HOME   »  2005年01月
RSSフィード MyYahooに追加
ふと思ったのですが、日記時代のログって要る人いますかね?
.logファイルなのですが、メモ帳などでも見ることは出来るのですが。
希望者は連絡下さい。

今日NHK総合で放送されたドラマ「ハチロー」に白鳥哲氏が出演していました。
ハチローは「かわいいかくれんぼ」や「小さい秋みつけた」などを作詞した
詩人のサトウハチローをモデルにしたドラマ。
以前から本人の公式サイトで出演することは知っていたので非常に楽しみにしておりました。
実は第1回となる先週も見たのですが白鳥氏は出演せず。
今日こそはと楽しみにしていたところに・・・
哲キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!

白鳥氏の役どころは唐沢寿明氏演じるハチローの友人の芸大生西崎役。
非常に貧乏な彫刻家を目指す学生で、ハチロー、今井雅之氏演じるアインとともに、
上野動物園の七面鳥を釣り上げて鍋にしようと企むシーンが一番の見もの。

ご馳走を手に入れようと奮闘する半ば壊れた演技は非常に面白く、
白鳥氏の演技の幅の広さを改めて感じさせました。
これで終わりなのが非常に残念でなりません。
来月からクランクインする映画「ストーンエイジ」の監督も務める白鳥氏の
マルチな活躍をこれからも期待しております。
20050131223426s.jpg

写真は七面鳥釣りでフルコーフン状態の西崎を演じる哲
先日注文したハリーの災難 <UPJ新春キャンペーン66>が昨日到着したので早速鑑賞。
死体を巡るドタバタ劇に、腹を抱えて笑ったり、
保安官に見つからないかドキドキしたりと楽しむことができました。
教えていただいたZ31さんに感謝です。
ただヒッチコックの登場シーンが確認できなかったのが残念。
もう一度よく見てみないと。

さて、皆さんはジュラシックと名のつく映画といえばどのような映画を想像されるでしょうか?
9割の方は「ジュラシックパーク」をご想像されるでしょう
ジュラシック・パーク コレクターズ・エディション
サム・ニール スティーヴン・スピルバーグ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2000-12-01


by G-Tools


またはNHKでドラマが放送されたコナン・ドイル原作の「ジュラシックワールド」をご想像される方もいらっしゃるかもしれません。
ジュラシック・ワールド
ピーター・マックレー レイチェル・ブラケリー ウィリアム・スノウ コリン・バッズ
ビデオメーカー 2002-10-04


by G-Tools


そこで本日紹介するのは・・・
ジュラシックジョーズ
ジュラシック・ジョーズ
サム・ボトムズ スーザン・リード チャールズ・グリフィス
ジェネオン エンタテインメント 2002-07-25


by G-Tools

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
コサキンやウラ関根TVなどでも紹介されたこの作品。
85分の作品で、ジョーズの映像が出てくるのが50分とグリズリーを髣髴とさせるじらしっぷり。
さらにホオジロザメではなくナマズのような姿。もう突っ込みどころ満載。
とはいえ私もじっくりは見ておりません。
で、何が言いたいかというと・・・この作品、
以前存在を知ったときはレンタルビデオしか無かったのですが、
ジェネオンからDVD化されたんですね。・・・注文して良いですか?

続きを読む

昨年末から髪を切らなければと思っていた。
2回ほど予約を入れたのだが、
体調を崩したり急な都合が出来たりでキャンセル。
結局髪も予定も伸び伸びになってしまった。

いつまでも伸ばしっぱなしもなんなので、
予約状況を聞いてみると今日の11時が開いているとのこと。
早速出かけてきた。

髪を切ってもらいながら頂いたハーブの現状を話し、
差し上げたハーブの状況を聞く。
やはりミントは枯れ枯れになったらしい。
うちのワイルドストロベリーは温室の中ですこぶる元気だ。
今も赤い実をつけている。
春になったらまた新しいハーブの苗を頂く約束をしてしまった。

髪を切ってサッパリした後に昼食。
月に1度の割合で行くラーメン屋。
はっきり言って素人にはお勧めできない。
非常にコクがあってうまいが、そのコクが人を選ぶ。
さらに餃子を食べた日には体中からニンニク臭が漂う。
でもとてもうまい。やみつきになる。

食後、久しぶりに模型屋に寄ってみる。
以前立ち寄った時に比べて非常にすっきりしている。
なによりオヤジがいない。若いアンちゃんが店番をしている。
話を聞くと代替わりしたらしい。
すっきりした店内を物色していると・・・
これは・・・1/144モビルスモーゴールドタイプ!
さらにシルバータイプにフラットも!
なにやらもっと探せばいろいろ掘り出し物がありそう。
他にもブレンパワードの比瑪のソフビ人形を発見。
しかも「半額処分品」の値札が!
さらにHJ、MG、電ホ、B-CLUB他の模型誌バックナンバーも。
結構状態もよかったりする。これはシュ(ry

結局ゴールドスモーとメカセレ4を購入。
欲しかったGマーカースミイレブラウンのような軟弱なツールは無し。
会計後、レジの横に積まれた箱をふと見ると・・・
1/100DX!!こんなところにあったのか!!
さらにディバイダー、X、ヴァサーゴ、レオパルドの1/100を発見。
エサマスターはなぜか無し。
DXは今度買おう。他欲しい方が居れば代理購入も可。
当然マージンは取るがな。

20050129221753.jpg

写真はお昼に食べた味噌バターラーメン+コーン大盛
昨日のこと。
ケーブルテレビに繋いでいるテレビの音が出なくなった。
地上波もBSもCSも。もちろんケーブルテレビ局の番組も。
困った。これでは海外ドラマが見られないではないか。
あ、いや、見られるけど楽しめないではないか!

というわけで早速取り扱い説明書を探す。
え~と・・・どこだっけ?
なんとか見つけ出したところで、あることに気づく。

このテレビSONY製だよ!
ということは・・・これが巷で噂のSONYタイマーですか?
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
そういえば買ってからちょうど7年。
部品保存期間を経過したところ。

ガクガクブルブルしながら「異常と思ったら」の項を見る。
音が出ない、音が出ない・・・あった!
なになに・・・・

「音量が下がりきっていませんか?消音になっていませんか?」

え?これだけ?
そんなこたぁ、とうに試したよ。
念のためケーブルはビデオモードだからテレビモードでも試したし、
コンバーターの接続も確認したよ。
・・・(´・ω・`)ショボーン

そこでふと思いつく。
おもむろにヘッドホンを用意し、プラグを端子に差し込んでみる。
聞こえる!聞こえるよ!
そしてそっとプラグを抜いてみる。
聞こえる!聞こえるよ!!

どうやらプラグを抜く時に端子が接触不良を起こしていたようでした。
タイマー発動じゃなくて一安心。
いやいや冷や汗かいてしまいましたよ。
皆様もプラグを抜く時はくれぐれもご注意を。
それとSONY製品を買うときも。
久しぶりにガンプラを作りたくなった。
最後に作ったのが・・・9月?
たしか素組みのエアマスター。
接着はおろかヤスリがけさえしなかった。

あれから4ヶ月。
買うばっかりでちっとも作らなかったのだが、
なぜか急に作りたくなった。

とりあえず1/144のDXの箱を開けてみる。
インストだけしばし眺めてまた積む。

これではイカンと、つくりかけで放置してあったHGシャアザクを見てみる。
ヤスリ掛けの跡が白くなっているが、何番まで掛けたのかはサッパリ覚えていない。
パーツごとに組みあがっているものの、どこまで作業が終了した段階で放置したのか記憶が無い。

仕方が無いのでクランプしたまま放置していた頭部に400→600→800
→1000の順でペーパーを掛ける。
他のパーツは1000をかけて、傷が目立つところのみコンパウンド。
その後メラミンフォームでこする。

後はスミイレしてクリアーを吹けばよい状態で集中力が切れたので今日は終了。
次の作業は櫻が咲く頃には始めたい。

いいのかそれで?
オイラはひどい花粉症で毎年苦労しています。
一昨年・昨年は早めに耳鼻科へ行き薬をもらってきたのですが、
今年は昨年のうちから始まってしまったために貰いそびれ。

そんな時にアレルギーの原因となる「脱顆粒現象」の抑制を期待できるという柑橘、
和歌山県北山村の「じゃばら」果汁が追加販売されているのを発見。
じゃばら果汁 105ml
じゃばら果汁105ml




早速100%果汁105ml入りを3本注文しました。
去年の秋の予約販売の時には気づくのが遅れて買いそびれていただけに満足。
さてさて効果のほどはいかなるものか今から楽しみです。

楽天から「200円分ポイントやるからなんか買え!」
と送りつけられたポイントの使用期限が一週間後に迫っているとメールが。
三木ティの掌の上で踊らされているようで釈然としないが、
このまま廃棄になってしまうのももったいないから何を買おうか眺めてみる。
DVDにしようか、SDメモリにしようか・・・。

で、結局以前Z31さんに教えていただいたヒッチコックの「ハリーの災難」を購入。
ハリーの災難
ジョン・フォーサイス

by G-Tools

新春セールで安かったから決定。256ポイント使って送料込み1000円。
早く来ないかな・・・・


さて、オイラが待ちに待ったあの映画。
ついに、ついに、ついに来月公開の運びとなりました。
その名は・・・

シベリア超特急5!

いや~、ホントに待ちましたよ。
ついにシベ超5が2/11から新宿ピカデリー他で公開されます。
それに先駆けてシアターアプルでは1/22から2/10までシベ超イベントが行われます。

1・2・3・4とダメな意味でパワーアップしてきたシベ超がどんなストーリーで楽しませてくれるのか、
またどんな晴郎ちゃんの棒読み演技で楽しませてくれるのか、
いまからもうフルコーフン状態です。

特に今回からは今まである意味押さえになっていた監督補がいなくなり、
晴郎ちゃんが好き勝手やっているらしいので、
どんなハチャメチャな映像が見られるのか、もう楽しみで楽しみで。
だって晴郎ちゃんが骨折するほどアクションしてるんですよ?!
駅のセットに5,000万使っちゃうんですよ?!

でも周りにそれを理解してくれる人がいないのが・・・。
誰か一緒に見に行きませんか?
昨日のスーパー競馬で初めて見たJRAの新CM。
JRAは毎年タレント(昨年は明石屋さんま、今年は中居正広)を起用したレースや馬券のCMと、
JRAという団体や競馬事業そのもののCMを制作しているのですがこのCMは後者。
競馬場で走るようになるまでのサラブレットの成長を一言コメントともに、
スライドのように写真をうつしていくもの。
「仔別れ、子馬は一日中泣いていた」とか
「『大きくなったなぁ』と牧場長が目を細めた」とか
「いっぱい叱った。いっぱいほめた」とか。
そして最後に

「人が馬を愛するように、馬も人を愛している」

のメッセージ。
えぇ、そんなもの人間側の詭弁に過ぎませんよ。
競走馬は経済動物であり走らなければ淘汰されていくのが現実ですよ。
でもね、なぜか、なぜか泣けてくるんですよ。

そしてバックでかかる一青窈の「ハナミズキ」がまたぴったりでいい。
もうひとつの中居正広出演のBIG TIME!のCMがグタグタなだけにこのCMのよさが光りました。
2001年に放送された小田和正の曲を使った「あと10完歩」のCMもよかったよなぁ・・・。
レースのCMもヘタにタレント使わず全てこの路線でいけばいいのに。

続きを読む

2005.01.23
昨日トミノプレッシャーが直撃した影響なのか、
夕方になってからめまいと吐き気に襲われて、もうだめぽ。
オイラは何て弱い人間なんだとつくづく反省。
これでは典型的なインサイド弁慶ではないか。
(昨日の続き)
というわけでいまやすっかりトミノ信者のオイラは、
今日もトミノの講演「ガンダム25年 ニュータイプに至れるのか?」を聴きに、
北里大学白金キャンパスまでアザラシ、ばろん姉さんと三人で行ってまいりました。
開演1時間前に会場に入って下準備。正面2列目というベストポジションをキープ。
講演会のポスターを貰い心を落ち着かせたところでトミノ教祖登場!
20050122223654s.jpg

本日も奇抜な素敵なお召し物。そのジャケットに書かれている「Magic」って何ですか?
さすが亜亜子セレクション。どこでお買い求めになるのかもわからないそのお姿にオイラはくらくらしてしまいます。

さて以下講演の内容を簡単にまとめてみました。
トミノの話自体が突っ込みどころ満載な上に、話の筋が飛び飛びになるのを酔った頭でまとめたものなのでわかりにくい箇所や、
メモを取っていたとはいえ、記憶違いや勘違いなども多々あると思います。
参加された方からの「ここは違う」という訂正をお待ちしております。

・まず登場後会場を見渡し「話の順番を変えて本題から話す」と訂正。たしか東大のときもそんなことを言っていたような・・。
・ニュータイプが何かは制作当時も25年経った今もわからないが、山折哲雄氏の本「日本文明とは何か―パクス・ヤポニカの可能性」を読んで思い至ったことがある。
日本文明とは何か―パクス・ヤポニカの可能性
山折 哲雄






・普通の人間がギリシャ神話の世界のような争いの無い「絶対平和」の世界に生きていたら必ず自堕落になる
・また人間自体が「究極的に戦争が好き」な生物なので絶対平和などありえない
・だから軋轢に対応する努力が必要になるし、普通の人は軋轢なしでは生きていけない
・ならばニュータイプの近似値とは平和を維持できる能力ではなかろうか?
・だとすれば平安300年、江戸250年の平和はニュータイプがコントロールしたのではないか?(実際には平安時代は東北地方では蝦夷征伐をしきりに行い、承平・天慶の乱など日本国の制度そのものを揺るがせかねない大事件がおきているのだが、トミノ自身「日本史のことではなくニュータイプのことを語っている」ので目をつぶろう)
・ここでいうニュータイプは特殊な一部の階層ではなく、列島に住まう人々自身が考え出してつくったもの
・日本の文化は大陸や半島、南洋など様々な文化が混交して生まれたものであり、その文化のミックスと温暖で風光明媚かつ農耕に適した土地があるという特殊な地理状況が「神道」を生んだ
・神道は自然災害に対する恐れ、疫病などを起こす荒ぶる神に祈りをささげ、その荒魂を鎮めるもの
・それに対して大和時代に入ってきた仏教、特に加持祈祷というスタイルを持った密教が政教一致政権の朝廷で用いられ、道真のような怨霊を鎮めるなど政治的に利用された
・そのような「死後たたられる」という恐怖感が革命や反逆を起こさせない平和をもたらしたのではないか?
・たたるものに対しては拝み、神として崇拝することにより、自分たちのフラストレーションも発散させる
・また江戸時代は権現思想や檀家制度に基づいた先祖崇拝により、先祖を神として扱い同じようにたたりを避けた
・しかしそのような恐怖感を抱くということは病理的であり、いいかえればオタク的である
・なら21世紀の今はオタク的なものをつきつめることこそニュータイプに近づく道ではないか?
・だからといってそればかり追求するのではなく、視野を広く持ち実務をこなしながら趣味もこなせる、ふわっとしたものが理想

とだいたい話の流れはこんな感じでした。
オイラは編集能力が欠如しているので大変わかりずらいとおもいます。
これでも頑張ったの。勘弁してください。

この他にも
・平和な時代は戦争でフラストレーションを発散できないので、能・茶・華・庭のような稲作同様「反自然的」な文化で、その中に相手を殺してやりたいというような気持ちを込めて発散していた
・今見ると能なんて死ぬほどつまらない。内向的でオタク的な文化。
・だがそのような美と隣接する空間で人を癒し、ネゴシエートすることもできる。
・美の一点をつきつめることによって自分の死をみつめることができる
などの話がありましたが、この辺は自分のメモの字が汚くてよくわからないので、
おそらく違うニュアンスで話していたのかもしれません。ご指摘をおまちいたしております。

本題にいきなり入ったので45分を残して講演は終了。残りは質疑応答の時間に入ったのですが・・・。
実はこの時間、自分が何を質問しようか考えてばかりいたのであまり頭に入っていません。
覚えているのは
・トップランナーの時は事前に断ったZの映像を流されてNHKのスタッフと大喧嘩した
・Zは主人公の名前とジェリドというバカがいたことしか覚えていない
・次回作の舞台は山口県岩国市。米軍基地のある場所を舞台にしたいが米国の政策が不安定なのでまだわからない
くらい。
ず~っと「何を質問しようか」と考えていたのですが、チキンなオイラは手をあげることが出来ず。
司会が最後というので意を決して挙げたら・・・・オイラにマイクまわってきたよ!
トミノに生質問だよ!ハァハァ・・・
マイクを握った瞬間からトミノと視線がバッチリ。射抜くような視線に心臓はドックンドックン。
思い切り緊張しながら
「監督は最近では現代社会における身体性の喪失ということに大きな問題意識をお持ちですが、最近の監督の作品を拝見するに∀ガンダムでは宵越しの祭り、かぼちゃ祭り、キングゲイナーではミイヤの祭りなど共同体としての団結意識や民俗社会に関わることこそ身体性の獲得に必要なこととお考えのようにお見受けいたしましたが、実際のところどのようにお考えなのでしょうか?」
と質問(実際には緊張しすぎてもっととっちらかっていました)。
トミノはうんうんと頷きながら質問を聞いた後、答えてくださったのですが・・・
すいません!トミノと視線を合わせ続けるというあまりの緊張と喜びで頭が真っ白になってました。
「身体性とは体育会系ではない」「人の集団の中でのありよう」
などは覚えているのですが・・・全くもってお恥ずかしい限り。

他の質問をわずかな記憶を頼りに再現すると、まず腐女子と思われる女性の
・「劇場版Zではカミーユは幸せになれるのか?ZZにはどうつながるのか?」という質問。
いきなりこのような質問が飛びトミノも半切れ状態。会場全体の空気も萎えていく。それに対してトミノは「カミーユが幸せになるかなんてわからない。またZZは存在すら忘れていたので無問題。Zは主人公の名前とジェリドというバカな奴がいたことくらいは覚えている。」などと半ばキレながらも回答。この厨な質問で大多数の人が質問する気が萎えてしまった感じ。私もかなり萎えてしまったのだが、トミノ愛との葛藤の末質問することにした。次に
・「能などの文化は内向きなオタク的な文化だと言ったが、江戸時代には富士講のような健康的なオタク文化があった。それがなぜ継承されなかったのか。」
それに対してトミノは「健康なのが通常なので伝える必要はなかったから。オタク的文化は「反自然的」だったから家元制度を作って次の世代に継承した。」と回答(このへんうろ覚え)。さらに
・「監督は作品のテーマと舞台の地域性をリンクさせているようだが、次回作の舞台はどこか」
それに対する答えは「たしかに考えてリンクさせている。次回作の舞台はプロデューサーがこの場に居ないから言ってしまうが、聞いてがっかりしないで欲しい。舞台は山口県の岩国市。米軍基地のある街を舞台にした」と初めて次回作に対する発言が。例の純愛ものですか?果てしなくハァハァ。次の質問は
・「押井守は『TVアニメでは好きなように出来ないから』と映画を撮っているがなぜトミノほどの大監督が映画ではなくTVアニメにこだわるのか。」との質問。
少し眉根を顰めたトミノは「それは僕に集金能力がなかったから。『トミノならお金がとれる映画を作ってくれるだろう』と出資者に思われなかった。だからくだらないTVアニメなんてやっている。本当はTVアニメの仕事は大嫌い。でも、押井氏を批判するわけではないが好きなようにやったらつまらない作品しか出来ない。実際去年の夏にもつまらない作品(暗に『イノセンス』を指す)があった。TVアニメは好きなように出来ない、様々な軋轢の中でつくるからこそ面白いものが作れるのではないか。またそのような場に身を置くことによって自分のスキルを磨くことが出来る。自分の好きなようにやって商売になるのは宮崎監督だけ。」次が
・「劇場版Zでニュータイプへの明快な答えはあるか?」。
これまた腐女子からと思われる質問。この質問でまた萎えた空気が漂う。あまりの萎えっぷりと自分の質問を頭の中でまとめるのに夢中でトミノがどのような答えをしたかは覚えていないのですが、最初に質問した腐女子をいじって「『カミーユはどうなるの?幸せになるの?そんなのアタシいや~』なんていうお姉ちゃんの意見は無視します」の発言のみ覚えています。もう一つ質問があったと思うのですが、もうこの段階ではかなりテンパっていたので全然記憶に残っていない。スモソ・・・。

途中かなり端折った上、自分の言葉に置き換えている箇所もあるので完全な再現というわけではありませんが、
会場のトミノ熱に包まれた熱い雰囲気を感じていただければ幸いです。
写真撮影OKだったので、何枚か写真を撮ったのですが(前二列目だったので何枚も撮るのはさすがにためらわれ、折をみながらパシャパシャと。)、トミノは壇上を禿しく動き回るので、うpした1枚以外は全て幽体離脱したようにブレてしまいました。
それはそれでトミノらしいんだけど・・・。

講演会後は恵比寿に出てカフェで雑談した後、中華料理を食べて帰りました。
アザラシ・姉さんと腹がよじれるほど笑い、楽しい時を過ごすことができ感謝感謝。
またトミノ講演会があればジャック・ミミ・ガーノーで出動しましょう。
リヴァ博士はご勘弁。

続きを読む

先日「心が動いている」と紹介した伝わるWeb文章デザイン100の鉄則を本屋で発見。
早速パラパラと読んでみたところ、役に立ちそうな部分はあるものの
全体的に周知のことが多く費用対効果が薄そうだったのでスルー。
もう少し値段が安ければ買ってもよかったのですが、
数ページのために買うのはためらってしまいました。
おなじ文章術なら斎藤孝先生の「原稿用紙10枚を書く力」に心が動いています。
原稿用紙10枚を書く力
斎藤 孝

by G-Tools


ちなみに今日買ったのはDVDつきの「新シルクロード歴史と人物 第12巻」。
新シルクロード歴史と人物 第12巻 (12)
長澤 和俊
講談社 2005-01


by G-Tools

ナレーターが変に感情を込めて語るのが気持ち悪いのと、
映像美にこだわっているためか内容がやや薄いのが気になりました。
もう少し掘り下げて欲しかった・・・。学術的な裏づけみたいなものも欲しい。

さて、オイラが初めて動くトミノを見たのはたしか93年の9月1日。
EXテレビのロボット特集のことでした。
開口一番司会の三宅裕司に対して、
「まず言わせてください。ロボットではなくモビルスーツです!」と断言する姿に
自律型の「ロボット」とは違うぞという強い意志と自らの作品への自負を感じました。

あの時はここまでトミノ信者になろうとは思いも寄りませんでした。

そして初めて生トミノに会ったのが99年11月12日。
東京国際フォーラムで行われた
「映像・音楽&ギャラリーの夕べ ∀ガンダムwith菅野よう子」でのこと。
壇上で菅野氏が「監督や安田さんも見に来てくれている」と発言すると、
呼んでもいないのに壇上に駆け上がり菅野氏に抱きつき、
客席に向かって手を振る姿に「さすがトミノ」と感動いたしました。
さらに閉会後ホールにて帰宅途上のトミノに遭遇。
あっという間に囲まれて握手攻めに合うトミノに、
私も何とか近づき握手をしていただいた上、
「∀ガンダムのこの先の展開を楽しみにしてます!」
と声をかけると
「まいったな~・・・期待してください」と笑顔で答えてくださいました。
ですが『∀の癒し』を読んだ今では、
かなり失礼な質問だったのではと反省しております。
ちなみに同じ会場ではトミノを待っていると思われる安田氏にも、
「かわいいロランが好きです」など意味不明なことを言って握手をしていただきました。

この頃はまだ他のヲタアニメやガンダム自体のファンであり、
トミノ自身にはそれほど特別な興味はありませんでした

ですがその後ある人と出会ってしまったのをきっかけにして、
ヲタの王道をいつのまにやら外れて裏街道に。
ガンダムも作品よりも製作側に興味が移ってトミノ信者に。

えぇ、上智大や東大の講演会にもいってまいりましたよ。
えぇ、わずか1ページのトミノ記事のために何冊もの雑誌や本を買いましたよ。
えぇ、夢になんて何度も出てきますよ。

もう引き返せないところまできてるのね・・・
政治的圧力があっただの捏造だのと揉めている朝日新聞とNHK。
じっくり記事や会見を見比べたわけではないのですが、
なんだか黒澤明の「羅生門」を連想してしまいました。

思うにどちらの主張も本人たちにとっては真実なのではないでしょうか?
会話というものは言葉そのものだけではなく、
ニュアンスや仕草などもひっくるめてなりたっています。
だからこそ言葉と真意が裏腹だったり、ニュアンスを誤解して受け取られることもあります。
安倍氏は圧力をかける意図は全く無くても、威圧的な態度や言葉遣い、
「タカ派」といわれるその政治姿勢などから相手側にそう受け取られたのかもしれません。
それにしても朝日といいNHKといい自民党といい
関係者が揃いも揃って胡散臭いのはなぜですか?
「捏造だ!」と言い出した松尾元局長って、
問題になったあの捏造インチキドキュメント「奇跡の人」を制作した人ですよね?


そんなことより、本日価格比較を徹底した上ネット購入を決めたDVD2枚が到着。
えぇ、今さらな2枚ですよ。

マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD

by G-Tools
スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD part.2 (通常版)

by G-Tools


まずマツケン。振り付け師真島氏の指示通り踊ってみるがなかなか難しい。
つかいきなり踊ってるよ、この人!・・・すみません。踊ってみたかったんです。
冒頭の
「マツケンサンバIIの歌とダンスの全てをお楽しみ下さい」
というマツケンメッセージにもハァハァ。
これだけでオナカイパーイ。

で、スキージャンプペア。
1と違うのは、ワールドカップ最終戦の中継番組という形をとっていること。
そこでナビゲーターに荻原次晴がでてきてビックリ。
視聴者からの応援のFAXまで作っている手の入れよう。
肝心の演技は相変わらずオバカで最高。
それに輪をかけて実況の茂木氏と解説の浜口氏のコンビがオバカでいい!
「これはアメフトですか?」「なんとなくそうでしょう」

特にお気に入りはアメリカのジェフ&タイラーやパン屋の息子カウリスマキ兄弟だが、
今回一番笑ったのは新技披露会での皇帝ヴィドヘルツル&ホッケ組の演技。
解説の「下の人などいない!」「下のホッケなどいない!!」に大爆笑。
永久追放のカナダもよかった。
ハライテ・・・。

おバカ映像好きな人にぜひともお勧めの2本です。

なぜ3年以上続けてきた日記ではなくブログに変更したのか。
正直ブログに変更するのは流行ものに飛びつくようであまり好きではない。
ただ、これも実はガイア・ギア普及のためなのだ。

ブログにはpingという機能がある。
同一のサービス(ここではFC2)からレンタルしていれば、
どんなブログが更新したかそのサービスのトップページで知ることが出来る。

ところがブログサービスなんてそれこそ星の数ほどある。
全てのブログの更新情報を見ることは至難の業に思える。
そこでpingの登場。
これを各サービスのpingサーバに発信することにより、
「こんなブログが更新しました」という情報を送ることが出来る。

つまり外部と繋がっていなかった日記に比べ、
多くの目に触れる可能性があるのだ。
誰かによって「痛いブログハケーン」とでも晒されることも十分ありえる。

それでも「どんな痛いブログなんだろ」と見に来た人が、
リンクを辿ってトップページ、さらにはガイア・ギアのページを見ることにより、
「こんな作品があったのか」とガイア・ギアを認知してもらえれば大満足。
ガイア・ギアファンを増やすためなら喜んで踏み石となろうということなのだ。

だからって晒すなよ。

続きを読む

4月からケロロ軍曹が「ケロロ軍曹Z(ゼータ)」とリニューアルし、
放送時間も金曜夕方6時に変更?という謎情報に踊らされている管理人です。
こんばんは。

もしかして勘違いなさっている方がいるかもしれませんが、
もともと私と伊東先生の間にはなんらコネクションはありませんでした。
インタビューなんて夢のまた夢。

そんな伊東先生とのコネクションをつけていただいたのは、
アザラシことギムG氏のご尽力の賜物。
ギムG氏が伊東先生がヤフオクで出品していたイラスト集を落札し、
対面取引希望などの交渉を粘り強く行って下さった結果、
あのようなインタビューを行うことが出来たまでで、
あくまで私はその尻馬に乗せて頂いたにすぎませんでした。

ギムG氏がいなければ「ギッズ・ギース軽装版」も誕生せず、
角川が紛失した幻のガイア・ギアα完全変形模型の情報や、
ガイア・ギアデザイン誕生の裏話などの周辺情報を知ることはできませんでした。

そのような経緯から伊東先生も窓口は私ではなくギムGと判断なさっており、
ガイア・ギアイラスト集に関することは私ではなく、ギムGの方にご連絡を頂いておりました。

しかし昨日ギムGからこんなメールが・・・
「今年は伊東先生から年賀状来なかった・・・」
年賀状くらいでネガティブな・・・。届く方が珍しいのに。
それともただでさえ細い糸が切れ掛かっているのか?
・・・・・・

伊東先生、年内にはなんとかなりますよね?

続きを読む

またも口内炎ができてしまい、
激辛はしばらくおあずけの管理人です。
こんばんは。

ブログに限らず以前の日記や掲示板、
メインコンテンツであるガイア・ギアページのテクストなど、
WEB上で文章を書くようになって、
いかに自分の文章が下手くそかを思い知ってイヤになります。
特にリズムを崩すような読点の打ち方や、
接続詞を多用しすぎて意味不明の文にしてしまったり、
要約ができずにだらだら書き続けたり。

このブログのエントリも、ネタとなるキーワードをメモし、
それを下書きモードで編集しながら文章に膨らませ、
内容やデータの裏を取り、
少し寝かせて推敲したりしているのですが、
それだけでグッタリとしてしまいます。
それでいて文章が読みやすいかというとそうではないのだから余計疲れてしまいます。

なにも川端康成のような美しい名文を書きたいというのではないのです。
論旨がわかりやすく、リズム良く読んでもらえる明快な文を書けるようになりたいだけなのですが。

そんな時にこんな本を発見。

伝わるWeb文章デザイン100の鉄則
益子 貴寛


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools



かなり心が動いております。

それと、自分では気づかないのですが、書き癖っていうものもありますよね。
文を読んだだけで「あ、あの人だな」とわかってしまうような、
独特の言葉遣いや文体、語彙の選択など。
私自身は自分の書き癖についてはあまりわからないのですが、
以前2ちゃんの某スレで一発で見抜かれてしまったことがあるので、
やはりそういうものがあるのでしょうか?
ご指摘をお待ちしております。
とりあえず言わせてください。
哲三よくやった!

漏れは別にニュースソースを探すわけでなく、
日々あったことを駄文にしているので、
ネタ切れというのはどうしても起きてしまいます。
それを防ぐために定期的なネタというのが必要になりますが、
漏れはPSPやNDSはおろかPSすら持っていないので、
Z31さんのようにゲーム日記もできません。

ということでダメガノな漏れらしいネタを考えてみました。

1.伝説のトミノクソゲー、ガーゼィの翼リプレイ
 
2.機動新世紀ガンダムXを見て一話ずつコメント

3.サウンド版ガイア・ギアを聞いて一話ずつコメント

4.G-SAVIOURを見て、聞き取れたフレーズを書き込む

5.種ぽログ解禁。新たに自分への突っ込みつき

さぁ、どれが見たい?
2005.01.15
ケロロ軍曹によく登場する「いきなり団子」が、
実際に熊本みやげとして実在することを知りビックリしている管理人です。
こんばんは。

ちなみに「いきなり団子」はスライスしたサツマイモと粒餡を皮で包んだ団子だそうです。
・・・あんまり食べたくない。甘ったるいの苦手だし・・・

さて、今日はケロロの放送日。
いい年した大人がどうしてか見てしまう。毎週楽しみにして見てしまう。
端から見れば、かなりダメというかヤバイ状況なのはわかっているのですが、
やっぱり見てしまう。

思うにこれはケロロを演じるナベクミこと渡辺久美子氏のなせる業ではなかろうか?
我々ダメガノにしてみればあのカテジナを演じた、あの依依子を演じたナベクミが、
トミノネタ満載のケロロを演じるというのがツボにはまるのではなかろうか?

そんな愚にもつかない戯言はさておき、今週のケロロ。
Aパートは原作にもある双六ネタ。
いきなりやられたのがモアのストーカー。
レッディ~ゴ~ッ!ってついに今川ネタまで・・・。
さらに度肝を抜かれたのが
「オジサマのサイコロの描く放物線は栄光への架け橋だ!」
・・・・・・
刈谷アナの名実況までネタに!
つかこれって大丈夫なの?ってこっちがヒヤヒヤしてしまいました。

そういやエンディングロールで気がついたのですが、恐怖の大王って角田氏が演じてたんですね。

Bパートはドロロ主役のオリジナル。
556に名前を忘れられた上、「テレレ君」といううろ覚えな名前をつけられるドロロにまず爆笑。
そのうえ、「Don't think,Feel it」というブルース・リーの名セリフまで飛び出す始末。
ま、ドロロネタということでオチは予想通りだったのですが、 
ラムネ並に熱血するドロロなかなかよかったです。
これでゲストキャラに矢尾氏が出ていればもっと面白かったのですが・・・。

来週は赤き血のイレブンネタのようなので楽しみ。
まぁオイラはライオンズファンなので必然的にパ・リーグのファンなのですが、
去年の球界再編のゴタゴタの時には2リーグ制をこのまま維持してもらいたかったし、
本当にパ・リーグが消滅しなくて良かったと思っております。

セ・リーグにはセ・リーグの、パ・リーグにはパ・リーグの良さというか独特の色があり、
そんな色の違うチームがぶつかり合うからこそ、
オールスターや日本シリーズは見ていて楽しいのであります。

そんな楽しさを今年も味わうことが出来る上、
楽天という買収ではない全くの新規球団の参入、
パ・リーグ悲願のセパ交流戦の実施など今までに無い面白さを味わうことが出来るのは
何といってもプロ野球選手会長の古田敦也氏の尽力の成果といえるでしょう。

そんな古田氏がブログを始めたとか。我輩も応援するであります。
眞鍋かをりに負けるなであります。

でも古田氏はヤクルトの社長から「来年も現役を続けるのは無理」と言われております。
また古田氏は地元の講演で「ヤクルト以外でも」と含みを持った発言をしております。
ということは・・・

ぜひ選手兼ヘッドコーチとしてライオンズにおいでいただき、
野田・細川のヘッポコ捕手二人をビッシビッシ鍛えて頂きたいであります!
去年のプレーオフ&日本シリーズでどんなに歯がゆい思いをしたことか・・・。
それに伊東監督・古田氏という日本を代表する名捕手二人が首脳陣となれば、
禿孫と狭量王のホークスも怖くは無いであります。
鷹どころか鴨ですな、鴨。

古田氏にとってもヤクルト以外での経験を積むことにより新たな視点を得られ、
今後の指導者としてのいいプラス材料となると思うのですが・・・。
どうよ?オイラのこのプラン。
今日こそはG-SAVIOURを字幕無しで見て聞き取ってやろうと思ったものの、
Enukaたんが登場する前に挫折した管理人です。こんばんは。

まぁ、8月のオフに来ていただいた方は身をもってお分かりだと思うのですが、
オイラは駐車が苦手です。
「駐車スペースが無かったらどうしよう?」
と運転しながらガクガクブルブルなっちゃいます。
それくらい苦手なのであります。

そんなオイラは車で出かけるときはよくMapfanのルートマップというものを利用します。
これは出発地と目的地を地図上などから入力すると、
その道順を曲がり角や分岐ごとの地図にして表示してくれるという優れもの。
「標準」の他、「最短距離」とか「広い道」とか「曲がり角少なく」など種類も選べて、
大変便利なのですが目的地の駐車場情報が無いため、行ってみてびっくりということも。
目的地に付随する駐車場や、その周りの駐車場情報などが表示されたらもっと便利だろうと思っております。

だれかそんなシステム作ってくれませんかね?

続きを読む

本棚の本を並び替えたり、入れ替えたりしていたら、
思いがけずスペースがあいて喜んだのもつかのま、
あっという間に新たな本で埋まってしまった管理人です。
こんばんは。

え~ブログ6日目にして早くもネタ切れです。
つうかさ、日記時代だって結構飛び飛びだったんだから、
なにも毎日書かなくてもいいよね?ね?ね?

なんだか全くもって自分がいやになります。しょぼ~ん。

あ、そういえばこの前買ったジ・アニメ83年6月号。
ドン上野氏と禿の対談。
「アニメの世界にもプロデューサーが欲しい」
「ダンバインには19~21歳の4人をレギュラーに持ってきたが聞くに耐えられない」
「メジャーを志向します」
など相変わらずの発言。

同じ号には良輔さんのインタビューも載っており、
サンライズの二大監督が同じ号に掲載されるという奇遇。
ユーラシア大陸はヨーロッパ+アジアの造語だということに今さら気づいた管理人です。
こんばんは。
あと、ヤブ医者は野巫医者が語源とか。


なんだか前倒しでやってきている花粉症。
去年から症状はでていたのですが、
今年になって完全に始まってしまいました。

もう出かける時にはポケットティッシュが3個は必要だね。
その点は郵便局で郵便出すたびにもらっているので平気だけど。
つか、普通郵便でもくれるのはお得意様認定?

またローションティッシュも用意。
鼻かみすぎて真っ赤になっちゃうからね・・・。
しかしいやな季節だなぁ・・・。
目もかゆくなってくるよ・・・。
杉なんてみんな切り倒してしまえばいいのに・・・。

そんな状態でも神社巡りはやめませんが何か?

続きを読む

2005.01.10
昨日からBSジャパンでエヌカたんが出演する「F.B.EYE」の新シリーズが、
2話ずつ放送開始したのに今頃気がついた管理人です。
ま、その時間チャンネル権ないからなぁ・・・。
ビデオ録るかなぁ・・・。でも今頃ビデオってのもなぁ・・・。


今ではすっかりあげるほうになってしまったお年玉。
ガキの頃は無駄遣いせずにきちんとためてました。
将来のためとかではなく、何か大きいものをバ~ン!と買うために。
実際初めて買った2000円の量産型ザクのガンプラもその貯金から。

小6の頃には16万近くためていて定額貯金や、
当時利率が5.5%台と言う今では考えられない利率の
信託銀行の「ビッグ」5年ものに預けがえしたり。
それでなにを買ったと言う思い出はないんだよなぁ。
結局、TRPGとかにはまっていたときにチミチミ使ってしまったのかなぁ・・。
「バ~ン!」じゃないじゃん・・・。
昨日行ったブコフ内のハードオフでtrfのライブビデオが流れていたのですが、
勝手に体が動き出しそうになってしまい、
刷り込みって恐ろしいと実感した管理人です。こんばんは。

危惧していた筋肉痛ですが、
朝方ふくらはぎと腿の裏に張りを感じたので、
鎮痛消炎剤を塗りこみ軽い運動をしたところ消えうせました。
まだまだ若いと実感。
そんなこと言って明日になったら動けなくなっていったりして。


さて、管理人が毎週楽しみにしている唯一のアニメ「ケロロ軍曹」。
昨日が年明け第1回だったのですが、まず黒子姿のナレーターにびっくり。
そういえば地球侵略CD5で藤原氏が
「ナレーターもキャラクターグッズが欲しい」と発言していたのだが、
それを受けてのものなのでしょうか?

それと内容を見て、ケロロは子供を対象にしたアニメなのだなと再認識。
原作だと「新春ガンプラ大会→飲み会」で無惨な状況になるのが、
飲むのは水だし、モアが暴れるのは「謎雑煮」の設定に。

後半も宿題ネタで子供たちには身近に感じるかもしれないが、
いい年のダメな大人の漏れにはピンと来ないし、
何より夏と同じネタを使いまわすというのがいただけない。

他にも原作には無いオリジナルの回が増えてきたりと、
本来の対象視聴者に見てもらえるよう少し路線変更しているのかも・・・。
ダメな大人にはあの原作の味わいを消してもらいたくはないのだが・・・。
今日は思いがけず山登りをしてしまい、
いずれ襲ってくる筋肉痛に戦々恐々としている管理人です。

20050108214505.jpg

上の写真はお昼に食べた「激辛ぼっけラーメン」。
キムチたっぷり真っ赤っかなスープに海苔の上には辛味噌。
以前食べた時に美味しかったので久しぶりに食べに行ったのですが、

・・・・・・
麺が激マズ!なんというか小麦の味がしない茹ですぎの冷麺みたい。
食べながら「なんで漏れはこんなもの頼んじゃったんだ・・・」と禿しく後悔。

しかもボリューム満点の餃子セットを頼んでしまったので、
食べている最中に満腹を通り越して気持ち悪くなってしまいました。

それにしてもなんでこんなに味が落ちてしまったのでしょうか?
もうこの店には二度と行かないことに決めました。

それと摂生の成果でしょうか、以前より早く満腹になるような気がします。
体重も少しずつですが落ちてきてはいますし・・・。
あとはお腹まわりとアゴの肉が落ちてくれれば・・・。
カプサイシン、カプサイシン・・・。
年末あたりからこのコーナーをブログにしたいブログにしたいと言い続けてましたが、
ようやく適当なサービスを発見できたので本日をもってこのコーナーはブログに移行いたしました。

日記時代と変わらぬご愛顧をお願いいたします。

つーかさ、お願いだからボケたら突っ込んでよ。
ベタベタの狙いに行ったボケをスルーされた時の空しさときたら・・・。

と、愚痴はこのあたりにして一発目のネタは折角の画像UP機能を使ったみようかと。

じゃ~ん
20050107192835.jpg


これが噂のサイバーダム専用F91のロゴ。
さすがのダメガノの私もこんなロゴは初めて見ましたよ。

実はこれ、昨年のダメガノ忘年会で撮影したもの。
サイバーダムで「EternalWind」を入力したらこの画面がドド~ンと登場して大爆笑。
これ以外にもダメなオリジナルロゴがありそうな気がします。
サイバーダムへお出かけになるときはぜひ試してみてください。


つかブログのスタイルで書くのが初めてだから、いろいろと戸惑うことが多いです。
書式などもまだ自分のスタイルがつかめませんのでお見苦しいところが多々あると思います。
どうかなまぬる~い目で見守って、時には突っ込んでください。
プロフィール

さとまる

  • 書いてる人:さとまる

  • 北関東在住のおっさん。
    富野信者、富野研究家ではありません。ただの富野資料蒐集癖。
    アルバトロスのZ級映画が大好物。
    ご連絡はdameganoあっとgmail.com(あっとは記号に直してください)までお願いします。

    このブログでは「富野作品論」のような難しいものは扱っておりません。それらをお求めの方のご期待に沿えることは難しいのでリンク先の各サイトを参照なさることをお勧めいたします。


follow us in feedly
月別アーカイブ

2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【10件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【10件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【13件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【20件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【34件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【24件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【29件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【35件】
2014年 02月 【42件】
2014年 01月 【49件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【46件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【35件】
2013年 07月 【25件】
2013年 06月 【19件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【33件】
2012年 12月 【30件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【23件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【19件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【17件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【22件】
2012年 03月 【21件】
2012年 02月 【22件】
2012年 01月 【19件】
2011年 12月 【22件】
2011年 11月 【20件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【36件】
2011年 04月 【34件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【29件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【33件】
2010年 11月 【34件】
2010年 10月 【37件】
2010年 09月 【35件】
2010年 08月 【36件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【32件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【38件】
2010年 02月 【31件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【31件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【33件】
2009年 08月 【39件】
2009年 07月 【39件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【35件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【44件】
2009年 02月 【44件】
2009年 01月 【40件】
2008年 12月 【43件】
2008年 11月 【40件】
2008年 10月 【54件】
2008年 09月 【37件】
2008年 08月 【36件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【42件】
2008年 05月 【47件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【40件】
2008年 02月 【38件】
2008年 01月 【51件】
2007年 12月 【40件】
2007年 11月 【41件】
2007年 10月 【35件】
2007年 09月 【38件】
2007年 08月 【39件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【36件】
2007年 05月 【54件】
2007年 04月 【42件】
2007年 03月 【50件】
2007年 02月 【45件】
2007年 01月 【44件】
2006年 12月 【49件】
2006年 11月 【42件】
2006年 10月 【50件】
2006年 09月 【44件】
2006年 08月 【62件】
2006年 07月 【54件】
2006年 06月 【51件】
2006年 05月 【55件】
2006年 04月 【46件】
2006年 03月 【50件】
2006年 02月 【46件】
2006年 01月 【43件】
2005年 12月 【42件】
2005年 11月 【43件】
2005年 10月 【63件】
2005年 09月 【48件】
2005年 08月 【63件】
2005年 07月 【69件】
2005年 06月 【73件】
2005年 05月 【86件】
2005年 04月 【60件】
2005年 03月 【31件】
2005年 02月 【29件】
2005年 01月 【25件】


PAGE TOP