HOME   »  2006年10月
RSSフィード MyYahooに追加
20061031103932
むしゃむしゃしていた。草なら何でもよかった。今は反芻している。
昨日の晩に、パソが突然ぬっ壊れました。

(´・ω・`)

バックアップとかしてないよ…。

不幸中の幸いと言えるのか、富野関連は外付けHDDに移動していたので無事だったのですが、ショックはでかいです。

経済的にもこの後のことを考えると痛い…。

つーことでしばらくお休みするかもしれません。

皆様ごきげんよう

(´・ω・`)
土日休みを利用して、昨日今日と群馬県は富岡へ
ガノタ連中とガンプラ合宿に行ってまいりました。

参加者はオイラ、ほえほえ、ギムG、小林一俊(敬称略)。

泊まるところ以外の予定を全く立てていない行き当たりばったりの旅は、
オタクの情念が渦巻く街、アキバからスタート。
とりあえず昼飯を食べた後に、少し物色して現地に出発することに。

ところがだ。
このダメガノ4人が集まって「少し」ですむはずがない。
あっちも、あっちにも、と足を次々に運び、
気がつくと空は薄暗くなっていた。

買ったのは以下の商品。

・リーンの翼ワンコイングランデフィギュア×2
内容はオウカオーにギム・ゲネン。
(ワンコイングランデリーンの翼)オウカオー【フィギュア・中古】(ワンコイングランデリーンの翼)ギムゲネン(アマルガン機)【フィギュア・中古】
・ガイアカラー2色
【高品質、大容量、低価格。究極の模型用塗料】019 ラベンダー 光沢【高品質、大容量、低価格。究極の模型用塗料】101 蛍光ブルー 光沢
・ガイアカラー薄め液
【高品質、低価格!ガイアカラー用うすめ液】T-01 ラッカー系薄め液 200ml
・その他筆や耐水ペーパー

嬉々として買い物をしたはいいが、アキバはオタクの情念が渦巻く街。
まるでドラクエの毒の沼のように歩くごとにオーラ力を吸われていく。
気がつけば頭は重いし、腰は痛いし、
テンションは下がりっぱなし。

ようやく満足したダメガノたちがアキバを出発したのは、
本来の予定なら到着予定時刻であった5時を回ってから、
しょっぱなから予想外の出遅れになってしまい、
ガンプラ合宿のメイン企画である4人同時組み立て企画が、
時間的に断念せざるを得なくなってしまった。
(´・ω・`)
食事をしたりなんなんりして、、
やっとのことで旅館についたのは9時ごろになってしまった。

まずは温泉に入り旅の疲れを癒す。
ふへー。生き返る。温泉はリリんが生み出した(ry
サウナではしらねぇ爺さんと意地の張り合いをして脱水症状でフラフラになったり、
薬湯では大切なところが大変なことに。
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
すっかり骨抜きになったところで酒宴が始まったのだが・・・

どうみてもアキバで吸われたオーラ力が回復しません。
酒もほとんど飲むことができず。
なにもかもスマンカッタ。

酒がほどよく入ったところで、ガンプラ製作開始!
持参したリックディアスのキットを開け、
ヤスリがけをギムG@ガンプラ先生に見てもらう。
それから接着の仕方を教わったりとなかなか楽しいひと時を過ごしているうちに、
いつの間にか時計の針は2時近く。
塗装教室は明日やることにして、
もう遅いので今日のところはお開きにすることにしたのだが・・・
一人寝室に入らず和室に寝転ぶ男が。

ほえっち・・・。

仕方がないので布団を掛け、残る3人は寝室にておやすみなさい。

明けて今日は9時前に起きたのだが・・・
誰も起きてコネー。
塗装教室はどうなったのよ。せっかくガイアカラー買ったのに。
仕方がないので昨晩の宴の跡を片付けて、
「喝!」を見ながら一人昨日やり残したガンプラ製作。
ほえが起きて来た所で残る2人を起こし朝飯。

チェックアウトの10時ギリギリにようやく片づけを終えて、
もう1度温泉へ。
ふへー。温泉はr(ry
昨日はオーラ力不足で自重したラドン湯や玉石風呂にも入り、
すっかり骨抜きに。極楽極楽・・・
って温泉でこんなに腑抜けになるのはオサーンの証?

旅館を後にしてガッツリ昼食をとった後は、
オイラの希望で一ノ宮貫前神社へ。
他のみんなは神社に興味ないのに巻き添えにしてスマンカッタ。
鳥居の写真をとりまくり、参拝し、御朱印をもらい、余は満足じゃ。
アキバで失ったオーラ力を神の杜ですっかり補充する。

その後なぜかオサーン4人してブランコに乗り、子どもの頃の思い出話。
そのうちに童心に帰りすぎてサルに退化してしまったのか、
「ウキーッ」と大声で連呼し始める人が。

ギムG、可哀想な人だと誤解されるからやめような。
子どもがビックリしてみていたぞ。

あとはひたすら帰路を辿るのみ。
策士小林さんの口車に乗り、なぜか解散地は松戸に。
駅前にて幹事兼ドライバーのほえっちに別れを告げる。
ほえ、本当にありがとう。いろいろとお疲れ様。
ただ、お土産はいいや。

いやいや、本当に楽しい週末でした。疲れたけどね。
参加者の皆様にはいろいろと迷惑掛けてスマンカッタ。
どうみてもいじられ要員です。本当にorz。

年末の忘年会もあそこで行っとく?

続きを読む

2006.10.29
20061029134042
(゜Д゜;)
2006.10.29
20061029114912
2日目

朝風呂入って絶景なり
2006.10.28
20061028232804
ようやく作業開始
2006.10.28
20061028224721
酒入ってぐだぐだ
2006.10.28
20061028205424
ようやく到着
2006.10.27
先月から読み始めた「The Da Vinci Code」は400ページを突破。
気がつけば4月から読み始めた「The Historian.」の読破ページ数を追い抜いていた。
1400079179The Da Vinci Code
Dan Brown
Anchor Books 2006-03-28

by G-Tools
0751537292The Historian.
Elizabeth Kostova
Little, Brown Book Group

by G-Tools

もちろん読み方の違いもあるし、
当初は和書2冊と平行読みしていたのを、
途中から投げ出してこれだけに絞っていることも関係しているだろうが、
「The Historian.」に比べて「The Da Vinci Code」の方が、
難解な単語も少なくてはるかに読みやすい。
「The Historian.」も久しぶりに読んでみたのだが、
パッと流し読んで大意をつかむことが全くできず、
キーとなる部分の単語の意味がわからないことが多い。
こりゃ途中で挫折するはずだわ・・・。
内容的には面白いんだけどねぇ。

で、この「The Da Vinci Code」。
11/3に発売されるDVDが到着する前に、
読み終わっておきたいと思ってはいるのだが、
どうもその計画は達成するのは難しそうだ。
残りがまだ200ページ弱残っている。
4903483339ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-11-03

by G-Tools

まーDVDが到着しても、原作を読み終わるまでは見るつもりはないのだが。
そして、そのまま数々の前例のごとく塩漬けにしてしまいそうな悪寒。

で、この作品、
読み進めば読み進むほどトンデモ臭が強くなってくる。
特にChapter56~60あたりでは、
「ちょ、おま」「ヲイ!それありかよ」「エ~!」
などと言いたくなるようなことのオンパレード。
まさに竹内文書的な楽しみ方をさせていただいた。
このトンデモな内容と、冒頭の「これは全て事実である」という注意書きが、
この作品に関する様々な問題を引き起こしているのであろう。
まー実際あの注意書きは作劇上の技法に過ぎないと思うけどね。
ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」の冒頭にある、
「手記だ。当然のことだ」と同じようにね。

それから、これを読んでいたら、メロヴィング朝について知りたくなった。
クローヴィスとか、カール・マルテルとか、カール大帝とか、ピピンとか習ったなぁ。
そういえば浪人生の時に大宮の新榮堂で見つけ、
手にとったけど結局買わなかったこの本を、
10年以上経った今になって読みたくなった。
4003346114メロヴィング王朝史話〈上〉
J.N.オーギュスタン ティエリ J.N.Augustin Thierry 小島 輝正
岩波書店 1992-08

by G-Tools
4003346122メロヴィング王朝史話〈下〉
J.N.オーギュスタン ティエリ J.N.Augustin Thierry 小島 輝正
岩波書店 1992-10

by G-Tools

それと、この本の元ネタになったこれも。
4760114432レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説
マイケル ベイジェント ヘンリー リンカーン リチャード リー
柏書房 1997-07

by G-Tools

そういやこんなDVDも借りちゃいました。まだ見てないけど。
B000F7NSBQダ・ヴィンチ・コード ザ・トゥルース
ダ・ヴィンチ・コード・ザ・ト
ジェネオン エンタテインメント 2006-05-25

by G-Tools


まーなんだ。今年中には「The Da Vinci Code」を。
来年の春までには、つか1年以内には「The Historian.」を読み終えるようにしよう。
今年の日本シリーズはヒルマン監督率いるファイターズが制覇。
去年のバレンタイン監督率いるマリーンズに続くことになった。
これは「時代はガイジン監督」ってことですか?

というわけでライオンズにガイジン監督を招いたら?と考えてみた。
対象はOB。

まず思い浮かぶのがデストラーデ
ライオンズ史上最高の外国人選手。
論理的な面もあり、指導者には向いているかも。

後はフェルナンデスもいいかも。
トニーのほうね。
ブラブラ打法とか、帽子かっ飛ばしのコツとか教えてくれそう。

バークレオ郭泰源あたりもオモシロそう。
スティーブブコビッチエバンスマクレーンは・・・う~ん。

あ、最強なの思いついた。


























シアンフロッコ
どうよ?これ?

続きを読む

2006.10.26
今日が11/4のリーンの翼オールナイト上映会のチケット発売日だということを、
ものの見事に忘れておりました。

_| ̄|○

なんか何もかもマンドクセー。
多摩で行われる福井との対談も、
行ってはみたいけどマンドクセ━━━━━━('A`)━━━━━━ !!!!!。

この勢いで脱富野信者してしまいそう。
ふと、考えた。


「ガーゼィの翼」ゲームのプレイ日記ってどうよ?


いや、あまりに唐突だというのは自分でもわかってるよ。
こいつはいきなり何を言い出すのかと思ってるでしょ?
もしくはまた始まったよこいつのビョーキがと思ってる?

自分でも前振りもなく、いきなり何なんだとは思う。
いやね、先日の「ネタがない」という記事で、
Z31さんから

「ペットでも飼いなさい。
ネタのない時は、そのペットがネタをくれますよ。」


というコメントを頂いたのだが、環境的にペットはムリ。
じゃあ、何か別のネタ埋め企画を考えたほうがいいじゃないか、
ということで冒頭の発言に。

で、こんなブログに毎日目を通してくださる
珍奇なすばらしいダメガノ皆様ならお気づきかと思うが、
こういうときのための「富野アニメ第一話大横断」だったはず。

だってさぁ、あれネタ準備したりコメント整理したりするの大変なんだもの。

とはいっても、ゲーム日記でも面倒なところは変わらないような。
どうせ熱しやすく冷めやすい性格のオイラのこと。
途中まではストック作るくらい夢中になって書くけど、
飽きて結局は有耶無耶になってしまいそう。

画面キャプチャしてキャンプモードのマップ作るぜ!
とか風呂の中で妄想大爆発しちゃったけど、
冷静になったらマンドクセー。

そもそも、そんな糞ゲーのプレイ日記にどれだけの需要があるのかと。
おそらく推定するに2/120,000,000くらい?

♪俺とお前とガーゼィの翼(字余り)。

何もかもスマンカッタ。
きっと残塁の神様はお住まいをインボイスドームから、
札幌ドームにお移りになったに違いない。

なによ、この残塁数。どっちもZGSやってんじゃん。
これは来年のファイターズは馬鹿試合がおおくなりそうだ。

残塁の神様、もう所沢には戻ってこないでね。
それからゲッツの神様もそろそろ出てってね。
ナゴヤドームなんて住みやすそうよ。
2006.10.24
少し前のことになるが、映画の「アレキサンダー」を見た。
B0009G3F2Aアレキサンダー 通常版
オリバー・ストーン クリストファー・カイル レータ・カログリディス
松竹 2005-07-29

by G-Tools

古代マケドニアのアレキサンダー大王についての歴史ドラマなのだが、
その中で矛盾点を発見。
それはアケメネス朝ペルシアを打ち破ったガウガメラの戦いと、
アケメネス朝ペルシア最後の王、ダレイオス3世の死亡時期。

ダレイオス3世がバクトリア総督に謀殺されたのがB.C.330年。
ガウガメラの戦いがあったのはその前年のB.C.331年なのだが、
映画ではダレイオス3世の死はガウガメラの戦いの3年後になっている。
ダレイオス3世の死の3年前にあたるB.C.333年には、
同じくアケメネス朝ペルシアと戦ったイッソスの戦いがあったから、
これと勘違いしたのかも。
ダレイオスの娘などを虜囚にしたのも、映画ではガウガメラの戦いの後のことになっていたが、
実際にはこの戦いの後のことだから。
つか絶対制作者、イッソスとガウガメラがごっちゃになっている。
こういう点はもっときっちりしてもらいたかったなぁ。
ギムGから誕生日プレゼントが届きました。

ってオイラの誕生日はもう3週間近く前のことになるのですが・・・。

         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  は 遅    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     ).    誕 え
  2 れ    L_ /                /        ヽ  ン 生  |
  週 が     / '                '           i ト 日 今
  間 許    /                 /              く  !? プ 頃
  ま さ   l           ,ィ/!    /    /l/!,l    /厶,   レ
  で れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ  ゼ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね  の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l     「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
         ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  オ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  ソ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

gim_birthday_present_2006_01.jpg

ほえボムに負けずとも劣らない箱の大きさに_| ̄|○ il||li。

半ば開き直って箱を開けてみると・・・
gim_birthday_present_2006_03.jpg

まずはM.I.A.のハイザックとマラサイ。
はげしくビミョーなラインナップ。
そういえばこの二つは相場3桁だっけ、
しかも時々叩き売られているような。
とりあえずあけてみたけど、軟質素材のパーツをうまく扱えず(´・ω・`)。

次は・・・
gim_birthday_present_2006_04.jpg

HGUCのMk-IIティターンズカラー。
この前「藻前のために買ってやった」と言っていたのはこれか。
でもなんでこれ?アイテムチョイスの基準が著しく謎。
そういえばHGのMk-IIももらったような。

そして・・・
gim_birthday_present_2006_05.jpg

( ゚д゚)ポカーン
これは何ですか?運動不足だからこれを使えと?
つか、これってほえボム転送だろ。
2個も送られてきたって以前言ってたし。

さらに
gim_birthday_present_2006_07.jpg

これもほえボム転送。同じのが2個って言ってたな。
これはありがたく使わせてもらう。

あとは
gim_birthday_present_2006_02.jpg

こんなのとか

gim_birthday_present_2006_06.jpg

こんなのとか

gim_birthday_present_2006_08.jpg

こんな有象無象まで。

もうどう反応したらよいか、わからないブツばかり。
本当にありがとうございました。


素直に喜べたのは、ばろん姉さん手作りのストラップだけかも。
gim_birthday_present_2006_09.jpg

Youtubeを見ていたらこんなものを発見した。
菅野よう子さんが作曲した∀のBGMに合わせてベースを演奏する映像。

たしか∀って向こうでは放送されていないはず。
菅野さんはいろいろな映像作品のBGMを手がけているので、
菅野さんのファンなのかな?
でもそれにしてもバックにはガンプラらしきものも写っているし、
いわゆる「GUNDAM OTAKU」ってヤツかな?と思って見ていた。





ところがだ。彼のアップしている映像一覧の中に、
こんな代物を発見してしまった。




Voice of Gaiaキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

ちょ、ガイア・ギア海渡ってるよ!
なんでこの人ガイア・ギア知っているのよ。
これって∀も好きそうだしいわゆる一つのダメガノってやつ?
狂おしいまでに(;´Д`)ハァハァ

前略
富野由悠季様、角川書店様、バンダイビジュアル様

ガイア・ギアの人気は海の向こうにも渡っているわけで、
原作者の死後50年も待てないわけで、
もしかしたら70年に延期されるかもしれないわけで、


お願いですから小説版の復刊、サウンド版の復刻を、
今一度ご検討くださいますようお願い申し上げます。

禿 orz orz orz orz orz orz orz orz orz orz・・・・

続きを読む

少し前のことになるが、グーグルアースをダウンロードした。
ご存知のとおり世界中の航空写真を地球儀状に集めたソフトウェア。
ダウンロードする前はどこが面白いのだろう?
と懐疑的だったのだが、これが以外に面白い。

最初は自分の家や、以前住んでいたところなど、
関係各所を回っていたのだが、それだけで飽き足りず、
エジプトのピラミッドやギリシャのアクロポリスの丘などの世界遺産めぐりや、
厳島神社、出雲大社、伊勢神宮などのバーチャル参拝。
特に伊勢神宮は内宮本殿や式年遷宮時の遷座地なども丸見えで、
なんか不敬な感じも。

最近はホンコン、ハーマル、リエージュ、ブザンソンなど、
ガイア・ギアに登場する地名を巡ってみたりしている。
なかなか面白くてしばらくは飽きずに遊んでいそう。
以前の記事に書いたカレQ。
結局有効投票数は1票しかいただけず、企画としては大失敗になってしまった。

正解は

1-35倍
2-70倍
3-60倍
4-40倍

以上の組み合わせ。
つーことで正解者なし。

賞品に予定していた有名カレー店レトルト詰め合わせは、
出題者が美味しく頂かせてもらいます。
昨日はたまたま所用で訪れた役場のテレビで、
カージナルスの試合を見ていました。

同点の9回の表に伏兵モリーナのツーランで勝ち越したカージナルスは、
9回の裏に守護神ウェインライトが登板。
ところがいきなりバレンティン、チャベスに連打を浴びて、
無死一二塁の一発出ればサヨナラのピンチに。
次のフロイドを三振に取り、レイエスを中飛に仕留めて二死にしたはいいが、
ロデューカに痛恨の四球を与えてしまい、二死満塁の大ピンチ。
しかもバッターは当たっているベルトラン。
しかし見事に三振に仕留めてゲームセット。
メッツはZGSでワールドシリーズ進出ならず。
コバマサも真っ青の劇場っぷりに見ていてハァハァしてしまいました。
メジャーにも劇場ってあるんだなぁ・・・。
まだまだ世界は広い。
このごろPCの調子がおかしい。
最初の発端は「深刻なエラーが発生しました」メッセージ。
これはフリーズしたときなどに強制終了すると、
その後の立ち上げの時によく見かけるエラーメッセージ。
だが、何事もなく普通に再起動をしたあとにも出てくるようになった。

先週末あたりには二度ほど、少し放置しておくと勝手に電源ランプがオレンジに変わり、
サスペンデッドになってしまうことがあった。
それでいてパワーボタンを何度押しても復旧しない。
しょうがないからプラグがささっているタップをオフにして再起動。
案の定「深刻なエラー」のメッセージ。
ウイルスかな?と思ったが不審なプログラムは走っていない。

今日になると、立ち上げたときに「新しいハードウェアを認識しました」のメッセージ。
( ゚Д゚)ハァ?
何にもいじってないのに・・・。
なにやらビデオキャプチャボード?を認識したらしい。
確認のためTVチューナーのSmartVisionを立ち上げてみると・・・見事なまでに何もウツラネー。
_| ̄|○ il||li orz

だが、だ。
今までエラーが発生していた録画機能はなぜか使えるようになっている。
地獄に仏と外部接続しているVHSをaviにでもエンコするかな~と思ったら・・・。
どう見ても白黒です。本当にorz

おまけにインターネット接続もブチブチ切れるような。
これはFC2の問題か?

と に か く だ。
自室でテレビが見られなくなってしまった。
自分のテレビは以前オヤジに強奪されてしまったし。
まーテレビといってもスポーツ以外ほとんど見ないけどな。
かといってなければないで不便だし・・・。

ドウチヨウ・・・・。
つかこのPC買ってからまだ3年半経ってないんだが大丈夫なのか?

続きを読む

2006.10.19
下の記事は今書いたものではなく、
最初の記事を書いた直後に書いて投稿したもの。

というのも今日から始まった新しいサービス、タイマー投稿を試してみた。
投稿時間は23時。
予定時間にズレることなくちゃんと更新できたようだ。

これは便利かも。後々いろんな場面で使わせてもらおう。
つーことでそのネタを。今日中に書けてヨカタ。

どうやって見つけたのは覚えていないが、
たぶん逆リンクを辿っていった先で見つけたネタ。
インターネット症候群に関する記事なのだが、
その代表的な10の症例というものが挙げられている。
ここでは見出しだけ転載するので、
興味がある方は内容はリンク先で確認して欲しい。

1.自閉型RSS強迫観念
2.mixi中毒
3.ブログ失調症
4.掲示板型ストレス障害
5.ネカマ性同一性障害
6.オークション型慢性疲労
7.ネットゲーム強迫症
8.出会い系猿
9.ダウンロード依存症
10.ネットショップ浪費癖


5,7,8は全く関係ないが、それ以外は大なり小なり身に覚えがある。
特に1,2,3の3つ、その中でも3は重篤な状態にあると思われる。
いつでもネタネタネタ・・・と探しており、さすがにヤバイかなと自分でも思うときがある。
芸人でもないのにネタ帳つけようとしていたり。

でもさ、この記事全体がなんかネタくさいんだよね。
「インターネット症候群」と言ってるけど、心の病ではなく身体の病の話しだし。
どうなんだろね、話半分程度でいいんじゃないの?

続きを読む

書く気満々でも全くネタが浮かんでこないとき、
ネタはあるのだが書く気が全く起こらないとき、
いろいろある。

昨日・一昨日は前者。
ネタ不足なのでギムGに「なんかお題くれ」と泣き付く始末。
結局自分で考えて書いたけどさ。

今日は後者。
「これは面白い」ってネタ発見したんだけど、
どうも書く気が起こらない。
ネタをただ転載するだけなら楽だけど、それだとつまらないし。
かといってあまり自虐ネタを晒しすぎるのも考え物だし。
どこまでオープンにしようか考えると、結局面倒くさくなってしまう。

というわけでその「ネタ」は気が向いたら今日中に書きます。
コトブキヤから発売されている「リーンの翼」のワンコイングランデフィギュアコレクションが、
どうみてもワンコインでは買えない件(714円)について。

【新品】ワンコイングランデフィギュアコレクション リーンの翼 オウカオー(単品)

どうみてもこれをワンコインで買える硬貨は存在しません。
本当にあr(ry












あ~、でもこう見るとやっぱほしいなぁ・・・。
ワンコイングランデフィギュアコレクション リーンの翼 BOX
G-SAVIOURで共演したマーク・カラン役のブレナン・エリオットと、
シンシア・グレーブスを演じたエヌカ・オクマが、
今月8日に放送されたドラマ「ColdCase」のシーズン4の3話「Sandhogs」で、
「ダブルジョパディ」「G-SAVIOUR」についで三度共演したらしい。

この「ColdCase」は日本でもWOWOWなどで、
「コールドケース 迷宮事件簿」というタイトルで放送されており、
来年か再来年あたりにはこのエピソードも放送されるだろう。

ブレナンの役どころは、第3シーズンの14話「Dog Day Afternoons」で登場したRay Williams。
日本では第2シーズンまでしか放送していないので、
このRayなる人物がどういう人物なのかはサパーリわからない。
CBSの公式サイトでも各エピソードの使用楽曲一覧はあるのに、
「previous episodes」の項目がないから調べられない。
ちなみにこのRayは、「Sandhogs」の次、
15日放送の「Baby Blues」、
22日放送予定の「Saving Sammy」という回にも連続して出演している。
どうやら事件関係者というよりも捜査関係者?

エヌカたんの役どころはAlice Stallworth(1947)。
こちらももちろんどんな人物かはサパーリなので、
TV.comのページで調べてみたら、CBSとは別の公式サイトが見つかった。

地下鉄工事で見つかった白骨が、
1947年に失踪したトンネル工夫(Sandhogs)のものと判明。
主人公はそれを殺人によるものと考え捜査する

という内容の回らしい。
1947年時点ということだから回想シーンの出演だろう。
つーことは捜査関係者役のブレナンとの絡みは無しか・・・。

このドラマはCSIシリーズのスタッフが制作したリアル・クライム・サスペンスドラマで、
未解決凶悪犯罪を最先端のテクノロジーで再捜査するという内容。
「回想場面で事件発生当時の時代背景までのすべてを再現する」といのが売りらしい。
向こうでは殺人罪に時効は適用されないので、このような再捜査が可能らしいけど、
州によって微妙に違うんじゃね?とも思ったり。
それにしてもこのドラマ、BSかSuper!dramaTVあたりで放送してくれないかな・・・。
WOWOWは契約していないからブルーバックで見られないぽ。

しかしブレナンは、CSIとかノースショアとか、
日本でも放送しているドラマになにげに出演しているな。
名探偵モンクはBSだったから見たよ、犯人役。

犯行捜査タイ━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━ホ!!
brenann_monk01.jpgbrenann_monk02.jpgbrenann_monk03.jpg

このごろはすっかりワイルド系になっちゃって、
IMDBのフォトギャラリーにも写真ウpされてるし。
マークの頃のベビーフェイスはいまいずこ。
T:M:Mさんのところで見つけた記事。

このブログの平均的な月間アクセス数は7,000~8,000だが、
中には10,000~15,000ほどアクセスがあった月がある。
それはシャア専用ブログさんをはじめとする、
いわゆるニュースサイトで取り上げられた記事がある月。
そんな「ニュースサイト砲」を浴びたブログの反応パターンについての記事なのだが、
身につまされるものがあって面白い。

で、自分の反応はどれだろうと考えてみた。
最初こそは1の「アクセス増加に驚いた旨だけを記事にする」だったが、
今は3「紹介された記事の続編を書く」と、
4「紹介された記事と同じような記事を書く」と、
6「アフィリエイトを始める」の合わせ技のように感じる。

最も多く紹介していただいているシャア専用ブログさんの場合などは、
ぶっちゃけこちらも取り上げていただくことを目論んで書いていることが多いので、
驚くことはサラサラなく、「あ、今回は取り上げていただいた」と確認する程度。
7の「ヌルー」に該当するだろう。
ただし、全くそういう目論みもなく、
チラシの裏のような駄記事を不意打ちのように取り上げられたときには、
かなり(((( ;゚д゚))))アワワワワになってしまったが。

でも、他の予期もしないところからのリンクによるアクセス増加には、
「この集客をそのままアフィリに・・・」と邪な考えを持ってしまう。
実際にアクセスが増大したときはアフィリの収入もグイーンと増えているもので・・・。
で、そのために同じような内容の記事、
すなわち富野資料を書き続けることになると・・・。
なんか無間地獄のように思えてきたよ、ママン。

続きを読む

今日は朝からほえが来襲。
昼近くまでお土産などをネタにバカ話した後、
馬車道に飯を食いに行き、そこでまたバカ話。
気がついたら3時近くまでしゃべってたーよ。

その時に出てきたのが以前にギムGらと計画していたガンプラ合宿の話。
みんなで工具持参で同じキットを作り出来栄えを比較する。
もしくはパーツごとに担当して一つのキットを組み上げる。
いい年したオサーンたちが集まってこんなことを妄想していた。
やりたいけど場所がないよねぇ・・・などと言っていたのだが、
ほえが温泉のコテージという場所を探してきた。
6人集まれば一人頭3,000円で泊まれる。

と、いうことで早速ギムGに連絡したところ、
今月中ならOKという返事。
急遽妄想が具体化することになった。

ところがあまりにも話が急すぎてメンバーが集まらない。
声を掛けども掛けども色よい返事はない。
これはちょっとやばいかも・・・。
せっかくの話が「富士急ツアー」のように立ち消えになってしまうかも。
あの人とあの人は拉致してでも参加させたいのだが・・・。


つかキットはジェガソ以外不許可ですが何か?


ごめん、眠くてだるくてボーっとしてて、
自分が言いたいことがまったく文章にできてないや。
何もかもスマンカッタ。

続きを読む

以前ここに書こうとしたら、
本人からオフレコにしてくれって止められたんだけど、
作者さんのブログでゲロっていたからオイラも書くね。


ギムGネタ採用おめでとう!


つか本人もノリノリで書き込んでるんじゃんよぅ。
なんで隠すのよ?
2006.10.14
それは先週のこと。
Gyaoで配信中の「幕末機関説いろはにほへと」について、
eiタソとメールをしていたときのこと。
なんだかんだと送りあっていたのだが、
レビュー投稿欄についてこんなメールが。

「たかがアニメに腕組みして眉間にシワよせた書き込みしてバカジャネーノ?なバカイパーイ」
「パッと見て面白いかツマンネーかそれだけでいいじゃんアニメなんてさー。所詮は大衆娯楽なんだからさー。」



まさに至言。
そういえば富野も同じようなことを言っていたっけ。
もう資料が多すぎて出典がどれだかサパーリわかんないけど。

アニメの感想ってのはさ、ブログのネタとしてはとっても便利なのは自分でも使っていてもわかる。
でもね、このところRSSリーダにそういうアニメ系のブログとかも気まぐれで入れてるんだけど、
やっぱり見ていて、あまり面白いものではないし、
なんでそう難しく難しく考えようとするのかな?と思うことが非常に多い。

と、いうことは、このブログを見る人も、
同じような感想を抱くのかな?とも思うと反省しきり。
まーオイラのブログは難しいことは何一つ書いてないチラシの裏だけどな。
2006.10.13
昨日はファイターズが25年ぶりのリーグ制覇。
4万以上が入った札幌ドームの雰囲気は異様に見えた。
まー、まだ3年目ということもあり、
観戦する上での暗黙のルールのようなものが浸透していないのか、
インプレー中のウェーブなど目に余ることもあった。
だがあれだけの人が入るのはうらやましい。
かつては檻公戦といえば無人の球場の代名詞だったのに。

で、ふと思い出したのが以前のリーグ制覇の時。
相手が巨人で後楽園対決だったんだよね。
あの頃のオイラはアンチ巨人で、
周りの子どもたちがみんな巨人を応援している中、一人日ハムを応援していた。

あれからかなりの年月が流れ、
無垢な子どもだったオイラも、むさ苦しいオサーンに。
そのあいだずっと優勝から遠ざかっていたんだからなぁ・・・。

そこで、オイラが物心ついたときから、
今に至るまでのプロ野球との関係を少しまとめてみようと思う。
まー、こんなもの誰も興味ないと思うが自己満足。

物心ついたときはカープファン。そしてアンチ巨人。
父親が広島出身だったのと、男の子なのに赤い色が大好きだったから。
幼稚園も通園バスが赤いからという理由で決めた。
兄のように慕っていた幼馴染もカープファンだったこともあり、
いつも赤い帽子をかぶっていた。
つかぶっちゃけ赤ヘルブーム。
好きな選手は山本浩二。あと古葉監督のチラリズム。
当時巨人に在籍し、後にマリーンズ暗黒時代の監督になり、
公の大島監督と熾烈な争いをする功児は偽者だと思ってた。
アンチ巨人も父親の影響。
そのころのオヤジの口癖。
「大野(津田)で勝ったためしがあるか、このバカタレが!」

その後幼稚園の頃に県内に西武ライオンズが誕生。
できたばかりの西武球場のパレードに幼稚園代表の鼓笛隊として参加。
広く綺麗な球場のとりこになり、それ以来のライオンズファン。

小学3~4年生の頃から世の常に従いYGの黒い帽子をかぶるようになる。
好きな選手は王選手→助監督。原選手。あ、あと青い稲妻。
原はその後アンチ巨人になっても好きだった。
引退試合では泣いた。
王さんは監督になってから懐の小ささを存分に見せてくれて嫌になった。
後楽園阪神戦の三塁側で、YGの小旗を振ったことも。
この頃は好きな球団は?と聞かれると、
「セはYGでパはライオンズ」と答えていた。

中二病を発病し、「世の中はみんな腐ってる」とか思い始めると、
急速に熱が覚めてアンチ巨人へ。
文化放送の深夜ラジオを聞き始めたこともあり、
一気にライオンズ一本へ。
後援会(友の会)に入会し、武蔵野線・西武線を乗り継いで西武球場へ通っていた。
当時は「ファンクラブ」じゃなかったのよね。
89年に10.8決戦でブライアントに4打席連続でぶち込まれ、
リーグ優勝を逃したときは泣いた。
好きな選手は辻に秋山、そして羽生田。
俊足巧打の選手が好きなのかもね。

92年の岡林激投の日本シリーズを見た後は、
高津など個性的なキャラクターが出てきたこともあり、
すこしスワローズに肩入れするようになる。

が、寮生活→一人暮らしを始めてからは、
あまり見なくなりメークドラマのGD戦をたまたま蕎麦屋のテレビでみたくらい。
と思ったけど・・・あの年はGとDどっちが勝つか、
飲み代賭けていたのを思い出した。
そうだ、それで蕎麦屋で飲みながら見てたんだ。
思い出してきたぞ・・・。
つかね、だいたいパ・リーグの試合なんてテレビでやらないじゃん。
文化放送なら中継してるけど、オイラがすんでたアパートは、
上を高圧線が通過していて電波状況最悪だったのよ。
テレビもゴーストだらけ、ラジオはテレビと電気消さないとノイズしか聞こえないという。
そりゃ野球からも離れていくよ。

97年ごろに大成、大友、稼頭央の第二期黄金時代が始まり、
少しづつまた情報に目を通すように。
2002年の伊原監督での優勝では大喜びそしてorz。
一昨年の日本一は本当にうれしかったなぁ・・・。

って、今年なんか屋根ついてから久しぶりに生でライオンズ戦見てきちゃったよ。
神宮は「タフマン」運んでいる運ちゃんから、
ネット裏のチケもらって見に行っていたんだけど、所沢は本当に10年来だったから。
しかもプレーオフも見に行って、大輔とカズミの投手戦も楽しんだし。
なんか久しぶりにはまってるよ。
来年はファンクラブ入ろうとか考えてるし。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP