HOME   »  2006年05月
RSSフィード MyYahooに追加
2006.05.31
今日のがんばった人
☆キャプテン・・・サヨナラ&捕逸の間に4点目ホームイン
☆ナカジ・・・ホムーラン
☆福地・・・同点タイムリー
☆おかわり・・・猛打賞
☆高Q・・・同点・サヨナラのチャンスメイクで3-3

今日のダメだった人
★キヨシ・・・チャンスで2三振
★カブ・・・ノーヒットに怠慢守備
★タカシ・・・2アウトから3ベースに同点内野安打
★ギッセル・・・押し出し含む3失点

     / ̄ ̄ ̄\
     |..      |  
     |::::●) ●)|  
     ヽ:::......∀....ノ ∩
 | ̄ ̄U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
 | 鯉  010 200 010 0  4   |
 | 猫  000 001 300 1x  5  |   
 |____________|   
  鯉:大竹-佐竹-横山-林-●永川
  猫:ギッセル-三井-石井貴-○星野
◇本塁打:中島9号(大竹)

カープとの試合は4戦連続で1点差。
スコアだけ見ると好ゲームが続いているように見える。
でも、昨日今日と実際はランナーはだすものの、
お互い拙攻でチャンスを潰しまくっているだけなんだよね。
スクイズ失敗とか魔走塁とかゲッツ!とか・・・。

特に8回裏の攻撃。1死満塁でバッターはキヨシ。
もし捕手登録が3人だったらここで代打を出すことが出来るのだが、
田原は先発で代打を送られている。
結果は三振で2アウト。次のキャプテンも倒れて三者残塁。
だから野田君が怪我しているなら上本でも上げようよ・・・

しかしキヨシはいつからあんなに打てなくなってしまったんだろう・・・。
前は意外性の一発のあるそこそこ打てるバッターだったのに・・・。
もしかして今シーズン打撃好調の田原に吸い取られた?!

それとナカジ敬遠でカブ勝負って始めて見たよ。
先日注文したminiSDカードが到着。
[miniSDメモリカード]ADATA 60X 128MB
容量は128MBでデジカメに使っているSDカード64MB+32MBよりも大きい。
これでいろんなデータを保存できる。
P701idのデフォって1Mしかないんだもの・・・

それにしてもここ最近いろいろと買っている。
でもね、全部が全部お金払っているわけじゃないのよ?
ポイントやら金券やら使っているから実は使っている額は意外と少ないの。
今回の買い物も全額ポイントだし。
だから「大丈夫大丈夫」と衝動買いは治りそうにないかも・・・。
個人的な理由から宅建に興味を持ち始めている。
資格をとるとらないという話ではなく、
常識として少し不動産に関する知識を身につけておきたいなと思う。

勉強してみるかな・・・。
2006.05.30
肉体的にも精神的にも疲れました。
もっと勉強しないと・・・。
2006.05.29
最近はガンダムにも興味が無くなってきちゃったなぁ・・・。

いよいよガノタを卒業できるかも。



そんな矢先にボトムズにはまってしまいました。
今4話まで見たんだけどまじ面白い。




ガノタじゃなくなっても結局はヲタなのね・・・。
1/144HG G-SAVIOUR(無重力仕様)が現在(ごく一部のダメガノに)絶賛再販中。
次の機会はいつになるかわからないのだからとりあえず買っとけ。



G-SAVIOUR 1/144 HG ジーセイバー(無重力仕様)
G-SAVIOUR 1/144 HG ジーセイバー(無重力仕様)
T.J GrosNet楽天市場店
バイストン・ウェルを舞台にした富野アニメ作品。

聖戦士ダンバイン DVD-BOX聖戦士ダンバイン DVD-BOX
矢立肇 富野由悠季 中原茂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バイストン・ウェル物語 ガーゼィの翼 コンプリート・コレクションバイストン・ウェル物語 ガーゼィの翼 コンプリート・コレクション
岩永哲哉 岡本麻弥 玄田哲章


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リーンの翼 1
B000E1KLE0
富野由悠季 福山潤 土田大


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
リーンの翼 2
B000FHQ76O
富野由悠季 福山潤 土田大


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2006.05.28
ここのところ週末は決まって自転車に乗ってポタリングに出かけている。
どこに行くと言うわけでもない。
ただ街中をぶらぶら走って、
車では入る事の出来ない小道を探検してみたり。

昨日は体調が悪く、
今日は朝から雨だったので今週は無理かな?と思っていたが、
午後になり天気も回復してきたので夕方になってから1時間ほどプラプラしてきた。

今日はRPGのマッピングをするがごとく
小道に入っては行き止まり、入っては行き止まりの繰り返し。
頭の中で地図情報を組み立ててなるべく車の通らない小道を選んで走っていたのだが・・・
途中で方向感覚を失ってきがつくとあらぬ場所に。
道に迷うと言うよりは行きたい方向に道が無い。
行けども行けども用水路があったり線路があったり、
崖になっていたりで進むことができず遠回り。
しかも選んだ道がことごとくハズレと言う運の悪さ。
舗装していない砂利道ばかり走ったためか膝が痛いよ・・・。

それにしてもこの自転車乗ろうとすると空気が抜けて、
タイヤがペシャンコになっていることが間々あるのですがなんじゃらほい?
パンクではないんだけど・・・。
HDDのファイル移動をしていて見つけた富野発言。
以前eiタソから頂いた「ガーゼィの翼」サントラのライナーに記されていた富野コメントだと思う。
20060527193809.jpgガーゼィの翼
ビデオ・サントラ
BMG JAPAN 1996-12-18

by G-Tools

CDドラマやゲームには「バイストン・ウェルのエコー」と題された、
同一のコメントが書かれていたのだがサントラだけ違うコメントらしい。

サギス・サウンドの二重奏



サギス・サウンドとの出会いは、15年前以上前、その時に「この若さでこうやるのか」と感嘆して、その音が耳を離れないでいた。だから、今回、シンセサイザーまみれのBGMの試作を聞かされた時には、呆然とした。同時に、シンセ嫌いのぼくが、上品なメロディだけを要求しているのではないか、鷺巣氏に誤解もされた。ぼくはミーハーでしかなく、エレクトーンとシンセの音が嫌いなだけだ。そのことで合意が出来れば、鷺巣氏は、ロンドンに飛んで、この仕事を完成してくれた。予算との関係もあってシンセ主体になっていても、エスニックな雰囲気と分かりやすい(のりやすい)構造を組み立ててくれて、本当に作品的にも救われて、感謝している。問題は、フィルムのテンポが早すぎて、音楽を聴かせるスペースがなくなってしまったことで、鷺巣氏からは、冗談でないと言われた。そう思うから、このように、「ガーゼィの翼」のサギス・サウンドが独立して聴けるCDはとても幸せ。愛蔵版になってしまいました。抑えに入ってるアコースティックな部分が素敵でしょう?



富野由悠季

昨日注文したHDDが早速到着。
キタ━(゚∀゚)━! とばかりに段ボールを開いて早速接続。
USB2.0接続なのだがなんだかプリンタやらルータやらコードがぐっちゃんぐっちゃんで手のつけようが無い。
ようやっとのことで接続はしたのだがなんとかせんとなぁ・・・。
本当に片付け下手で・・・。
部屋の使い方とかも絶対効率悪いよなぁ・・・。


まずはFAT32でフォーマットされているのでNTFSにファイルシステムを変換。
これで4G以上のファイルも扱える。
それから40Gほどのファイルを1時間ちょいかけて移動。
やっぱり画像ファイルなどは一つ一つの容量は小さくても量が多いから時間がかかる。
そのあとで使用量が半分程度になったCドライブをデフラグ。
すっきりしたところで新たな気持ちで使っている。

新しいHDDは熱も音もそれほど出ず満足満足。
これでまたダメファイル収集が手がつけられないことになりそう・・・。
2006.05.26
昨日書いたHDDだが・・・



結局買った。もう物欲対オイラの試合は毎試合完全試合達成です。

あ、スペックとか値段とかは書きません。
書くと絶対もっと安いのがあったとか書き込まれるから。
そしたら凹んじゃうもの・・・。

続きを読む

なんだか携帯でとった桜の写真があったのでとりあえずうぷってみる。

200603101217000.jpg200603290543000.jpg200603290544000.jpg
200604071552000.jpg200604180854000.jpg


上段左:三省堂神田本店前の交差点。かなり早い時期に咲いていた。
上段中右:近所のしだれざくら
下段左:隅田川の土手
下段中:隣町の八重桜

美しい桜にもまた来年にならねば逢うことはできない。


4061589164桜史
山田 孝雄
講談社 1990-03

by G-Tools

2006.05.26
弱きを助け強きを挫く、セ界に混乱をもたらす我らが化け猫軍団ライオンズが今日もやったよ。


     / ̄ ̄ ̄\
     |..      |  
     |::::●) ●)|  
     ヽ:::......∀....ノ ∩
 | ̄ ̄U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
 | 虎  000 000 000   0    |
 | 獅  001 110 00x   3    |   
 |____________|   
   虎:●福原-太陽
   獅:○松坂
◇本塁打:中村4号(福原)

首位ジャイアンツをありえない勢いで猛追する、
タイガースを本拠地に迎えてのキャットファイト対戦。
どちらがネコ科最強なのか?!

というわけで蓋をあけてみれば12Kを奪う大輔の貫録勝ち。
本当に上位相手には強い。
というか上位→表、下位→裏のローテーションの差が著しく大きいことが原因か。

それにしても今日は3点取ったものの、内容的にはもう3~4点入ってもいいゲームだったような。
昨年のタイムリー欠乏症再発の兆しとだったらいやだなぁ・・・。
ナカジに当たりが戻ってきたのはいいが、
そのかわりベンちゃんがなぁ・・・。
3回の二死満塁では凡退、5回の無死ニ三塁では犠牲フライがようやっと。
う~ん。

それに比べてカブは4割にそろそろ手が届きそう。
大振りせず当てに行ったバッティングが本当に実を結んでいる。

打率と言えば福地は5/19のスタメン起用以来毎試合安打が続いている。
打率も.350をマーク。
ただやはりランナーを置いた場面では全くといっていいほど・・・。
だって得点圏打率.000だもの・・・。

さ、明日は昨シーズンに今シーズン分の勝ち星も前借りしてしまったオツ。
そろそろマウンドで踊ろうぜ。
2006.05.25
ここのところ衝動買いが続いているような気が。
お財布引き締め計画はどこへやら。

今も160Gの安いHDD見つけて買おうかどうか考え中。

欲望に打ち勝つにはどうしたらいいですか?
2006.05.24
お昼頃だっただろうか。
自宅から不審な荷物が届いたとの連絡が。

何やら電話番号のハイフンの位置は間違っているし、住所も不完全らしい。
届けてくれた配達員も何度も確認して置いて行ったらしい。

帰宅後荷物を確認してみるとこんな筒が。
nazo_present02.jpgnazo_present03.jpg

伝票の差出人は「楽天ブックス」。品名は「プレゼント」とだけ。
だが宛先は小学生が書いたような乱雑な字。
しかもこの筆跡には思い当たる節がある。
もしや・・・。ドキドキしながら開けてみると・・・

nazo_present01.jpg

本当にプレゼントでした。
てっきり誰かさんがガゼーィのポスターでも送ってきたのかとオモタヨ。

中身は・・・えっと・・・誰子ちゃん?
nazo_present04.jpg

どうやらこのDVDの販促ポスターらしい。
杏さゆり DVD「Wind of ANZU」Wind of ANZU
Wind of ANZU

激しく興味ないのですが・・・。
しかも配送中に痛んだのかシワになってるし。
これじゃあ売れないよ・・・(´・ω・`)

だいたい僕こんなプレゼントに申し込んだ憶えないのですが・・・。
思い当たる節がないので調べてみたところ、それらしきプレゼント企画を発見。
昨年末から今年の正月にかけて行われたポイントプレゼントキャンペーンの賞品らしい。
いや、こんなポスターいらないからポイントください。
もしくは別の人のポスターと交換してください。
つーかさ客商売ならもうちょっと丁寧な字で宛先書こうや。
200605242038000.jpg


これはつづらにいれるしかないかもね・・・
勝った、勝ったよ、クララが勝った

     / ̄ ̄ ̄\
     |..      |  
     |::::●) ●)|  
     ヽ:::......∀....ノ ∩
 | ̄ ̄U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
 | 猫  101 100 010   4    |
 | 竜  000 001 000   1    |   
 |____________|   
   猫:○涌井-星野-S小野寺
   竜:●川上
◇本塁打:福地2号(川上)
      和田7号(川上)

これで5/11以来の連続初回失点も9試合でストップ。

しかし今日は福地につきる。
1回先頭バッターで憲伸の初球をスリーベースで出鼻をくじくと、
次の打席ではホームラン。
これで日曜のゲームに続いて2試合連続の2号ソロ。
去年までのプロ生活13年で1本しか打っていなかったというのに、
今シーズンだけでその倍。
守ってはセンター前に落ちそうなあたりをダイビングキャッチ。

いや、本当にいい選手に来てもらった。
カープには感謝感謝。
青木君もカープでがんがれ。
これだけ活躍できると言うのパ・リーグの水があっていたのかもね。
足が使えて打撃も好調となれば、
キャプテンやクリには悪いけど1番固定でいいんじゃないの?

それにこういう地道に下積みを続けてチャンスをつかんだ選手がいるということは、
今インボイスで頑張っている若手にもいい刺激になるかも。
努力はきっと報われるんだって。

ただ2死満塁の大チャンスだった3打席目で三振と言うのはちょっと・・・。
インボイス戦見に行った時もチャンスで凡退続けていたよなぁ・・・。
勝負弱いのかなぁ?
それとも負け神様が中継聞き始めたからなのか?
下の記事を書きながらつくづく思ったのだが、
オイラは論理的な思考を組み立てて文章を書くのが苦手だ。

頭の中に「言いたいこと」のぼんやりとしたイメージはある。
でもそれを言葉で紡げば紡ぐほど、
表層的な表現にとらわれて中身の無い空疎なものになってしまい、
本来のイメージとはかけ離れてしまう。
結果何が言いたいのかわからない支離滅裂な文になってしまう。
「こんな感じ」と印象を書くことは出来ても、
「なぜそう感じたのか」となるとまるでわからない・・・
というか文章にできない、言葉として表すことが出来ない。

論理的な思考を鍛えるのには高校数学がいいと誰か(和田秀樹あたり)が言っていたような記憶があるが、
2桁の暗算すらできないような筋金入りダメ人間には、
論理的な筋道のたった文など到底無理なことなのだろうか?
2006.05.23
先日注文したZガンダムヒストリカの01巻が到着。
4063671828ZGUNDAM HISTORICA Vol.1
講談社 2005-06-21

by G-Tools

これでついに全巻揃えてしまいましたよ。
金色に輝くバインダーに納め、コンプ達成~♪

orz

なんかね、自分がダメ人間に思えてきますよ。
それでいて富野発言は1/2ページしか無し。
しかもどこかで見たことがあるような既視感たっぷり。

ただ福井氏のインタビューでこんな発言を発見。
「生身の富野由悠季に思うこと」と小見出しをつけられた項なのだが、
このようなことが語られている。
 

やっぱり好きな人だけが好きで熱狂的になる、というのは誰にとっても良いことではなくて、当人にとっても足枷でしかない。
 自分たちが好きだ好きだと言うほど、普通の人たちが引いていってしまうということがあるとしたら、自分たちの役目は逆に、ここをこうしたら、世間にもっと広がるんではないかということを提案していくことであって、わかる人にだけわかればいい、というふうには落とし込んでいきたくないなというのが本音ではあります。



また別の箇所では次のようにも語られている。


(富野の意図を汲み取れる人が周りにふえてきただけに)その人たちを前提に作っちゃってる面も見え隠れするから、普通の人たちが入れなくなってるところもある。(中略)そういう2万~3万の(富野ファン)連中を挑発したり啓蒙したりしたって労力の無駄ですから。 



この点同じ富野信者のあきまんとは
「富野が世間に認められようがなかろうが俺が好きなんだからOK」と大きく異なる。
オイラとしては富野の愛すべき点はダメなところだと思っているので福井氏の考えに同感。
愛しているからこそ厳しいことを言いたくなる。
だからこそ世間を狙うと言いながら、
相も変わらずマニア向けでガッカリした「リーンの翼」の1話にはきついことも書いた。
2chなどでよくある富野マンセーはやっぱり違うと思う。
全肯定というのは富野の鬱でダメで変態なところもひっくるめて好きということだから。

でもこうやって富野批判するのはやっぱり富野が好きだから。
富野を愛してもいないヤツが同じことを言ってたらぬっコロ。

それとこれはファン心理と言うかヲタクにいえることなのだが、
対象を愛すれば愛するほど周りが見えなくなって、
結果周囲から浮いていくことになる。
オイラもそこのところを自制しなければ。

続きを読む

2006.05.22
今日からFC2でamazonのアソシエイト機能を始めたらしい。

今まではG-TOOLSというツールを使ってアソシエイトのリンクを貼り付けていたのだが、
ものは試しということで早速使ってみる。

ただデザイン的にはまだまだだよなぁ・・・。
リンクするには登録も必要だし、
それだったら今までどおりコピペするほうが楽かも・・・。
見た目的にはどうなんだろう?

リーンの翼 1
リーンの翼 1
工藤昌史、樋口康雄 他 (2006/04/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
恐らくローテーションなのだと思う。

何がと言うとオイラの熱中するもの。
今は久しぶりにガンプラに夢中。

今日も1/144∀にヤスリがけ。
切り出せるパーツを全て切り出して400番でヤスリがけをしてランナーを処分。
ヤスリ掛けしているだけでまた小一時間経ってしまい今日の作業はここまで。
なんだか一向に完成しそうに無い。
3年ほど前にはガッツリはまっていてガシガシ作っていたと記憶しているのだが、
どうやって時間を捻出していたんだろう。
テクニックとかも忘れてしまっていることが多いよ・・・。

で、ガンプラに夢中になっているおかげで、
本やらDVDやらは積みっ放しの放置状態。
Historianもリズムをつかめずここの所全く目を通していない。
だがこういうときのために「自分用メモ」をしておいたんだよね。
後々読み始めたときに今までのあらすじがつかみやすいから。
さて、このガンプラのローテーションはいつまでなんだろう。
また塩漬け期間が近いうちに訪れそうな予感はしているのだが・・・。

続きを読む

20060521125426
1/144∀の胸部マルチパーパスサイロのパーツがぬこにしか見えない件について
まず一言言わせてください。

大沼インボイスから戻ってくるな


     / ̄ ̄ ̄\
     |..      |  
     |::::●) ●)|  
     ヽ:::......∀....ノ ∩
 | ̄ ̄U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
 | 猫  000 100 0   1       |
 | 浜  120 001 4x   8     |   
 |____________|   
   猫:●西口-大沼-星野
   浜:○三浦
◇本塁打:石井2号(西口)
     古木5号(西口)
     相川5号(西口)
     中島8号(三浦)
     多村4号(西口)

ここのところの負け試合はだいたい同じパターンの繰り返しだった。

●先発が早い段階で打ち込まれる

●二番手ピッチャーが試合を立て直す

●打線が奮起して追い上げる

●あと一本が出ず1点差負け

ところが今日は打線も奮起しなければ、
二番手の大沼は3連続四球で傷口を広げる始末。
全く何しに1軍に上がってきたのかと。
同じ事の繰り返しじゃないか。
今日の敗戦の最大戦犯は4発のソロムランを浴び、
花火師ぶりをアピールしたオツであることは確かだが、
大沼以後の4点は完全にやらなくてよかった点。
おそらく今回がラストチャンスだったので、
これでインボイス行きは確実だが今シーズンはもう戻って来てはもらいたくない。
いい加減にしろ。

それにしても福地はいい。
最大の武器である足はもちろんのこと、
一時の佐藤友のような粘りのバッティングがいい味を出している。
このまま1番に固定してもらいたい。
それに比べてヤス・・・今日何回2番で終わったよ・・・。
このところヒロユキもヤスも調子悪いなぁ・・・。
いっそのことジャッキーをセカンドで起用っていうのは・・・あまりにもリスクが大きすぎるか。
明日の先発は涌井かな?
故郷凱旋で天気も気分もスカッと晴らすような快投をみせてもらいたい。

ルーキーの松永が登板予定のようですね。
去年の大社ドラフトでお目当ての松井光介を逃し、
「本当に欲しい選手がとれなかった」と愚痴ったツトム君に、
「どうだ!」というところを見せ付けてやってほしいものであります。
今日は朝から何を思いついてしまったのか大掃除。
汗だくになりながら家具を移動したり戻したり。
気がつくと下着はおろかシャツやパンツもビチョビチョに。
徹底的に片付けたつもりだったのだが、
終わってみればなんてこともなくいつもどおりの散らかりよう。
あの苦労はなんだったのかと。

その後は脳トレと自分に言い聞かせながら、
1/144∀にとりかかる。
先週接着した部分のヤスリがけをし、
600番までかけたところでガンダムマーカーで首の部分を黄色に部分塗装。
本来はシール表現なのだが、やはり塗った方が見栄えがよいかと。
あとはビームライフルや頭部を流し込みで接着している間に、
小一時間などあっという間に過ぎてしまう。
ほとんど完成に近づくことなく本日の作業は終了。

それにしてもヤスリがけの作業は本当にかったるい。
かといって掛けなければ合わせ目は消えないし、
接着していない部分もヒケがあったり、
プラ独特のテカリがあったりでいただけない。
もっと簡単にヤスリ掛けってできないものかね。
そういえば以前電動歯ブラシを改造したヤスリマッスィーンを作ったことがあったが、
音ばっかりうるさくてろくた使えなかった記憶が。
やはり地道にゴシゴシやるしかないの?
今日から配信が開始されたリーンの翼第3話「地上人のオーラ力」。

実は昨晩日付が変わり次第視聴しようと思ったのだが、
AIIにアクセスしてみると・・・あれ?更新してない?!
裏富野ブログを見てみると

一部、配信会社さんの都合で、今日の午後以降の配信開始になってしまうこともあります。いつもご利用の配信会社さんがあるようでしたら、申し訳ありませんが、いましばらくお待ちください。


どうみても一部です。本当にありが(ry

というわけで改めて今日視聴してみた。
rean_03_01.jpg

相変わらずオーラバトラーはよく動いている。
特にシンデン2機のシンクロ飛行は必見。
rean_03_02.jpgrean_03_05.jpgrean_03_06.jpg
rean_03_08.jpgrean_03_14.jpgrean_03_15.jpg

またキャラクターの演出では、
コミック版で強調されていた朗利の粘着質な性格というものは表現されず、
逆に初対面からサコミズ王にタメ口をきくなど軽薄な印象を受ける。

総じて情報量の多い回だとは思うが、
この話数まではコミック版を読んでいるのでだいたいのストーリーの流れは理解できる。
ただ、コミック版を見ていないこの後がどうなるかはわからないし、
新たな印象をうる事が出来るのではないかと楽しみでもある。

以下気になった点をいくつかピックアップ。

・リーンの翼の沓はエイサップとリュクス以外が履くと重くて歩けない
rean_03_04.jpg
・「ホウジョウ」の国名は豊穣からではなく鎌倉時代の執権北条氏から。サコミズが神奈川出身なのでそう名づけた(小田原出身?)。城には三つ鱗の家紋が彫られている。でもあの家紋は後北条氏のものじゃない?
rean_03_07.jpg
・コミック版では、サコミズは第3の原爆投下を阻止後、コルセアに撃墜されバイストン・ウェルに来たように書かれていたが、ここではノベルズ版にのっとっているのか、「そのおかげで再びバイストン・ウェルに戻ってしまったので」という台詞があるように、一旦地上界に帰還後に原爆投下を阻止、その爆発で再びバイストン・ウェルに帰還したことになっている。
rean_03_03.jpg
・パブッシュが無線をかけるシーン。アレックスはさりげなくエイサップに呼びかけるが、コミック版と異なり本人は気がつかず。
・今回の肝になると思われたサコミズとエイサップの会話、
「閣下はリュクス姫とリーンの翼の沓どちらを本当は取り戻したいと?」
「目に映るものが全てではないのだエイサップ・鈴木君!」
「君は私と同じ道を進んでいる。そしていずれ辿りつくのだ。その先にある私と同じこの場所に」
などは全てカット。
そのかわり「今は王の末席で任務に尽くすだけです」と、
コドールには内密のリュクス捜索にあたるよう地上人どうしの密談。
対してコドールとコットウもコミック版同様コモン人同士密談。
・海楽たちのお目付け役はコミック版の髭男ではなくナナジンのエイサップ。
・マキャベルとガルン・デルの交渉では、移住先としての南極地図は見せず。またマキャベルも野望をアレックスに表さない。
・アマルガンはサコミズとの過去を回想。
rean_03_09.jpgrean_03_11.jpg
rean_03_12.jpgrean_03_13.jpg
ん?この聖戦士の鎧はどこかで見たことがあるような・・・。
ガーゼィの翼に出てきた聖戦士イメージとは違わないか?
seisennshi01.jpgseisennshi02.jpgseisennshi03.jpg
前言撤回。どうみても違います。本当に(ry
それと左下、緑の髪の女はハロウ・ロイ?ひざまづいているのはキャプラン?
またノベルズ版読破しようかしら。
・リュクス捜索がサコミズとの密約のためか、吶喊する朗理と金本に対して「リュクスの安全が第一」ではなく「敵は戦いのプロだ」と注意。
・アマルガンは怪我をすることは無く生け捕りに。またリュクスもナナジンに抱えられるようにして城に向かう
rean_03_16.jpgrean_03_17.jpg

全体的にコミック版よりも台詞が少なくなっているように感じられる。
言葉で説明するのではなく、「画を見ればわかるだろう?」ということなのだろう。

さて、第4話「王の奸計」は来月6/16配信。
rean_03_18.jpg
コミック版で予習していない初めての回になるけど印象はどう変わるだろう。
楽しみ楽しみ。
先日注文したセ・パ交流戦公式プログラムライオンズバージョンが到着。
2006年 セ・パ交流戦 12球団別オリジナル公式プログラム 西武ライオンズ
A4版で70ページ弱と思ったよりも大きくしっかりとした装丁。
もっとペラペラなものを想像しておりました。

中身はライオンズの全選手写真名鑑と対戦カード別の見所、
チーム別の戦力分析など。
なかなか充実している内容。買ってよかった。
ライオンズの選手はドラフト下位のルーキー以外はほとんどわかるけど、
他のチーム、特にセ・リーグの選手はわからないからね。
でもこうなると選手名鑑も欲しくなってしまうかも。
ちなみに現在対戦中のカープの戦力分析は投手力が75で最も高く、選手層が60と一番低い。
注目のバッターはコング栗原。
・・・・・・
・・・・
・・
一昨日今日とまさに打たれまくりですよ、ハイ。
今日なんてすでに4打点。
さすがだな週ベ。

ちなみに付録のカード、
「ナカジとおかわりだったらいいなぁ」と書いたところ、
実際にはおかわりとキャプテンでした。
ilc.jpg
富野の新作アニメ「リーンの翼」の第3話「地上人のオーラ力」は明日から配信開始。
裏富野ブログも配信前のブログ強化週間で更新頻度がアップ。
先日は「ナナジン」の命名秘話、今日は「ヒップクレネ城」の美術設定について。
どちらも
・「ナナジンはエイサップとリュクスが二人で命名する」
・「城の周りは中東風」
という、自分で決めた縛りをすっかり忘れて勝手に設定を作ってしまう富野の話。
これよ、こういうネタが欲しいのよ我々信者は。

さてと。肝心のお話の方はいかがなものかしらん?
この回まではコミック版を見ているからそれなりに筋がわかっているんだけど、
やっぱりまた情報てんこ盛りの詰め込みすぎなのかな?
楽しみのような不安のような・・・。

それと配信映像の左端に縞々が出来て映像が二重になってしまう現象。
高ビットレートの動画の処理にマシンがついていけないと出るみたいだけど、
WMP10の場合「ツール」→「オプション」から「パフォーマンス」のタグを選択、
「ビデオアクセラレータ」を左端の「なし」にすると出なくなるようです。

まー配信映像が見られない人はDVDでも見ていろと。
B000E1KLE0リーンの翼 1
富野由悠季 福山潤 土田大
バンダイビジュアル 2006-04-26

by G-Tools

なんだかまだBOX仕様が買えるそうですよ。
まーぶっちゃけた話をいたしますとネタがないと。

これは!っと皆様にお伝えしたい情報もないし、
ボケて笑いを、しかも苦笑いをとれるような自虐ネタも無い。

かくいうこの文章も考える端からポロポロと網の目をくぐるように思索の海から落っこちてしまい、
もう何を言いたいのか何を書いているのかサパーリわからなくなってくる。
そんな脳内ぐっちゃぐちゃ状態。

あーそういえばここ数日はガンプラ熱がぶりかえしてきて、
キミにもできる!ガンプラ攻略法―新ガンプラマスターへの道とか目を通してますよ。
MAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き!も持っているんだけど、
こちらはイマイチわかりにくい。系統だてて説明されていないから?
なんか構成が悪いよね。筆塗りについてとかはあんまり説明されてないし。
ノモ研とかがいいとかは聞くけど、連載中のを見る限りレベル高そうだったし・・・。
ノモ研~野本憲一モデリング研究所~ノモ研~野本憲一モデリング研究所~
野本 憲一

by G-Tools

結局ぶきっちょさんはパチ組みでもしていろと、そういうことでFA?
リーンの翼の第3話「地上人のオーラ力」は今週金曜の5/19に配信開始。
1話・2話と行ってきた無料先行配信をやらなかったためか、
今まで以上にどうも盛り上がりに欠けるように感じる。
「裏富野ブログ」も先月の2話配信の時のような活気は感じられない。

とりあえずオイラは525円払って有料配信で見る予定。
もう完全にバソダイの掌の上で踊っていますが何か?

また先月配信された第2話「ホウジョウの王」を収録したDVD2巻、
毎回特典の解説書は富野の演出論インタビューではなく、
エイサップ・鈴木役の福山潤のインタビュー。
はい、スルー決定。

ホントに富野にしか興味ないのな、オイラって・・・。
先日の記事で購入を迷っていると書いた2冊。

鳥居―百説百話
川口 謙二 池田 政弘 池田 孝
4808703718
ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話
大西 泰斗 ポール・マクベイ
4141892750


結局注文しました。ハイ。
なんだか今月は引き締めていくとか言っていたのが嘘のような散財ですよ。
なんだかどんどんダメ人間になっていっている気がするよ・・・。
こんなものを注文してしまった。

2006年 セ・パ交流戦 12球団別オリジナル公式プログラム 西武ライオンズ

内容はもちろんのこと、付録のベースボールカードも楽しみ。
ナカジとおかわりならいいなぁ・・・。

それにしてもカルビーのプロ野球チップスもそうだが、
このところ野球にはまっているなぁと自分でも思う。
ライオンズ戦がある日は必ずラジオなりテレビなりでチェックしている。
以前もそうだったとは思うけど思い入れが違う。

やはりこれは一昨年のゴタゴタがきっかけになっているのだろう。
1リーグ制になるのかとか、新チームをどうするのかといった問題から、
強く野球を意識するようになったのかもしれない。
やっぱりパ・リーグが好きだから。
1リーグになってその特色を消して欲しくなかった。

だから今日もカープ戦を聞いているが・・・
本当に投手陣だめぽ。打っても打っても打たれてる・・・。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP