HOME   »  2007年01月
RSSフィード MyYahooに追加
年明けのダメガノ新年会でギムGが「ガンスリンガーガール」にはまっているという話をした。
B00078RR0GGUNSLINGER GIRL DVD-BOX
相田裕 南里侑香 木内秀信
マーベラスエンターテイメント 2005-03-10

by G-Tools

そのときは、(;´∀`)…うわぁ…とか、(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャひゃとか馬鹿にしていたけど、
何度も話を聞かされるたびに妙な対抗意識が湧いてきて、
「じゃあ俺は同じガンアクションのノワールにはまってやる」
などと珍奇な捨て台詞をはいてしまった。
B000LMPDBINOIR COLLECTER’S BOX[LIMITED EDITION]
桑島法子 三石琴乃 久川綾
ビクターエンタテインメント 2007-03-21

by G-Tools

ノワールは5~6年ほど前に放送したアニメで、
本編は見ていないものの、番宣や主役のほーこたんのインタビューは見たことがあった。

美少女2人が裏の世界で殺しの依頼を受けるガンアクションものということで敬遠していたのだが、
勢いとはいえ言ってしまった以上見てみることにした。

♪コッペリアの柩~

あれ?なんかはまってしまいそうですよ。
俗に言う萌えシーンもサービスカットも無し。
暗い雰囲気の中ただひたすら銃をぶっぱなす。
何よりもデジタルではなくセルアニメというのが落ち着く。

やばい。やばいですよ。
この感じは今まで何度か味わったことがありますよ。
ネタで「見ちゃうぞ~」とかいいながら、
結局はまってしまうというのは。

い、いまならまだ戻れるよね。
とか思ったけど脳内で「canta per me」がリフレインしている段階で、
もう戻れないボーダーを越えてしまった悪寒。

よ~し。パパこうなったら全話みちゃうぞ~。
モウダメポ..._φ(゚∀゚ )アヒャ
オイラはいわゆるダメ映画が好きだ。

シベリア超特急シリーズは7以外すべて見ているし、
シベリア超特急1 ~悪魔が乗った殺人列車~シベリア超特急1 ~悪魔が乗った殺人列車~
MIKE MIZNO 水野晴郎 かたせ梨乃


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シベリア超特急2 ~菊富士ホテル殺人メロディ~シベリア超特急2 ~菊富士ホテル殺人メロディ~
MIKE MIZNO 水野晴郎 淡島千景


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シベリア超特急3 ~60年目の悪夢~シベリア超特急3 ~60年目の悪夢~
MIKE MIZNO 水野晴郎 三田佳子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伝説の「ジュラシックジョーズ」も持っている。
B000068W9Jジュラシック・ジョーズ
チャールズ・グリフィス サム・ボトムズ スーザン・リード
ジェネオン エンタテインメント 2002-07-25

by G-Tools


amazonでいえばレビューに星1つがずらっと並んでいる。
そんな作品ばかり腹抱えながら見てしまう。

先日も「マンモス」というダメ映画を見て
腹かかえて笑ってしまった。
(これについては後日改めて書きます)
マンモスマンモス
ティム・コックス ヴィンセント・ヴェントレスカ トム・スケリット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも思うのだがこういう趣向ってかなり世間様の基準からは外れていると思う。
一般受けする恋愛映画とかをみても退屈になって残り時間ばかり気にしてしまう。
個人で楽しむのはいいとして人様の趣向と合わせるのはかなり辛い。
もう少し一般受けするメジャー映画への耐性を身につけなければとは思うのだが、
こればかりは一朝一夕にはなんともかんとも。
こうやってどんどんへそ曲がりになっていくんだなぁ・・・。
というか逆説的に言えばへそ曲がりだからメジャーものがダメなのか?

そんなオイラが今見たいのはこれ。
T-レックスT-レックス
ジェフ・フェイヒー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

だめ~、もうジャケットだけでダメ臭がプンプン漂ってきますよ。

恐竜モノといえばこれも思い出した。
B00005HUE1ジュラシック・アマゾネス
ジム・ウィノースキー ロス・ハーゲン リチャード・ガバイ
ジェネオン エンタテインメント 2001-02-23

by G-Tools


あまりのひどさにジェネオンが弱腰になったのか、
ジャケットに
「本作品を一般の人々がご購入・ご覧になられますと激しい怒りを感じてしまうことがあるかも知れません。あらかじめ慎重にご検討くださいますようお願い申し上げます」
と注意書きを入れた伝説の一作。

よし、久しぶりにプレイメイトのエロシーン以外やる気のない演技と、
高校映研以下の特撮技術を楽しんでみようかな。

続きを読む

2007.01.29
一週間ぶりにSeven Ancient Wondersに目を通してみた。
ここのところ1日1ページの約束を忘れてさぼっていたから。
Seven Ancient WondersSeven Ancient Wonders
Matthew Reilly


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ところが・・・
うわ、なんか全然リズムつかめない。乗っていけない。
語学は少しサボると如実に感覚が鈍るって聞いたことあるけどホントだ。
これからはサボらないようにしないと。

次に注文した本もそろそろ届くというのに。

Σ(゚Д゚;エーッ!
また本買ったの~!!

なにもかもスマン。
オイラの部屋の壁には空白地帯がある。

それは例年ならカレンダーが掛かっている場所。
もう1月も終わりに近いというのに、いまだにカレンダーをかけていない。

カレンダーがないわけではないが、好みに合う様なものが無い。
市販のカレンダーは写真が大きく日付部分が少なすぎるものが多い。
実はライオンズのカレンダーを買おうとしたが、
写真ばかりで日付が小さかったのでスルーしていた。

例年ならばJRAのカレンダーが掛かっている。
年末の有馬記念の馬券購入は我が家の恒例行事でもあるので、
家族の予想を取りまとめたオイラが買いに行き、
そこでカレンダーを買うのがいつものパターンだった。
写真も大きいが、開催予定表にもなっているので日付部分もしっかりしている。
毎年重宝していた。

ところが一昨年は体調不良で、昨年はネット投票で買ったのでJRAカレンダーを買えてない。
昨年はたまたま貰った印象派の作品が描かれたカレンダーが、
なかなか使いやすそうだったのでそれを掛けていた。
ところが今年はそういうよさげなものもない。
いまだ空白になっている。

このままだと不便だから早く準備したいのだが、
どうにもこうにも・・・。
そういえばこの前のダメガノ新年会のときによさげのがあったら買おうと思っていたのに、
スカーリ忘れて遊び呆けてしまっていたよ・・・。
今まで使っていた掃除機がぬっ壊れたので、新しい掃除機を少し前に買った。

我が家では元々あった掃除機に加え、
オイラがかつて一人暮らしをしていたときに使っていた掃除機の二台があった。
今の家に引っ越したときに、もともとあったのを2階用、
オイラが使っていたのを1階用にして使い分けていた。

それが1年ほどして1階の掃除機があぼ~ん。
2階の掃除機を使いまわししていたが、それもとうとう壊れてしまったのだ。

新しく買ったのはサイクロン掃除機


いや、これいいよ。
軽くて持ち運びやすし、ぐんぐん吸われていく感じ。
かけていて気持ちいい。

毎朝布団を上げたあとに、窓を全開にして空気を入れ替え、
サーッとかけるのが日課になってる。
なのにガンプラやフィギュアがいつも埃まみれな件について。
ダスキンもきちんとかけてるのに・・・。
歴史読本の先月号を読んでいた。
B000LRYATO歴史読本 2007年 02月号 [雑誌]
新人物往来社 2006-12-22

by G-Tools

記事を読み進んでいくうちに、
以前連載していた記事の単行本の広告があった。
なかなか面白い記事だったので、
読みこぼした部分(毎月買っているわけではないので)を読んでみたくなり興味を覚えた。
が。
値段を見てびっくり。
古代技芸神の足跡と古社古代技芸神の足跡と古社
菅田 正昭


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

( ゚д゚)ポカーン

ちょ、なにこの値段。
吉川弘文館とか山川出版から出ている専門書ならそれくらいのお値段するけど、
歴史読本元ネタよ?なによこの値段。ふざけてるの?
こりゃスルーだわ。
神保町のワゴンに出たら買ってもいいかな。

こっちでさえまだ手を出せずにいるというのに。
リーンの翼 解析設定資料集リーンの翼 解析設定資料集
ポストメディア編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

富野といえば、これも
機動戦士ガンダム 連邦SIDE機動戦士ガンダム 連邦SIDE


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これも
機動戦士ガンダム ジオンSIDE機動戦士ガンダム ジオンSIDE


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これだってスルー。
機動戦士Zガンダム A  NEW  TRANSLATION -Legend of Z-機動戦士Zガンダム A NEW TRANSLATION -Legend of Z-


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

費用対効果を考えるとおいそれと手は出せないよ。
むしろ毒電波中毒から開放されて富野探求欲がダウンしているのかも。
金曜日はFLAGの配信日。
ということで今日から配信開始の9話「ゲルと大地」を見た。

今回の話はこれから始まるラポー一派との対立に向けて、
ワンクッション置く形になるインターミッションなエピソード。
前回のロンクーとの戦闘で負傷した遊牧民の民間人を、
ゲルに届けそれに同行した白州が遊牧民とともに過ごし翌朝別れるというもの。
前回出てきた「内と外」という対立軸では視点を外に移すことになる。

遊牧民の間を巡回医療する伝統医療の医師と行動を共にする白州。
そこで目にした末期癌の老婆のもとを訪れたときの医師の言葉が今回の肝のように感じられた。
「おばあちゃんは今までどんな楽しいことがあったの?」という白州の質問に、
「いっぱいあった」と答える老婆。写真について尋ねる白州に、
「ちゃんと目の奥に焼きついている」と答える老婆。
それに対して「写真も同じだ。シャッターを押した瞬間からそれは過去になる。しかしいい過去がたくさんあるということは、それだけよく生きたということだな」と語る医師。
7話で一柳から投げかけられた「お前にとって写真とは何だ」という問いの、
答えになる手がかりがあるような気がする。
しかしこの医師もラポーとのつながりがあるとは…今後また出てくるのだろうか?

とにかく外からの視点ということもあり全編に穏やかな流れが感じられた。
最後の老婆を囲んでの記念写真もまた一つの「いい過去」になるのだろう。

そんな白州とは対照的にスヴァシの赤城たちはどんどんと緊張感を増していく。
数を増やし飛び交う偵察機、嵐の前の静けさのように静まり返るラポー周辺。
白州が基地の外でのんびりとした時間を過ごしているだけに、対照的に緊張感が感じられた。

中に視点を移すと今度は現場と本部という新たな対立軸が生まれてくる。
メタゾン寺院跡での作戦失敗は作戦そのものにあるが、
それを立案した参謀部の責任を回避するために、
本部は実際にハーヴィックを破壊したニッカネン中尉をスケープゴートにしようとする。
それに対して強い憤りを覚えるクリス隊長。
(ちなみにコックは隊長を「お嬢さんが怒ったって?」と言っている。)

次回ではついに現場と本部の対立、現場の反発・暴走という、
ありがちといえばありがちな展開になるらしい。
サブタイトルは「シーダック+1」。
この+1は白州のことだろう。
さて、シーダック隊員たちとの距離感を縮めたはいいが、
撮影者としてのニュートラルな立ち位置を忘れつつある白州。
どうなるか来週が楽しみだ。

がんばってなんとか訳してみた。
かなり意訳になっていると思うからそこのところは勘弁してくれ。

ちなみにいろいろと厄介なことになるので原詩は載せないぽ

始まりと終わり
始まるがごとくに終わっていく
始まりと終わり
我らはきっと再び故郷をみつける
始まりと終わり
我らの源にして運命
始まりと終わり
地球で再び暮らすのだ!

長い間、このときをじっと待ち続けた
宇宙(そら)から我らの定めを再び見出した
我らが母なる地球よ、汝を待ち望んでいた
生きとし生けるもののみずみずしさに満ち溢れた汝を
暗闇と星星の彼方から
我らはいつの日か貴方の元へ舞い戻るであろう
すべての黒歴史を思い出し、日の光を肌で感じよう

始まりと終わり
我らはきっと再び故郷をみつける
始まりと終わり
我らの源にして運命
始まりと終わり
地球で再び暮らすのだ!

嗚呼、山で、海で、緑の大地で、
爽やかな空気を胸いっぱいに吸い込み暮らそう
我らが母なる地球よ、汝を待ち望んでいた
生きとし生けるもののみずみずしさに満ち溢れた汝を
雲は水を運び、滝となって流れる
日の光を照り返す海で我らは泳ぐ

日の光の中で泳ぐ
金色に輝く我らが太陽

暗闇と星星の彼方から
我らはいつの日か貴方の元へ舞い戻るであろう
すべての黒歴史を思い出し、日の光を肌で感じよう
日の光を感じるんだ

もっと光を・・・




何もかもスマンカッタ。
本当に国語力の無さを痛感・・・。

やっぱりね、英文を読むのと、それを日本語に訳するのは別物よ。
読んでるときは日本語ではなくイメージでつかんでいるから、
それを訳すのには日本語として意味が通じるように再構築しなけりゃならない。
ムズカチー。

がんばろーね
∀のサントラVol.2に収録されているALFA AND OMEGAをなんともなしに聴いていた。
B00003WG4G∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 2
TVサントラ 西城秀樹 井荻麟
キングレコード 1999-11-03

by G-Tools

前々から好きな曲ではあったのだが、改めて歌詞を確認しながら聴いてみた。
すると、ムーンレイスの地球への切なる願いや、
地球に戻れることへの祝福に満ち溢れた曲であることに初めて気がついた。
「To remember all your hidden treasures」なんてマウンテンサイクルのこと?
あえて古語の「Thee(汝)」を使っていたりと興味深い。



なんてことをギムGにメールしたら、
「清水真砂子ばりに超訳しろ」とのこと。
( ̄д ̄)エー

じゃあここは戸田奈津子ばりに「~で?」「~を?」と
すべて中途半端な疑問系でまとめてみるか。
2月3日の節分を来週に控え、スーパーやコンビニなどでは、
恵方巻の広告を打ち始めている。
だが、それらを見ていてあれ?と思った。
今年の恵方について「北北西」としているところが多い。

そもそも恵方とは陰陽道でいう歳徳神のいる方向のこと。
歳徳神とは別名「お正月様」とも呼ばれ、
数え歳の年齢をもたらし、稲の稔りをもたらす性格の神である。
この方角は東西南北を二十四で分割した二十四方位のうち、
その年の十干によって甲・庚・丙・壬の四方位のどれかにあてはめられる。
今年は丁亥(ひのとい)なので恵方は壬=北微西にあたる。
北微西は北北西と北の間の方位。北北西ではない。
そもそも二十四方位には北北西は存在しない。

北微西という方角がわかりにくいことは確かだが、
民俗宗教を商売に利用するならそういうところはきちんとやってくれよ、
と民俗学好きからすれば思ってしまう。
またも風邪引いた。
熱っぽく顔は真っ赤だし節々が痛いし頭が痛いし目が回る。
あやうくオカマ掘りそうになって、
あわててドラッグストアへ。
状況を薬剤師に相談し眠くならない漢方系の薬と、
これまた漢方系の「熱があるときの栄養ドリンク」を買う。
これでだいぶ楽になった。
でもまだビミョー。ぶりかえしそう。

ねるぽ。
2007.01.22
昨日のNHKのサンデースポーツをボーっと見ていたら、
今年からベイスターズに移籍した工藤投手のインタビューをやっていた。

工藤はライオンズ出身ということもあり好きな選手で、
1986年の日本シリーズでの流れを変えたタイムリーが今でも印象に残っている。
FAでライバル球団のホークスへ、そして大嫌いなジャイアンツへ移籍したが、
他のFA選手と違い工藤自身を嫌いになることは無かった。

工藤も今年の5月で44歳をむかえ、
「ハマのおじさん」として新天地でシーズンを迎えようとしている。
そんな工藤のインタビューの中で、ホークス時代のことに触れていた。
ホークスでの思い出に残っているのは、王監督との出会いと藤井の存在だったという。
「この球団を強くしたい」という思いから、若手に対して厳しい言葉を何度も口にしたが、
そんな工藤と若手の間に立って調整役をしていたのが藤井だという。
大幅減俸を飲んでの移籍を承諾したのも、
「投げたくても投げられなかった藤井の分まで投げたい」という思いがあったからだという。
思わず泣きそうになった。
31歳という若さで逝った藤井。
彼の存在が当時のホークス選手にいつまでも残っているのだと感じられた。
(そういや一番の親友だった若田部はいまいずこ。寺原も若田部化しそう)

正直誰かさんに聞かせてあげたい言葉だった。
野球選手を評価するのはたしかに年棒だろう。
でもそれだけがすべてじゃない。
野球をやれる環境というものに感謝しないと誰も拾ってくれないよ。

ちなみに藤井選手についてはこちら
やっぱり思いついたネタはメモっておかなくちゃダメね。
自分の記憶力のなさというものをほとほと痛感しております。

いやね、「今日はいいネタがあった」と思ってたのよ。
でも、いざ実際に書こうと思ったら何がなにやらサパーリ。
年齢を追うごとに物忘れが著しくなってきている。
やっぱり若年性アルツ?
そうとしか思えないようなひどさ。

忘れるってレベルじゃねえぞ。
2007.01.22
久しぶりに暴君ハバネロを食べた。

やっべ辛・・・

ここのところ激辛を食していなかったせいか、
これしきでハフハフしてしまうほど耐性がダウンしてしまっているらしい。
なんだか胃も痛みを通り越してトランス状態になってくる。
これってエチオピアで60倍以上を食べたときにしか感じたこと無いのですが・・・。
ランナーズハイならぬ激辛ハイ。

こんな程度でハイになってしまうとは・・・
もう少し鍛えなおさないといかんかも。
サドンデスソースもここ1ヶ月ほど放置状態だし・・・。





(・∀・)つづらに入れて分配!!
ここのところ一時のガンプラ熱のように、
映画をよく見ている。
たぶんこのまえのダメガノ新年会のときに、
「ウラ関根TV」の話題が出て、
その後1回~最終回までざっと目を通してしまったからだろう。
溜め込んだDVDとかを消化「せねば」と義務感があるのも事実。

で、みたもの。
B00009V9OJレジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍/方世玉
コーリー・ユン ジェット・リー ミシェル・リー
ジェネオン エンタテインメント 2003-08-02

by G-Tools

たしか「ウラ関根TV」で紹介されていたもの。
ちょっとおバカテイストのカンフー映画。
主演は中村繁之ではありません。

そしてつぎ。
B00005EDM7王立宇宙軍~オネアミスの翼~
山賀博之 森本レオ 弥生みつき
バンダイビジュアル 1999-08-25

by G-Tools

いまさら。あまりにもいまさらな作品。
でも正直色眼鏡で見ていた部分があったけど、
素直に面白かった。
特に注目したのが言葉の問題。
王国と共和国では使われている言葉が違うというのは、
当たり前のようで実はあまりされていない表現。
アニメ実写を問わず言葉の問題は粗雑に取り扱われており、
違う文化圏に属するもの同士が何の差しさわりもなく会話できてしまったりする。
実は今はまっているFLAGもその点だけが唯一の不満。
以前リュック・ベッソンの「ジャンヌダルク」で、
ジャンヌ役のミラ・ジョヴォビッチが「Follow me!」と叫んでいるのを耳にして、
この人は馬鹿ではなかろうかと本気で思った。
あの作品の舞台は英国と仏国が戦った百年戦争。
どうしてフランスの救世主であるジャンヌが英語を使うのか理解に苦しむ。
そういう点だけでもこの作品は評価できると思う。

そして今のところ今年のベスト・オブ・馬鹿映画。
B000JBXGF6ツタン・カーメンの秘宝 EPISODE 1:失われた王宮
キャスパー・ヴァン・ディーン ラッセル・マルケイ レオノア・ヴァレラ
ビデオメーカー 2006-12-23

by G-Tools
B000JBXGFGツタン・カーメンの秘宝 EPISODE 2:太陽の王子
キャスパー・ヴァン・ディーン ラッセル・マルケイ レオノア・ヴァレラ
ビデオメーカー 2006-12-23

by G-Tools

もう最高。腹抱えて笑った。
特にフルアーマーツタンカーメン(命名オイラ)。
ビジュアル的にもきっついものがあるし、
内容的にもトンデモすぎて腹痛い。
当然ながらラストもご都合主義。
後半のエピソード2では「どう突っ込みを入れるか」という視点からも考えてみていた。
「出た!パントマイム!」とか
「はい、死んだ」とか。
あ、でも考古学をモチーフにした冒険活劇という点では、
「インディ・ジョーンズ」につながる部分があって面白い。
あ~、いいもの見た。
なんだか頭が痛いし熱っぽいし節々がいたみます。
どうみても風邪です。本当にありg(ry。

つーことでガンプラ並べてみた。


あ、いや、何が「つーことで」なのかはげしく意味不明だな。
いや、あのさ、いつだったかガンプラ封印箱整理したのさ。
そのときに今まで―といっても回帰してからの話だけど―組んだガンプラを、
勢力ごとに整理してみようかなぁとか思い立って写真撮ったのさ。
いつかネタの無い日に使えるようにって。

で、それを今日使おうと。

まずはジオン脅威のメカニズム
gunpla_zion.jpg
ほとんどがザクさんです。はい。

そしてせいぎのみかたのれんぽうぐん。
gunpla_ussf.jpg
しょぼ・・・。でも実はガンダムは接着こそしていないものの、
われながらなかなかの出来だと思ってる。

そしてティターンズ
gunpla_titans.jpg
どうみてもギムGからもらったキットです。
本当に(ry
つか昨日のヘイズルといい、あいつ実はティターンズ派なんじゃね?

エックソのフリーデン。
gunpla_freeden.jpg
オレ、神様信じる!

そして変態兄弟の機体。
gunpla_hentai.jpg
どうみてもどれもこれも壊れてます。
本当n(ry

最後にターンエー
gunpla_turnx.jpg
うん。シド・ミード最高。
組みながらこのパーツがどの部分にあたるのか全く読めないって逆にすばらしいんじゃね?
カトキ厨にはわからんのであります。

ま、このあとオチもあるのですがそれはまた別の場所で・・・。
本日より配信開始のFLAG第8話「XR-2 ロンクー」を見ました。
とうとう例の敵2足歩行ロボットが登場。

タイトルにもなっているこの「ロンクー」は、
中露が共同で開発した二足歩行兵器とのこと。
それがなぜ敵武装勢力によって使用されているのか謎が深まりますよ。

今回の肝と思われるのは2つ。
まずストーリー展開上の肝は、前回から続く「異物」という存在。
オロウカンディの哨戒飛行に同行した白州は、
基地近くに暮らす遊牧民の姿を間近で見て、
「こんな基地の近くになんでもない普通の生活が、なんでもなくあるなんて不思議な感じ」
と漏らすが、逆にオロウカンディから、
「もともとここで生活していたのは彼らのほうです。私たちの基地の存在のほうが異物なんです」
と教えられる。
この内と外の価値観の逆転。
内では異物であるものが、外では普通であり、
外では異物であるものが、内では普通となる。
そういう意味では白州という存在は内でも外でもない、
マージナルな存在といえるのではないだろうか。

もうひとつ「異物」という存在が台詞に出てくる。
新しいハーヴィックになぜ蛾のマーキングをしないのかと、
白州から尋ねられた一柳が答えた台詞。
「あれを描くのは俺の機体だけだ。こいつはまだ俺を認めちゃいない。こいつにとって俺はまだ異物なんだ」
というのも、このハーヴィックは神経の電気信号を直接コントロールに用いており、
サイコミュのように頭で考えただけで動かすことが出来る。
が、それゆえデフォルトの設定では手足のように動かすことは出来ず、
パイロットごとにマッチングをする必要がある。
それがすまなければ「異物」ということなのだろう。

もうひとつの映像上の肝はなんといってもロンクーとの戦闘シーンだろう。
今までも戦闘シーンはあったが、ハーヴィックの一方的な攻撃が多く、
スペクタクルには残念ながら欠けていた。
だからこそリアリティがあったとも言えるのだろうが。
だが、今回の戦闘シーンは鳥肌が立った。
基地に接近するヘリ3機に対し哨戒飛行を行うヘリに同行する白州。
基地からは対空車両4両が出撃する。
しかしヘリから降着したロンクー1機により3機が被弾。
そしてハーヴィックとの交戦に突入。
横っ飛びで弾着を避けるハーヴィックや、
腰部回転で弾着を避けるロンクーなど、
その動きに見入ってしまう。
とはいっても、いわゆる作画マニアがうなる様な動きではなく、
リアリティに基づいた重ったるい動きではあるのだが。
クライマックスは一時動作不能になったクリスのハーヴィックを援護する哨戒ヘリに、
ロンクーが照準を向ける場面だろう。
デフォルトのまま出撃した一柳が後方より援護射撃。
さらにロンクーを撃破しようとするが、
後方の民間人に気づいて攻撃をためらう。
結局その間にロンクーは回収されてヘリは撤退するのだが、
ヘリとハーヴィックとの戦闘を含めて、
一連のシークエンスには興奮した。

でも今回一番驚いたのは・・・
senkousya_flag.jpg
先行者キタ――(゚∀゚)――!!

ちょ、おま、www

国連軍の二足歩行ロボットについて探りを入れる赤城がつかまされたガセ情報の画なのだが、
正直いまさら感がタプーリ。
気がつけば今日はもう木曜。
明日は金曜日になってしまう。
本当に時のたつのが早い。

で、明日はもうFLAGの8話の配信日ですよ。
7話はローカルにぶっこ抜いてライセンス引っ剥がして保存したからいつでも見られるけど、
なんか1週間ごとに配信とはなんかもったいないような。
前は1カ月おきじゃじゃなかったっけ?

いよいよ8話からは敵さんの2足歩行型ロボット、
「XR-2 ロンクー」の出番ですよ。
パット見の第一印象がショートサーキットだったアレですよ。
ロンクーってどういう意味なんだろうね?
語感からして中国語?
まぁ、シリーズ構成の野崎さんによると舞台はチベットをイメージしているらしいし、
そもそものウディヤーナ内戦の原因は人民解放軍の軍事的介入だからそうだろうとは思うんだけど、
中央アジア的な響きも。
まぁ、それも明日配信の8話を見ればわかるかな。
2/23まで毎週金曜が楽しみだ。
そういや1話あたりの視聴料を200円引き下げたのは、
毎週配信になったから?
ブログのようなものを2年もの間一日も休まずに毎日毎日続けていると、
こんな日もたまにありますよ。
ぶっちゃけた話、取り立てて書くようなネタがありません。
ごめんね、何の変哲もない日常で。

あーそうだ。本の日焼け防止にこんなバンダナをカバー代わりにしたよ。
200701172215000.jpg
何もかもスマン。
こんな愚かな漏れを撃て。

でね、ダメガノ新年会のときにも話したネタを。

まずは今読んでいる「Seven Ancient Wonders」がトンデモでおバカすぎて素敵過ぎる件について。
0330426575Seven Ancient Wonders
Matthew Reilly
Pan 2006-08-04

by G-Tools

まーどういう内容かというと、150ページ強読んだところまでをまとめてみると、

まず太陽にはTartarusSpotという周辺温度が極めて高い黒点があり、5000年に一度くらいの周期で地球面に出現する。この黒点が出現すると地球の表面温度は110℃近くにも達し、川は干上がり極冠の氷は溶け出して海水面が上昇して大洪水を引き起こす。過去に地球上で起こった大洪水は、ノアの箱舟の大洪水を含みみなその黒点活動により引き起こされたものだ。その黒点が2006年の3月20日に出現するんだ!!


(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

ただ前回のB.C.2570年の出現時には特に大きな洪水は起こらなかった。実はそのときにエジプトではピラミッドが作られていたんだが、この黒点活動が終わるととたんに作られなくなったんだ。そのピラミッドのなかでも最大のギザのピラミッドの頂上には、実は冠石が起かれていたんだがそれは黒点活動が終わるといずこへとも無く下ろされてしまった。じつはその冠石に太陽熱を吸収して表面温度を下げる仕組みが秘められているらしい。それだけでなく、これを手にしたものは世界を手にする力を持つことができるらしい。その力を求めて、カエサルも、アウグストゥスも、ナポレオンも、ヒトラーも冠石を探していたんだ。でも歴史上これを手にした人はただ一人、それがアレクサンダー大王なんだ!!


(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

アレクサンダー大王はエジプト遠征のときにシワの神官に会って、彼から冠石を託されたんだ。その冠石は小さなピラミッド状のものなんだけど、それを水平に分割して7つのパーツに分けて、「世界の七不思議」建造物の中に埋め込んで隠したんだ。さらにアレクサンダーの帝国を分割したエジプト領を継いだプトレマイオスは大王の死後イムホテプに命じて、崩壊した建造物の遺物からパーツを集めて罠の中に隠したんだ。


Ω ΩΩ< な、なんだってー!!

そのパーツがどこに隠されたのかは、シワの神官だけが読める文字で書かれている。この文字はシワの神官の血を引く人間が10歳になると自動的に読むことが出来るようになる古代文字で書かれているんだ。実はこの冠石の存在とパワーをしった仏・独・伊・バチカンの欧州四国同盟を率いる悪の司教デルピエロは、夫のDVから逃げ隠れていた妊娠中の神官の妻を誘拐、生まれた子供を奪って古文書を読み解かせようとするんだ。バチカンにはこの古文書のコピーがあるからね。それに対アメリカも黙っていない。大統領の命令だけに従う直属部隊を派遣して冠石の行方を追う。このパワーゲームに世界を巻き込ませまいと、豪・愛・新・加・西・アラブ・ジャマイカの小国同盟がそれぞれエリートコマンドーを投入し、実は双子だった神官の子供を守りながら彼女が古文書を読み解けるようになるのを待つんだ。そこにしばらくするとイスラエルのコマンドーも参加してチームが結成される。そして彼女はあるとき今までなぞだった文字が読めるようになって、パーツの隠し場所を指し示す。いま、3つ巴のお宝探しが始まる!!

ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…
まーこんな内容なんだけどすごいでしょ。
オラ、トンデモすぎてワクワクしてきちゃったぞ。

実は日本語訳も出ているからぜひ読んで味噌。
41520875527ワンダーズ 上巻
マシュー・ライリー 飯干 京子
早川書房 2006-08-25

by G-Tools
41520875607ワンダーズ 下巻
マシュー・ライリー 飯干 京子
早川書房 2006-08-25

by G-Tools

まー訳しだいで面白みが半減されてしまうおそれはあるが・・・。
腰の状態はダメガノ新年会を終えて、かなり楽になってきました。
これも皆さんとお会いすることが出来、
楽しいひと時を過ごせたためと感謝しております。














つーかさー、腰痛って絶対うつるよな。
オイラはeiタソの腰痛メール見て痛くなったし、
新年会ではほえが腰痛を発症。
なにこの弱腰軍団。
土曜日のダメガノ新年会のときにこんな本を買った。
4583614292NEVER GIVE UP大逆転!―Sports Spirit Special!
ベースボール・マガジン社 2006-12

by G-Tools

WBCから甲子園、はたまた都市対抗や東都にいたるまで、
今年の野球の大逆転劇を紹介している。

記事はそれだけでなく過去の大逆転劇も紹介し、
最近では寺本がマウンドで泣き崩れる姿が印象的だった、
98年夏の甲子園準決勝での横浜-明徳義塾戦。
96年のメークドラマ。
古くは神様仏様稲尾様でおなじみの58年西鉄-巨人の日本シリーズなどなそ紹介している。

で、それを読んでいてふと気がついた。
話は変わるがガイア・ギアのサウンド版にはジャック・ブルームというキャラクターが出てくる。
そのジャック・ブルームという名前がこの本に出てきた。
それは63年のペナントレースで13ゲーム差をひっくり返して、
西鉄が優勝を収めたことを紹介した記事。
その中に対戦相手の近鉄の紹介に、
「2年連続首位打者のジャック・ブルーム」
とある。
NPBのサイトで調べてみると、
61年に401打数150安打の.374で、
62年には439打数147安打の.335でそれぞれ首位打者に輝いている。

サウンド版のシナリオを書いたのは遠藤明範氏だが、
氏が近鉄ファンでそこからとったのだろうか?
でも同じような名前の映画監督もいたような・・・。
昨年買い集めたプロ野球チップス。
それでもラッキーカードは1枚しか出なかった。
仕方が無いので年末にその1枚で特製バインダを申し込んだ。

そのバインダが今日になって到着。
ちなみに右の写真は去年のバインダとの比較。
色が違うのは去年のは第3弾、今年のは第2弾のバインダだから。
200701151906000.jpg200701151909000.jpg
早速カードを収納してみる。
ちなみにオイラの整理法はまずチームごとに分ける。
順番はまずはライオンズ。
そして前年の順位にあわせてM→H→Bu→F→E。
セも同じく前年の順位順にそろえる。
チームごとのカードはさらに背番号順に整理する。
同じ選手のカードが複数あるときは、
インサート(限定→パラ→ノーマル)→レギュラー(第1弾→第2弾→第3弾)→その他
この順に整理する。番号なんて無視。
200701151908000.jpg
うん。ストックしていたのがすっきりしたね。
でもフクモルまでしか収納できなかったけど。
せっかく並べて収納したのだから目でも楽しむ。
同じ選手のカードをひとまとめにすると、
ピッチングやバッティングフォームがよくわかって面白い。
別々の場所で撮った写真なのに連続写真のようになっていたりする。
細かすぎて伝わらないモノマネの練習もできそう。
それからピッチャーの場合はリリース前の写真だと、
ボールの握りがわかるのも面白い。
リリース直前だと指先がぼやけてよく見えないけど。

あ~、でも整理していたら足りないカードがやっぱりほしくなってきた。
この時期じゃあトレードも成立しないだろうし、
今年のカードが出るまで待つか・・・。
モブログにて更新していましたが昨日はダメガノ連中との高齢恒例新年会でした。
腰の状態もだいぶ落ち着いてきたので楽しんでまいりました。

まずはお昼過ぎに小林さん、eiタソの2人と落ち合って昼食。
腰をかばいあまり動きたくないオイラのわがままで会場近くの餃子専門店へ。
いきなり昼から酒を飲み始めるeiタソ、
大盛餃子を頼んだはいいが予想外の量に仰天した小林さんなどなど、
この時点から波乱含み。
その後書泉ブックマートの地下で集合時間まで週べのバックナンバーを漁ったりして時間をつぶす。

集合時間になったので隣のカラオケに移動。
そこでぷるつさんと合流。
後残るはほえなのだが・・・コネ━━━━(。A。)━━━━!!
何度かメールを送ると、集合時間ころになって東京駅着いたとの連絡。
部屋番号を伝えて先に部屋へ。
サー歌うぞー・・・と思ったら小林さんから禁止事項の通達。
(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!
(´・ω:;.:...

つーことで4人で30分ほど歌ったが・・・
ほえコネ━━━━(。A。)━━━━!!
改めて連絡すると・・・
ナニ?寝過ごして戻ってる?アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!
(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
1時間弱遅れでようやくほえがご到着。
2時から5時まで3時間5人で歌って1次会は終了。
さて、2次会の会場に移動しようかと思ったら・・・。
あれ?腰痛い。午前中よりひどくなってる。
イタタタ・・・。
そういえば昼飯食って痛み止め忘れてた・・・。
皆さんにご心配とご迷惑をおかけしながら2次会へ。

2次会からはZ31さんとギムG&ばろん姉さんが参加。
が、ギムGは仕事の都合で遅れ、小林さんも仕事の都合で途中退席。
幹事の癖によー。

2次会は居酒屋でチゲ鍋。
何の陰謀かまたもほえの隣になってしまったために、
2人して焼酎を飲んで陶製のグラス積み上げてハイテンション。
正直飛ばしすぎてスマンカッタ。
もういいおとななんだから自制とかバランスとかそういうものを身に着けなくっちゃねぇ・・・。
みんなして最年少まだ10代のぷるつさんをいじる30代のオサーンたち。
なんかオイラも語ったような希ガス。
正直スマンカッタ。
なにもかも味も香りもしない安物焼酎のせい。
そんなところへ開始から1時間遅れでギムG到着。
いつものお礼の意を込めてお年始代わりのプレゼント。
喜んでいただけたようでなによりなにより。
でも2次会だけですぐに帰っちゃって(´・ω・`)ショボーン

2次会は2時間ほどでお開き。
その後は近くの喫茶店で閉店までグダグダして酔いをさます。
ここでeiタソとプロ野球カードのトレード開始。
が、お互いロクなのもってきてねぇや。
スマンカッタ。
つかここでの記憶ってあんまりないや。眠かったし。
あー緑のめがねのお姉ちゃんがかわいかったのは覚えてる。
ここでぷるつさんとはお別れ。
若いエキスを吸わせていただきましたよ。

で、その後残った4人でどこで夜明かしするか決めかねるが、
昼間に行ったカラオケでオールナイト料金があったのと、
甘ったるそうなハニトーをほえがどうしても食べたいというので再びここへ。
まさか2度もカラオケすることになるとはね。
お座敷ということもありユルユルグダグダ寝そべりながら思い思いに歌ったのですが、
驚くことにここ、コサキンソングが豊富。
マリア四郎の「もだえ」や海道一の「スナッキーで踊ろう」、
ピーターの「人間狩り」に勝彩也の「まぼろしのブルース」などなど。
でも歌手に「中井貴一」はあっても曲目に「君にトロピカル」がなかったのが残念。
三浦洋一の「ギアを入れろよ」もリクエストしたい。
でもいま自分のmp3ファイルを調べたら、
「白いボール」とか「そりゃないぜセニョリータ」とか「ナオミの夢」とかスカーリ忘れてた。
検索すらしなかったよ。特に「白いボール」を失念していたのは残念。

で、オールだとだいたいオイラは真っ先に撃沈してしまうのがいつものこと。
ギムGやみんなにいつも「お前はペース配分を考えろ」とよく言われる。
が、今回は喫茶店で酔いを醒ましたのと、カラオケではカクテルしか頼まなかったためか、
全くつぶれることなく飲み続け食べ続け歌い続け。
なんか飲む→歌う→排出のリズムで1時間に2~3回はトイレに行っていたかも。
メンバーではほえが1時ごろに真っ先に撃沈。
その後残った3人でローテーションで歌うが6時前にeiタソも撃沈。
残った2人でまったりモード。
カルーアミルクをコーヒー牛乳代わりに立て続けに飲み干して、
グダグダトーク。
思い出したように歌ってみたり。
で、結局ラストの朝7時までグダグダしてました。
そこでJR利用の3人と地下鉄利用のオイラはお別れ。
帰りの電車の中ではウトウトして乗り過ごしそうだったが、
なんとか9時過ぎには無事帰り着くことが出来ました。

参加者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけして本当にスマンカッタ。
次回の「B級映画鑑賞大会」の時はもっと自制心を身につけるようにし、
体調も万全に整えておくから勘弁してくれ。

続きを読む

2007.01.14
20070114043935
オールでカラオケ
20070113192614
盛り上がってるよ
2007.01.13
20070113172123
お昼に食べた餃子。並盛りと大盛りの違い。
20070113144501
カラオケで一次会
今年の文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の受賞作ってもう決まっていたんだ。
なんだかんだ言いながら主査を抜けられない富野・・・。

今年の大賞は「時をかける少女」。
B000MEXAOC時をかける少女 限定版
筒井康隆 細田守 仲里依紗
角川エンタテインメント 2007-04-20

by G-Tools

実は見たこと無い。
あまりにもベタなネタなこともあり少し敬遠していた。
でも少し情報を目にしたら、
原作のリメイクじゃなくって続編なんだ。
じゃあラベンダーの香りは出てこないの?
少し気になる。アサクサキニナル。

で、今回のシンポジウムの出演者は細田氏?
もしそうなら富野と相乗効果で満員御礼になりそう。
今年ももちろん聞きに行く予定だからあんまり込み合うのはいやだなぁ・・・。
今日から後半の配信が開始したFLAGの7話をみた。
メタゾン寺院での作戦が失敗し、FLAGの行方もわからない。
そんな状況下ということで、テンポこそおちついたものの、
張り詰めていた雰囲気はあまりやわらがない。
何よりもハーヴィックを失ったことで自分を責める一柳。
そんな一柳に無遠慮にカメラを向ける白州。
前半6話で異物だった白州が隊員たちとの距離感をつめていった結果として生じた仲間意識が、
「被写体」と「撮影者」という本来の関係を忘れさせてしまっている。
この二人の関係が目を引いた。

今回の肝はいくつかあるとおもうが、
一番印象に残ったのは白州のカメラを取り上げ、
逆に白州にカメラを向けてインタビューする一柳の言葉だろう。
「写されるってどんな気持ちだ。あんたにとってカメラとはなんだ。どういう気持ちでカメラを向けるんだ。」
白州の答えはまだ出ないが、
そこを認識しているかどうかが赤城と白州の経験の差なのだろうと思うし、
良輔たんがインタビューで語っていた
「写したのか、それとも写してしまったのか」

「戦争という悲劇を写し取って有名になっていったり、もしくはそれで生活するということが、『戦争という悲劇を世界に伝えるいいことだ』と胸を張って言えるのか言えないのか」
というところにもつながってくるのだろう。

また赤城もメタゾン寺院での戦闘や、シアトルからの兵器輸送の記録から、
シーダックそしてそこに帯同する白州の存在を感じ取り、
2人の物語が今後クロスしていくことを予感させる。

それにしても冒頭の帰還シーンで感じたのは、
一部隊を動かして戦争をするということは、
実際に戦闘に携わる戦闘兵以上に、
輸送だの整備だの補給だの通信だのといった後方支援兵が大切なのだなぁということ。
それを思うとあの作品は・・・。
昨日書いた中村ノリの去就問題。
ライオンズが(゚⊿゚)イラネ宣言していないのがふあんだと言っていたら、
今朝になってこんな記事が。

オリ退団必至ノリに西武が“愛の手”

ヲイ、嘘だろ?嘘だと言ってくれ?!

記事によると、

西武が、オリックス退団が決定的となっている中村紀洋内野手(33)の獲得を打診されたことが10日、分かった。正三塁手が不在というチーム事情に加え、レッドソックスからの約60億円の落札金で資金は豊富にある西武は、獲得に向けて検討を開始。この日、新人合同自主トレを視察した伊東勤監督(44)も “大砲”獲得の可能性について否定しなかった。


とのこと。
ん?待てよ?
別にツトム君は「ほしい」とは一言も言ってないわけだよね?
記事ではほかに
失策がリーグワースト2位だから内野守備強化として大きな魅力
とか書いてあるけど、
どうもなんかヘンだ。

オリックスがノリトレードを西武に打診

こっちの記事だと、打診があったこと、そしてそれを否定はしないことまでは同じだが、
あくまで「消極的」としている。

ちなみに上がスポニチで下がニッカン。
あぁ、そういやスポニチは「清原古巣の西武へ復帰」のトバシ記事書いたことあったっけ。

'`ィ'`ィ ┐(´Д`┌

そういやこんな記事も

「頭冷やせ」清原がノリに説得電話


お 前 が 言 う な !

そもそも揉めた原因は自分と同じく金食い虫で、
ろくすっぽ働かない不良債権のお前が2億の現状維持で、
自分は1億2000万減の8000万という不公平感に端を発しているんだろうに。

もう二人とも半島なり台湾なりイタリアなりオランダなり、
どこへでも行ってください。球界の膿です。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP