!
いつの富野だよwwww
まだ髪が2323なころ。
つーかトリトンの頃くらい?もっと前?

で、富野ともツーショット写真を撮ってもらおうとしたところで目が覚めました。
なんだったんだ、この夢は。
いままでにない変な夢。
以前には引越しの手伝いをしてクマゾーくんと遊んだり、
一緒にコスプレしたりとか変な夢見たけど、まさか本人以外の家族まで出てくるとは……

■関連記事
夢十夜
デムパを探して
夢を見た
幸せな夢
出演シーンはこれだけ?

tomino_cameo_syorinsyoujo

■関連記事
映画出演3作目
2008.07.20
20080720110854
がんばれ我が母校!

せめて9回までは試合してくれ
今日は高校野球を見に行ってました。
第一試合の途中からだったにも関わらず、
どの試合も3時間コースで気がつけば夜。

500円の入場料で足掛け9時間ほど観戦しておりました。
1時間あたり約56円ってとこ。
それだけで楽しめるってことはお得なレジャーなんじゃない?

まぁそう思っている人が多いのか、人多杉。
第一試合なんて座席無くて立ち見ダターヨ。

つーか母校の試合がある明日が本番なんだけどね。
明日もおんなじところにイッテキマース。
オイラ自身は全く興味ないのですが、
パヤオの最新作「崖の上のポニョ」が明日から公開されるらしい。

思えばこの映画、制作準備段階にカメラが密着し、
その様子をNHKの「プロフェッショナル」で放映したのを覚えている。
それについての記事も以前に書いた。
その「プロフェッショナル」を改めて見直して、
ポニョについてどのように考えているかパヤオの発言などをピックアップしてみた。

(作画監督・美術監督へのコンセプト説明)

簡単に説明するとポニョという人面魚がですね、海岸にのし上がったときに宗介と出会って、宗介に助けられる。宗介気に入ったんですね、ポニョが。そこ大事な点なんですよ。

ポニョかわいいねっていう映画を作りたいんですよ。宗介はえらいねっていう。

ストーリーのこまかいところはできてないけど、でも全体には楽しい愉快な感じにしていきたいです。


(導入部の構成について)

何かね通常の形で物語を作りたくなくなっているんだよね。ストーリーを。


分かる映画って何かっていったらつまんない映画なんですよ。論理でやっていくとさ、自分の考えで狭くなるから、それを意識的に壊してみようかなとかそういうことだよ。子どもたちは分かるんですよ。論理で生きてないから。


初め、クラゲの大群から始まると面白いですねSF映画のように。これはこういう変なものが出てくる映画ですよっていうのがね、見始めた途端にわかるようにする。


これをやっぱり攻めなきゃいけないですね。分かりました。攻めます。ほら鈴木さん(プロデューサー)がちゃんと引っかかったでしょ。おもしろそうじゃんって。錯覚でもなんでもいいからね。とりあえず見たやつがおもしろそうと思えばいいんですよ。面白くなさそうじゃんって思ったらそれで終わりなんだよ。


(インタビューで演出論を語る)

例えば、ここにわるいやつがいる。ここにかわいいお姫様がいる。ここに主人公がいる。その悪いやつがさらっていった。戦って連れ戻した。めでたしめでたしっていうのをいろんなバリエーションでつくっていくんです。そうすると、そんなに話の種類ってないんですよ。そこに、突然海面上昇っていう問題をつっこんだらどうなっちゃうのか。決まりどおり話をつくっていくのは、とっくの昔にやんなっているから、すぐ変なものがはいってくるんですよ。だから広げた風呂敷がつつめなくなるんですよ。かといってはじめからこの程度にしておいてね包みやすくしとくって言うのはいかにも悲しいんですよ。作意を見せて作ることですから。この程度の悪役なら納まるなとかね


(スタッフへの覚書コメント)
精度を上げた爛熟から素朴さへ舵を切りたい

(覚書のカット)
■■企画意図で海を背景でなくと書い■
それは可能なかぎり波や水を動かすという事
■り、一枚の絵は簡略化しても実現したい。
■すら盛り上がり、ひずみ、ゆれる世界に
海が生きて印象に残る作品にしなけれ
ばならない。
美術の方向は上記の課題を実現す■


(クライマックスのイメージボードを描きながら)

これ、絵を単純化しなきゃいけないから。ここに影塗って、ハイライトつけてとか、全部塗り分けてとかやっていけばいいけど、それやりたくないんだよね。それ嫌いじゃないんだけどこの映画は違うんだって。



面白いのは富野と似通う点がありながら、
やっぱりパヤオは絵描きなんだなというところ。
演出よりもさきに画の質感というか、
そういったところから入っているように、発言から連想される。

■関連記事
映画をつくるということ
パヤオ
今日も今日とて暑い一日。
ぐったりと夏バテの日々が続く。

こう暑くてはやってられんので、
なんかいい夏バテ対策はないか?と思い久しぶりにGXを見てみた。

今回チョイスしたのはカトックのオサーンが活躍する24話「ダブルエックス起動!」と、
B000793A8I機動新世紀ガンダムX 06
西村誠芳 大河原邦男 矢立肇
バンダイビジュアル 2005-02-24

by G-Tools

アベルのオサーンが活躍する29話「私を見て」
B000793A92機動新世紀ガンダムX 08
西村誠芳 大河原邦男 矢立肇
バンダイビジュアル 2005-02-24

by G-Tools


いや、久しぶりに見たけどやっぱり面白い。
どこかのアニメと違って、ちゃんと大人が存在しているんだわ。
それから変態兄弟にもセリフの一つ一つに(・∀・)ニヤニヤしてしまう。

今回始めて気がついたのは、上手下手の原則が意外に守られていたこと。
状況によってイマジナリーラインを踏み越えて、
くるっと立ち位置が変わったりとか、
富野っぽい演出がされていた。

カトックの名セリフ「過ちは繰り返すな」は有名だけど、
その前の

「戦争も…ガンダムも、お前達からすりゃぁ、生まれる前の代物だ。振り回されるこたぁない、好きにしろ…。ただし! これだけは忘れるな…っ!」


ってのは、この作品らしいメタなセリフだなぁと本当に思う。



まぁ、過ちを2度も3度も繰り返してしまったわけですが。

え?夏バテ全然効きませんでしたが何か?

■関連記事
GX
集めないと…
ガンダム、売るよ!

続きを読む

2008.07.16
まーなんつーか……

暑い日が続きますな……

お脳も完全に溶けております……

な~んもやるきせん……



今なら物欲もかなり弱っている模様。
このままなんとかなるんじゃね?
今年の正月から読み始めた「Labyrinth」ですが、
半年を過ぎた今になっても読み終わったのは465ページ。
残りまだまだ229ページも残っています。
0425213978Labyrinth
Kate Mosse
Berkley Pub Group 2007-02-06

by G-Tools

当初の目標ではゴールデンウイーク前後に読み終えるはずだったのですが、
途中塩漬けにしていた時期があったとはいえ、
あまりにも遅々とした進捗状況は自分でもイラっとすることも。
だってさぁ、舞台がフランスだから地名や人名とかフランス語が多いし、
著者がイギリス人だからアメリカ英語とはちょっと違う綴りや言葉遣いするんだもの。
中盤になってようやく内容がリンクしてきて「そうかそうか」とわかってきたけど、
序盤はそれこそ富野アニメの1話のように情報がわからないまま突っ走るからわけわかんなかったし。

こんな状態にもかかわらず、Amazonでこんなの見つけて欲しくなってしまったり。
0752893440Sepulchre
Kate Mosse
Orion (an Imprint of The Orion Publishing Group Ltd ) 2008-05-15

by G-Tools

「Labyrinth」の作者の最新作。
同じくフランスを舞台とした歴史ものの小説で、タロットカードがテーマになっているとか。
パッと見てオモシロそう!と思ったんだけど、
この本も700ページ超の分厚さ。
2冊で2年もかけてしまう気かと。

さすがにこのページ数を知ると尻込みしちゃうよなぁ。
第一「Labyrinth」だってまだまだ読み終わっていないのに。
今年中に読み終われるかしら?

そういえばこちらも公開したようだから読んでおきたいけど……
0064471055Prince Caspian: The Return to Narnia (The Chronicles of Narnia)
Pauline Baynes
Harpercollins Childrens Books 1994-08

by G-Tools


■関連記事
やっぱり終わらない
さらに読書量停滞
読書量停滞
1/4
お厚いのがお好き?
先日思わせぶりに書いた富野動画のテキスト起こしですが、
実はこれのことでした。

そう。以前にも紹介したANIMAXの開局2周年特別番組、
「日本のアニメ・ベスト100」のこと。
ここでの富野の発言が面白かったのでテキスト起こししようと書いたのだが、
すっかり忘れてしまっていた。
久しぶりに動画を見て面白かったので勢いでやってみたというもの。

番組はゲストの富野を、
司会の伊集院光、水間AX編集長、柳明日香の3人が迎えるという形。
とはいってもほとんどの部分伊集院と富野の対談になってしまっている。


(1位「機動戦士ガンダム」の発表を受けて)

伊集院 いや~誰にもまぁ文句は無い1位という結果でしょう。

水間 そうですね

伊集院 我々ガンダムに関しては話したいこといっぱいありますけども、この偉大な作品を作り上げた沢山のスタッフを代表して、お一方、しかもそのお一方というのがこの方に来ていただきました、富野監督です!ようこそです

(富野拍手をしながら登場)

伊集院 よろしくお願いします

富野 ありがとうございます

伊集院 どうぞおかけになってください。いっぱい話したいことありますんで……いや~この1位は僕らにしてみると、ま、取るべくしてというか

富野 ありがとうございます。だけど、僕にしてみると実を言いますと、原作でない作品がこういう形で1位になれたというのはとっても嬉しいです。つまりテレビスタッフだけで作りあげたっていうのが、とってもうれしい

伊集院 なるほど、マンガを動かそうというのではなくて、アニメになるべくして出来たアニメがトップに輝いたと……なるほどね。

富野 だからそれが、初めはおもちゃ屋さんの宣伝番組だったかもしれないけども、それを作品としてどういうふうに仕立てるかということをやって、それこそ20何年経ってもこういった形で評価されるというのはそうれはもう……ワァッって……嬉しい。とっても嬉しい

伊集院 いま言われて重みというか喜びというかが何倍も、何倍も何倍もわかりました。

富野 本当にテレビアニメの仕事しかさせてもらえなかったから、原作者に対しては対抗心だけで仕事をやってきました。で、やってきたからこそです。どうやったら原作者たちに勝てるか、っていうんで僕はロボット専従者になって、もう徹底的にバカにされましたけれども、今日こんな年になってこういうところに呼んでいただけて本当に嬉しく思います。

伊集院 一番最初に、もはや伝説になってますけど、僕なんか凄くリアルタイムで小学校5年生のときにガンダムの本放送が、おそらく金曜日の夕方くらいですかねぇ

富野 えぇ…です。5時……まだあの頃は恵まれていて5時半じゃなかったのかなぁ?5時…

伊集院 ぐらいですよねぇ。に始まったときに、正直クラスでガンダムを本放送で見ているのはそんなにいなかったんですよ。

富野 あたりまえですよ。

伊集院 ねぇ

富野 見てたらおかしいです

伊集院 実際人気ないとこからはじまったんですよね?

富野 そうですそうです

伊集院 何だと思います?それがじわじわときてこの

富野 意地ですもん!

伊集院 意地ですもの…ほぅ……後から分析すのはね、いろいろできるじゃないですか

富野 まったくそうです

伊集院 僕ら自体はあとから、なるほどアムロっていうのが最初からスーパーマンじゃなくてすごい親近感があったからそれだよとか、その兵器としてのモビルスーツがどうだとか理屈はいろいろいえるんですよね

富野 そんなの関係ないのね。もう原作者どもに負けるかぁっっっ!てそれだけで来ましたから。だからホントほっとした。

伊集院 なるほどねぇ、今日は原作者の皆さんにもゲストにいっぱいでてもらってますから司会の立場にしてみると、凄いなぁとおもいますけどね……いやぁ…

富野 それはもう本当にまさに先輩、諸先生に対して、要するに黙って原作をいただいて、黙ってアニメ化していくっていうことを…僕もそういう仕事いっぱいやってきました。もうハイジもやってきましたし、この番組で紹介された作品何本もとにかく仕事やってきました。やってきた上での意地をロボットもので、要するに怨念返しをしてみせるってのはそれはそれは20年かかりましたってそういうことです。

伊集院 でもね、凄いと思うのは、じゃあその自分の中にはいっぱい不満もあったし、言いなりに仕事をしたんですよとおっしゃるそのいろんな作品ですらも100に選ばれるわけじゃないですか。そのさらに上をいくっていうのが、なんというのかな男の意地の見せ方で、俺の思うところの……なんだろ、不満のある仕事だから評価されないものを作って良いんじゃないんですよ。不満のある仕事でも評価があって、さらにそれを超える評価を自分らで見せるっていうのが、俺はちょっとかっこよすぎて……

富野 あの、かっこいいかどうかは知らないけどこういうことはあります。つまり、原作の仕事もやりました。やったときに密かに考えたのはね、(内緒話のポーズで)原作者を越えてやるってのはいつもありました。それはハイジなんか特に高畑総監督とか宮崎さんなんかと一緒にやっているときにも、要するに原作がこんなもん(小さい)だからこうする(拡げる)とかいう話はスタジオではしょっちゅうしてました。そういうものをやっぱ吸収していって、僕は今度それをロボットアニメのほうでドーンとやるっていったときにどうするかっていうことでは、やはり原作のある作品を、いっぱいやらせてもらったからできたことです。

伊集院 最終的にはガンダムワールドどんどん広がっていって、ものすごい作品になっていったわけですけど、最初のガンダムのときに、例えばやり残したこと、けんかしたことってあります?

富野 だってオリジナルをつくるというのはどういうことかというと毎週毎週毎週毎週、再来週のことがわかんなくて作っているんですもん。全部やりのこしているかもしれない。だけどそれを20年経ってみて、いや意外と時が作らせている時の運ってのもあるなとか、それからそれこそ今言ったとおりいろんな仕事をやったものを、結局いつの間にか自分を通してここに吐き出すことが出来たんで、そのときはいっぱいやり残したことがあったような気もしてたんだけども、実はそうではなくって、やっぱりおおむね出してた。そしてなによりもおおむねじゃないんです。自分の力以上のものが出てたっていうのもやっぱりわかってきましたんで、それこそスタッフワーク、スタジオワークの大切さ、だから僕1人で作った作品ではないってことも本当に思える。だから今日改めてこの時間に言わせていただきたいことがあるのは、本当にあのときのスタッフとめぐり合えて本当にありがたかったと思うし、そういうふうにお手伝いしてくれたってことを本当に感謝しています。これについてはもう帽子脱いでありがとうございます(最敬礼)

伊集院 ファンの僕らたくさんたくさん思い出に残るシーンってあって、迫力があったし、ドラマがあったし、例えばロボット同士の戦いでいうならば、シャア専用のズゴックがジムのお腹をズガーンと貫いた

富野 あれは僕の力じゃなくって安彦君が上手かったから

伊集院 そうですそうです。あとドラマチックなシーンで言えば、なんていうのかな一つ一つ、ほんとみんな人間に見えたっていうのかな、当たり前のことなんですけど、人間描いてあたりまえなんですけど。

富野 あたりまえですよ

伊集院 一つ一つのシーンが、ホントにね……ヒーローに見えたとかよくあるじゃないですか、じゃなくて人間に見えた。すごく人間に見えて乗組員だった気がする。僕らも乗組員にさせてもらった気がする。

富野 うん。だからそういうふうに思っていただけるとありがたいし、実は作品をつくるっていうのは、アニメも映画も関係なくって、そういうふうに視聴者・子どもたち・見てくれる人が、そう思ってくれるものを作んなくちゃいけないわけです。だから、箱のこっち側にいる世界を描くっていうことは僕は一切考えませんでした。で、そういうテクニックっていうのは、それこそ今日ここで紹介されたような作品を通して教えられたから、要するに箱の中の物語を作ろうってことは、今日現在まで毫も考えなかった。つまりガンダムワールドなんだ。

伊集院 うん。なるほどね。

富野 ワールドを作るためにはとりあえずここを描いているんだけど、この後にはそれこそ火星軌道くらいまでの空間てのはあるし、向こう側に泳いでいる人間もいっぱいいるだろうってことまで想定して、今ここのアムロとお父さんのお話を作ります。ってことをとりあえず、21年だか2年前にやらせてもらった。そういう作り方をしたつもりです。

伊集院 なんかおおきな違いですよね。ホワイトベースの中に仕掛けられたカメラの映像をみてるだけなのか乗っているのかって。大きな違いですよね。

富野 まったくそうです。だから、基本的に映画の演出アニメの演出ってのは、ホワイトベースのカメラが中に入ったときにいえるのは、そこに現実がある。それをとりあえず撮らせてもらったっていう演出をとにかく意識しました。それこそ、枚数を使えませんから、止め絵でそれを感じさせるためにはどうするかってことでは、それはそれはもう涙がいっぱいでるくらいの努力をしましたよ。

伊集院 いやまぁそうやってね、意地で始まったガンダムの世界どんどん広がって、作品も沢山出ました。そのガンダムの作品に関して1枚にまとめてみましたんでこちらどうぞ。(モニタにTV放映ガンダムリスト。ただし∀はない)最初が1979年の機動戦士ガンダム……でもガンダムがそれだけ意地をかけたのに、凄い視聴率にはならずに1回終わったじゃないですか。そんときは、数字は関係なくやり遂げたって気持ちなんですか?それとも無念なんです?

富野 ……あぁ、世の中ってこんなもんだなって。

伊集院 一回は。僕はもうやるだけのことはやったけど世の中はこんなもんだと

富野 やるだけのことをやったとはやっぱり思ってません。あぁだからこんなもんだし、力足らずだったんだなぁって。少なくとも例えばモンキーパンチさんほどやっぱり有名にならなかったよなぁっていうところで、また今年からテレビアニメの仕事をこうやってちょこちょこちょこちょこやろうってそういう努力をするだけのことです。

伊集院 それが再放送でどんどんどんどん人気があがってきて、

富野 えぇ、だけどそれはもう関係ないですもん。

伊集院 あ、そうですか?

富野 だって現場の人間っていうのは、一本作ってナンボの世界ですからだからそれは関係ないです。

伊集院 もう次の仕事に追われてるから。

富野 はい。それもありますし、ガンダムに関していうともう一つちょっと悔しいことがあるのは、そういう状況をあんまり教えてくれる人が周りにいませんでしたから。(また内緒話のポーズで)つまりね、商売になってるよって言ったら、現場の人間って働かなくなるからぁ、そういうのはなんんんにも教えてくれないの!

伊集院 僕はねぇ、そういう泥臭い話が聞きたかった。いや、そういうことですよね。次の仕事を変な話やらせなきゃいけないんですもん。次の仕事で、ガンダムおめでとうございますって言って鼻高々になられるよりは、次やれ次やれいやガンダム受けんかったって言っといたほうが、いいんですもんね。

富野 まったくそうです。だから僕は直接関係者から受けたって話は一言も聞いてません。

伊集院 こぼれてくるまで、もう

富野 はい。

伊集院 あふれるまでなみなみになっても

富野 こういう関係で初めて、『え?そんなに受けてるの?』とかこうやって1位になって『え?うそでしょ?』って僕いつもそうですもん。だから今回のお話もえ~まさかね~ってのはありました。だから嬉しい。

伊集院 いやいや僕らはたぶんみんなこの番組見てくださる方ってのはホントにアニメファンの方だと思うんですけど、そのテレビの前で見ながら、それこそ20位~30位は確信じゃないですか。まだガンダム…初代ガンダムは出てこないって事はトップだろう……っていうくらい、それは聞かされなかったかもしれませんが向こうはもうあふれたわけですわ。

富野 いや……ぜ……本当に信じられないんだわ。だから……

伊集院 で、その後、6年経ってゼータガンダム。立て続けにZZがきて、Vガンダム……ずーっとガンダムワールド

水間 で、昨年が∀ガンダムが始まって……

伊集院 ……凄いですね。

富野 だけど、今言ったとおり例えば1stガンダムからZまで6年あるわけでしょ。何にも教えてくれないから、やる気もなくしてるわけ。で、ある日突然、『ねぇちょっとガンダムやらない?』『なんで?』

伊集院 こっちにしてみれば何を古いこと言ってるんだと

富野 なんでいまさらって。

伊集院 あれは意地で頑張ったけど数字とれかなったやつじゃない、と。そしたら実は……じゃ6年間の間は、ガンダムは数字的には評価はないと思ってた……

富野 だからダイジェスト版の映画で終わってしまったという空気しかなかった。で、その後で今度はこちらももう少し、それこそ原作者になりたいなとも思ったからがんばったんですけどね、やっぱり縁がなければヒットはしません。

伊集院 今日はこうやってゲストにお迎えして、もしかしたらガンダムの、例えば細かい設定とかね、細かい演出法みたいなものをね、一つ一つ聞いていくインタビューになるのかなと思ったんですけれど、なんかそういうことじゃあないですね。ガンダムに詰まってたことって。

富野 ええ、そういうことではないです。もう本当に意地だけだし、なんていうのかなぁ……それこそ20年前のテレビアニメの中でもロボットアニメなんて言ったら、一番最下層な仕事なわけです。

伊集院 もうパターンがある程度できあがって、しかもそのできあがったパターンもちょっと飽きられてた頃なのかもしれないですね

富野 それはもうそうです。ですからそんな仕事しかやってられない富野ってのはなぁに?ってしか言われてなかったし、そうなったときに、もちろん演出論かなんかなんていっぱいあります。いっぱいあるんだけれども、作品を見てもらえればいつかわかってもらえるだろうっていう確信があって、アニメとして作るんじゃなくて映画として作ることだけは努力したし、だから僕は映画以上のことは何一つ考えられない人間だし、だから僕はアニメーターから好かれません。つまり作画がとってもしづらいコンテしか書けない人間だから……

水間 大変なコンテを

伊集院 でも自分の耳には入ってこなかったガンダムブームを僕らはまさに洗礼を受けて、こんな今仕事をさせてもらってるくらいですから……どうでしたガンダムとか水間さんにとっていうと

水間 そうですね、私はね1stというよりもZの方が鮮烈だったんですね逆にいうと。1stが受けてるよというのはやっぱり後から後半から見てたんで、だから最初のあのへんの人間関係とか知らずに見てて、Zが始まったときに、なんでこんなことがあるんだって。世界観がちゃんと作ってあって、戦い描いてて、メカもちゃんとリアルに……

富野 だけどそういう感想にちょっと異議申し立てをしたいのは、Zを作ったときに、『え?またガンダムか?』っていったときに、結局アニメの会社とか仕事師ってのはこういう仕事しかさせてもらえない、そうでなければ原作ものだっていったときに、アニメずっぽりってのはきっと危険だぞと思ったんで、言ってしまえばアニメとか絵に描かれているキャラクターを好きになるってことは危険だよっていうテーマを基本的に設定したんです。で、それは自分自身もアニメ漬けになったときにきっと狂うだろうなとか、ちょっと自分が間違うかもしれないってなことがあったんで、アニメのキャラクターの中でいっちゃえば情緒不安定な子ってのを出して、見ている子たちに対してアニメから離れなさいよっていうメッセージを付け加えたつもりなんです。それが実は一番変なことに見えたことで、実はメカざまじゃないはずなんです。

伊集院 だからきっとそれが逆に言えばアニメがどんなに自由でも言わなかったことだし、描かなかったことじゃないですか。今までそのテーマって、アニメから離れた方がいいんじゃないですかってテーマをアニメが唯一言わないことじゃないですか。絶対的に言わないこと

富野 だから僕はZでそれを言った

伊集院 それがなんかわかんないけどしびれたんでしょうね

富野 きっとそうです。

伊集院 このアニメ違うぞと。僕も一番最初にガンダムに出会ったときは、クラスで決してみんなに好かれてはいないんだけども曲者の遠藤君って友達が、僕こいつをね、好きじゃないけど侮れなかったんですよ。こいつの言うことはいつも侮れない奴だったんですけど、そいつが『ガンダム面白いよ』って言ってて。その時にはまだみんなガンダム見てないですから。でもなんかね、こいつの言うことを無視するとちょっと損する気がするって奴で。

富野 そういうやついますね

伊集院 いるじゃないですか。またそういうやつって早く見つけるんですよ。なにかを感じ取るんですよ。普通の人のラインと違う、物凄いメジャーじゃないのかもしれないけど、匂いを嗅ぎ取るじゃないですか。で、見たらねぇ、最初の何話かはね、僕らはそのときのマンネリ化しているほうのロボットアニメとして、新しい敵がどんどんインフレで出てくるパターン……新しい形のロボットを楽しみにするパターンをしってたから、『あれまたこのザクってのは出てくるのか』と。『また出てくる。あ、でも言われてみればその年のそういう製品なんだから、今一押しの製品なんだから、出て良いはずじゃん』みたいなことがどんどんなんか病み付きになってきてそれが凄く新鮮だったし、だからこそ新しくグフが出たときに、まさに『新製品だよ!新兵器出てきたよ!』みたいのに僕は最初にはまったんですよ。あの今までの……泥臭いことを言えば、商品先行でいったらありえないスパンじゃないですか。

富野 まったくそうですよ

伊集院 それもまたアニメがやらなかったことじゃないですか。商品先行になっていた時代に。なんか『そうだよ。本当にあいつらが武器なら、あいつらが本当にロボットならば、いっぱいいるはずだもんね。いっぱい投入されてくるはずだし』

富野 違う形いちいち作ってられませんもの

伊集院 それがまさに世界観だったんですよね。アニメのルールではなくて、世界観だった。

富野 だからさっきいったとおり、ここにある箱のこっち側のことを描くんじゃなくって、箱の向こう側の世界を描いたら、どうしてもそうなっちゃう。

伊集院 僕らみたいに理屈っぽいのに比べると面白いのが、このアニメの番組で全部わかったやつがいてもつまらない。そんなにわかんない立場で参加しているのが彼女なんですけれど、それでもちゃんとキャラクターの名前がでてくることにね、それだけブームですよ。シャアかっこいいっていうのが……シャアっていうのはマスクをつけてかっこよくてってのがわかるってのはそれだけ浸透したってことですよ。

富野 うん。そうなんですよね。

 だって、大人になってガンダムの話って絶対出ません?

伊集院 出る!

富野 でますよ。

 でしょ。で、見てなかったって言ったら『え、見てないの?』って言われるんですよ。

伊集院 そうだよねぇ

 で、女の子にも聞いたら1本だけじゃなくて、ビデオ屋さんに行ったらまとめて借りた方が良いよって言うんですよ。だから、あぁちゃんと見なきゃって思って。

富野 ただね、そうは言うけどそういう話を僕は直接誰からも聞かされないで20年間暮らしてきたから、だからなんなんだろうなぁって。ホント。だから嬉しいんです。

伊集院 いやぁ本当にこの1位っていうことに、そんなに感激を覚えてくれることもうれしいし、あと僕らから間違いなく言えることは、ガンダムの一番最初の回をリアルタイムで見てたってことは、間違いなく自慢なんですよ。間違いなく自慢で、俺は見つけたっていう人っていうのが、その1話から見てた遠藤君は間違いなく自慢で、『いやお前らは後の方でZZぐらいから見てその手前を戻ってきた世代でしょ』なんて遠藤君に言われたら、はいと言うしかないくらい凄かった。

富野 だから本当に幸せだと思いますし、たしかに意地の出し方っていうのを僕の場合には結局仕事に向けてしか出せなかったということもあります。逆に言うとぶきっちょですから仕事にだけ向けて出したってこともある。そのことがこういう形になるんだったら、意地を持っていいだろうと思ったし、もう一つここだから言えることなんですけど、ガンダムを始めたときに打倒ヤマトを目指したんですよね。ヤマトを潰す。だけど、そのかわり至近距離にわかりやすい敵もいてくれた。そういうものを結局ヤマトを罵ることじゃなくって、作品を作ることに向けてくってことができたっていうそういう環境もあったことが、本当にありがたいと思ってます。

(時間終了のチャイムが鳴る)

伊集院 ホントにね、嬉しかった。ぼくは予想外のインタビューだったんですけど凄くいい話が聞けました。

富野 そうですか。そう言っていただけると本当にありがたく思います。ありがとうございます。

伊集院 野暮なチャイムで大変申し訳ないですが、特別ゲスト富野監督どうもありがとうございました。

富野 とんでもございません。本当にありがとうございました。ありがとうございました。



こうやってテキスト起こしすると、
富野と伊集院の会話が微妙にずれているような印象を受けるが、
実際は暴走しそうな富野を伊集院が上手く誘導しているような感じだった。

ただ世界観の描き方についてのくだりについては、
言っている内容が前後で矛盾しているような印象を受ける。
これはこちらの理解力のなさでもあるのだろうが……。

それにしても19分でこれだけ手間取っているとなると、
45分のあの動画なんてどれだけ時間かかっちゃうんだろう……

■関連記事
挫折
富野の「アニメ発」への意地を見た

続きを読む

2008.07.13
高校野球の祝勝会ですっかり酔っ払ってしまいました。
日焼けした腕がヒリヒリするよぅ……
ギムGから唐突なメール。
まるでサークル活動のノリの何かを思いついてしまったらしい。
よっしゃ!その話乗った!
とにかくだ。カッコイイものにしようじゃないか。
街中のぎあら(いねーよ!)が振り返るような。
完成の暁にはぜひともまもたんにも進呈して……


ってこの2人のことですから、きっと脳内で考えるだけでお腹イパーイになって、
実現はしないんだろうな。
「ガイア・ギア アンオフィシャルズ」のように。

なんというダメコンビwwww


河童のクゥと夏休み


B0014FIWAK河童のクゥと夏休み 【通常版】
冨澤風斗, 横川貴大, 原恵一
アニプレックス 2008-05-28

by G-Tools

夏休み前のある日、小学生の帰り道に上原康一は大きな石を拾った。持ち帰って水で洗うと、中から何と河童の子供が!!第一声は「クゥ?!!」。康一はこの河童を「クゥ」と名付ける。クゥは康一たちと同じ言葉を話し、何百年もの間、地中に閉じ込められていたことがわかる。最初は驚いた家族もクゥを受け入れ、クゥのことは秘密にしようと決めるが・・・。


こういう言い方は陳腐かもしれませんが、
オトナ帝国」や「アッパレ戦国」の原恵一監督の最新作。

少年と河童の出会いと別れを描いた「となりのトトロ」のような、
ほのぼのとしてさわやかな作品……


なんて思って見たらとんでもない目に遭います。

根底にあるのは人間と河童は決して隣り合って暮らすことは出来ないという現実であり、
パヤオの「となりのトトロ」のような人と物の怪が共存する非現実的なロマンティシズムを、
徹底的に排除したその作品スタンスには、昔話の異類婚姻譚につながる部分を感じました。
特にクゥの純粋さとは対照的に人の浅はかさや愚かしさといったものが存分に表現されており、
その部分に徹底的に打ちのめされそうになりました。
だから途中見続けるのがとっても辛かった。

それでも終わってみるとじわっとくるものがあるんですよね。
本当にクゥが素直で純粋で。
同じ「泣ける」作品でも、「オトナ帝国」のようにブワっと泣けるタイプではなく、
「アッパレ戦国」のようにじわじわと余韻が打ち寄せるタイプかもしれません。

主人公の上原一家は、両親に男の子、女の子、犬といった構成で、
野原家を連想させますし、作中にも東京タワーや青空などクレしんからのつながりも感じられます。

キャラクターはパッと見たときに、「マインドゲーム」みたいだなと思ったのですが、
後で調べてみるとキャラクターデザインがマインドゲームの作監と同じ方でした。
もしかしたらスタジオ4℃も関わっているのでしょうか?
CGやデジタル表現なども違和感を感じる部分もある。
けれどもそれを最小限にしか感じさせなかったのは、
富野の言うところの「身体性を具備した物語」だったからなのだろうか?

とにかく見て欲しい。
クゥは一般的な「カワイイ」デザインではないかもしれない。
嫌な思いもするかもしれない。
でも最後まで見ればきっと後悔はしない。
そんな作品でした。

■関連記事
主査終了のお知らせ
だだ泣き
ながらガンプラ
19分ほどの某富野動画をテキスト起こししようと思ったんだけど、
半分ほどで肩がこってしょうがないので挫折。
残りはまた気が向いたらということにしよう。


いつになるかはわからんがなー。

最近ホント集中力がなくって困るわ

U.M.A.レイク・プラシッド2


B001544MAEU.M.A.レイク・プラシッド2
ジョン・シュナイダー, クロス・リーチマン, サム・マクマレー, デヴィッド・フローレス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-04-25

by G-Tools

ある日、湖で釣り人がナゾの生物に襲われ、無残にも身体は食いちぎられ殺されるという事件が発生する。これまでにも行方不明者が急増していたことから、保安官のライリーはその生物の正体を突き止めようと湖の調査を開始。やがて,異常発達した超巨大生物の存在があきらかになり、人間と縦横無尽に暴れまくるモンスターとの闘いが幕を開ける!


UMAなんてタイトルがついていると、どんな謎の生き物が登場するんだろう、
そういう期待をしてしまうのが人間ってものですよね?
ところがどっこい登場するのは単なるデカいワニ。
まぁたしかに未確認っちゃ未確認なのですが、それにしてもねぇ。

ストーリーは極めてありきたり。、
演出も陳腐な上に、やる気の無い役者揃い。
ワニのCGはチャチくてショボショボ。
どこからどうみてもダメ映画としかいいようがありません。

そもそもストーリーにリアリティが無いんですよね。
もちろん湖から巨大なワニが出現するという本筋は嘘八百でも良いんです。
ですが、そういった非日常的な出来事に出くわした人々の反応が極めて不自然。
富野流に言うと身体性を具備していないんですよね。
それに、あんなに巨大なワニの出現が突然すぎます。
あれだけ巨大な生物が移動すれば音や振動である程度わかるはずだろうに、
そういった表現が全く無く、振り返ればそこにワニが!
みたいな展開には「どうしたものかな」と思ってしまいます。

リアリティだけでなく整合性にも欠けるんですよね。
途中で大富豪のハンティングマニア(これまたベタなキャラクター)が登場するのですが、
彼は「地元記者から巨大ワニ出現の噂を聞いてやってきた」と言うのですが、
そもそもその記者はワニの存在に気づく前にワニに食べられてしまっているので、
どうしたって情報をリークできるわけがないんですよね。
ワニのお腹の中から情報発信したとでもいうのでしょうか?
それどんなゼペット爺さん?

演出面でもカット割が最悪。
カットが変わると別の場所にいるみたいで、
映像の同一性に欠けています。

本当に見ているだけでやるせなくなってきてしまうこの作品、
唯一の救いはストーリーに関係ないポロリが多いことかも。
湖に遊びに来るオネーチャンたちが次々とポロリしてくれます。
そしてポロリしたオネーチャンはもれなくワニに食われます。
(゚∀゚)アヒャ

なんというか……まだまだダメ映画は奥が深いなと思わさましたね。

いやぁ、ダメ映画って本当にいいものですね。
先週あたりから携帯の調子がおかしかった。
液晶画面の色合いがおかしくなり、赤色がにじむようになってしまった。
今の前に使っていた携帯が、同じような症状から画面が真っ白になって使えなくなってしまったので、
修理に出さなきゃなぁ…でも面倒くさいしなぁと思っていた。

ところが先日の土曜に旅行に出かけた際に、
うっかり胸ポケットに携帯を入れていたことを忘れ、
ダッシュしたところ振動で携帯が落下!
しかも勢いあまって蹴っ飛ばしてしまった!

お堀に落っこちなくてヨカタヨ……

慌てて拾ったのですが、後になって気がついた。

あれ?液晶が元に戻ってる。
ちゃんと色出てるよ。
落下と蹴っ飛ばした衝撃で直ったのかな?
テレビの角ぶったたくのと同じってこと?
う~んなにはともあれ直ってよかった……

■関連記事
あぼ~ん
困った困った その1
今年のオールスターから、新たな試みが始まっている。
それは選手間投票。
今までのファン投票・監督選出とは違い、
現役の選手が自チーム以外の選手を選出するというもの。
MLBなどではおこなわれていたけど、NPBでは初めてなのよこれが。

で、このファン投票、選手間投票の結果が今日の17時に発表されたの。
ファン投票の結果はこちら
選手間投票の結果はこちら

面白いなと思ったのが、ファンからの投票と実際に対戦している選手からの投票が、
一致したり食い違ったりしていること。
おおよその選手はだいたい同じような得票数なんだけど、
一部の選手は異なっていたりする。
これは素人とプロじゃ見るところが違っていたり、
ファン投票だと組織票が可能だったりするから。

その一部を書き出してみると、
例えばパの二塁手。
ファン投票だとファイターズの田中賢が4000票違い差をつけてトップだったが、
選手間ではライオンズの片岡がトップ(田中は2位)。
セの一塁手もファン投票はタイガースの新井がトップだが、
選手間投票ではドラゴンズのタイロン・ウッズがトップ(新井は2位)。
セの二塁手はカープの東出がファン投票トップだが、
選手間投票ではドラゴンズの荒木が1位(東出は3位)。
セの遊撃手にいたっては、ファン投票トップのジャイアンツの坂本は、
選手間投票ではランク外になっている。

川崎祭りのときもそうだったけど、
やっぱりネットからの投票ってどうかと思う。
球場に足を運んだファンからの投票をもっと重んじるべきだし、
投票するファンも、ただ好きなチーム・選手に盲目的に投票するのはどうかと思う。

ちなみにオイラの投票は

先発:岩隈
中継:大沼
抑え:グラマン

一塁:フェルナンデス
二塁:片岡
三塁:中村
遊撃:中島

外野:GG佐藤
   稲葉
   森本

指名:山崎

でした。

続きを読む

2008.07.06
完全に暑さバテ。
まだ7月に入ったばかりなのに。

汗だるまには厳しい季節になったなぁ。
ちょっと動いただけで体中の水分が失われそうだよ。
においもきびしいしなぁ。

ほんといやだいやだ。

ザ・アンドロイド 地球最終戦争


B000W7Q5TQ
ギャガ・コミュニケーションズ
ギャガ・コミュニケーションズ
2011-10-17

人類と人造人間の生存を懸けた戦いを描くSFアクション。西暦2051年、地球は砂漠化が進行し人類は巨大なドーム型の建物内で暮らすことを余儀なくされていた。電力センターに勤務するジュードは、ある日不慮の事故からアンドロイドを殺害してしまい…。



物騒なサブタイトルがついていますが、そんな世界を左右するような戦争なんて起きません。
せいぜい街一つ破壊するようなアンドロイド兵が出てくるだけです。
むしろ、人間とアンドロイドの友情、人間の存在価値の確認という
「ブレードランナー」や「ターミネーター」以降さんざん使い古されたテーマがメインです。

前半は主人公とアンドロイドの衝突と和解の逃亡劇、
後半は自らをアンドロイド化し、新型アンドロイドで街を滅ぼそうとする博士に対し、
主人公と「失敗作」の烙印を押されたアンドロイドが共に立ち向かう構成になっています。

なんもない砂漠で撮影されたと思われる前半は、
チャチなCGやスピード感の無いアクションでも、まだ楽しめたのですが、
後半の刑務所のシーンになるとだんだんダメテイストの香ばしくなってきます。
まず新型のアンドロイドですが、すでに人型ではありません。
トランスフォーマー変形後みたいな感じです。
ストーリーもやっつけの雰囲気が漂います。
アンドロイドが厳戒態勢で見張っている秘密の研究室に、
すんなりもぐりこめてしまう脱獄囚とか、
新型アンドロイドの格納庫に軟禁され襲撃されそうになったアンドロイドが、
格納庫内のパネルから新型アンドロイドを停止させたり、
ご都合主義にもほどがあります。

が……それほどじゃないんですよね。
なんというか普通のダメ映画…いやB級映画といったほうがいいでしょうか?
もうちょっと突き抜けていればダメ映画として楽しめただろうし、
もうちょっとストーリーを練れば普通に映画として楽しめただろうし、
なんというか中途半端なんですよねぇ。
もったいない。
最近はアニメ雑誌などを読むことも無く、
最新のアニメチェックなども全くしていなかったので知らなかったのだが、
この第3クールから放送を開始したアニメの中に、
オイラが以前見ていたアニメの続編があるらしいことを初めて知った。

それは「スレイヤーズREVOLUTION」と「魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~」。
スレイヤーズのほうは原作こそ読んでいないものの、
アニメは全シリーズ目を通したし、
劇場版を見に足を運んだこともある(同時上映の「ナデシコ」目当てだったけど)。

と、いうわけで。
遅まきながら1話を見てみることにした。
今の時代はいろいろと便利やねー。

まずは「スレイヤーズ」。
あれ?OP10秒だけでもうおなかイパーイですよ?
本編に入る前に勘弁してくださいってなりそう。
これは送り手が変わったのか、受け手の自分が変わったのか……。
作風自体にそれほど変化は無いようなんだけど。
ストーリーも(;´∀`)…うわぁ…なのですが、
それ以上にデジタルアニメの違和感が気になってしまう。
どうしていまどきのアニメってこういう質感の絵になるんだろう?
1話全部を見ることすら出来ず撤退。
(゚⊿゚)イラネ

次は「魔法遣いに大切なこと」。
「スレイヤーズ」と違ってこちらを見たのは今年になってから。
自分の感性がそれほど変化したとも思えない。
が……
(;´∀`)…うわぁ…
こっちもダメだ。
とにかくね、背景がすごいんですよ。
まるで実写みたい。つーか実写取り込んでる?
でもね、その凄い背景の上で動いているのは漫画絵。
背景から完全に浮いてしまい、これでもかというほどの違和感がある。
作っている側はラッシュとかを見てそういうことを感じなかったのかな?
「こんな綺麗な背景で俺らスゲェェ」とでも思ってんのかな?

***以下富野口調で***
アニメなんてものは綺麗な絵を描ければいいってもんじゃないんです。
ただ綺麗な絵を描きたければイラストでも描いていればいいんです。
つまりどういうことかというと、こういうことです。
アニメとはいえ本質は映像なのだから、どう動かすのか、どう演出するのか、
そこから考えなければならない。
綺麗な絵を描けば、面白いアニメが作れるなんて思ったら大間違いです。
もっと原理原則を考えなければならないし、
そのためにはアニメファンの狭い考え方でなく、普遍的な感性を身につけて欲しい。
そのためにはどうすればいいのか。
部屋に閉じこもってないで外に出てもっといろいろな経験を積みなさい。
基礎学力を上げなさい。
それだけのことです。
***妄想終わり***
(これが富野の声で脳内再生できる方は鍛えられた富野信者です)

ガンスリのときもそうだったけど、
監督・制作スタジオの変更された続編っていうのはたいがい地雷なのかもしれんね。
今回も監督は下田正美から小林治へ、
制作スタジオもJ.C.STAFFからハルフィルムメーカーへと変更されている。
で、調べたら監督って小林誠の弟なのか。
しかも絵描き出身。
な~る。
もっと演出とか映像について勉強しよーね。

ストーリーも前期と比べるとなんだかなーといった感じ。
前期も1話の惹きが弱かったけど、今回はそれ以上。
どうにも魅力に欠けるというか……。
もう少し様子見してもいいかなとも思うけど、どうしよっかなぁ。
前期の6話とか何も知らずにたまたま見て泣いちゃったけど、
今回はそういったものを感じられないんだよなぁ。
それだけの力が今回の作品にあるのかどうか。

それにしても今のアニメファンってこういったデジタル処理の画質について、
何の疑問も抱かずに見ているのかなぁ。
オサーンには昔のセルアニメのほうが目もチカチカしないし、
稚拙であったとしても逆に自然な表現に見えるんだけど。

■関連記事
心をこめて
自分的アニメ史
記憶のふたが開きそうです
バンダイビジュアルが「ANNIVERSARY EDITION」シリーズとして、
過去に販売したDVD-BOXの廉価版を発売しようとしている。

今現在で8月にザンボット3、
無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】
大山のぶ代, 森 功至, 松尾佳子, 永井一郎, 富野喜幸(現:富野由悠季)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


9月にダイターン3、
無敵鋼人ダイターン3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】無敵鋼人ダイターン3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】
鈴置洋孝, 井上 瑤, 水野カコ, 白石冬美, 富野喜幸(現:富野由悠季)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして10月にガリアンの発売が予定されている。
機甲界ガリアン メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】機甲界ガリアン メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】
菊池英博, 渕崎ゆり子, 平野 文, 千葉 繁, 高橋良輔


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それぞれ先に発売されたDVD-BOXとの値段を比較すると、

ザンボット3
¥25,200→¥18.900(アマゾン予約価格¥14,496)
ダイターン3
¥50,400(BOX-1&2)→¥31,500(アマゾン予約価格¥24,024)
ガリアン
¥25,200→¥21,000(アマゾン予約価格¥16,016)

このように非常に安価になっている。
とはいえ、その理由もあきらかだ。
HD-DVDとブルーレイとの次世代企画競争に決着がつき、
現在のDVD規格で売れるものは売り切ってしまおうという意図がミエミエだ。

それでも……なんか食指が動いてしまいそうになるのはヲタクの本能なのか……。


この中ではザンボットとダイターンは見たので、やはり興味の対象はガリアン。
たしか1話をちょろっとだけ見たことがある。
ダンバインと同様にファンタジーっぽい雰囲気だったような。
良輔監督作品の中ではあまり高い評価は耳にしない作品だが、
見てみたいようなそうでないような。
ザンボットとダイターンのブックレットはまた新規で製作されるの?
それならそれで富野インタビューを見てみたいが……。

しっかしこの値段でDVD-BOXとはねぇ。
現在のDVD規格もLDみたいな扱いにいずれなっちゃうのかなぁ。
そこそこの数持っているんだけど……。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP