HOME   »  2005年04月
RSSフィード MyYahooに追加
オイラは子どもの頃に椋鳩十の児童小説を読んで以来、
山の漂泊民「サンカ」に興味があり、
五木寛之の「風の王国」や、沖浦和光氏の本を読んだりしています。
幻の漂泊民・サンカ
沖浦 和光
文芸春秋 2004-11


by G-Tools

そんな中で発見したのがこの映画。

ほしをつぐもの

主演は世界の北野ことビートたけし。
この映画の内容については私自身拝見しておりませんし、
こちらのサイトに詳しい感想があるのでここでは触れませんが、
サンカを取り扱った映画としてはショーケンがサンカを演じた「瀬振り物語」と並んで双璧となるかもしれませんね。
そんなサンカに興味を持つオイラに対し、学生時代の友人の一人は
「サンカなんて興味持ったっていいことはないよ」とか
事あるごとに注意するのですが彼はシノガラですか?

さて、こちらはトミノの「星を継ぐ者」。
主題歌であるがっくんのメタモルフォーゼの予約が開始。
限定版にはPVを収録したDVDがつくそう。
Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤)
Gackt Gackt.C Chachamaru


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

がっくんのPVというと「ありったけの愛で」で我らが晴郎ちゃんと共演したのがとても印象的。
今回は劇場版Zのテーマ曲ということでトミノとの共演があれば即買いなのですが・・・ありえないかなぁ?
結構仲良さそうだから・・・。
もうだいぶ前に発見して、ネタ切れ対策にストックしておいたネタ。
なかなか使う機会が無かったので、ご存知の方も結構いらっしゃるかもしれません。

まぁ、その日オイラはなにか取りこぼしているトミノ資料はなかろうか?と
気まぐれで「トミノ」で検索をかけてみたところこのようなブログを発見いたしました。

まぁ、詳しいことはリンク先を参照していただきたいのですが、
要するに西条八十の詩に「トミノの地獄」というものがあり、
四方田犬彦曰く「絶対に声に出していけない」のだとか。
声に出して読むととんでもないことが起きるとか。

ただでさえチキンなオイラにはとてもてとても実際に声に出して読む勇気は無いのですが、チャレンジしてみたい無謀・・・じゃなくて肝っ玉のでかい方のために肝心の詩を以下に転載しておきますね。

「トミノの地獄」

姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。
鞭で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩けやれ叩かずとても、無間地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内をたのむ、金の羊に、鶯に。
皮の嚢(ふくろ)にゃいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、くらい地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にゃ羊、可愛いトミノの眼にや涙。
啼けよ、鶯、林の雨に妹恋しと声かぎり。
啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿めぐる、可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。



どうやらここでのトミノは三人兄弟の真中の子どもの様に思えるのですが、
やはりそこはトミノ信者のこと。
どうしても御禿トミノが「皆殺し」の業のため、地獄に落ちるシーンを連想してしまいます。

さて、トミノと西条八十というとトミノ信者の方には思い当たる節があるやもしれません。
そう、「∀の癒し」の中でトミノが「自分のなかの創作の原点」と述べているのが、西条八十が作詞した童謡「かなりや」なのです。

トミノはこの本の中で「かなりや」についてこう賛辞しており、
幼少期の自分が、この詩の強い影響下にあったことを実感しています。

表現は、観念的でなく明瞭。
言葉をつかう起承転結の規制のなかでいえば、起と結をおさえてバランスも良い。
これが物語である。
こういうものをめざしていたんだ


そんな西条八十が「トミノ」とついた詩を書いていた。
しかもその詩に対して「呪い」のような尾ひれがついていることに、
なんだかユダヤ陰謀説のような偶然性を探してみるのもまた一興
・・・んなわけねぇだろうがよぉ!
日本童謡集
与田 凖一

by G-Tools
延長11回の総力戦の末、ようやっと勝利。
G.G.佐藤を残しベンチ入り野手ほぼ全員を使ってもぎ取った勝利。
長いトンネルの先にようやく見えてきた明るい光。
だが、素直に喜ぶことは出来ない。
もう少し楽に勝つことは出来なかったのだろうか?

特に8回一死一三塁のチャンスで、栗山が凡打、続く小関も三飛でみすみすチャンスを潰したシーン。
1点を取るのに苦しんでいる状況でなぜ「スクイズ」という選択肢が出なかったのだろうか?
今日の栗山は当たっておらず、足も速いのだから確実に1点を取りに行くべきだったのではなかろうか?

ライオンズ野球の真髄は脚を絡めた繋ぐ野球。
カブレラ、ホセら大砲の一発に期待するのもいいが、
地道にコツコツと繋ぐ野球をすることがこの現状を乗り越える一番の近道ではなかろうか?
先日の1.5倍ハバネロが食べたくなりコンビニへ。
しかしやはりおいておらず。
というのも、どうやらセブンイレブン限定のよう。
ローソンではやっぱりだめだった。

その代わりにこんなのを発見。
P251iS08200.jpg

ベビースター丸のように固めて食べやすくしたもの・・・
らしいのだがどう見てもこれって製造過程で発生した破損品の処理じゃねーか。
ポテコのようなリング型から崩れてしまったかけらの寄せ集め。
そのうえ辛さも中途半端(これはオイラの舌がおかしくなっている可能性アリ)。
もう買わねぇよ!うわぁぁぁん。
というわけで1.5倍ハバネロの一般販売希望。
2005.04.30
それにしても今日は暑かった。
30度こえたねぇ・・・って今何月よ?!
もうなんだかかったるくてしょうがないよ。
書こうと思っていたネタは持ち越し。
2005.04.29
昨日書いたとおりでしょ。
今のチーム状態はイーグルスより悪いって。
あんなエラーしているようじゃピッチャーだって安心して投げられないし、
三振取りに行こうとして浮いた球打たれたりするわ・・・。

コーチ陣の入れ替えが必要なのはこっちだよ・・・。
今日の日経の一番裏の文化面。環境関連の記事というかコラムに、
なんとCD1巻のイラスト入りでガイア・ギアが紹介されておりました。

・・・・・・という夢を見ました。
自らの「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !! 」という興奮した声で目がさめて、現実に立ち返って(´・ω・`)ショボーン
喜びが大きかっただけにショックもそれ以上に大きいものでした・・・。
本当ならどれほどよかったか・・・。

富野節全開の小説版ももちろん面白いのですが、
サウンド版は青春群像劇以上に「環境」にテーマをしぼっていたのがまた面白いんですよね。
アフランシの言う「人は手を出さず自然の回復にまかせる」のも、
ダーゴル大佐の言う「人が手を貸すことにより回復を促す」のも、
どちらが正解とは一概には言えず、結局はバランスの問題のようにも思えてしまうんですよね。

振り返ればラジオドラマが放送された1992年はブラジルにて環境サミットが開催され、
これまでにないほど環境問題が注目を浴びていた年と記憶しています。
そのような年だからこそ放送された、ガイア・ギア。
サウンド版の復刻はまだまだ道のりが険しそうですが、
サントラを聞きながら作品の雰囲気にひたってもらいたい、とこのようなサイトを開設している立場から思います。

〈ANIMEX1200 Special〉(13)ニュータイプサーガ ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.1
ラジオ・サントラ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

〈ANIMEX1200 Special〉(14)ニュータイプサーガ ガイア・ギア オリジナル・サウンドトラック Vol.2
ラジオ・サントラ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ミラコーの復活勝利まであと3日
◎ ヒシミラクル
○ アイポッパー
▲ チャクラ

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ミラコー!ミラコー!
 ⊂彡
今現在どん底の連敗街道を突き進んでいる楽天イーグルスだが、
その連敗を止めるチームは今のライオンズ以外にありえないと思う。
いや、そうではない。
今のライオンズの状態は連敗中ながらも少しは光明の見えてきたイーグルスよりも見通しが暗いといったほうが正確かもしれない。

打てない、守れない、走れないのないない三拍子。
加えて中継ぎ投手陣が壊滅状態。
援護が無いばかりか後を託すこともできない先発ピッチャーもたまらないだろう。
過去に無いほどのひどい状態。

明日からフルキャスト宮城スタジアムで行われる三連戦が両チームにとって山場となるだろう。
ただでさえ苦手な「元近鉄」がひしめいている上にこのチーム状態。
一勝二敗でも御の字かも・・・

というわけで先走りかもしれませんが、イーグルスファンの皆様連敗脱出おめでとうございます。
(´・ω・`)開幕戦に続いて苦手意識植え付けられそう・・・

で、思ったのだが、こういうチーム状態のときってファンの行動って3パターンくらいにわかれると思うんですよね。

一つは文句を言わずに選手を信じてじっと見守るタイプ、
二つ目は選手を叱咤激励して時に厳しい愛の鞭を浴びせるタイプ。
そして自虐的になるタイプ。
知人曰く「Mの気がある」らしいオイラは当然最後のタイプですが何か?
頭がガンガンする上、目眩も。
今日は薬飲んで早めに寝ます。
ついさっきたまたまチャンネル合わせて発見した番組。
NHK教育の「テレビで留学 ニューヨーク大学英語講座 」
なんだか引き込まれるようにみてしまった。

ニューヨーク大学の外国人向け英語講座をそのまま放送したもの。
日本語はひとことも出てこない。

講師の話していることは、わかりやすく話しているせいかほぼ理解できる。
でもそれに対して自分なりの回答をすることが全く出来ない。
なんか聞き取りができているだけにものすごく悔しい。

どうすればスピーキング力が身につきますか?

NHKテレビテレビで留学 2005 5―ニューヨーク大学英語講座 (2005)
日本放送出版協会 2005-04

by G-Tools
朝起きた。首が回らない。左肩が動かない。
どうやら寝違えてしまった模様。
鎮痛剤を何度も塗り、少しは動くようになったものの、
日常動作にまで差し障る始末。

そういや去年あたり、右肩が痛くなったこともあったなぁ・・・。
年齢のせい?
いやいや、そんなことはないない。
ただの寝違えだよ、寝違え・・・。

そんな首と肩の痛みを抱えたまま一日を過ごす。
車の運転が一番しんどかった・・・。
オートマだから助かったけど、それでも左手は使うし、
首が回せないから視界を確保しきれず・・・。
よく事故らなかったものだ。

夕方には母の日のプレゼントを注文。
母の日のカーネーションの鉢植え
母の日のカーネーションの鉢植え


母の日当日配達らしいのでこれに決定。
鉢植えなのはあわよくば来年もこれで・・・という目算。
というか庭に地植えしてもいいし。
ま、一番は値段が安かったことなのですが・・・。

それにしても最近黄砂がひどい。
ベランダの手すりが毎朝黄土色に汚れている。車も壁も汚れてしまう。
精神的被害を蒙ったので発生国に謝罪と賠償を(ry
2005.04.26
もう何が悪いという状況ではない。
全てが負のスパイラルに陥っている。
散発的に安打はでるものの、ここぞというところで凡退。
逆にマリーンズに送りバント、初球スクイズ、エンドランと、
本来ライオンズが得意としていた脚を絡めた攻撃をされてずるずる・・・。
投手陣も中継ぎを初めとして投壊状態。
今日も青木が打撃投手状態。
何もかもが悪い方へ悪い方へと転がっている。

昨日はさすがに伊東監督のカミナリが落ちたようだが、
今日も不甲斐ないプレーで怒り心頭だろうなぁ・・・。
 
そいいえば今日の実行委員会で来季から二段モーションに対して厳しくルールをあてはめるとのこと。
岩隈や三浦は大変だろうなぁ・・・
2005.04.25
今日は最も安定感のある帆足が先発するも惨敗。
ヒット数はそれほど変わらないのだが、要所要所での詰めの甘さが非常に目立つ。
特に守備が心もとない。後藤にしろ栗山にしろベンにしろ・・・。
結局サブマリン渡辺の前に散発的な安打はでるものの、
打線が繋がらず2点とるのがやっと。

安定した投手陣を守りで支えるチームの守備がぼろぼろでは・・・。
何とかして欲しい。
もう日曜の日課になっている。
響鬼を見て、そのままサンデーモーニングに流れて「喝」を見るのが。
平日も英会話入門を聞き始めてから6時起きになっているのに加え、
日曜も早起き。極めて健康的だ。またそろそろ早朝散歩を再開するか・・・。

今日はあまりにもそれっぽい謎の洋館からアマノチックな魔化魍ボスが出てくるところからスタート。

一転して登校風景。
恋は女性を綺麗にするのかもっちーは今日もかわいいなぁ・・・。
この笑顔を見るために毎週見ているといっても過言ではないかも
明日夢も先週の一件で顔つきが以前に比べてしっかりしたような・・・
って腹痛?病院に担ぎ込まれて虫垂炎って盲腸かよ。
あ~、早く切ったほうがいいかもね。
って14の時から十ウン年散らし続けているオイラに言われたくはないですか?
だって怖いんだもん。一度覚悟決めたら「白血球数が上っていない」とかで無しになったし。
今でもストレスがたまると右下腹部がシクシクすることが・・・。

ってそんなことはおいといて、威吹鬼とあきらは今日も出動。
あきらは高校に通えてないらしい。明日夢の隣の席なのに。
オオガニにやられた斬鬼が全休の上、
魔化魍の出没頻度自体も高くなればしょうがないか。
あきらの制服姿もみたいのに・・・
童子たちにウニを飲ませて悪だくみのアマノチック。アールビバソですか?
童子が乱れ童子になって共食い開始!
ってヲイ!ウブメが魚ってどういうことよ!
関係者説明汁!謝罪と賠償を(ry
そして第三の鬼「弾鬼」も登場。
まだ素顔は見せていないけど・・・声や口調からは体育会系っぽい。
もしかして中の人は病院にいた人と関係ありますか?

その後さらにエサを求めてさまよう童子と、
それを追う威吹鬼が吊橋の上でバトル。
つか怖い!怖いよ!おっこっちゃう!おっこっちゃうよ~!!
見える見えるよ~!!ちっとも楽しくない~(by有周)
高所恐怖症のオイラには見ているだけで下半身が縮まります。

さらに廃屋の中でのバトルで威吹鬼喰われて大ピンチ!で次週へ。
来週は響鬼・弾鬼と3人揃っての逆転劇?
それと病院にいたのはもっちーの兄?
なんだかこれも鬼のようで気になる。
2005.04.24
昨日拙い守備を繰り返したホセをスタメンからはずして臨んだホークス戦。
3タテだけは絶対に避けたいところで、オツが踏ん張り久しぶりの勝利の味。
アレックスにも久しぶりの一発が飛び出して、昨日・一昨日のモヤモヤを吹き飛ばしてくれた。
久々出番のゲッチューも良く打った。
不満をあげるとすると栗山と赤田か?
ヒロユキ・エリートみたいまでとは言わないものの、
もう少し粘り強いバッティングをして欲しい。

あと5月中旬にはヒロユキが復帰してきそうなのは嬉しいニュース。
復帰後はセカンドにヒロユキ、DHにジャッキーとなるのかな?

それとデッドボールを受けた細川。
大事に至らなければいいが。
今抜けたら田原しか捕手がいないよ・・・
そんな時こそワンちゃんを一軍に・・・。
昨日のケロロ軍曹を見る。
EDには慣れたのだが、OPには今だ慣れることが出来ない。
どう考えても選曲ミスのように思えるのだが・・・。

Aパートは赤ダルマの小隊への復活話。
結局ギロロは夏美には勝てないのね。
元の鞘にもどってかませ犬に。
それにしても中田氏は大佐のようなカッコイイ声はもちろん、
ギロロのようなヘタレ声も上手いなぁ・・・。
それと踏み台にされたケロロに爆笑。

Bパートは原作にもある子供の日話。
某漫画賞にまつわる「ケロロ将軍」が早速登場。

発表直後訂正後
20050423230014s.jpg20050423230026s.jpg

新たなシリーズへの展開・・・って2ndシーズンはZじゃなかったの?
それにしても小ネタの多い回だった。
冒頭の「サンイラズ運輸」からはじまり、
「万能兵器化飲料ナノラ」のマークはアレだし、
子安に「ナノマシン」というセリフ喋らせただけでアレだし。
しかし容赦なしだな子供冬樹。ケロロはヘナチョコ呼ばわりだし、
政治に対しても・・・。侵略者形無しだな。
結果鯉のぼりといっしょに晒されるオチにも爆笑。

で、思ったのだがやはりツッコミでありながらかませ犬でもあるギロロがいると、
物語がしまるというかストーリーに幅がでて面白い。
2ndシーズン4回目にしてようやくいつものリズムを取り戻せた感じ。
これからにも期待したい。

来週もネタ満載になりそうな回だなぁ・・・。
ふとたち寄ったコンビニでこんなものを発見。
P251iS08198.jpgP251iS08199.jpg


こ、これは買わねば!と即購入。
やっぱり時代は激辛だよね。
ま、女子供はキャラメルコーンかオールレーズンでも食ってろってこった。
で、味の方は・・・といいたいところなのですが、
実のところまだおなかがイパーイなので開けておりません。
食べたらまた感想を追記しますから・・・。

続きを読む

2005.04.23
打ってダメ、投げてダメ、守ってダメのダメダメ3拍子。
運良く先発を打ち崩しても、中継ぎ陣がことごとく自滅していたら勝つものも勝てない。
特に四番手の田崎がひどすぎ。
死球、四球、四球、犠牲フライでノーヒット1点献上ではお粗末過ぎる。
夏あたりまでインボイスでじっくりがんばってきてもらいたい。
それと貝塚も・・・プレーオフ以来の確変がようやく終わったと思っていたら、
まだまだおわってなかったらしい。

エリート、ヒロユキ、早く戻ってきて・・・
先日届いたキネ旬を眺めながらふと思ったこと。
セルビデオの広告ページがあったのだが、
その値段が高い高い。5桁する。

今では同じタイトルの映画を劣化しないデジタル品質で、
1/5ほどの値段で買うことが出来る。
タイトルによっては1/10にもなる。

本当にいい時代だよなぁ・・・。
でも次世代規格になったらどうなるんだろうという一抹の不安も。
かつてのLDユーザーと同じ思いをするのだろうか?
そういう意味ではブルーレイよりHDDVDに勝ってもらいたいなぁ・・・
2005.04.22
今日は3塁を踏むことも出来ずに完敗。
松坂の調子は決して悪くなかった。
打線もどこが悪いというわけではない。
和田のピッチングがそれ以上によかったということだろう。

2連勝で連休を挟み、精神的にも体力的にも気合十分であっただけに悔やまれる敗戦。
気持ちを切り替えて明日明日。

今日も鳴り物があまり聞こえなかったようだが、
一部私設応援団のボイコットは続いているのであろうか?
どうせならこのままシーズン終了まで静かにしていてもらいたいものだが。
昨日の欝は久しぶりにサウンド版ガイア・ギアを聞くことで解消。
今日は朝から天気と同様に気分良く・・・のはずだったのだが・・・
昨日の雨でうずうずしていた花粉たちも元気一杯。
朝から目がかいかい。ついでに天気も怪しげに。
いや、花粉症にはいいんだけどさ。

ガイア・ギアを聞いて気分が乗っていたので久々に更新。
なじょのログを整理。46~60のログ。
今現在のログが160だからもうかなり前になる。
HTML化しながら少しなつかしくなったり、
いかに自分がうろ覚えでいいかげんに回答しているかを思い知る。
でも、あの頃は熱かったなぁ・・・。
EBとかデーコレとか毎日みて考察していたもんなぁ。
さらにここだけじゃなくて、がんくぇでもやりあっていたもんなぁ・・・。

もうあの頃のように熱くなることはないいんだろうなぁ・・・。
とか言いながらG-SAVIOUR直前ラジオの同録テープを聞いているダメガノが一人。

あ、キネ旬は今日到着しました。
「人の革新?ありえませんよ」と映画のテーマを即座に否定するトミノにハァハァ。
今度はゲーム版ガーゼィの翼について語っているログインか、
オウム事件とアニメの関係について語っている週刊アサヒか、
鬱真っ盛りの中インタビュー受けているWPBか・・・
って完全に集めないと死んじゃう病。
立ち上がることが出来ないほどの鬱な夢を見て目が覚める。
夢でよかった。本当に夢でよかった。
夢じゃなかったら手首切って死にたくなるほど鬱な夢だった。

こんな時は禿で心を癒したいのだが、劇場版Z特別配信動画ですら癒され足りない。
先日注文した逆シャア完成記念インタビューが載った
キネマ旬報88年3月下旬号もまだ届かない。
結果すっかりしょぼくれてしまうことに。

どなたかこんな時に鬱の奥底から緊急浮上できるような特効薬ってご存じないですか?
エロ動画もだめだったよ・・・
しかしホントにトラウマなんだな・・・
2005.04.19
昨日の帆足に続いて、今日は石井貴で連勝。
5連敗の鬱憤を晴らす2連勝。
これで勢いに乗ってくれればいいのだけど、
やはりまだ不安要因は大きい。
明るい材料としてはエリートの代役だった栗山・高Qの成長かな。
とくに栗山は今日は4安打。
赤田もさすがに「リズムが狂う」とは言えないだろう。

肝心のエリートの復帰は6月が目標らしい。
早くあの右打ちを見たい。
それとヒロユキ。がんがれ、超がんがれ。
ちょっとした気まぐれからテンプレートを変更してみました。
少し文字サイズが小さくなったりなど、
以前のテンプレートに比べて見づらい点もあるかもしれませんが、
一応今後はこれでいってみようと思っております。
何か不具合などありましたらコメント欄からお知らせ下さい。
ハバネロスティックの新味、「ピザ」と「赤カレー」を食す。
ピザはそれほど辛くなく、赤カレーもまぁまぁ。
激辛すきとしては少し物足りないかも。

それにしてもこのところ口内炎が治りきらず、
激辛カレーも食べていないなぁ・・・。
はやくきっちり治さないと
なんだかもう毎週の日課となっている響鬼鑑賞。

今週は明日夢とみどりの会話を中心に「猛士」という組織や、
魔化魍出現についての解説が多い回。
なにげに響鬼の本名が「日高仁志」で本籍岐阜という真実が・・・。
あれ?柴又出身じゃなかったの?「開く秘密」とはこのことですか?
それとディスクアニマルが式神由来だとは・・・。
いや、そんな気もしたけどストレートすぎるような・・・。

対して今回の魔化魍は「ぬりかべ」と判明。
え?・・・ぬりかべ?これが?( ゚д゚)
えと・・・何といったらいいのか・・・
デザインなんとか汁。触覚のラバー感がなんともいえずいや~んな感じ。

ラストのもっちーとあきらのユニゾンも予告ほどたいしたこと無かったし・・・。
もっちーもなんであきらが明日夢のことを知っているのか突っ込まないと・・・。

それと細川茂樹はもうちっとアフレコがんがれ。
バンダイチャンネルで配信中のトミノインタビューをダウンロードし、
オフラインで何度も何度も繰り返し見ながら楽しんでいたら、
「ライセンスが切れました」という表示が出て見られなくなってしまいました・・・。
ダウソすればOKというわけではなかったのね・・・。
しょぼ~ん。

なんだか調べてみたらデジタルコンテンツってこういうライセンスによる視聴制限がかかっているのが多いみたいですね。
今回は無料だったからいいものの、これで金払っていたらかなりしょぼんだなぁ・・・。
私は視聴制限がかかったデジタルコンテンツよりも、
すこし嵩んでも現物のほうがいいな・・・と思わされた一件。
夕方めちゃくちゃ眠かったのに、夜になったら目がパッチリ。
仕方が無いのでもう一つ。

JRAの一青窈とのコラボイメージCM。
今週から牧場を舞台にした「ハナミズキ」から、
競馬場を舞台にした「影踏み」の新ヴァージョンが放送開始。

生産・育成牧場で育った競走馬がいよいよレースに出走することに。
「騎手はよろしくと合図を送った」
「ファンの心に彼の名が刻み込まれた」
「そして絆は強くなる」

うん、まぁ、以前のヴァージョンよりは偽善色は薄くなったけど・・・
偽善だよね。
そんなことくらいわかっていながらウルウルしてしまうだめぽ・・・。
2005.04.17
懲りずに皐月賞の予想をしてみる

◎ディープインパクト
○ヴァーミリアン
▲アドマイヤジャパン

ま、◎は外せないでしょ。
○はデムーロはパリブレストのジョッキーの後頭部をまた殴りたくなっていると見る。
▲は経済コースを通ったとはいえディンパを交わさんばかりの勢いは買い。つーかヤネが2getterだから・・・。

続きを読む

プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP