HOME   »  2005年06月
RSSフィード MyYahooに追加
そういや以前の記事で
「オトナファミについては後日書きます」
と書いたけど、
富野インタビューの全文もUPされていることだし、
オイラから改めて語ることも無いよね。
つーかかったるいし。なんかヤルキナサオ病が全般的に発病気味。

あえて言うとすればゲームをしない私にも意外と楽しめた雑誌でしたね。
これはゲーム云々よりも年齢的なものがあるのかも。
映画情報ページで知った、
ヒトラー~最後の12日間~」は観に行こうと思う。
とか言いながらかったるくなってDVD買うだけだったりするんだろうな。
音響もよくないし、1800円よりコストがかかるのに。
なぜだろう。

他にはばろんさんから先日お送りした、
お土産のお礼返しについて感想を頂く。
喜んでいただけたようでなによりだ。
こちらも恥を忍んで選んだ甲斐がある。
そんなこんなでしょぼ~んな日々。
どうやら巷の噂では、種死の36話がこれまでに無く面白いらしい。
なんだかアスランとかいうのがザフトとかいう所から逃げ出す話らしい。

つか、またそんなネタ使っているのかと。

全く気にならないわけではないが、
見ようという気にもならない。

種のおかげでようやく「ガンダム離れ」が出来たのかも。


その代わりガッチガチの富野信者になったけどな。
これが本当に去年日本一に輝いたチームなのだろうか?

あいもかわらず守れない、打てない。
エラーがらみの失点、満塁機に凡退。
何度同じことを繰り返せば気が済むのか。
伊東監督は「信じるしかない」というが、
いつまで信じればいいのか。

とグチばっかりでもしょうがないので今日のよかった探し。

河原はいいピッチングだったけど、
味方に足を引っ張られっぱなしでかわいそう。
打ち取った当たりをポロっとやられちゃやってられない。
気が抜けてホームランだって打たれてしまう。

ヒロユキも粘って繋ぐバッティングでマルチ。
守備でもさすがというところを見せた。

後は・・・えっと・・・
・・・・・・
・・・・
・・
どつかれさん。

今後の希望スタメン
1.高波(エリート) 右
2.小関 中
3.石井 指
4.カブレラ 一
5.和田 左
6.フェルナンデス 三
7.細川 捕
8.水田(片岡) 遊
9.高木浩 ニ

おかわりとナカジは精神的にも休ませたほうがよさげ。

続きを読む

昨日のこと。あるCDを探して自宅のCDキャリアーをひっくり返していたところこんなCDを発見。

B00005HLT7Dear Mother
Lovable Joelle Youko Checketts
テイチクエンタテインメント 2000-10-04

by G-Tools



えっと、僕こんなの買った覚えないんですが・・・。
もしかして誰か置いていったとか?
それとも記憶に無いだけで買ったのか?
・・・・・・
なんか気持ち悪い
昨日のことになるが、ウェブサイト・エクスプローラーというソフトをインストールしてみた。
これはウェブサイト内の構成を取得し、エクスプローラ形式で階層表示するというもの。
さらに取得した情報をもとに、ファイルデータや、外部リンク一覧、リンクエラー一覧なども表示してくれる。

というわけで早速このさいとのデータを集めてみたら・・・
あるわあるわ計44箇所にリンクエラーを発見。
一つ一つ手作業で直していったのだが、これがエライ手間。
いや、まいったまいった。
ほとんどがディレクトリ指定のミスだったのだが、
中には「goods」を「godds」と間違えたように単純なスペルミスも。

クリックしたけど404だぞゴルァという経験のあった方、
ご迷惑をおかけいたしました。
つーか報告してくれよ・・・
2005.06.28
今日もライオンズは守備の乱れ→四球多発→めった打ちのつるべ打ちといういつものパターンで二桁失点の大敗。
昨日の松坂の苦言がほとんど生かされていない。
これで4連勝のあと4連敗。
特に西口・松坂・森・豊田といった主戦投手が打ち込まれたのが非常に痛い。
プレーオフ進出最後の砦となる3位争いからもこれで一歩後退。
あっというまに5位転落。後ろをみればイーグルスのみ。
しかも苦手にしているとあっては12ゲーム差あるとはいえ
最下位争いが始まってしまいそう。

はっきり言って今のままならプレーオフ進出は無理。
ここはあえて意識を変えて勝ち負けにこだわるより、
若い選手に経験を積ませ育てるステージとしたほうが後々のためになるのではなかろうか?
せっかく中島、中村、栗山、涌井といった将来有望な選手がいるのだから。

そうでなくあくまで勝ちに行くのなら、若手はファームに落として、
柴田・貝塚・小関といった試合経験のある選手を起用すべき。

でも、今日みたいな試合を見せられると応援しようという気もうせてしまう。
負けてもいいからもっと気持ちのこもったプレーを見せて欲しいよ・・・。
今さら高校野球でもやらないようなミス連発で君らはプロか?

それと栗山とジャッキーは萎縮しまくりで完全に昨日の説教タイムが逆効果。
監督ルームで説教よりも、満員の客の前で公開お仕置き(守備練習)の方が効果的だって。
実は今週もお休みだと思って、リアルタイムではすっかり見逃してしまいました。
間一週開いたこともあり、イマイチテンションが上らない。
というわけで今回はポイントだけサラッと。

○いきなりアマノチック登場。

目だけしか見えないけれど、童子役の村田充さんに似ているような気がする。
いや、多分違うだろうけど。
ハッ!もしかしてクレジットは出ているけれど、
番組内では一向に聞いたことの無い「ナレーション」こそが、
コイツの役名とか?!


○響鬼の中の人キター!!

普段スーツアクターとして響鬼の中に入っている伊藤慎さんがダンキ役として登場。
たちばなに電話をかけるのだが、その押しの強さに明日夢もタジタジ。
ヒビキに「短気なところがあるから」とまで言われてしまう。
つかメールが使えないヒビキって・・・。


○ザンキがいるだけで頼もしくなる轟鬼

ザンキがサポートについたからか、前回までとは違い頼もしくなっている轟鬼。
ホントに登見蔵はザンキが好きなんだな。
ザンキが側にいるだけで精神的にも安定するのかも。
でも・・・こんな登見蔵、登見蔵じゃないやい!
と思ったらBパートではいつものちょっとヘタレな姿も見せて一安心。
それにしても明日夢との初対面のときも思ったけど、
登見蔵って年下にも敬語で話すんだな。イブキにもさんづけ。
まぁ、イブキは代々鬼をつとめた吉野の名家出身だからこそ、
19の若さで鬼になれたということもあり、
その点警察官から鬼になった登見蔵とはキャリアが違うのだろうけど。
なんかそういう点も「いじられキャラ」なんだよなぁ。

だ が そ こ が い い


○明日夢の視線

おじさんから少年に言わせてもらうよ。
気持ちはすごくわかるけどあんまりじろじろ見ちゃダメ。
もっとさりげなくさりげなく(ヲイ
この年頃って年上の女性にあこがれるものなんだよね。
でも、すぐ側にいるもっちーの気持ちにも気付いてあげないと。
つかもっちーがいじらしすぎます。明日夢をみつけたときの喜びようとか

○ずぶ濡れになったはずなのに・・・

ウブメを追うイブキとあきら。
でも、二人とも沼に落ちてずぶ濡れになったはずでは?
思いっきり乾いているんですが気化熱?
それとも風を使う鬼の力?


○ダブル変身

浅間山で集結したウブメとヤマアラシの、姫と童子を前にして変身する威吹鬼と轟鬼。
このコンビは初めてかも。
並んで変身するのだが、普段はヘタレな轟鬼の変身シーンのほうがやはり断然カコイイ!
それにしても変身をきちんと待つ姫と童子は律儀だな。
でも襲い掛かりはせずに誘い込むように後退する4体。
そして共食いをはじめそうなウブメとヤマアラシを、
アマノチック改めナレーター(仮)はどうしようとするのか?!


○速い、速いよ!

次回予告で浅間山にて威吹鬼・轟鬼と合流している響鬼。
つか、あんた柴又でお師匠さんに医者連れてくるために奔走してたじゃん!
どんな速さで浅間山に向かったのよ。
先日注文した玉茶祖取次店から荷物が届く。
ずいぶんとでかい段ボールだな、おい。

中をあけてみるとほとんどが梱包材。
中身はこじんまり。

早速頼んでおいた本を取り出す。
まずは「オトナファミ」。
とはいっても頭にほとんど入らないので感想は後日改めて。

「Zガンダム BIBLE」もパラパラ眺めてみる。
4063720411Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメ
藤津 亮太 氷川 竜介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらはこれだけでも興奮。
後でじっくり読み込みたい。

他にはなんとMSVの限定版メカニカルファイルが!
なんだか超レアものらしいですよ、奥さん。
これは漏れに設定厨に戻れという指令ですか?

そして極め付けが旅行のお土産。

P251iS09734.jpg

なんじゃこりゃ~!!
しかも激辛だんご入りとか書いてありますよ、奥さん。

こんな面白いもの一人で頂くのはもったいないので、
急遽「激辛団子をたべるのは誰だ?!」オフ会開催決定。
あ、提供者のおふたりは強制参加ですのであしからず。
今日は朝から身体がものすごくだるい。
頭も痛いし、なにより身体が熱を帯びたように熱い。
汗も次から次へとタラタラ。
これはもしかして・・・熱中症?

そんな感じで一日集中できない。
というわけで今日もネタはあるのですが、
文章としてまとめるほど頭が働かないので
後日まとめて。
今日も朝から暑い一日。
それなのに朝ウォーキングしちゃったよ。もう汗みどろ。
そういや昨日もクソ暑い中歩いちゃったりなんかしちゃったりして。
気がついたら汗でシャツに真っ白く塩吹いてたよ。
人間塩田状態。そりゃだるいわけだ。
毎週見ている「喝」も見逃してしまったし。
今日は張本がどんなトンデモ発言をするのかヲチしたかったのに。
あと、田口に「あっぱれ」が出たかどうか。

だれか見た人教えてプリーズ。
このニュースが流れて以降、マリーンズが連敗を続けている。
流石に負春。弁当の呪いに続く新たな呪いの誕生か?

そして呪いといえばオイラもそうかも。
最近中継を聞き始めると相手が点を入れる展開が続いている。
昨日も聞きはじめたとたんにイーグルスが追加点。
仕方がないので消していたら逆転。
もう終わったかな?と聞いたら守護神豊田が2HRを浴びて沈没。
悔しくて消したらベンちゃんが同点HR。
3度目の正直と聞いたら4失点・・・。

今日もおかわり中村が満塁HRを打ったと知り、
聞き始めたとたんにロペスにHR。
今もワンナウト満塁のピンチ・・・。
オイラは逆神ですか?


あ~あ押し出しだよ。聞かないほうがいいのかな・・・
そしてタイムリー。もう消します。

ほらね、漏れが聞かないと逆転してるよ
○勝つだろう馬

タップダンスシチー

○勝ったら嬉しい馬

コスモバルク

○勝ったら祭りになる馬

サイレントディール

○勝って欲しくない馬

ゼンノロブロイ

○2ゲット争い

シルクフェイマス
ハーツクライ
ヴィータローザ


たしか去年はシルク→タップの馬単に突っ込んで泣いたなぁ・・・。

続きを読む

昨日からブラウザをIEからFirefoxに変更してみた。
まだ少し慣れない部分もあり、戸惑うところもあるのだが、
なかなかいい感じ。

デフォルトのフォントが明朝体になっているが、
MSPゴシックに変更すればIEとの違和感は無い。

ただテーブルのデザインなどIE特有のタグを使った部分は、
少し想定していたのとは別のデザインになってしまっているのが気がかり。

便利なのはライブブックマーク機能。
ブログのRSSをブックマークしておけば新記事へ直リンクしてくれる。
いちいちアクセスして更新されたかどうか確認しなくていいのでとっても便利。
でもシャア専用ブログのRSSは読み込みエラーを起こしてしまって使えない。
一番アクセスするブログなのに。

タブブラウザ機能も便利。
IEだと新窓立ち上げるたびにメモリ喰って重くなったけど、
タブだと軽い軽い。

いやいや便利便利。
今日もZバイブルを探したのですが、やっぱり影も形も見当たらず。
4063720411Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメ
藤津 亮太 氷川 竜介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

というわけで昨日の記事の通りネットで注文しました。


玉茶祖取次店に。


他人頼みかよ。

いや、お礼の品をお送りいたしますので。

でも以前松戸で小林さんとも話したのだが、
古本蒐集というのは人脈が物を言うと思う。

オイラもいろいろな人からいろいろな本を頂いたし、
いろいろな人にいろいろな本を差し上げた。
ま、だいたいはバーターが多かったけど。

人と人とのつながりが物欲引力をより強くし、
お目当ての本が手元に集まってくる。

「王の心 再臨飛翔の書」も、
「機動新世紀ガンダムX 公式MSカタログ」も、
「ウインギミック」も、
どうしても欲しいと思っていたらひょんなことから
譲っていただけることになった。

だから、やはり古本蒐集で大事なのは
「人脈」「物欲」「足」の3つでは無いかとオイラは思う。

あ、今日は久しぶりに古本屋行きましたよ。
お気に入りの古本屋。
割引券の期限が切れるほど久しぶり。
レジで「切れてますね」と指摘されてしょぼ~ん。
店内も少しリニューアルしてより探しやすく。
でもさぁ、本屋とか図書館行くとお腹痛くなっちゃうんだよ、漏れ。
興奮しすぎちゃうのかも。
だから今日もそんなにはゆっくり見られず。
とはいっても30分近くは過ごしましたが何か?

今日の収穫はアニメージュ2002年7月号。
「富野に訊け」の第1回掲載号。
それに合わせて富野の特集が組まれている。
買っていたと思ったのだがなぜかスルーしていた模様。
あとはニュータイプ93年7月号。
ガイア・ギアの広告目当てで買ったのだが影も形も無く大失敗。
8月号だったよ・・・。
あとは岩波文庫の「谷中村滅亡史」
谷中村滅亡史
谷中村滅亡史



そういやいつも込みこみの駐車場が楽に停められたので
どうしたことかと思ったら、
少し離れた場所にあったブコフが、
「BOOK・OFF」「HARD・OFF」「HOBBY・OFF」
の3店舗合同の3階建てビルになって、
すぐ近くにリニューアルオープンしてましたよ。
今日は時間の都合でいけなかったけど近いうちに覗いてみよう。

でも最近出物の匂いがしないんだよなぁ。
そのかわり・・・

続きを読む

昨日紹介した「Ζ BIBLE 「機動戦士Ζガンダム-星を継ぐ者-」完全ドキュメント」を早速買おうと本屋へ。
ところが全く見当たらない。またかよ・・・。
明日も探してみて見つからなかったらネットで注文しよう。
4063720411Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメ
藤津 亮太 氷川 竜介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それにしても最近は新品にしろ、中古にしろネットで本を買うことが多い。
もちろん書店に行くことも多いのだが、
やはりリアル店舗だと品揃えに限界がある。
今回のように「どうしても欲しい」という本が必ずあるとは限らない。

思うにネット書店とリアル書店というのは
その利用目的からして違うように個人的には思う。
「この本が欲しい」と目的の本が明確である場合には
在庫が豊富なネット書店の方が有利である。
その点、リアル書店の場合は決め打ちというよりも、
ずらりと並んだ書架の本を眺めながら面白そうな本を探す楽しみがある。
買おうとは思っていなかった本を買ってしまったりするのはそのせいだろう。

そう考えると、店舗面積からどうしても品揃えが薄くなってしまう、
町場の個人経営の書店の利点とはなんだろうと思ってしまう。
それこそ思い切り偏った「狭く深く」などの独自性が無いと、
この先個人経営の書店というのはやっていけないのではなかろうか?
個人的にもあまりそういう店は利用したくないし・・・。
シャア専用ブログの情報から。

講談社から「Ζ BIBLE 「機動戦士Ζガンダム-星を継ぐ者-」完全ドキュメント」という本が明日発売される。
もうね、富野インタビュー掲載という時点で購入決定ですよ。
それに恩田氏のインタビューもあるなんて。

まさに星に貢ぐ者。
だめぽ。
4063720411Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメ
藤津 亮太 氷川 竜介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ガイア・ギアのサントラを予約しているHMVからメールが届く。

ご注文頂きました商品は取引先からの商品入荷が遅れており、
ご案内差し上げておりました予定日での出荷が困難になっております。



なんだとゴルァ!

どうやらメーカーの在庫切れにより入荷が遅れているとのこと。
限定5000枚なのに一向に予約締め切らないからいやな予感していたんだ・・・。
どういうことよ。オイラが予約したの4/15よ?
なのになんで発売日に手に入らないのよ。
それどころか最悪このまま
「入荷ができませんのでキャンセルとさせていただきます」
とかなりそうな悪寒。

などとカナーリ頭に血が上ってしまったのだが、
冷静になって考えてみれば、本来の発売日に発送できないだけで、
7/6の発送には間に合うということなのかな?
とりあえず入荷待ちをしてみるか。

〈ANIMEX1200 Special〉(13)ニュータイプサーガ ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.1〈ANIMEX1200 Special〉(14)ニュータイプサーガ ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.2
昨日、「内容は明日」と書いた「オトナファミ」ですが・・・

どこにも売ってねぇよ!

書店を3店回ったのですが、影も形も見当たらず。
「本当に発売したのかよ」とまで思ってしまいました。

仕方が無いので玉茶祖にキープ依頼。
荷物が届き次第感想をUPしたいと思います。

なんだかとても悔しいのでログイン96年16/17号の富野インタビューをup




ログイン:今回、ゲームの開発に携わった感想がありましたら。

富野:パソコンの進歩はすごいですね。何年も前に知人が100万近く出してパソコンを購入しましたが、今となっては置物になっているみたいですよ。そうですね。開発に携わったと言ってもパソコンについてよく知りませんから。でも、これだけは言えると思います。パソコンはパソコンなりの『ガーゼィの翼』をやってほしい。

ログイン:どういうことですか?

富野:つまり、ゲームって参加できることが映画なんかと違うところでしょ。小説の中で主人公のクリスがメトメウス族に強力な武器の存在に教えるか、教えないか悩んだりします。でも、ゲームではユーザーはクリスを演じるわけで、俺は勝てればいいんだ!という人は武器などをどんどん開発して、メトメウス族を強力な軍事国家にしてもいいと思うんです。それがゲームのよいところだと思いますからね。

ログイン:インタラクティブ性がゲームのいいところですよね。ところで『ガーゼィの翼』なんですが、舞台はバイストン・ウェルですよね。『聖戦士ダンバイン』で登場した、あのバイストン・ウェルと同じならオーラバトラーとかは出てこないんですか?

富野:出てきませんよ。

ログイン:富野さんと言えばロボットアニメに関しては随一の人じゃないですか。だから、なんらかの形でロボットが登場するのではないかと思ったんですけど。

富野:ロボットは嫌いなんです。

ログイン:ええっ!?

富野:この業界に入る前は、実写がやりたかったんです。でも、生きていくためにはお金が必要でしょ。だから実写をあきらめたんです。今でもロボットものはあんまりやりたくないけど、どんな作品をやっていようと、出資元がロボットを出せといえば出しますよ。でも、その代わりに、こちらも要望を出しますけどね。それがビジネスですよ。ところで、こうした僕の人生は『ガーゼィの翼』と関係があるんです。

ログイン:いったいどんな?

富野:自由なことをやっていれば、それでいいというのは本当の自由ではありません。それは自分を自由の名のもとに縛りつけているだけなんです。昔、僕が実写が好きだからといって、それにしがみついていたら喰えなくて死んでいたかもしれないし、『ガーゼィの翼』を書かせてはもらえなかったでしょう。つまり、自分が嫌なことをすることのほうが、広がりが見えます。なぜなら、それは己の可能性を開拓していることですから。そう、自己の可能性を見い出す。『ガーゼィの翼』にはそんなテーマが流れているんです。

ログイン:なんかいい話ですね。演出家として聞きたいのですが、今のパソコンの表現力は毎年、格段に進歩していますが、使ってみたいと思いませんか。

富野:確かにすごいねぇ。今回これだけの表現力を見せられたら、ほしくなっちゃうね。でも、多分パソコンを買ったら、1年くらいは仕事の時間をパソコンに吸い取られそうだから、今はいいや。もう少ししてから考えますよ。

ログイン:富野さんがパソコンを使って何をするのか興味あるなぁ。ところで、今回描かれたキャラを見ていると、主人公が剣をふるシーンがあって、それについて熱心に指導をしていましたよね。特別な思い入れがあるんですか?

富野:実は『ガーゼィの翼』でクリスの剣法は薩摩の示現流をモチーフにしています。じかに見たのは一度だけですが、すごいですよ。

ログイン:一撃必殺の剣法ですよね。ゲームでもそうだと楽でいいですね(笑)。バイストン・ウェルといい、主人公が普通の男の子であったり、富野さんの作品にしてはメカが登場しないといったように、独特の魅力を持っている『ガーゼィの翼』ですが、どういった点に注意して書いてますか?

富野:『ガーゼィの翼』以外にも言えますが、普通の人を捕まえるのは難しいです。マニアの人を捕まえようと思ったら、ロボットを出して戦わせて、派手な演出を盛り込んでいけば、結構捕まえられますよ。でも、そういった子供ダマシは普通の人には通用しません。

ログイン:確かにマニアは好きなものが出てくると、コロッといってしまうかも知れませんね。もちろん、口ではあれこれ批評するだろうけど、根がロボット好きなら、ロボットを見るだけで知識が刺激されて楽しめるでしょう。

富野:その点、普通の人は敏感です。ゲームを例にした場合、リアル路線のゲームがあって、普通の人が夢中になったとき、ふとした瞬間にデジタルっぽいな、と思わせてしまったら、普通の人たちは現実に戻ってしまう。これではリアル路線を謳うゲームとしては失格です。そういった意味では普通の人を魅了するのは難しい。でも、『ガーゼィの翼』はそうした人も魅了できる作品にしたいですよ。

ログイン:そうなるといいですね。今日のレクチャーがゲームにどう活用されるかが、とても楽しみです。小説の5巻も期待していますので、がんばってください。




いや、セレソン相手にがんばったんじゃない?
大黒は凄いな。天性のゴール嗅覚があるんじゃないか?

でも、セレソン相手にこれだけの成果を見せただけに
メキシコ戦の後半の気の抜けたようなプレーが残念。
前半はいい形で進めていたのになぁ。
ギリシャ戦ももう少し点を重ねていたら。

つーかたらればを言えば加持のゴールこそ、
なんでオフサイドになるのかと。

シャア専用ブログにて、「オトナファミ」という雑誌の今月号に、
富野のロングインタビューが掲載されているとの情報を発見。

今夜はあいにくアルコールが入ってしまったので買いには行けないが、
明日購入して情報をUPしたいと思う。
つーかただでさえ置くとこ無いのにまた買うのかこのダメガノは。

そういやキネ旬の富野ロングインタビュー掲載していたブログは、
キネ旬からクレームが入って全部削除になったらしい。
というわけだから全文転載とかは勘弁してね。
ポイントだけ絞って、詳しく知りたい方は購入汁!というスタイルで。

つーかチキンだなオイラは。
まーこのブログの自己紹介欄にもいろいろと書いてあるが、
自分がアンチSEEDかというとどうも違うような気がする。

たしかに前作の放映時は「もう種ぽ」というコーナーを作成し、
各回の感想を「鬱度・萎え度・ゴルァ度」などの
「ネガティブ評価」という形でネタにしていたのだが、
今作は見る気もしないし、見てい無いから批判もしない。

アンチというのはマイナス方向とはいえ、
対象に対して深い関心を抱いているもの。
オイラの場合は無関心といえよう。

だからザクが出ようが、グフが出ようが、ドムが出ようが
どーでもいいことで全く気にならない。勝手にやれば。
逆に人気になってサンライズの収益を増やしてくれれば、
それだけ富野が金にならない独自作品を作れるので儲けものとまで思ったりする。

でも、先達が苦労して積み上げた功績の上にあぐらをかき、
ただ座して口を開いて待っているだけの福田が、
全てが自分の手柄のようにしたり顔で語るのだけは富野信者として許せない。

なんか奴にギャフンと言わせる手は無いものかね。
とりあえずNT100%に掲載されている広告ページから画像を。

P251iS09732.jpg

こんな感じのトイ。
つーかありえないって。
長かったセパ交流戦が終わり、今日からリーグ戦が再開。

大輔登板試合ということもあり、
初戦をガツンと制して勢いをつけたいところ。

ところが肝心の大輔がピリッとしない。
余計なところで四球やヒットが多い。
相手の拙攻に助けられて失点こそ少なかったものの5回で降板。

しかし打撃の方は初回から相手のミスにも助けられて点を重ねる。
4回に二死から2点を入れられ1点差に追いつかれると、
すかさずその裏にホセのどでかい一発が飛び出したと思えば、
ゲッチューがタイムリーで続いて突き放す。
次の回にもホセはタイムリー。
その後5回6回7回と失点が続き再び1点差に詰め寄られると、
7回裏に打線が爆発・・・というか相手がミス連発。
おかわり中村のタイムリーに始まり、ナカジのタイムリー、
さらにワイルドピッチの間に2塁からナカジがナイスランで生還。
計4点を入れて決まり。

それにしても今日のナカジはがんばった。
ポジション争いをする片岡の登録抹消で
回ってきたチャンスを活かす事が出来た。
いつもこれくらいがんばってくれれば、
あんなに凡ミス繰り返すことは無いと思うのだが。
もっと精進して監督の信頼を取り返して欲しい。

あとは首位打者ジャッキーに当たりが戻ってくれば・・・。
世間では「信長の野望」シリーズの最新作、「革新」が話題のようだが、
世の流れに背を向けて生きているおいらは、
今頃になってまだ「蒼天録」をやっている。

B0009EWF9G信長の野望・革新 プレミアムBOX


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

というのも関東七名城のうちの唐沢山城と金山城に行ったから。
しばらく・・・というか長い間プレイしていなかったのだが、
久方ぶりにプレイしている。

「信長の野望」シリーズは歴史好きということもあり、
結構プレイしたのだが、一番のお気に入りは「烈風伝」。

B0000BY0FTKOEI The Best 信長の野望 烈風伝 with パワーアップキット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内政フェチなので箱庭内政システムが大好きだった。
合戦も野戦・攻城戦ともに軍師の存在が大きかったのもよい。
戦闘がターン制なので相手の策を読みながらじっくり考えられたのもよかった。
壁越えで一気に本丸を急襲したりもできたし。

その点、この「蒼天録」は合戦はリアルタイムシステムを導入しているので、
シューティングが苦手なオイラにはひどく厄介なのだが、
幸いこのシリーズのテーマは合戦よりも外交・調略なので、
ほとんど合戦をすることなく寝返りや暗殺などで城の数が増える増える。
またこのシリーズの特徴は大名でなくてもプレイできること。
1城しか扱えない城主プレイと、
数城からなる軍団を扱い外交などに対しても口出しが出来る軍団長プレイ。
もちろん主家に忠誠をつくすも良し、謀反を起こして主家を滅ぼすもよし。
まさに下克上。

そんな中オイラが選んだのは唐沢山城を拠点とする佐野秀綱。
古河公方足利家の軍団長。
ここは主家に従いながら影で実権を握る「傀儡プレイ」をすることに。
さいわい大名足利晴氏の能力値はダメダメなので操るのにピッタリ。
結果7年で以下の通りに。

開始時(1534年夏)現在(1541年夏)

まーほとんどオイラが落としたんだけどな。
つか晴氏のダメ主人っぷりは凄いな。
無理難題押し付けすぎ。
そのつど「提案」コマンドで変更するから意味無いけど。

というわけでしばらくはこれで遊んでいて更新が滞るかも・・・。
B0000TXPFS信長の野望 蒼天録 with パワーアップキット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
まーブレナンとエヌカたんの出演作をチェックしているダメガノなんて、
日本中でもオイラ一人くらいだろうと自負している。
ちなみに日本では発売されていない、ブレナンとエヌカたんの出演作をいくつか。

まずはブレナン。
映画では「Hoobs End」
B0001WTVGQHobbs End


See details at Amazon
by G-Tools

実はこれ、G-SAVIOURでミミ・デビアを演じたカタリナ・コンティとの共演。
他の共演者にもG-SAVIOURのプロデューサー、クリス・ドブスがいる。
そして監督はG-SAVIOURのエグゼクティブプロデューサー、フィリップ・シーガル。
まさにチーム・バンクーバー。
ストーリーは森の中に住む未亡人のところに、
死んだ夫の友人と称する男がやってくる。
未亡人と男の間にはロマンスが生まれるものの、
実は男はシリアルキラーだった・・・というもの。
で、この未亡人をカタリナが、男をブレナンが演じている。
B級好きとしてはぜひ見てみたいが字幕無いし・・・。
もっと英語力を身につけなければ。
つかレビュー☆一つだよ。しかも終わってないって・・・

ちなみにTVでは「Blind Justice」というドラマに
Nick Ironsという役で3話連続(4/19~5/3)でゲスト出演したのが最新の情報。

一方エヌカたんは、やはりF.B.EYEが最も有名だろう。
B00009P68MF.B.EYE 1st SEASON BOX 1st Half 相棒犬リーと女性捜査官スーの感動! 事件簿
ディアン・ブレイ エヌカ・オクマ ヤニック・ビッソン リック・ピーターズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B0000C9VC6F.B.EYE 1st SEASON BOX 2nd Half 相棒犬リーと女性捜査官スーの感動! 事件簿
ディアン・ブレイ エヌカ・オクマ ヤニック・ビッソン リック・ピーターズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本で発売されていない作品では「House of Dead」というホラーものが最新作。
B0000YEE6CHouse of the Dead
Jonathan Cherry,  Tyron Leitso,  Clint Howard,  Ona Grauer,  Uwe Boll


See details at Amazon
by G-Tools

エヌカたんはカルマという役。
こちらは公式サイトもあるほどメジャーなのだが、
なぜ日本語版が出ていないのだろうか・・・。

ブレナン同様、ドラマにも出演。
とはいっても2003年以降出演作が無いのが気になる。
引退したのだろうか?
最後の作品が近々日本でも放送される「トワイライトゾーン」。
その他国内で買えるドラマには、
「ダークエンジェルII」13話や
B00006G90Xダーク・エンジェル II vol.7
ジェシカ・アルバ マイケル・ウェザリー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「アンドロメダ」27話(メインゲスト)など。
B0001WGLWSアンドロメダ シーズン 2 DVD THE COMPLETE BOX 1
ケヴィン・ソルボ ジーン・ロッデンベリー T・J・スコット リサ・ライダー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかしこれだけ調べるとは我ながら・・・。
もちろん目を通せるものはなるべく通しているし・・・
先日注文した「ダブル・ジョパディ」のDVDが本日到着。

B0007N349Yダブル・ジョパディー
トミー・リー・ジョーンズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


早速ブレナンとエヌカたんの出演シーンをチェックしてみる。

まず登場したのはブレナン。
冒頭のパーティーシーン。
カンディンスキーの絵を「ピカソだ」と恋人に説明し、
否定された後も「ピカソだってば」と開き直るパーティー客。

burenan.jpg

この絵自体は後の伏線になるのだが、
ブレナンの出演シーンはこれだけ。
役名も「ヒッピーマン」だし、なんかしょぼ~ん。

エヌカたんの登場シーンはしばらく後。
無実の夫殺しの罪で服役した主人公が、
仮釈放後に生活することになる保護観察所の仲間役。

enuka.jpg

暗くてわかりにくいのだが左がエヌカたんで、右が主人公。
ブレナンに比べて台詞は多かったものの、
この後すぐに主人公がトンズラこくのでここだけ。

その後もラストまで見つけたのですが・・・・半ば拷問でした。
だってさぁ、ずっと同じことの繰り返しなんだもの。
主人公は無実の罪で服役した後、死んだはずの夫が実は生きていて、
なおかつ自分が子どもを預けた友人と暮らしていることを知り、
復讐と子どもを取り戻すために夫と友人の情報を追い掛けるのだが、
それが同じパターンの繰り返し。
主人公他人を騙して情報に近づく→トミー・リー・ジョーンズ演じる保護監察官が彼女を追う→主人公ピンチ→間一髪のところで逃げ出す。
これが1度や2度じゃなく何度も何度も続く。
こちらも飽きてきて退屈になってしまう。

それでいてラストも想像通り。もうご都合主義。
本当に疲れた・・・。

さて、そんなブレナンとエヌカたんが主演のCG超大作、
「G-SAVIOUR」はこちら。
B00005HYNWG-SAVIOUR-フルバーション-
ブレナン・エリオット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ダメガノの皆様にぜひお勧めです。

先週悩まされためまいは主治医によると低血糖とストレスが原因だとか。
ということでダイエットは終了。
つーか当初の予定通りだったけどね。

とりあえずコレステロール検査へ向けてのものだったし。

3月の検査では総コレステロールが214、
LDLコレステロールが141とちょい高めだったので、
この数値よりは下がっていればいいなぁ・・・。

でも体重と体脂肪率の測定は継続中。
今日、というか昨日は父の日だったので、
親父へのプレゼントとして買ったみんみんの餃子を自分も食す。

MORE・朝日新聞に紹介されたこだわり餃子餃子1個なんと18円★共同購入

薄皮でおいしいのだがちょっと物足りない。
とてもシンプルであっさりしているのだが、
もう少しニンニクやらなにやらが欲しい。
以前購入した美食点心館の餃子の方が、
ニンニクが効いていて美味しかったかも。

さらにおいしくなりました!具材にとことんこだわった!美食点心 ぎょうざ

つーかオイラは本当に餃子スキーだな。
ネットでまで注文しているとは。
この前の松戸でもジャンボ棒餃子食べたし。
でも一番のお気に入りは食べると3日は臭いが抜けない、
某ラーメン屋の餃子。
どなたかチャレンジしたい方います?
シャア専ブログにあったのだが、まんがの森で富野のトーク&サイン会をやるらしい。
参加できるのはまんがの森での「富野に訊け」購入者。

当然ながらすでに手元には1冊ある。
はて、どうしたものか。
脳内で葛藤が始まる。

脳内小人A「バカ、生富野に会えるんだぞ。もう1冊買うくらいどうってことねえじゃねぇか!」
脳内小人B「待てよ、お前!そんなことしてるからみんな富野貧乏になるんじゃないか!」
脳内小人C「つーかさ、先着100名じゃん。今から行ったって電車賃無駄にするだけじゃん?」
A&B「・・・・・・そりゃそうだ。富野信者に先着100名じゃ無理ぽ」
C「つーかだりーし」


というわけでスルーケテーイ。

続きを読む

もうね、情報仕入れて即買いに行くなんて自分でもどうかしてると思いますよ。
でも富野と聞けばやっぱり買ってしまう悲しきダメガノの性。
情報的には目新しいものは特になし。
その中で印象に残った発言をいくつか。

「新訳」について

結論を言えば、変えたのは、主人公であるカミーユの、物事の受け止め方だけなんですが、それだけで暗い作品を普通の娯楽作品に変えることができたと思っています。(中略)こういったものは、みんながテレビ版のカミーユになってしまったのかもしれない今の世の中へのメッセージです。「お前ら、カミーユでいいわけねぇだろ!」ということ(笑)。今の自分が悪い状態にあるのも、良い状態にあるのも、すべては、世の中への感じ方の問題なんだよと言いたいのです。


「恋人たち」について

第1部でシャアやアムロ、ブライトといった年上の人々に出会ったカミーユが、第2部ではお隣さんのファとは違う同世代の女の子、フォウを知ることで、「恋人たち」の一員になります。そして、恋人たちのいろいろなあり方を知っていくことになります。
彼女との別れを経た後のカミーユは、テレビ版以上にいろいろな人に出会い、きちんと目線を合わせていきます。テレビ版とエピソード自体は変わらないものの、個々の人物の掘り下げはより鮮明になっています。
その結果、青春群像劇の要素が強まり、ファーストガンダムに近いテイストも出てくるでしょう。第1部よりももっと娯楽的なものになっているはずです。テレビ版のときに15歳くらいだった世代の人が、子どもを連れて観に来て、その子どもにも「お父さん、お母さんは若いころこれが好きだったんだ」と肯定してもらえるようなものになっていると思います。


「物語」について

今は、ファンタジーにすれば何でもいいというような風潮があって、作り手の勝手に作った物語が乱立しているように見えます。「異世界」が理由付けも無く、ポンとあるようじゃ困るんです。(中略)言うなれば作家の仕事というのは、海に浮かぶ美しい氷山の、海の中に沈んでいる90%以上の部分まで作ることなんです。そうでないと、絶対に文章に穴が空いてしまう。確かにきついと思うけれど、これだけファンタジーや物語が氾濫している状況では、そういう部分までしっかり学習した人が結局勝つのではないかと思っています。


子どもたちへ

今回の『Zガンダム』では、その中に出てくる人間関係を含め、普通の映画としての「劇」を作りました。カンのいい子どもなら「ガンダムだと思って観に行ったけど、これは世代交代の物語なんだ」と気付いてくれるはずで、そういう子が日本中にいるということを信じています。
「恋人たち」ではフォウと恋をし、引き裂かれたカミーユが、その後でまたほかの女の子に引かれたり(ママ)、ファに説教をしたりするっていうことを、子どもたちには、自分が通っていく道なんだと見上げてもらいたいわけです。これから自分たちはどうやって異性と付き合っていくのかっていう、当たり前の人の行為としてです。
『Zガンダム』3部作を通して、僕にはロボットもので「芸能」を成立させたいという想いがあります。でも「観てください」とは言いません。作品そのものに吸引力がなければ観てくれないだけのことですから、作品に任せているのです。でも、カンのいい子どもたちは気が付いて、10年後まで覚えていてくれる作品になっていると、僕は思ってます。




10年以上前からそうなのだが、富野って新しい世代に期待をしては絶望して・・・
というのをずっと繰り返しているような気がする。
ブレン以降はそれなりに納得できるスタッフに囲まれてはいるけど、
次の世代への過剰なまでの期待は常に持ち続けているように感じられる。
それは今回のこの記事からも作品への自信と共に伝わってくる。

ま、今現在「吸引力」を持っているのは正確には作品というよりは、
「ガンダムブランド」だと個人的には思っているのだがどうだろう。
恒例の「失敗作」発言がいつ頃になるのか、楽しみのような気掛かりのような。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP