HOME   »  2006年12月
RSSフィード MyYahooに追加
昨日は夕方になって腰の痛みが耐え難いほどになり、
急遽緊急で整形外科で見てもらうことに。
歩くことすらできないので向こうでは車椅子にのって移動。
当直医に見てもらったが、なにせ前回診てもらったのが1年以上前であり、
さらに事務方もいないためカルテが出せず。

足のしびれはひどいものの、動かせないほどではないので、
重症のヘルニアではないだろうとのこと。
明日は地域医療当番日で診察しているので、
詳しくは明日ということでとりあえず注射を打ってもらい、
痛み止めの飲み薬と座薬を貰ってきた。

それが効いたのか、今朝は歩けるほどには回復。
でも痛いことに変わりは無いので、今日も診察。
でも年末体制に変わりは無くMRIも撮れないので、
再び飲み薬に座薬、湿布をもらってくる。
腰も痛いが懐も痛い。GFFのGXが買えちゃう額だよ・・・。

ということで今年は最悪の体調で暮れることになりました。
思い返せば何一ついいことの無い一年だったなぁ・・・。
来年はいいことがありますように。

それでは皆様よいお年を。
腰に激痛が走りました。
歩くことはおろか立つことさえもできません。
移動はいざってます。

足はビリビリしびれているし、
頭もまた痛くなってくる。

きっとこの年の瀬にこれだけ痛いところが同時多発的に現れたのは、
神様が年越しするなって言っているんだろうな。
ごめんね神様空気読めなくって。
もう少し勇気を持てるようになったらすぐ御許に逝くから。
いっそ殺して。
2006.12.29
(前からの続き)
で、その分割発送で先に発送されたペリカン便の中身はこれ。
4862480497アニメノベライズの世界
坂井 由人 坂井 直人
洋泉社 2006-06

by G-Tools

以前に「ガイア・ギアの記事が載ってるって本当?」という趣旨の記事を書いた。
そこで邪虎王さんから確かにガイア・ギア情報が存在するというコメントを頂き、
これは買わねばでも出費が・・・などと思い悩んでいたのだが、
先週末に結局のところ注文してしまった。

それがリーンの翼に遅れて午後になって到着。
早速該当の部分に目を通してみる。
なるほど。教えていただいたとおり、見開き2ページを遣って紹介されている。
できるだけ早くサイトでも情報更新しておこう。
邪虎王さん、情報提供ありがとうございました。

で、ほかの部分にもパラパラ目を通してみたが、
マイナーな作品も取り上げておりなかなか面白い。
でもそれだけに雑誌掲載小説の「白い夜」や「キングゲイナー」が抜けていたり、
「ファウ・ファウ」「リーン」「AB戦記」と紹介されながら「ガーゼィ」がスルーされていたりと、
中途半端な部分が非常にもったいないなと感じてしまう。

また巻末にアニメデーターコーナーを載せるなら、
掲載ノベライズ一覧を載せたほうが便利で使いやすかった。
そこのところももったいない。
面白い情報を取り扱っているだけにもったいない。

つかダンバインのゲームブックもあったのか。
今はもう手元に無いから調べられないけどけど、
ウォーロックの「年間発売ゲームブック一覧」にも載っていたのかなぁ・・・。
つかさ、ガンダム小説ならそのへんのライターよりも、
ファンのほうが断然情報量多いと思うんだけどね。

で、結局「英雄たちの帰還」はガセですか、そうですか。
発売日から一週間遅れで「リーンの翼」の6巻が届いた。
B000JMKBTOリーンの翼 6
富野由悠季 福山潤 土田大
バンダイビジュアル 2006-12-22

by G-Tools

全く何のために予約したのよ。
1週間も遅れてちゃ予約の意味が無いじゃないの。

で、肝心の、中身なのですが・・・
みてねーや。
映像特典さえも見てない。
初回特典のラフスケッチイラスト集はパラパラ見た。
で、パラパラ見てBOXにしまった。
なんかね、手に入れること自体が目的になってしまい、
手に入ったところで満足してしまうという・・・。
あれ?なにかと同じ?

で、このDVD。
実は分割発送で後からメール便で送られたものなのだが、
先に発送されたペリカン便よりも早く着いてしまった。
いや、「しまった」ってのも変な言い回しなんだけどさ。
メール便のほうが早いってどういうことよ。
先週に引き続きMXテレビで放映された「もうひとつのFLAG」を見ました。
ぶっちゃけ本編の紹介と良輔たんと氷川竜介の対談、
それにスタッフインタビューで構成されており、
「もうひとつ」でもなんでもないのですが。

後編の今回は4~6話を紹介。
ただ、不満というか、違和感があったのは、
シーダック側視点からのみ描かれており、
5話の肝である「ジャーナリストの戦い」が全く紹介されなかったこと。
あれが一番いいシーンだったのに・・・。
そういえば2chかどこかで「赤城のシーンは蛇足」とかいう書き込みがあったけど、
あれがあるから白州やシーダックのシーンが活きるんジャマイカ。

良輔たんの対談では
「リアリズムはロボットものの王道であるヒロイズムの対極にある。」
「原点は『ドキュメントダグラム』。あそこで使った手法が雛形になっている」
などが興味深かった。

ラストでは8話から登場する敵武装勢力の2足歩行ロボットの映像も公開。
えっと・・・これは・・・ショートサーキット?
B0000CD8D6ショート・サーキット
ジョン・バダム アリー・シーディ スティーヴ・グッテンバーグ
ビデオメーカー 2003-11-07

by G-Tools

それにしても途中のCMまでFLAGのDVDのCMしかやらないので、
すっかりDVDがほしくなってしまった。
B000GH3D42FLAG Vol.1 完全生産限定版
高橋良輔 寺田和男 田中麗奈
アニプレックス 2006-09-27

by G-Tools

B000HWY2CIFLAG Vol.2 完全生産限定版
高橋良輔 寺田和男 田中麗奈
アニプレックス 2006-10-25

by G-Tools

B000IB0I4OFLAG Vol.3【完全生産限定版】
高橋良輔 寺田和男 田中麗奈
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools

来月12日から始まる7話の配信も楽しみだ。

正直今の萌えアニメ好きには受け付けないデザイン・ストーリーだと思うが、
オイラは今一番好きなアニメかもしれない。
まぁ、アニメ自体見なくなってきているんだけどさ。
腰が痛い。
身動きが取れないほど腰が痛い。
まさにヨーツウヘイム。
プロポノフ艦長もビクーリの痛さだ。

ことの起こりは今朝のこと。
窓を全開にして布団を上げていたのだが、
なんだかその気になって8時前だというのに掃除を始めてしまった。
大掃除とまではいかないまでも、
カーテンレールの上をダスキンかけたり、
エアコンのフィルターをはずしたりと中掃除くらいのことはやった。
掃除したにもかかわらず余計収まりきらないモノがあふれただけだったのだが、
とにかくやるにはやった。

ところがだ。
昼前あたりになってからじんじんじんじんと腰が痛み始めた。
たしかにこの23日腰が張ってはいたものの、
ここのところは張りがあってもそれほどひどくならずにすんでいたので油断していた。
そのうち足までしびれてくる。
こうなるともうお手上げ。
屈むのなんて到底無理。

この年の瀬にこんなことになるなんて・・・。

あ、そういえば今日は「もうひとつのFLAG」の後編放送日。
これはまた見なければ。
昨日も書いたが、PCを使っていた状態に戻すため、
いろいろなことをしている。
久しぶりにネットランナー(当然昔の号だが)にも目を通してしまった。
設定とかもいじっているからなぁ・・・。
まだまだ使い勝手がいいとはいえない状況。
カスタマイズを続けなければ。

で、PC関連のマニュアルだの付属品だのをぶち込んであるダンボールをごそごそやっていたら、こんなものを見つけてしまった。

それは「エゴグラムによるあなたの性格診断」というプリントアウト。
以前にやってみたところ、驚くほど当たっていることに驚愕し、
プリントアウトしてとっておいたものだった。
印刷の日付は2000年5月15日。

実はこのネタ、4~5年前のCGI日記時代にもネタにしたと思うが、
面白そうなので再採用。

当時の結果は以下のとおりだった。

貴方は、かなりクールな性格で、心情的には利己主義的な色彩が強いにも関らず、一方では、自己不全的観念が強い為に、次に列記するような現象が複合的に現れて来る可能性が強いのです。

1. 人の中に溶け込めない。
2. 自分の遣った事に自信が持てない。
3. 何を遣っても旨く行かない、と思い込む。
4. 劣等感が強い。
5. 決断が鈍い。
6. 自分だけが取り残されて行くような気持ちになる。
7. 人から気に入られたいと思うが、その良い方法が判らない。

‥‥ しかし、貴方の精神的本質は、比較的冷たい系統に属するタイプですから、そう云う風に自分の心の中に湧き起って来る感情を、一方では、馬鹿らしい、情けない、自分の好きなように遣りたい。と反発したり無視しようとしたりする感情が、当然起って来る訳です。貴方の心の中で、絶えず争われて居る、駄々っ子とイイ子の葛藤は、概ねイイ子の勝利に終る事が多い筈です。それは貴方にとって、対外的には余分な摩擦を防ぎ、無難な道を歩ませる安全な生き方なのですが、計らずも、自分の精神的本質と異なる生き方をさせられて居る貴方としては、内心、欝積するものが決して少なくない筈です。今後はその欝積したものを、詰らぬ事で暴発させ、自分の人生を万が一にも誤る事がないように用心する事が、大切でしょう。



かなりというかほとんどずばり言い当てられたような気がした。
人に合わせるのは苦手で単独行動を好むけれども寂しがりや。
で、誰かと一緒に行動すると寂しくはないけれど息苦しさを感じたりする。
その無限ループの繰り返し。

こういう性格診断ものは当たらないことがほとんどなのだが、
これは本当に当たっている。

ということで、今の自分はどうなのか診断してみた。
その結果は・・・

心の飢えた芸術家と云う風なタイプです。理想や観念の上で、物狂わしい程、真善美(しんぜんび)の世界を求めています。しかし、それらは余りにも観念的過ぎる為に、変り者とか、無能力者とか云うレッテルを貼られ易いタイプです。非常に子供っぽい我儘さと奔放さに、他人の反応を異常なほど気にする神経質さを兼ね備え、現実的、合理的な判断力や分析力は、かなり低いタイプです。通俗的、一般的な情愛は大きく欠如していますので、周囲の人々には、冷淡な人間と見られてしまいます。



変わり者・・・
無能力者・・・

いや、
「非常に子供っぽい我儘さと奔放さに、他人の反応を異常なほど気にする神経質さ」
「現実的、合理的な判断力や分析力は、かなり低い」
このあたりは当たっていると思うけど、ここまで言われると・・・
それにやっぱりこれも外れてはいないけど、前のほうがより近いような気がするなぁ・・・。
先日3年半の記憶を失って戻ってきたマイPC。

3年半も使っていれば、いろいろなソフトをインストールしてはアンインストールしている。
自分でもどんなソフトを入れていたかわからないくらい、
同じような機能でもファイルの種別ごとに、
2~3つずつ雑多なソフトを使ってきた。

それが全部なくなった。
最初はまたインストールすればいいと思っていた。
ところがそれは大間違い。
自分でも把握しきれていない。

また配布元が閉鎖してしまっているところ、
前のバージョンのほうが使い勝手がいいものなどもある。

特に参ったのがエンコ用のDivX。
今までは5.11を使っていたが、
現在配布中のバージョンは6.40。
ためしに設定をしてみようと思ったが、使い方がさっぱりわからない。
使うのは1-passクオリティ、QBは物に合わせて93,89,79あたりを指定していた。
でもそれがどうやったらいいのかわからない。
ビットレート計算機とかついているけど、サパーリ・・・。
せっかく外部ビデオの取り込みが復活したから、取り込もうと思ったのに・・・。

教えてエロイ人。
今日の昼間に郵便局へ行き、残っていた年賀状を出してきた。
「残っていた」というのはフォーマルなものはすでに投函済みだったが、
ガノタメンバーへのオリジナル年賀状が残っていたから。

郵便局員の友人にいつまでに出せば元旦に届くか尋ねたところ、
「確実に届くのは25日まで。26,27、もしかしたら28日でも可能性はあるが、それは集配元と集配先の局の取扱量と能力による。確実に元旦に届けたいなら25日までに出せ」とのこと。

というわけなので、昨日の夜に頭痛を押してデザイン考えて印刷し、出したというわけ。
思い当たる節のある方は元旦を楽しみにしていてください。
いや、今年は2名ほど、いや3名か、まぁ、どっちでもいいが、
ひどすぎるデザインを送らせていただきましたので。

でもさ、ちょっと聞きたいんだけど、いつから年賀状って、
ドン引きするようなデザインのものを送りあうイベントに変わったのよ?
ガノタな仲間内だけの話だけどさ。
毎年ガクブルものだよ・・・。
2006.12.24
頭痛くて死にそう

ばんげりんぐべい
2006.12.23
リーンの翼の6巻マダー?!

B000JMKBTOリーンの翼6
アニメ:リーンの翼
バンダイビジュアル 2006-12-22

by G-Tools


つか同梱頼んだ書籍が確保できないのかと思ったら、
「1~2週間でお届け」ってこのDVDが確保できてないのかよ!
2006.12.23
あ、あたまがわれる・・・つかしめつけられる。
オイラはいつから強化人間になったんだ・・・。

いろいろしたいこと、行きたいとこ、やらなきゃいけないことが山積みなのに、
何一つとしてできちゃいないだめ人間。人間としてだめ。

かといってなにかをしているわけじゃない。
ただボーっとしてる。それだけ。そして頭痛い。
何を書いているのかサパールわからない。
それが頭痛クオリティ
パソが戻ったので早速見ました。
といっても川口名人のガンプラ講座だけですが。

ふむむ・・・パチ組みのデテールアップというものの、
なにか違和感が残る。
なんというのだろうか?
それだけ手をかけるんだったら接着したほうがよくね?

それに川口名人のカッターナイフの持ち方は危険。
刃先が自分の方を向いており、下手すると手を切ってしまう。
ガンプラマスターも「刃先は常に外側に」と言っているのに・・・。

名人といえばダムエーの先月号に長谷川指導員が出ていた。
細身だった指導員があんな姿になるなんて・・・。
時の流れとは残酷。
B000JSIBP4HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム DVDカタログ付き
バンダイ 2006-11-30

by G-Tools

B000JSIBPEHGUC 1/144 MSー06S ザク2 DVDカタログ付き
バンダイ 2006-11-30

by G-Tools

4894252511キミにもできる!ガンプラ攻略法―新ガンプラマスターへの道
ホビージャパン 2001-06

by G-Tools


MXテレビで放映された「もうひとつのFLAG」の前編を見た。
てっきり再編集された映像を30分にまとめて流すのかと思ったが、
そうではなく氷川竜介と良輔たんの対談を挟みながら、
各話の紹介(前編の今夜は1~3話)をしていくかたち。
さらに田中麗奈や宮武一貴のインタビューも。

この映像はDVDに収録されているものなのだろうか?
それともこの番組のために撮りおろしたのかな?

良輔たんの発言の中では、
「ロボットが大きすぎるとアオリの絵ばかりになり、人間とのバランスが取れない。かといって小さすぎるとロボットというよりもパワードスーツになってしまう。だから4mくらいのロボットが一番いい。ボトムズ以来あのサイズがすき」というのが印象的だった。

さて来週も後編見るか。CATV入っててよかった。
昨日連絡があったので、今日早速ヤマダにPCを取りに行ってきた。
保証期間内ということで無料で修理。
HDDは異常なしだったが、マザーボードが大きくいかれていたらしい。
TVが映らなくなったのも、キャプチャボードではなくこのため。
交換した今ではきちんと映るようなった。

しかし厄介なのが3年半の記憶をうしなっていること。
NECさんも気を利かせて最新の情報のせてくれればいいものを・・・。
更新→再起動のくりかえし。
いつになったら終わるんだろう・・・。

続きを読む

ヤマダから電話が来た。
修理に出していたPCが戻ってきたらしい。
年明けになるかと思っていたから、
2週間も経たずに戻ってきてびっくり。

ただ本当に直っているのだろうか?
そこのところが心配だ。
またすぐあぼ~んしたりしたら目も当てられないよ・・・。
少し前のこと。
アクセス解析からいろいろリンクを辿っていた。
すると「はてな」のキーワード解説のページにつながった。
そこで解説されているキーワードは「ガイア・ギア」。

フンフンと読み流しながら下を見ると、
「『ガイア・ギア』含む日記」のところに最近の日付が並んでいる。
これはもしかしてオイラがサイト更新をフカーツさせたから?!
とかうかれポンチなことを考えてみるが、
どうやらそうではない模様。

実は、「冲方丁×乙一によるライトノベル必読書100冊」という企画の中で、
ガイア・ギアが取り上げられていたらしい。
その既読・未読をチェックしてバトンのように報告するのが一部で流行っていたため、
ガイア・ギアを含む日記が増えているのだとか。

つーことでオイラも物は試しでやってみる。
でもなんか黒歴史を掘り起こして更なる鬱に入ってしまいそうな悪寒が…。



































































































1.スレイヤーズ×アニメは見たけど未読
2.豹頭の仮面 グイン・サーガ 1リア厨の時に読んだ。2巻で挫折した。
3.レプラコーンの涙×未読。シナリオ集は読んだ。
4.ロードス島戦記 灰色の魔女貪るように読んだ。TRPGのネタにもした。
5.アルスラーン戦記1今のところ全巻読みつづけている。これでイラン神話とかに興味持った。
6.盗賊たちの狂詩曲(ラプソディ) ソード・ワールドRPGリプレイ集 1×未読
7.なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー) 日帰りクエスト×存在すら知らん
8.フォーチュン・クエスト 世にも幸せな冒険者たち×スニーカー文庫巻末の広告は見たけど味読
9.極道くん漫遊記外伝だけ読んだ。
10.天使のたまご×ウワァ・・・。これノベライズあったんだ。
11.大熱血。 未来放浪ガルディーン 1×火浦先生のは短編しか読んだこと無い。「戦う天気予報」とか「丸太の鷹」とか
12.ルナル・サーガ 1×名前は聞いたことあるけど・・・
13.旅立ちは突然に×存在
14.エイリアン秘宝街×  すら
15.幻獣少年キマイラ×    知らん
16.吸血鬼(バンパイア)ハンターD×未読
17.創竜伝 [1]×未読
18.旋風(かぜ)の狩猟機×未読
19.空の境界 上×未読
20.妖魔夜行真夜中の翼 シェアード・ワールド・ノベルズ×未読
21.セイバーマリオネットJ SMガールズ 1×アニメは見たけど未読
22.爆れつハンター ソーサラー狩り 血封印シリーズほぼ全て読んだ。何もかもスマン
23.風の白猿神(ハヌマーン) 神々の砂漠×未読
24.捨て猫王女の前奏曲×未読
25.サイバーナイト ドキュメント戦士たちの肖像×未読
26.ヴェイスの盲点×未読
27.銃と魔法×未読
28.蓬莱学園の初恋!×未読
29.我が呼び声に応えよ獣×未読。つか上7冊は聞いたことすらない
30.天地無用!魎皇鬼 千客万来編×アニメは見たけど未読
31.無責任艦長タイラー×アニメは見たけど未読
32.ガイア・ギア 1バイブル。100回は読んだ。
33.オネアミスの翼 王立宇宙軍 1×未読
34.ほしのこえ×アニメは見たけど未読。つかノベライズあったのね
35.ザンヤルマの剣士×未読
36.マルドゥック・スクランブル The First Compression--圧縮×未読
37.少女革命ウテナ脚本集 上ウテナ関係はほぼ全て目を通した。
38.大久保町の決闘×未読
39.ブラックロッド×未読
40.GOTH リストカット事件×未読
41.撲殺天使ドクロちゃん×未読
42.猫の地球儀 焔の章×未読
43.E.G.コンバット×未読
44.イリヤの空、UFOの夏 その1×未読
45.キノの旅 The beautiful world×未読。名前は聞いたことある。
46.タイム・リープ あしたはきのう 上×未読だがラジオドラマは聞いてた
47.クリス・クロス 混沌の魔王×未読だがラジオドラマは聞いてた
48.ブギーポップ・イン・ザ・ミラー パンドラ×未読
49.野を馳せる風のごとく×未読
50.イカロスの誕生日×未読だがラジオドラマは聞いた。ほーこたんが主役でナレーションが古谷徹だった。
51.ガル・フォース 赤い悪魔のサンバ×未読
52.魔獣戦士ルナ・ヴァルガー 1×名前は知ってるが未読
53.終わりのないラブソング 1×未読
54.ゆんゆん・パラダイス×未読
55.みなごろしの学園×未読
56.Kishin-姫神- 邪馬台王朝秘史 1×未読
57.月の影影の海 上アニメから入り、講談社文庫版で読んだ。
58.ムアール宮廷の陰謀 女戦士エフェラ&ジリオラ 1×未読
59.星虫×未読
60.機械じかけの神々 上×未読
61.パンツァーポリス1935×未読
62.時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界×未読
63.NHKにようこそ!×未読
64.剣客商売×鬼平は読んだけど未読……ってこれライトノベルなのかよ?!
65.大唐風雲記 洛陽の少女×未読
66.バッカーノ! The rolling bootlegs×未読
67.僕の血を吸わないで×未読
68.新フォーチュン・クエスト 1×未読
69.灼眼のシャナ×未読
70.真世の王 上×未読
71.ここは魔法少年育成センター×未読
72.神様のパズル×未読……って聞いたことすらないものばっかり…
73.機神兵団 1×未読
74.戦うボーイ・ミーツ・ガール×未読
75.風の大陸 第1部×未読。でも映画の主題歌は知ってる
76.湖岸の国の魔法戦士 魔法戦士リウイ×未読
77.EME black 1×未読
78.風の聖痕(スティグマ)×未読
79.カオスレギオン 聖戦魔軍篇×未読
80.ラグナロク 黒き獣×未読
81.トリニティ・ブラッド リボーン・オン・ザ・マルス 嘆きの星×未読
82.やさしい竜の殺し方 1×未読
83.多重人格探偵サイコ 雨宮一彦の帰還これに関しては弁解の余地無し。何もかもスマン
84.涼宮ハルヒの憂鬱×未読
85.失踪HOLIDAY×未読
86.放課後のトム・ソーヤー×未読
87.しずるさんと偏屈な死者たち The eccentric dead in white sickroom×未読
88.クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識×未読
89.神様家族×未読
90.あそびにいくヨ!×未読
91.嘘つきは妹にしておく×未読
92.BLOODLINK 獣と神と人×未読。もう何がなんだかサパーリ
93.砂漠の銀星胡蝶 ホルス・マスター 1×未読
94.赤城山卓球場に歌声は響く×未読
95.凹村戦争×未読
96.からくりアンモラル×未読
97.七胴落とし×未読
98.今はもういないあたしへ…×未読
99.ダーティペアの大冒険×未読
100.第六大陸 1×未読


結果

◎ シリーズ全て読んだ 4
○ ほぼ読んだ     4
△ 一部読んだ     1

計 9冊/100冊

まぁ、こんなもんでしょ。

それにしても同じように回答しているブログをいくつか回ったが、
ことごとくガイア・ギアが未読な件について。
シャア専用ブログさんが年内で閉鎖らしい。
本当にお疲れ様でした。毎日続けるのはさぞかし大変だったことでしょう。
このブログも何度も取り上げていただき感謝しております。
でも来年からはどこで富野情報を収集したらよいものやら・・・。

それとガンダム・ザ・ライドも年内で終了。
もう1度乗りたかったなぁ・・・。

横濱カレーミュージアムも来年3月で閉鎖。
行ってみたいけど、出店している店は一通り行ったような希ガス。
わざわざ行かなくても?

そして1番ショックだったのは、GMW時代の知人の死。
2001年、2002年の夏に上京なさったときには、
実際にお会いして話したこともあったのだが、
その後諸般の事情により次第に疎遠に・・・。
今年の8月にお亡くなりになっていたようなのだが、
初めてそのことを知り、もう少し連絡を取っていれば・・・と。
携帯のメモリにはまだ番号が残っているけどもう電話を取る人はいない。
体調はだいぶ回復しました。
まだ少し腹痛はありますが、食欲はもりもりだし、
頭痛も治りました。

ただ精神的なほうはちょっとまだ・・・。
昨日の腹痛と吐き気はどうやらノロではなかった模様。
下痢の症状はまったく出ず。
ただ昨晩は3~4度吐き戻した。

今日は吐き気はおさまったが頭痛と寒気と節々の痛みが加わった。

どうみても風邪です。
本当n。

素直に寝るぽ。

なんか本読んでもぜんぜん頭に入らないし、面白くないや・・・。
おなかいたい。

きもちわるい。




ひょっとしてノロ?
先週、修理に出したマイPC。
今日になってヤマダから連絡が来た。
メーカーから修理の概要について連絡を受けたらしい。

それによるとメインボード、CPUファン、その他カードの交換。
さらにHDDもやっぱりダメで交換なので、データはすべて消去ということ。
まぁ、どうしても必要なものは吸い出したし、
残っているのは諦めがつくものなので最終OKを出した。

戻ってくるときには3年半のすべての記憶を失って戻ってくるので、
一から設定しなおさないと・・・。
今日は小林さんと赤城神社巡りに行ってきました。
ですが、今日のことを語るにはまず昨日のことから。
というのも、今日は遠出のために昨日のうちにおいでくださり、
今日は朝早く出かける計画だったため。

昨日の夜に小林さんをお迎えして、まず向かったのはお風呂。
途中図書館によって本を返却してから、
先日チラッとみかけた温泉らしきところへご案内。
全く事前調査をすることなく行ってみた。

ところがだ。
先に入った小林さんが入湯券の券売機の前で固まっている。
何だろうと思って近づいてみると・・・


工エェ工エェ(゜Д゜(゜Д゜)゜Д゜)ェエ工ェエ工
に、にしぇんえんんn!!!!!


すでに「逃しはしない」とばかりに係員がにこやかに揉み手をしながらマークしている。
80%近くユーターンしたかったが、時はすでに遅し。
周りを囲まれ完全にロックオンされている。

しかたがないので案内に従い中へ。
ところが渡されたのは浴衣。
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
聞くと混浴のため着用が義務らしい。
さらに渡されたのはミネラルウォーター。
脱水症状にならないためらしい。
なにかおかしいものを感じながら中へ。

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

( ゚д゚)ポカーン

どうみても浴槽がありません。
どうみても玉石風呂です。
どうみても熱砂の攻防です。

こうなったら覚悟を決めて横になる。
1分も経たないうちに汗ダラダーラ。
水分を補給しながら10分横になり休憩、
そしてまた中へを繰り返す。
そのうちに浴衣の袂から汗のしずくが滴り落ちる。
悔しいが気持ちいい。体中の老廃物が出た感じ。
ただ腹の底に澱んだ膿はどうにもでそうにないが。

すっかり汗腺を開いて汗を出しまくったので、
最後に薬石風呂でひとっ風呂浴びて汗を流そうと思ったが…。

( ゚д゚)ポカーン

どう見ても内風呂です。
本当に

('・ω・`)

そりゃ馬車道でガッツリ食いたくもなるわな。

明けて今日。
8時に我が家を出て、赤城神社三社を含む十社の神社に参拝。
うち5社で御朱印をいただいてきた。
赤城山山頂の元宮にも行ったのだが、
すでに雪が降っており、路面に雪が残っているのに驚いてしまった。
ノーマルタイヤだったから恐る恐るだった。

お昼は「どうしても豚を食べたい」という小林さんのご希望で、
とんとん広場」というところへ。
いや、迷った迷った。
ようやくたどり着いたところで豚とヤギがお出迎え。
柵を乗り越えメェメェ鳴いてるヤギの中に突撃する酔っ払いを見ながら、
豚さんを撮影。
「これから美味しくいただきます」
で、トンカツをいただいたのですが…
いやコレ量多いよ。まじで。キャベツ食べきれなかった。
ガッツリ食いすぎて今現在も腹減ってない。
いやはや・・・。

4時を過ぎた段階で参拝を切り上げて家路へ。
途中の車内で脳内に湧き上がる歌を無節操に歌っていると、
カラオケに行きたくなる。
というわけで国道沿いのカラオケへ。
2時間オサーン2人でガッツリ歌って大満足。
もちろんシメはOrb。
Orb (オーブ)Orb (オーブ)
Emily 川口進 十川知司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あ~満足した。

あとは小林さんを駅に送り届けるだけ。
だったのですが・・・。
駅前で信号待ちしていると電車がキタ━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━!!

えと・・・次は20分後・・・。
田舎でホントスマンカッタ。

と、いうわけで大変楽しい1日を過ごすことが出来、
わざわざこんな田舎にまで出向いてくださった小林さんには感謝しております。
こんなところでよかったらまた来てね。
それから「Smart」のUPよろしく。

続きを読む

2006.12.16
20061216124759
これから豚カツいただきます
2006.12.15
20061215202756
ちょ、おま、なにこの狭さ。
薬石風呂ってこれだけ
某所で見知った情報。
「アニメノベライズの世界」という書籍で「ガイア・ギア」について触れているらしい。
アニメノベライズの世界アニメノベライズの世界
坂井 由人 坂井 直人


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

疑うわけではないが、ホントかいなと思ってしまう。
正直誰かチェックしてくれないかなぁ・・・。
なんか今日も更新してますよ。
リンク切れチェックツール使って、
リンク切れやアンカー切れを修正したり、小事典の項目まとめたり。
なんでこんなに自分の中で盛り上がっちゃったんだろうと考えると、思い当たる節がひとつ。

あれはちょうど1年前。
チャットを閉鎖したときのこと。
最後くらいはと思い、ギムGと示し合わせて入室。
なぜか盛り上がり、
「ガイア・ギア アンオフィシャルズつくろうぜ」ということで話はまとまった。

あれからちょうど1年。
つくるも何もすっかり忘れていましたがな。
この更新熱はたぶんガイア・ギアの神様が教えてくれたもの。
とりあえず方向性だけは決めときたいよな。

つかさ、このネタ言い始めてもう5年以上になるのですが・・・。
何か熱に浮かされてでもいるかのごとく、
今日も更新を続けている。
今日は3ヶ月ぶりに掲示板を復活。
前の掲示板はスパム攻撃で撃沈してしまったが、
今回レンタルしたものは画像認証に英文のみの投稿拒否など対策強化型。
これでしばらくはしのげるんじゃないかな?

その他サムネイル画像を増やしたり、
細かすぎて伝わらない更新をチマチマと。
デザイン自体ももう少し考え直したいが、
いつまた放置状態になってしまうものやら。

で、久しぶりにごそごそやってたらこんな画像が出てきた。
mamo.gifmamoad.jpgmamoad3.jpg


実は
promo1.jpg

こんなものまで作ってwktkしていた。

よみがえるどころか全く連絡取れなくなりましたが何か?

復刊したい?だめー
フツーにだめー★
先日ヤフオクで落札した富野資料が本日到着した、のだが・・・。


はい。思いっきり外れでした。

しかも単なる外れなら今までに何度となく引き当てているのでさしてダメージはないのですが・・・

今回はあまりにも内容がイタすぎてショックがでかいです。

なんというのでしょう、G20的なオサレさん?
お前自分ではCOOL!とでも思っているのかもしれないが、それ単なる勘違いだし、
傍から見ていると痛々しいだけだよ。

だってさぁ・・・見出しからして「富野由悠季はパンクなのだ!」だし、
「日本のマルコム・マクラレン、それが富野由悠季だ!」とか、
「∀はアナーキーの略だ!」と痛々しいことばかり。
肝心の富野発言は過去のものを再編成しただけだし・・・。

正直大失敗。ショックが大きすぎです。
今はほえから借りているノーパソなので見ることは出来ないのだが(CPU処理能力の問題で)、
Gyaoで「いろは」の他に「ボトムズ」「FLAG」と良輔作品を立て続けに放送しているらしい。
ぶっちゃけ「いろは」は肌に合わなかったし、「ボトムズ」はもう全話見たので見たいとは思わないが、
なんかeiタソの言葉を借りれば「良輔たん頼み」の状態なんだろうか?
どうせなら富野とかさきまくらとか監督別特集とかやればいいのに。

続きを読む

プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP