HOME   »  2008年04月
RSSフィード MyYahooに追加
1年に一度くらい、いやもっと多い頻度で見る夢がある。
それは卒論が期限までに書けず慌てる夢。
1週間ほどしかないのにほとんどかけていない。
構想すらない。
どうしよう……と慌てふためくもの。
それで目が覚めてホッとする。
卒業から10年以上経つというのに、いまだにこういった夢を見る。

先日、大学時代の友人の法事に参加したとき、
たまたまその話をしたら全員が「あるある」とうなずいた。
我々の時で原稿用紙50枚。
2ヵ月後には口頭試問もあった。
もちろん提出できなければ留年決定。
超氷河期の就職活動と同時進行で、
説明会→国会図書館→学校なんてスケジュールもザラだった。
それだけにかなりのトラウマ……というかそのプレッシャーをいつまでも覚えているのだろう。

ホント、あの夢だけは寝覚めが悪いのよ……
オイラは音楽はPCで聴いている。
CDをMP3音源にエンコードしてHDDにすべてぶち込んでいる。
それをヘッドホンで聴いているのだが、
ヘッドホンの場合途中で断線して片方からしか聞こえなくなることがある。

先日も突然左側が聞こえなくなった。
買ってからそんな日が経っていないのにもう断線か、
また安物買いの銭失いしちゃったかなぁなどと思いながらコードをいじってみた。
断線した場合コードを引っ張ったり押し付けたりしていると、
たまたま接触が変わって聞こえるときがある。
そう試してみたのだが状況は改善せず。
ヘッドホンのプラグの問題化かと出したり抜いたりしてみたがまったく変わらず。
が、そこで気がついた。
あれ?

ヘッドホンを抜いてみる。
再生。
左チャンネルの音が出てない!
チャンネルを左に振り切ると無音になる。
ボリュームコントロールを立ち上げてみるが異常はない。
これはスピーカーの問題なのか????
ちなみにオイラのPCに独立したスピーカーはなく、
モニタにスピーカーが内蔵されている。

これは……モニタにヘッドホンを刺すのではなく、
本体に直接刺さんといかんか?と思い、
モニタから本体につながっているイヤホンコードを見てみたら……外れかけてた。
それかよ!
ちゃんと入れて、根本のコードをグニグニしたら……ちゃんと左チャンネルから聞こえるよ!

いろいろと無駄な出費をしなくてすんでヨカタヨ。
2008.04.28
最近、言葉がスッと出てこないことがある。
物の名前が出てこないというよりも、
適切な表現が思い当たらないといったほうがいいだろうか。
こうこうこういった感じなんだけどうまく言葉に出来ないなぁともどかしさを感じる。
このブログを書くときもいつもそう。

そうなるとどうなるかというと、
「アレ」とか「ソレ」とか「あんな」とか指示代名詞が多くなる。
いかに脳を日常的に使っていないかということ。
脳年齢なんて測るのが怖いくらい。
ものすごい勢いで老化して、シナプスが消滅しているのだろうなと思う。

人と話していても相手が苦労しているのがわかる。
こちらの言っていることが曖昧模糊としすぎているのだろうし、
いちいち言葉が突っ掛かるから滑らかにいかない。
相手の目が「で、結局どういうこと?」と言っているのがわかる。

どうすればもっと上手く言葉を操れるようになるんだろう。
教えてエロイ人。
2ヶ月ぶりにペールゼンファイルの続編、
4巻に収録の7話「狙撃」と8話「冷獄」を見ましたよ。

B00122DVW4装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 4
郷田ほづみ 渡部猛 塚田正昭
バンダイビジュアル 2008-04-25

by G-Tools


もしかしてもう次の5巻で最終巻になるのかしら?
それにしてはどうまとめて行くのか着地点が見えないんだけど……。

3巻ではペールゼンとウォッカムの心理戦がメインとなり、
あまり描かれなかったATバトルだが、今回は7話8話ともに登場。
特に8話ではファッティーとのバトルを繰り広げているが……
やっぱりゲーム画面を見ているみたい。
動いているときはCGなのに、爆発すると急に絵に変わるのにも違和感が残る。
もうすこしこのあたりを何とかしてもらいたかったなぁというのが正直な感想。

物語的にはバーコフ分隊がなんだかんだ言いながら、
5人とも異能生存体ということもあってか、
協調性はないが自分が生き残るために力をあわせてますよ。
でも友情とかそんなものとは全く違う独善的な理由に過ぎないんですけどね。

それからコチャックが活躍してますよ。
あんなにATでの戦闘を怯えていたのに、
雪原でのATの動きにはしゃいでみたり、
雪壁の中に待ち伏せしてファッティーを撃破して「あたり~!」と喜んだり。
マニド峡谷でのオドオドっぷりはなんだったのかと。

まぁサスペンスタッチの7話も、
ワップがアレになってアレされる8話も面白かったですよ。
カンユーもひっそり出ていましたし。
それだけにやっぱりあのCGは残念。
ラストになる5巻ではもうちょっと自然になってればいいなぁ。

■関連記事
ようやくのサブタイリンク:ペールゼン・ファイルズ3巻感想
ゲーム?
ペールゼンファイルズとFLAGの共通点
最近……といってももう月初めのことになるのだが、
デジカメを買い換えた。
以前のおもちゃみたいなデジカメよりはかなり大きくなるのだが、
どこへ行くにも持ち歩き気になったらパチリと撮っている。

撮ることが多くなると自然と出来栄えにも興味がでてくるし、
ただ撮るのではなく設定などもしりたいという欲がでてくる。
でもそれが難しいんだ。
構図もそう。

うまい人って何気ない風景を、うまく切り出すのよね。
そういう抜き方をするか!って。

ま、そういう人にはかなわないから自分なりにパチリ。
今日はこんなの撮ってみた。
0426001.jpg

花のトンネル……でもないか。
ホワイトバランスは曇天、露出は+2/3だったかな?
あんまりうまく撮れないや・・・(´・ω・`)
実を言うと30話あたりで挫折しそうになった。
あまりにもひどい。
でもがんばった。
アニメなんて頑張って見るものじゃない。
だけどこれは富野信者としての苦行。
楽しむために見ているわけではない。
だから最後まで頑張る。
B000063C0W機動戦士ガンダム ZZ 7
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-04-25

by G-Tools
B000063C0X機動戦士ガンダム ZZ 8
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-04-25

by G-Tools


25話 ロンメルの顔
26話 マサイの心
27話 リィナの血(前)
28話 リィナの血(後)
29話 ルーの逃亡
30話 青の部隊(前)
31話 青の部隊(後)
32話 塩の湖を越えて



ストーリー自体はさらにシリアスの色合いを強めていく。
地球を支配せんとするハマーン以下ネオジオン、
そんなネオジオンに媚入る地球連邦の役人、
その両者をも冷たい目で見下すグレミー、
どれもが心中に思惑を秘めながら行動を起こしている。

ジュドーらもリィナの行方不明という悲劇が襲い、
今までのようにただバカ騒ぎするだけではなくなってきている。
それだけに、回によってギャグ・シリアスの振れ幅が非常に大きいのが気になって仕方がない。
笑えなくとも滑りまくる寒いギャグ路線でいくならそれを徹底し、
そうでないなら笑えないギャグシーンは排除すべきなのに、
それをしないから同一性に欠け世界が非常に不安定に感じる。
特にグレミーはハマーンに対する叛意を明確にしつつあり、
策謀をめぐらすシーンはシリアスの色合いが非常に濃いのだが、
ギャグシーンでは一転してボケ要員になっており、
そのギャップは多重人格を疑わせるかの如きである。

さらに幻滅したのはニュータイプお化け。
Z以降のシリーズで何がいやかというと、
プレッシャーのかけあいだのなんだのという、現実離れした設定。
いや、プレッシャーだけならわかる。
それを視覚化してお互いに戦うというのにはちょっと違うだろと感じてしまう。
ZZでもハマーン登場後そのような描写が多くなってきたのに対し、
いやだなと思ってはいたのだが、
ジュドーとハマーンが対峙する場面でのオーラ(笑)には辟易してしまった。
そもそもこれ以外にも「ニュータイプ」という言葉・設定をこの作品は安易に使いすぎている。
子供向けにするために子供を万能にする=ニュータイプという設定が必要なのかもしれないが、
それにしてもニュータイプは万能ではないし、
その能力が訓練なしに戦闘で発揮されるとも思えない。
アムロは訓練していたし、カミーユも元々プチモビバトルで優勝してるのよ?
ジュドーはともかく、それ以外のクソガキどもが簡単にMSを扱うのはありえない。
オウギュストではないが、
「何がプルツーだ、何がニュータイプだ。俺達大人の男がそんなに役立たずか!」
と言いたくもなる。
逆にGXのような、
「新しい時代は特別な能力を持ったものではなく、普通の人間が失敗を繰り返しながらも前に進みながら作るもの」
といった考えのほうがずっと共感できる。

それからハマーンの台詞。
「私はいつも1人だ」
はあの人のあの台詞を受けてのものかしら?



■関連記事
少し締まってきたのかな?:機動戦士ガンダムZZ17~24話感想
眠くなってくる: 機動戦士ガンダムZZ12~16話感想
お寒い:機動戦士ガンダムZZ5~11話感想
しょっぱなから痛いなぁ:機動戦士ガンダムZZ感想2~4話
悔しいけど僕は富野信者なんだな……
富野アニメ第一話大横断第十一回
今日の新聞にこんな広告が載っていた。

過剰な自意識に苦しむ人、
自分を他人と比べてしまう人へ。



まさにオイラのことじゃないですか。
なんの広告かといえばこんな本。

「自分」から自由になる沈黙入門「自分」から自由になる沈黙入門
小池 龍之介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すぐに買いたい!とは思わないが、
ちょっと店頭で内容をチェックしてよさげなら買ってもいいかも。

そういえば広告にはこんなフレーズも。

「買いたい」「食べたい」欲望に駆られたら、「ドウデモイイ」と念じる



いや、思ってはいるんだけど結局「買わずに後悔より買って後悔」と手を出しちゃうのよね……
これだから僕は……。
オイラはAmazonの「マイストア」という機能を使って、
商品を見つけ出すことが多い。
これはなにかというと、自分の買った商品や評価した商品から、
「あなたにおすすめのこんな商品がありますよ」と教えてくれるもの。
特にダメ映画関連は「こんなつながりでこれを推してきたか」と見ているだけでも楽しめる。
そこから購入することも多い。

が……
今朝になってびっくりした。

amazon_mysore_delete_01.jpg


ちょ、全部消えてる!!

いままで1000件以上登録してきた商品がきれいさっぱり消えうせている。
たしか昨晩「後巷説百物語」に☆4つつけたときは何も問題なかった……はず。
だがこのザマはなんだ。
おすすめ商品も「ほしいものリスト」しか判断材料がないので、
持っているものばかり並んでいる。

これはいったいどういうことかと。
しばらくするとAmazonで購入した商品だけが「もっている商品」に加えられた。

amazon_mysore_delete_02.jpg


これはなにか。
うちで買ったもの以外は評価すら許さないと。
そういう意思表示と受け取ればいいんですか?
なら「興味ない」設定もはずしておいてよ。

一応問い合わせフォームからメールしたけど、
またテンプレ謝罪に300円ギフト券で懐柔してくるんだろうなぁ。

続きを読む

ケーブルテレビのチャンネルをくるくる回していると、
bjだかJBLだかNBAだかわからないけどバスケの試合を中継していた。
見るとはなしに流していたのだが……
3分ほどしか我慢できませんでした。


理由は音。
バッシューが床に擦れるキュキュッという音が耐えられない。
ああいった摩擦音て苦手なのよね。
発泡スチロールなんてもう……。


だからインドア系は総じて×かも。
サカーは45分集中力がもたずに途中で飽きちゃうし、
やっぱり野球がいちばん性にあってるのかな?
物語も折り返し地点に近づいていき、
「あ、このシーン見た見た」と当時の記憶がよみがえる事も多くなってくる。
とはいうもののオイラはリアルタイムでは見ていないのよね。
あの時は1話でひっくり返ってそのまま見なくなってしまったから。
その後夏休みにテレ東の朝のアニメタイムで見たり、
ガノタ回帰後にTVKでの深夜再放送(1st→Z→ZZと続けていた)で見たくらい。
B000063C0U機動戦士ガンダム ZZ 5
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-04-25

by G-Tools
B000063C0V機動戦士ガンダム ZZ 6
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-04-25

by G-Tools

17話 奪回!コア・トップ
18話 ハマーンの黒い影
19話 プルとアクシズと
20話 泣き虫セシリア(前)
21話 泣き虫セシリア(後)
22話 ジュドー、出撃!!
23話 燃える地球
24話 南海に咲く兄妹愛


18話からマシュマロの妄想ではない本物のハマーンが登場し、
物語全体の空気も少しずつ締まりつつある。
また、ネオジオンの再編や、ハマーン直々の地球降下作戦など、
物語世界が大きく動くことにより、
今までのアーガマとエンドラの間でのみ行われていたような、
限定的な戦闘のイメージからマクロ視点での戦争に変わってきている。
が、まだガチャガチャした印象は払拭されない。

「大人は大人は」と青臭い御託を並べ騒ぎ立てるガキもうざいが、
そんなガキを戦争行為に引きずり込んだブライトたちにもイラっとする。
かえってメッチャーやウォンらの方が、わかりやすい小悪党で好感が持てる。
なんというか本当の意味での「大人」がいない作品だなと思わされる。
それはもしかすると子供受けを狙うためにあえてそうしたのかもしれないが、
やはり子供に対して教え導く存在というのは必要だと思うけどなぁ。
ブライトも急にヘタレになっちゃうし。
そういう意味ではGXはいい作品だったよなぁ。
押し付けるのでも、ちやほやするのでもなく、共に成長していくといった感じで。

■関連記事
眠くなってくる: 機動戦士ガンダムZZ12~16話感想
お寒い:機動戦士ガンダムZZ5~11話感想
しょっぱなから痛いなぁ:機動戦士ガンダムZZ感想2~4話
悔しいけど僕は富野信者なんだな……
富野アニメ第一話大横断第十一回
2008.04.20
20080420122651
雨降りそう
オイラは自室でTVを見るときはPCに内蔵されているチューナーを利用してみています。
もともと自分のTVはあったのですが、
親父に強奪されてしまい、それ以来PCでTVを見る習慣がついてしまいました。

ところが2月にメモリを増強して以来どうも動作が不安定だ。
数分経つと画面が静止してしまう。
チャンネルを変更すると戻るのだが、またしばらくすると停止してしまう。
メモリとの相性が悪いのかどうかわからないが以前はこんなことはなかった。

だが不具合はどんどんひどくなる。
今では数十秒すると画面が停止してしまうし、
そのまま放置するとチャンネル変更でマシンが強制終了してしまう。
これじゃあオチオチTVも見ていられないよ……

と思ったけどあんまりTV自体見ないからそれほど問題はない……のか?
CSは居間のTVでしか見られないし。
先日5冊も本を衝動買いしたというのに、
今日もいろいろ買ってしまいましたよ。

4198927596プロ論。 才能開花編 (徳間文庫 ひ 21-2)
B-ing編集部
徳間書店 2008-03-07

by G-Tools

これは以前に紹介した富野のコメントが収録されているもの。

4796654410小さな工夫でプロ級に!デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書)
荻窪 圭
宝島社 2006-09

by G-Tools

これは最近デジカメを買い換えたから。
同様な本とパラパラ見比べた結果これにしたんだけど、
なんかハズレっぽい。

B0009JCW1Cデビルズタイド
ジョン・リス=ディヴィス ジャンカルロ・エスポジート ディラン・ニール
アルバトロス 2005-07-02

by G-Tools

最近お気に入りの中古DVD屋で。
UMAものってだけで飛びついた。

そして……

ヒメブレン!

ようやく買えたよ。
イシュタルはもうどこにもなかった。
高い送料払ってネットで買うしかないかな……。

で、この箱絵って富野直々に監修してるのね。
だって……
200804181649000.jpg
ほら、書いてある。

よ~しパパ、ヒメブレン気合入れて組み立てちゃうぞ~

なんてやってたら久々にブレン見たくなってきた。
まだZZが途中だというのにさ。
B000Q366ZYブレンパワード リマスターBOX
白鳥哲 富野由悠季 村田秋乃
バンダイビジュアル 2007-08-24

by G-Tools



■関連記事
文庫化
まさか……そんなのありえないわ……
富野が出てる単行本
もはや鑑賞というよりは消化といった状況なのよ。
でも富野信者としての務めだから頑張って最後まで見続けるのよ。
B00005Y0ZK機動戦士ガンダム ZZ 3
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-03-25

by G-Tools

B00005Y0ZL機動戦士ガンダム ZZ 4
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-03-25

by G-Tools


12話 リィナが消えた
13話 妹よ
14話 幻のコロニー(前)
15話 幻のコロニー(後)
16話 アーガマの白兵戦



相変わらずクソガキどもはガチャガチャ騒がしいし、
アクシズ側もマシュマロにしろゴットンにしろキャラにしろ、
お前ら本当にグリプス戦役を戦ったのと同じ組織かと疑いたくなるほどのアホばかり。
いつまでこんなくだらないドタバタ劇を続けるつもりなのだろうか?
そもそも何ら訓練もしていないガキどもが、
なぜにああもスイスイとMSを扱えるのだろうか?
2話3話あたりのZを動かすのもやっとだったジュドーの描写と、
イーノやエルらのMS扱いは天と地ほども違う。
「ニュータイプ」という言葉を便利に使いすぎている。

何よりもアーガマとエンドラしか(しかもアホなやり方で)戦闘していないため、
どうしてもこの2艦だけでゴチャゴチャやっている印象を受ける。
物語の深みに決定的に欠けており、背後の世界が全く見えてこない。
そういう点ではムーンムーンは蛇足的な話ではあったものの、
初めて第3者が登場したことにより物語世界が少し立体的になったように感じられた。
が、その後の回でまたドタバタ喜劇が始まってしまっては……。
でもまぁ所詮は劇場版7部作から切り落とされた作品だしね。
富野にとっても「いらない子」なんだろうし。

これほどまでにZZがガチャガチャして落ち着きがなく、
また寒いギャグが滑りまくっているのはどうしてだろうか。
おそらくは富野が逆襲のシャアの準備に取り掛かっており、
チェックすることもなく遠藤明範氏以下若手に一任していたのではないだろうか?
そんなことをギムGにメールで報告したところ、
「逆に富野が関わっていたからこそ寒いギャグが続くのではないか。若手に一任していたらあれほどまでに寒くはならない」との指摘を受けた。
なるほど。そういう見方も出来るよな。
富野が張り切って「明るく子供に受ける」を意識しすぎて、
逆に滑りまくってしまったという。
どちらにしろ笑えないのは事実。

それからブライト艦長とエマリーさんのlove affair。
子どものころ見たときはもっと大人でスマートな関係に見えたけど、
今見るとリア厨並みの幼稚なラブコメ劇だな。

■関連記事
お寒い:機動戦士ガンダムZZ5~11話感想
しょっぱなから痛いなぁ:機動戦士ガンダムZZ感想2~4話
悔しいけど僕は富野信者なんだな……
富野アニメ第一話大横断第十一回
というわけで。
昨日書いた荷物が早速到着いたしました。
もちろん20日発売の「オタク学入門」も。

早速本文すっ飛ばしてトミノトミノ。
シャア専用ニュースさんで紹介されていた対談の裏話からして、
興味を惹かれていたのだが、期待にたがわぬ内容に満足。
その中から印象に残った部分をピックアップ。

こちらで「オタク的」とレッテルを貼って、オタクを隔離して物を考えるだけでは、現代の病巣は見えてこないと思うな。むしろ、「オタク的」にしか物事を考えられない、その辺にいる普通の人々の方が、今はものすごく大きい問題をはらんでいるっていうことがわかってきたんです。


だから僕が死ぬまでのテーマは、この二つのことを、岡田君が言ったような「ガンダムを通して物を考える人」に伝えるということ。つまり、一つめはスペースコロニーなんていうのはたかがロボット・アニメのファンタジーに過ぎないんだよ、ということ。二つ目は、戦争っていうのはこんなものじゃないんだよ、ということ。


僕みたいな「ばかな子」でも、いろんなことを考えた。実は「ばかな子」にはいいこともあって、視界が結構広いんだよね。僕は、物事を要領よくピンポイントで仕留められないんですよ。だから、いろんな無駄になるようなことをあれこれやってみて、たくさん経験したことから、これかな、と思うものを出して勝負してきた。この先、こうして僕が集めてきたものを、少しお勉強ができる人が選別して論理体系をつくってくれて、また次の世代でその論理を語る人が出てきてくれる。その先にもう一世代ぐらいこの論理体系に関わってくれる人が出てきたら、将来「ガンダム」的なハイカルチャーっていう柱が立つかもしれない。


「ガンダム」は三つの要素のために、一神教ではないんです。まず、「僕程度」が一生懸命考えてつくったのが「ガンダム」だから、ストーリーに絶対神なんていう万能の存在はなかった。もうひとつの要素は、僕が多神教文化の日本人だから。三つ目の要素は、僕は「ガンダム」を日本文化だけにとらわれない、世界に通じる価値観のもとで作りたいと思った。だからこそ、東洋人が想像している、迂闊な一神教というのは的はずれになるに違いないと思って、絶対にその要素をいれないよう気をつけた。


結局ニュータイプ論というのは多神教なのよ。


たとえば、現状認識レベルでは、僕は「ガンダム」のカリスマで、教祖かもしれない。その認識自体は、僕にとっては嫌なことなんです。でも、要するに「ガンダム」から始まったものが、認識論のレベルにまで高まって、人が物を理解する時に、何らかの助けになるんだったら、それはそれでいいと思うけど、それは僕という人間の価値論ではなくて「ガンダム」のことだ、と考えたいですね。つまりさ、タイトルが残る作品というのは、それで固有の価値をもつ、固有の存在になっているもので、作者は置き去りにされているのよ。


(岡田:俺、娘がいるから、もう地球はだめだとは言えないんですよ)
僕もそうだよ。だから、「∀ガンダム」を作ったんです。あの作品で、しかつめらしい終末論を唱えることから逃げたんです。だけど、一方で、永遠ではないと思っていることを伝えないのは、かなり卑怯じゃないかなって気もしてるけどね。


ニュータイプという言葉を創り出したときには、満足のいく定義ができなかった。当時はそんな自分に対して、反吐が出た。でも、十年ぐらい経って区切りができた時、ニュータイプとは、まさに全方位的に理解できる能力のことだと思った。この能力を持った人間がニュータイプたりえるんだ、とね。それから最近思っているのは「普通がニュータイプ」という表現ができる時代がついに来たんですね。社会の大多数があまりにおかしくなっているから、ニュータイプの精神が普通になってしまう。それに気づいた時、こういうふうに社会の認識を規定できるニュータイプという言葉はすごいな、と思う自分が今ありますよ。



これらの発言がどのような文脈の中で語られたのかについては、
本を買って実際に読んでみてください。


■関連記事
結局は直ってないということ
ニュータイプが地球を滅亡から救う
ASIAGRAPH2007行ってきました
一般科学
超(いいかげん)訳
いまどき引き出物のカタログにこんなのものまで載っているのか……
200804151955000.jpg
先日書いた狙っているというブツですが、
結局のところ2回入札して2回とも最高額を更新されてしまいました。
まだ予算としては余裕があったのですが、
なんかやる気を削がれてしまいそのまま撤退してしまいました。

また別のブツにも入札しようとしたのですが、
確認ボタンを押すところまできて、これまた面倒くさくなり撤退。
結局のところ何一つ落札することなく引き下がりました。

これだけ読むと物欲リミッターも回復し自制できるようになったかのように思われるでしょうが……



amazonで衝動買いしちゃった。(∀`*ゞ)テヘッ


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!  駄目だこいつ
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ      早くなんとかしないと……
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


買ったのは以下の5冊。

4101344515オタク学入門 (新潮文庫 (お-71-1))
岡田斗司夫
新潮社 2008-04-25

by G-Tools

4796661557サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
春山 昇華
宝島社 2007-11-09

by G-Tools

4796663096サブプライム後に何が起きているのか [宝島社新書] (宝島社新書 270)
春山昇華
宝島社 2008-04-09

by G-Tools

4061497766「日本」とはなにか (講談社現代新書)
神野志 隆光
講談社 2005-02-18

by G-Tools

4141894427ハートで感じる英語塾 英語の5原則編 (語学シリーズ NHK新3か月トピック英会話)
大西 泰斗 ポール・マクベイ
日本放送出版協会 2008-02

by G-Tools


あ、でも聞いて聞いて。
ギフト券つかったから実際の支払額はヤフオク入札の予算とほとんど変わらないの。
だから行って来いでOK!(意味不明)

あ~そういえばヒメブレンもイシュタルも買ってないなぁ。
ガサラキ 1/35 イシュタルMk-2
オイラの物欲はどんだけ業が深いんだ……

続きを読む

バイオハザードX


ある惑星の巨大地下建造物を舞台に、アンデッドの群れと戦う2人の囚人の姿を描いたSFサバイバル・アクション!砂の惑星に不時着した2人の囚人を乗せたスペースシャトルのもとへ、監視機関から地下研究所に眠るXを調査せよとの連絡が入る。早速、任務を遂行しようとした2人だったが、そこで彼らを待ち受けていたのは、生物兵器の影響で狂暴化したアンデッドの群れだった…。


いや~、これまたひどい映画でしたね。
お前はそういう映画ばかり好んで見てるだろと言われてしまえばそれまでなのですが。

まずこのあらすじからしてまたもや間違っております。
「アンデッドの群れ」は登場しません。
登場するのは顔にテカテカのグロスを塗りたくったスキンヘッドのオッサン1人です。
チープとかそういった言葉では表現しきれないほどのやっつけ感が漂います。

開始早々にシャトルが墜落し、生き残った囚人2人がいきなり襲われたりするのですが、
何をしているのか説明がないため何がなんだかさっぱりわかりません。

そうこうしているうちに囚人2人が地下の廃工場のようなところに入り込み、
Xなるものを探すことになるのですが、それがなんと1時間近くも続きます。
メリハリのない同じようなシーンの連続で、
どのシーンなのか区別がつかなくなってくることもあり、
強烈な眠気に襲われてしまいました。

こんなグダグダな展開のまま終わるのかと思ったところに、
X登場!そう、グロスを塗ったくったオッサンです。
なんでこんなものを調査しようとしていたのか理解に苦しみますが、
説明はもちろんありません。
そこへ主人公を助けに唐突に女戦士が登場するのですが、
今までのグダグダっぷりに比べてあまりにも展開が早すぎて
何が何やらさっぱりわかりません。

結局のところ最初から最後まで?マークの連続で終わってしまいました。
思わせぶりでいて結局無意味なシーンが多く、
何がしたいのか何を伝えたかったのか何を見せたかったのかが、
何一つ伝わってきません。

エンディングも何一つ謎が解きあかされることはなく、
消化不良のまま終わってしまい非常にすわりが悪いです。

何よりも、幼稚なキリスト教徒が考えそうな、
絶対的悪存在という概念がもうなんとも……。
もうね、サクサクと見終って富野信者としての義務を果たしたいのよ。
だからがんばって11話までみたのよ。

B00005Y0ZJ機動戦士ガンダム ZZ 2
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-03-25

by G-Tools


5話 ジュドーの決意
6話 ズサの脅威
7話 ガザの嵐
8話 鎮魂の鐘は二度鳴る
9話 宇宙のジュドー
10話 さよならファ
11話 始動!ダブルゼータ



正直なところ内容とかあまり覚えてない。
それほど頭に残らないストーリーということだろうか。
毎回毎回クソガキ共やアホマシュマーの間で繰り広げられる、
笑えない小芝居の連続には辟易してしまう。

ギャグが全くといいほど笑えずに滑りまくっており、
寒すぎて見ていられない。
ダイターン以上にお寒い内容となっている。

現段階でははっきり「つまらない」と断言できる。
もちろんこれは作品の巧拙の部分だけでなく、
それこそ肌が合う合わないという問題もあるだろう。
大仰な見得を切ったり、お約束的なシーンの連続は、
戦隊ものやライダーシリーズといった特撮を連想させられた。
そういうのが好きな諸氏には面白いのかもしれない。

しっかしこんなガチャガチャしていたかなぁ?
富野っぽさが欠片も感じられないのよね。
上澄みだけ真似ている感じでさぁ。

■関連記事
しょっぱなから痛いなぁ:機動戦士ガンダムZZ感想2~4話
悔しいけど僕は富野信者なんだな……
富野アニメ第一話大横断第十一回
さ~て、ここのところおとなしくしていたけど、
パパまた新たなブツをロックオンしちゃったぞ~。

何を狙っているのかは無事落とせた後に。
いや、そんな面白くもないものですよ?
期待しないでね。
先日書いたとおり、散々放置してきたゲーム版ガーゼィの翼のリプレイですが、
久方ぶりに再開してみたいと思いますよ。
あまりにも久しぶりすぎてキャプチャツールの使い方を忘れてしまってましたよ。

その前に悲しいお知らせです。
このゲーム版ガーゼィの翼リプレイは今回をもって終了となりました。
詳しい理由については本文にて。

前回のセーブポイントからゲームを再開したのだが……。
セーブ日時が2/4wwwどんだけ放置してたんだ。

まずは訂正から。
前回のリプレイで、キャンプ画面の全体マップを、
garzeyswing_replay02_19.jpg
このようにしたけれども、実際にはもう1面存在していたので、

garzeyswing_replay03_01.jpg
こんな感じになる。

さてロードしたはいいんだが、とりあえず誰から話そうか。
とりあえずは右上のリーリンスたちから始めてみることにする。
garzeyswing_replay03_02.jpg
え?なに?がんばってたみたいって?
まだ聖戦士としての威厳は残っているのかな?
それとも倒してはいないものの、
積極的に戦闘に参加したことを評価されているのか……。


でもそのあとこんな目に……
garzeyswing_replay03_03.jpggarzeyswing_replay03_04.jpg
ちょ、威厳なさすぎwww

新しい情報は得られなかったので、今度は中下のエネミとセチェクに話しかけてみる。
garzeyswing_replay03_05.jpg
この2人からもほめられた。
┌─────┐
│偶 然 だ ぞ.│
└∩───∩┘
  ヽ(`・ω・´)ノ

この2人からは

・女、子供、年よりはハゲッハー越えはしない。麓の安全地帯を遠回り。
・クワンドロウは頭と一緒に山越えしたい


といった情報を入手。

次に左下の3人、コチ・カブジュ・ドモンに話しかけてみる。こんちは~
garzeyswing_replay03_06.jpg
うっひょ、聖戦士扱いwww
さらに
garzeyswing_replay03_07.jpggarzeyswing_replay03_08.jpg
うれしいこと言ってくれるじゃないの wwww

でも
┌─────┐
│偶 然 だ ぞ.│
└∩───∩┘
  ヽ(`・ω・´)ノ

ここで得た情報は、

・アナゾ・グゼイ越えをあきらめる
・川沿いに直接フスーラスクへ抜けようとオンデルが提案



今度は中上にいるエウフリオたちにおそるおそる話しかけてみるが……
garzeyswing_replay03_09.jpg
何か真剣に矢の損耗について論議中。
しかもオンデルが呼んでいるからと体よくあしらわれてしまう。
(´・ω・`)

で、オンデル、オンデル……と。
オンデルドコー???
探し回った挙句ハッサーンに声をかけたらテントまで連れてってくれた。
garzeyswing_replay03_10.jpg
矢の損耗と対騎馬軍団についてのアドバイスを求められたので、
長槍部隊による槍衾を提案。

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |    長槍部隊                 │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

オンデルから感謝されたので、いい気持ちのままもう一度リーリンスたちのところへ。
今度は以下の情報を得る。

・アシガバの追撃舞台はトゥズを迂回してきた。
今後のルートは以下の3択
・山越え→最短距離、エウフリオや武者支持
・川沿いにフスーラク入り
・東に迂回



最後にファラン・ファの相手でもしてやるか。
garzeyswing_replay03_11.jpg
ちょ、ハッサーンとリーリンスのことでからかわれたwww
しかもリーリンスのお古の下着をもらったのを見ていたらしく、
garzeyswing_replay03_12.jpg
フェラリオからパシリにされる聖戦士様www

そんなこんなしている間にフラグが立って部族会議のお時間に。
まずは聖戦士様ご提案の長槍部隊について。
やっぱり少し揉めてる。
garzeyswing_replay03_13.jpggarzeyswing_replay03_14.jpggarzeyswing_replay03_15.jpg
でもまぁ何とか収まった。
そこでクリスがこれまでとおり剣で戦うか、槍を使うかの選択。
garzeyswing_replay03_16.jpg

たしかにただでさえ鈍足のクリス。
槍を持たせればさらに遅くなるのは火を見るより明らか。
部隊に追いつくだけで手一杯となり、戦闘に参加すら出来ないかもしれない。
だがここで言いだしっぺが断れば聖戦士の名に傷がつく。
ここは槍に持ち替えよう。
garzeyswing_replay03_17.jpg

その後は今後のルートについて。

・非戦闘員と護衛隊は峠を迂回。
・戦闘員はビスケスへの入り口を押さえる。
・この地で全部族が合流。


ということが決定。
さらに後方から追ってきたアシガバと前方に待機するアシガバが合流したとか。
前方の敵については全くの不明で、峠で待ち伏せされる危険性が高い。
そこで前衛にクリスとミギラ、後衛にエウフリオという陣形に。

でね、こうやって次から次に地名が出てくると、
さもマニュアルか何かに地図があって
それを参考にしながら話が進んでいると思うでしょ?
そんなもの皆無ですが何か?
そんな地名並べられてもサパーリわかりませんよ。


これで部族会議は終了していよいよ戦闘画面。
案の定待ち伏せをされてしまったので引き返せとのこと。
また敵の指揮官を狙え。雑魚には構うなとも。
了解。ザギゾアめ、覚えてらっしゃい。

この戦闘ターンからクリスに加えてドモンを動かせるようになる。
ドモンのステータスはLV2弓 持久力250 攻撃15 防御25。
少し距離を置いてザギゾアを狙わせようとするが……
射程距離内まで1回じゃ移動できねぇ。
今回は移動して待機のみ。
クリスのほうはザギゾアに近いのだが1回の移動では隣接できず、
また移動ルートに騎馬隊が邪魔しているので、
次のターンでザギゾアに隣接できるように移動して騎馬隊を攻撃。
そーれざっくり。
garzeyswing_replay03_18.jpg
反撃も耐え忍び、次のターンはいよいよザギゾアへ。
まずはドモンが弓で攻撃。
あれ?あんま減らない……。
続いてクリスの槍攻撃。そ~れ!
garzeyswing_replay03_19.jpg
よっしゃ結構削ったぞ。
反撃にも耐える。
いける。いけるんでないかい?

次のターンもドモンがまず弓攻撃。
う~ん減らないなぁ。
クリスが槍でグサっと。お、残りわずか。
これは次のターンでいける。
反撃も耐え忍び、聖戦士様が初めて成果を残せると思った次の瞬間。
う、後ろから騎馬隊が……、らめー!きちゃらめー!!

なんと相打ち……
garzeyswing_replay03_20.jpg

なんという名誉の戦死www
まだ、おれはなにもしちゃいないんだぞ……
やっぱり
┌─────┐
│偶 然 だ ぞ.│
└∩───∩┘
  ヽ(`・ω・´)ノ

というわけでクリスが名誉の戦死を遂げたため、
このコーナーは今回で終了ということになりました。
今までのご声援ありがとうございました。
クリス聖戦士の次回作にご期待ください。

■関連記事
停滞中
ガーゼィの翼リプレイ日記 第2回
ガーゼィの翼リプレイ日記 第1回
ガーゼィの翼リプレイ日記 序章
僕の人生は「ガーゼィの翼」と関係があるんです

続きを読む

と、いうわけで。
自らに鞭打つようにZZを見始めました。

B00005Y0ZI機動戦士ガンダム ZZ 1
矢尾一樹 岡本麻弥 松井菜桜子
バンダイビジュアル 2002-03-25

by G-Tools

(1話はアレなので無視。)
2話 シャングリラの少年
3話 エンドラの騎士
4話 熱血のマシュマー




いやぁ「第1話大横断」で触れた2話はともかく、
その後は久しぶりに見たのですが相変わらず痛いなぁというのが第一印象。
TV版のZがラストはもちろん全体的に暗く閉塞的な雰囲気だったので、
意図的に方向転換を狙った反動的な明るさが、かえって痛々しく感じられる。
ダイターン3のときと同じようにギャグが上滑りしていて、失笑しかできない。

なんというかトリトンと違ってこの先が思いやられますよ。
つーかマシュマーがアホすぎる。
わざとらしすぎるコメディーリリーフは痛いよママン。

そう思うとキンゲのキャラたちは生き生きとしていたよなぁ。
腹の底から笑えたし。

■関連記事
悔しいけど僕は富野信者なんだな……
富野アニメ第一話大横断第十一回
あれだけ意気込んではじめたゲーム版ガーゼィの翼のリプレイは、完全に停滞中。
小林さんからも先日、どうしたの?放置?と聞かれてしまった。

はい。完全に放置です。
申し訳ないことです。


と、いうわけで。
なんとか1週間以内にはプレイを再開し、
1ヶ月以内にはリプレイにまとめてUPいたします。

まー口約束だけだけどな。
2008.04.08
200804082046000.jpg


いい年した喪服のオッサンがパフェ食べたっていいジャマイカ……
2008.04.08
この季節になると、自分が日本人だなぁと感じさせられる。
なにかというと桜。
だんだんとつぼみがふくらんで行くのをまだかまだかと眺めるのもいいし、
風にハラハラと舞い散る花びらにもののあわれを感じるのもいい。
P1010126.jpg

はっきりと自己主張するのではなく、
いくつもの花がそろって初めて形を成すのも日本人の性質に合っているような気がする。
そんな桜も、今日の風と雨では散ってしまっただろう。
また来年。

敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花

散り行く花を惜しんでこれでも読むか
4061589164桜史 (講談社学術文庫)
山田 孝雄
講談社 1990-03

by G-Tools

なにをする気もおきん。

「新しい記事を書く」を何時間見つめてもネタなんて浮かんでこないんだな。

ZZもどうも気がのらん。
つーかまだ見始めてもない。

はふー
特に書くことナッシング。

そんなときにはやっぱり占いが無難かと。

まずは
アニメキャラ占い


あなたの隠れた性格をアニメキャラにたとえると


フランダースの○ の ネ○
 
長所:芸術の才能有り、友達想い、逆境に強い
短所 :運が悪い、間が悪い
その他 :犬が好き、パト○ッシュ・ア○ア相性抜群



はい次~

ロボットキャラ占い


あなたの隠れた性格をロボットキャラにたとえると

ドラえ○ん

長所:物持ちいいです。なんでも持ってる、人助けが好き、人の願いをかなえたくなる
短所:ネコじゃらしに弱い、いつも最後にドジるんだよなぁ、じゃんけんに弱い、小動物に弱い(特にねずみ)
その他:甘いもの好き(ドラ焼きとか)、しっかりものの兄弟姉妹がいる(妹とか)、ド○ミちゃんと相性がいい



もひとつ~

自動車占い


あなたを自動車のパーツにたとえると


ヘッドランプ です。

昼間は、目立たない性格ですが、夜になると俄然元気になる、宴会部長タイプです。
人からは、二重人格といわれ、気分屋さんです。たまに、ぷつんと切れちゃいます。



あえてコメントはしない!

続きを読む

今日は小林さんZ31さんと3人で高崎の方まで史跡巡りに行ってきました。
お2人とはそれぞれ一緒に史跡めぐりをしたことはあっても、
3人一緒なのは初めて。
オイラが運転手でないのも初めてかも。

Z31さんにお車を出してもらったのですが、そこにはなんと文明の利器ナビ様が!
一応アナログ人間としては県内の地図を用意したのですが、
基本的にはナビ様のご指示に従う形となりました。

ところがこのナビ様。
ちょっとクセがあるらしい。
少し遠回りになっても細い道細い道に誘導しようとする。

「直進です」

Σ(゚Д゚;エーッ!道幅が車幅ほどに狭いのですが!

「左折です」

ちょ、角度きつ……しかも細い……


「まもなく右折です」
「次に左折です」
「斜め右です」

ん?
あれ?
この道は……

さっき曲がった道じゃない?
地図で確認するとそのまま直進してもこの道にでる。

だからナビ様どんだけ細い道が好きなんだ……



縮尺の小さな地図だとおよそ載っていないような神社などに行くオイラは、
一時期ナビの導入を考えていたけれども、
今日のナビ様の細道好きっぷりにはその考えを改めたほうがいいのかな?と思ってしまいましたよ。

続きを読む

2008.04.04
4/2 対オリックスバファローズ 京セラドーム大阪 観客8,616
4/3 対オリックスバファローズ 京セラドーム大阪 観客9,163
4/4 対東北楽天ゴールデンイーグルス 前橋敷島公園球場 観客17,599

08年西武ドーム 平均観客動員数 15,891


いっそのこと前橋で数カード開催したらいいんじゃない?
昨日こんなことを書いた影響か、
Amazonでこんなものをチェックしてしまった。
YAMAZEN スライドブックシェルフ(幅90) CSCS-9090(CRT)
YAMAZEN ブックシェルフ(幅90) CSBS-9090(CRT)
YAMAZEN 文庫本ラック CMCR-9060(NB)

でもね、入れ物だけ揃えたら片付くってわけじゃあないのよね。
それはいやというほどわかってる。
それで片付くならもうとうの昔に片付いてらぁ。

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  収納用品を買えば片付け上手になれる
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     オイラにもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!


でも目移りしちゃってるオイラのバカン。
その棚を置くスペースだってないのに。
もっとトータル的に考えないとダメなのに、
目先のことにとらわれて事態をいっそう悪化させるのはお得意だからなぁ。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP